夏コーデを攻略! 7つのキーワードから見つける着こなしの正解例

夏コーデを攻略! 7つのキーワードから見つける着こなしの正解例

身に着けるアイテムが秋冬と比べて少なく、単調になりやすい夏コーデ。だからこそ、ちょっとした意識で差別化を図るのが肝要です。知っておくべき7大キーワードをご紹介!

山崎 サトシ

2018.06.05

夏の着こなし・コーデ

夏の装いで差別化を図るなら、7つのキーワードがカギ

気付けば夏は毎年似たような格好で過ごしている……という人も結構多いのでは? ほかのシーズンと比べて夏は身にまとうアイテムがどうしても少なくなるため、着こなしが量産的なものになりがち。差別化を狙うのであれば、旬な要素を意識的に取り入れることが大切です。TASCLAPが提案するのは、一気にスタイルをセンスアップできる7つのテクニック。どれもチャレンジしやすいテクなので、積極的に取り入れてみましょう。

キーワード1定番の白無地Tシャツはオーバーサイズで着るのが気分

夏のド定番ワードローブである白無地Tシャツ。ストイックな風貌のアイテムですが、サイズ感次第では今季らしく装えます。今っぽく見せるポイントは、オーバーサイズモデルを選ぶこと。ゆるっとしたシルエットが旬なリラックス感を生み出してくれます。ショーツからテーパードパンツまで、どんなポトムスとも合わせやすいのが強みです。

■合わせて読みたい:
オーバーサイズを徹底攻略。着こなしのヒントと活用アイテム10選

コーデ1抜け感と上品さが絶妙にクロスオーバー!

コットン鹿の子素材を使ったオーバーサイズカットソーに合わせたのは、ドレスパンツライクな見栄えのシュッとしたテーパードパンツ。ゆるい雰囲気と大人の気品が折り重なった、ハイセンスな着こなしに仕上がっています。さらに足元の白スニーカーでクリーンさを後押し。

コーデ2くだけたムードを出しつつも、モノトーンですっきり見せる

ビッグシルエットのポケTに軽快なひざ上丈ショーツを組み合わせ、くだけた着こなしを好演。ただし、全体をモノトーンカラーでリンクさせることですっきりと見せています。肩の力を抜いた装いでありながらも野暮ったさとは無縁な、大人カジュアルの模範解答ともいえる着こなしです。

キーワード2トレンド継続の開襟シャツは大人っぽく着るのがルール

去年に引き続き、今年の夏も揺るぎないトレンドアイテムとして君臨する開襟シャツ。とはいえ、装い方には変化が。これまではラフに着こなすスタイルが人気でしたが、今シーズンは大人っぽくコーデメイクするのが旬に。きれいめアイテムを取り入れたり、落ち着いたカラーでまとめたりして、スマートな雰囲気を意識しましょう。

■合わせて読みたい:
開襟シャツの人気が継続中。注目の着こなし&ブランドをピックアップ

コーデ1爽やかで品の良い好印象確実な着こなし

上下ともにすがすがしいブルー系カラーで統一して、夏らしい爽快なイメージを構築することに成功。さらに、ボトムスにきれいめなスラックスをチョイスして品良く見せているのもポイントです。オールレザーの風合い豊かなサンダルも装いの大人っぽさにマッチしていますね。

コーデ2シックな色使いに徹して都会的に装う!

リゾートテイストを醸し出すオープンカラーシャツですが、無地仕様のプレーンな1着ならば、都会的に装えます。ボトムスやシューズ、ニットキャップもシャツと同様にシックなカラーリングのモデルを選び、あか抜けた印象を加速しました。ミニマルでありながら、旬感漂うコーデが完成!

キーワード3ショーツは『グラミチ』か『パタゴニア』

夏のコーディネートに必携のアイテムといえばもちろんショーツ。選ぶなら、『グラミチ』or『パタゴニア』の1本がおすすめです。なぜなら、基本的には両ブランドともに膝上丈シルエットで軽やかにはきこなせるうえ、流行のアウトドアテイストもフォローできるから。まさに一石二鳥なので、持っておかない手はありません!

コーデ1楽チン&シンプルだけど今季らしい!

ボトムスは『パタゴニア』の大ヒットアイテムであるバギーズショーツ。ナイロン特有のシャリっとした素材感が着こなしのアウトドアテイストをグッと高めます。ボトムスのアクティブな印象を生かすべく、トップスは動きやすいロンTを抜てき。楽チンでありつつ今どき感も香り立つ、センス良いスタイリングです。

■合わせて読みたい:
パタゴニアのバギーズショーツがこの夏も手放せない

コーデ2シャツ×ショーツでメリハリ良く!

『グラミチ』のクライミングショーツでフットワーク軽く装いつつ、トップスにはシャツをピックアップしてきちんと感も巧妙にMIX。リズムの良い着こなしを構築しました。袖のロールアップで小物をチラ見せしたり、発色の良いスニーカーを合わせたりと、小技も効いています。

■合わせて読みたい:
グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

キーワード4着くずし感あるセットアップスタイルも要注目

ここ数年、高い支持率を誇っているセットアップ。その人気は2018年も健在です。しかしながら、仕事に臨むかのような生まじめなコーディネートはNG! ゆとりのあるサイジングだったり、あるいはカットソーなどカジュアル感強めのインナーを合わせたりと、気負わないイメージを創出するのが正解です。

■合わせて読みたい:
セットアップをおしゃれに着こなすためのメンズコーデ10選

コーデ1適度な肌見せでセットアップスタイルをドレスダウン

すらりとしたフォルムが美しい、細身のセットアップを着用。それなのにリラクシングな印象なのは、広めに首元が開いたVネックTやレザーシューズの素足履きなどで適度に肌見せを取り入れているから。マリン風味なボーダー柄で夏らしさもしっかりとアピール。

コーデ2インナーのアロハシャツが好アクセント!

セットアップに南国感満点なアロハシャツを合わせるという、大胆な着合わせで魅了。一見すると難度が高いように感じるかもしれませんが、実はコツがあります。それは、シャツの柄とセットアップを同系色で連動させること。それだけで、驚くほど違和感なくキマるんです。

■合わせて読みたい:
街で浮かない。アロハシャツをタウンユースに着る方法

キーワード5スポーツサンダルで足元にアクティブ感を注入!

スニーカーやレザーシューズも選択肢として当然ありですが、季節感という観点から考えるとスポーツサンダルが有力! スタイリングを夏らしいニュアンスへと導いてくれます。いつもの着こなしにスポサンを投入するだけでもグッと今季感が増すので、ぜひチャレンジを。

■合わせて読みたい: スポーツサンダルをゲットせよ! レジャーも街履きも叶う人気ブランド8選

コーデ1サーフ系のスタイルとは文句なしの好相性!

日焼けたような色合いのデニムシャツ&ショーツを使った、サーフスタイル。足元に落とし込んだ『テバ』のスポーツサンダルが、着こなしの持つアクティブ感に拍車を掛けます。ホワイトのTシャツ&キャップを取り入れて、清潔感にも隙なくアプローチ!

■合わせて読みたい:
スポサンのルーツ。テバの売れ筋モデル10

コーデ2アースカラー基調の大人スタイルをスポサンでハズす

トップス&ボトムスともにアースカラーをピックして、品行方正な雰囲気を入手。その半面、少し重さを感じてしまいますが、足元にスポサンを合わせることによってヘビーさを見事に払しょくしています。こんなふうにハズし的に使えるのも、スポーツサンダルの強み。

キーワード6夏の薄着にはコンパクトなサコッシュがハマる

自転車のロードレースにおいて、補給物資を入れるためのバッグとして使われるサコッシュ。スポーツトレンドの追い風もあり、昨今はファッションシーンでも人気者となっています。旬度の高さに加えて、コンパクトな形状で夏のさっぱりしたスタイルと合わせやすいのも同アイテムならではのストロングポイント。小物的な感じで気軽に使えます。

■合わせて読みたい:
サコッシュって何? 選び方とおすすめブランドを徹底レクチャー

コーデ1鮮やかなサコッシュが着こなしのスパイスとして作用

スポサン×ショーツの機動力高めなコーディネートには、スポーティなサコッシュがベストマッチ! 鮮やかなブルーのモデルを選ぶことで、着こなしのスパイスとしても機能させています。差し色使いしやすいサコッシュは、簡潔になりがちな夏コーデの強い味方。

コーデ2鉄板アメカジをサコッシュで今どき顔に昇華!

白Tシャツにジーンズという直球アメカジテイストなスタイリングも、サコッシュを取り入れるだけで今季らしいスタイルに変化! ニットキャップとサコッシュをライトグレーで同調させるあたりも上級者ならではといったところです。プレーンな着こなしですが、うまくツボを押さえていますね。

キーワード7サングラスでクールなイメージをプラス

夏小物の代表格であり、今夏は旬小物としても位置付けられているサングラス。きつい日差しを防ぐ実用性に加えて、スタイルにクールさをプラスできるという利点もあるので有効活用するのが吉。ベーシックな着こなしも一気にハイセンスに見えます! 着用しないときは胸元に引っ掛けると良いアイキャッチに。

■合わせて読みたい:
メンズサングラスのおすすめ&人気ブランドを一挙公開

コーデ1装いに変化を与える、存在感抜群なミラーサングラス

少しアクの強いアイテムですが、インパクトあるミラーサングラスは脱マンネリにうってつけ。短パンにプリントTシャツを合わせたベーシックコーデも、こなれた雰囲気に変化します。着こなしが画一化しやすい夏場において、その存在は頼もしいかぎり!

コーデ2爽快な着こなしにサングラスで男らしさを加味

リネン素材のストライプシャツと薄青のスリムジーンズによるマッチアップで、清涼感ある爽やかなコーディネートに。さらに、サングラスを足してほんのりと男っぽいイメージを加えています。レンズカラーをジーンズと連動させるテクニックもお見事!

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK