マストバイを厳選。メッセンジャーバッグの人気ブランド15選

マストバイを厳選。メッセンジャーバッグの人気ブランド15選

一度手にしたら、その利便性に魅了されるメッセンジャーバッグ。機能性・デザイン性ともに優れ、タウンコーデに最適な人気ブランドの万能バッグを紹介します。

2022.07.15
SHARE
記事をお気に入り
TASCLAP編集部

執筆者

プロが書くメンズファッションWEBマガジン

TASCLAP編集部
プロのライターと一緒に、等身大のおしゃれを日々発信。物欲を刺激する良品の数々、ビジネススタイルからカジュアルスタイルまで。今日から役立つメンズファッションの“いろは”を、わかりやすく紹介しています。 記事一覧を見る
...続きを読む

リアルな自転車乗りのために開発されたメッセンジャーバッグ

リアルな自転車乗りのために開発されたメッセンジャーバッグ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

メッセンジャーバッグとは、書類を運ぶ自転車便ライダーのために開発されたアイテム。走行中邪魔になるのを防ぐため、斜め掛けのストラップをタイトに調整することで背中にフィットさせて背負うのが主流です。過酷なシーンでも頼れる防水性、耐久性などのタフな機能を兼ね備えた本格的なタイプも揃っています。

今さら聞けない。メッセンジャーバッグとショルダーバッグの違い

メッセンジャーバッグに対し、なにかと混同されがちなのがショルダーバッグ。テイストや使用目的も異なるアイテムであるため、ワードローブへの追加を検討するなら違いをあらかじめ知っておきたいものですよね。ここでそれぞれの特徴をざっくりとおさらいしておきましょう。

機能的でスポーティなメッセンジャーバッグ

機能的でスポーティなメッセンジャーバッグ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

メッセンジャーバッグは、広い開口部や防水用の大きなフラップ、頑丈な素材など、野外で書類を出し入れするのに適した構造がベースとなっています。背後から回し込んで胸の前で取り付けるクロスストラップを採用したアイテムも多く、背負うときの安定感を高めるのと同時にアクティブな印象を強めるポイントに。また、ストラップは基本たわみを作らず背中に沿わせるように調整するため、より高い位置でスタイリッシュに着用できます。

よりきれいめな着こなしに似合うショルダーバッグ

よりきれいめな着こなしに似合うショルダーバッグ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ショルダーバッグは、広い意味で肩にかけられるバッグの総称。メッセンジャーバッグもショルダーバッグの1種ではありますが、ストラップが長く腰以下の位置で揺れるように下げるバッグをショルダーバッグと呼ぶことが多いようです。レザーなど高級素材を使用したアイテムも主流で、クリーンな着こなしにもマッチします。

本格派が欲しいなら。選ぶべきメッセンジャーバッグの特徴を大解剖

出自から分かるように、メッセンジャーたちの”必要”から誕生したのがメッセンジャーバッグ。ただ見てくれの良さだけでは語れない、考え抜かれたモノを持ち運ぶ道具としてのバッグの姿がそこにはあります。

特徴1

耐久性に優れ、内部が耐水加工されている

天候にかかわらず、どんな状況下でも書類が届けられるようにと過酷なシーンに耐えられるタフな機能を備えるメッセンジャーバッグ。とくに、内部の耐水加工は大きなポイントです。耐磨耗、耐傷性に優れたアイテムも多く、普段使いにも役立ちます。

耐久性に優れ、内部が耐水加工されている

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ブランドにもよりますが、ライニングにコーティングを施したりテントや幌に使用されるターポリンを採用しているモノが多数派です。これにより自転車での通勤中に急な雨に見舞われても安心というわけです。ハリのある素材であるため、内容物が少ないときでも型崩れせず、美しいシルエットを保ってくれます。

特徴2

クロスストラップでバッグを固定

走行中の車輪に巻き込まれたり、背負った荷物がずれたりすることが無いよう、背後から回しこんで胸の部分に取り付けるクロスストラップのスタイルが主流です。背負うときの安定感が高いので、よりアクティブに動けます。

クロスストラップでバッグを固定

BOSTON CLUB 楽天市場店

BOSTON CLUB 楽天市場店

お気に入り追加

クロスストラップがあれば、肩だけでなく上半身全体で荷物を支えることができるため、運搬時の疲労も緩和されます。アクティブな自転車乗りにうってつけのディテールと言えるのです。

特徴3

広い開口部で、書類の出し入れがしやすい

書類を折ることなく出し入れがしやすいように、一般的なメッセンジャーバッグは開口部が広く作られています。写真を見ても分かるとおり、ひと目でバッグの中身を判別しやすいのが特徴であり、利点です。その分水が入りにくいように、大きなフラップが付いているのもポイント。このフラップは、メッセンジャーバッグにおいてはデザインの一部としても生きてきます。

広い開口部で、書類の出し入れがしやすい

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

また、横に広いシルエットはバックスタイルのなかでも広い面積を占有するため、スタイリングの立派なアクセントとして機能。利便性で選ぶのも重要ですが、ファッションアイテムとしての側面も追求するなら1度ワードローブと見比べてみるのも賢い選択です。

タウンユースにも最適。おすすめブランドのメッセンジャーバッグ

オン・オフにかかわらず、幅広いシーンでその利便性を発揮してくれる、メッセンジャーバッグ。今回は、街使い用としてもスタイリッシュに持ち運べる名品を厳選してご紹介します。

ブランド1

『クローム』

『クローム』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『クローム』 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『クローム』 3枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

アメリカ生まれの『クローム』。耐久性が求められるバックルや素材にミルスペックに準拠したものを使用するなど、実用性を兼ね備えた“ツール”として定評があり、世界中のリアルなメッセンジャーに愛用されている本格派です。もともと廃材を使用した製品作りを行っていた名残か、ショルダーストラップ部分には自動車のシートベルトと同じ素材を使用。磨耗に強く、千切れにくい。まさに自転車乗りのための逸品です。

メッセンジャーだけじゃない。クロームの人気バッグ15選

バッグ・ファッション小物

メッセンジャーだけじゃない。クロームの人気バッグ15選

サイクリストやスケーターなどアクティブな都市生活者から大きな支持を受けている『クローム』。ファッション性と実用性を兼ね備えたバッグの数々を見ていきましょう。

髙須賀 哲

2021.07.07

ブランド2

『ポーター』

『ポーター』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ポーター』 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ポーター』 3枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

老若男女問わず広く愛されている名門ブランド『ポーター』。こちらはメイン生地にナイロンとコットンの混紡糸を高密度に織り上げたバックサテンを採用。繊維産業が盛んな岡山県倉敷で培った技術を生かし、環境に配慮した染色加工を施しているエコな一品でもあります。また、2種類の染液に連続して浸す二浴染めを行い、深みのある色合いを実現しています。本体底部にナイロンテープをあしらい、自立もしやすく仕上げているところもポイントです。

ブランド3

『アディダス』

『アディダス』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『アディダス』 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『アディダス』 3枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ご存じスポーツブランドの雄『アディダス』。同ブランドのメッセンジャーバッグはスポーティなうえに収納力もたっぷりで、使い勝手抜群。撥水仕上げを施しているため、急な悪天候でも問題ありません。複数ポケットをつけているので荷物の整理整頓もしやすく、通勤や通学、ジムなどあらゆるシーンで重宝するはず。また、リサイクル素材を60%以上使用したエコな一面も。

ブランド4

『マムート』

『マムート』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『マムート』 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スイスで設立された高品質なプロダクトを提供するアウトドアブランド『マムート』。キーグリップ付きのジップ式ポケットやドリンクホルダー、パッド入りの柔らかいショルダーストラップなど、機能性に溢れた一品。デザインもアウトドアブランドらしく、クライミングを彷彿とさせるカラビナやアルパインにおいての“安全第一”をイメージしたりと独自のこだわりが詰まっています。

ブランド5

『マンハッタンポーテージ』×『ビームス』

『マンハッタンポーテージ』×『ビームス』

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

『マンハッタンポーテージ』×『ビームス』 2枚目の画像

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

『マンハッタンポーテージ』×『ビームス』 3枚目の画像

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

アメリカのニューヨーク生まれのバッグブランド『マンハッタンポーテージ』と『ビームス』のコラボバッグ。別注品ではありますが、すでに何シーズンも展開され続けている人気商品となっています。普段使いに最適な絶妙なサイズバランスが特徴で、15インチのノートPCの収納にも対応。背負ったときにバックスタイルのポイントとなる、ボトム部分のプリントがコラボの証です。

マンハッタンポーテージのバッグは大人になっても頼りになる! 時代に合わせて進化した20品

バッグ・ファッション小物

マンハッタンポーテージのバッグは大人になっても頼りになる! 時代に合わせて進化した20品

メッセンジャーバッグの先駆者である、ご存じ『マンハッタンポーテージ』。若い頃に一世を風靡したブランドですが、大人になった今も取り入れたくなる魅力が満載なんです。

近間 恭子

2021.12.13

ブランド6

『コートエシエル』

『コートエシエル』

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

『コートエシエル』 2枚目の画像

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

ファッション界で有数の服飾メーカー・ペーパーレイングループがデザインするiPhone、iPad、iPod、MacBook用アクセサリー製品に対応したハイエンドブランド『コートエシエル』。独特なデザインで一躍注目の的となった「イザール」も依然として人気ですが、メッセンジャーバッグもその扱いやすさからシェアを伸ばしています。乗馬弓で身につけた震えにインスパイアされたこちらは、洗練されたデザインでスタイリッシュに取り入れられます。

ブランド7

『アッソブ』

『アッソブ』

ギャレリア Bag&Luggage

ギャレリア Bag&Luggage

お気に入り追加

『アッソブ』 2枚目の画像

ギャレリア Bag&Luggage

ギャレリア Bag&Luggage

お気に入り追加

『アッソブ』 3枚目の画像

ギャレリア Bag&Luggage

ギャレリア Bag&Luggage

お気に入り追加

元『マスターピース』のディレクターである冨士松氏が立ち上げたバッグブランド『アッソブ』。都会的なデザインに高い機能性を加えた高感度なバッグは、ファッショニスタの間でも注目されています。コーデュラ 305D ファブリックを使用しているため耐久性に優れ、大容量の荷物が収納できる点もうれしい限りです。ブランドロゴを刻んだメタルプレートが程良いアクセントに。

ブランド8

『ドリフター』

『ドリフター』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ドリフター』 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ドリフター』 3枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ドリフター』は元々パラシュートを製作する会社だっただけに、そのしっかりとした作りには定評があります。A4サイズのものまですっぽりと入る収納力は、通勤・通学だけではなく1泊くらいの小旅行であれば対応可能です。無駄を省いたシンプルなデザインなので、日頃のコーディネートとも難なくマッチするのもうれしいところ。コーデュラナイロンのボディは、引き裂きや摩耗にも強いので長く愛用できます。

ブランド9

『アンカー』

『アンカー』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『アンカー』 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『アンカー』 3枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ロゴすら排除したアクのないシンプルなデザインでデイリーユースに寄り添うのは、アンカーのビッグメッセンジャー。マチを広く取った大容量のシルエットも加え、いたるところにファスナーポケットが備え付けられているので小物の管理も簡単です。

ブランド10

『フォッシル』

『フォッシル』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『フォッシル』 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

フォーマルなシーンでも使用したい人にぜひおすすめしたいのが『フォッシル』のレザーメッセンジャー。レザー特有の高級感たっぷりの佇まいは、スーツやジャケパンなどのビズスタイルにもぴったり。また、スライドポケットやファスナーポケット、パッド入りラップ用ポケットなど利便性にも長けています。年齢を重ねてからも愛用し続けたい、味のあるルックスも魅力的です。

ブランド11

『ユニバーサルオーバーオール』

『ユニバーサルオーバーオール』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ユニバーサルオーバーオール』 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ユニバーサルオーバーオール』 3枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

老舗ワークウェアブランド『ユニバーサルオーバーオール』からの一品。ウエストバッグを拡大したようなデザイン&サイズ感が特徴です。体に沿うように設計されているためフィット感が良く、長時間使用していても疲れにくい点もうれしい限り。外側と内側にあるポケットで小物などを小分けにできるのもポイント。オレンジのブランドタグがさりげなくおしゃれ!

ブランド12

『イーストパック』

『イーストパック』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『イーストパック』 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

世界中でデイパックの筆頭株として知られるブランド『イーストパック』。あまりにもデイパックが有名ですが、メッセンジャーバッグももちろんスタンバイしています。シンプルなこちらのバッグは着こなしを選ばず使用できるうえ値段も手頃なため、初めてメッセンジャーバッグを手にしようとしている人には特におすすめです。

ブランド13

『バッグジャック』

『バッグジャック』

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

『バッグジャック』 2枚目の画像

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

『バッグジャック』 3枚目の画像

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

ドイツ・ベルリン発のバッグブランド『バッグジャック』。ドイツ初のメッセンジャーサービスを立ち上げた経験を生かして作られただけあり、そのクオリティは折り紙付き。ミニマムなデザインながら、機能性と耐久性、軽量性に優れているため持っておいて損はありません。また、止水ファスナーを採用するなど細かいところにもこだわり抜いたプロダクトです。

ブランド14

『マウトリーコンテーラー』

『マウトリーコンテーラー』

TATRAS CONCEPT STORE

TATRAS CONCEPT STORE

お気に入り追加

『マウトリーコンテーラー』 2枚目の画像

TATRAS CONCEPT STORE

TATRAS CONCEPT STORE

お気に入り追加

『マウトリーコンテーラー』 3枚目の画像

TATRAS CONCEPT STORE

TATRAS CONCEPT STORE

お気に入り追加

アメリカ軍の現行タクティカル装備を、独自の解釈で日常使いできるアイテムに落とし込むことを得意とするブランド『マウトリーコンテーラー』。同ブランドが初めて手掛けたこちらのメッセンジャーバッグは、メッセンジャースタイルとバックパックスタイルの2通りで使える一品。素材にはコーデュラ500を採用し、強度と軽さを持たせています。

ブランド15

『フレドリック パッカーズ』×『アダム エ ロペ』

『フレドリック パッカーズ』×『アダム エ ロペ』

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

お気に入り追加

『フレドリック パッカーズ』×『アダム エ ロペ』 2枚目の画像

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

お気に入り追加

『フレドリック パッカーズ』×『アダム エ ロペ』 3枚目の画像

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

お気に入り追加

以前『フレドリック パッカーズ』からリリースされたモデル「ドワーフパック」に『アダム エ ロペ』が別注をかけたこちら。あえて荷物を運ぶための道具としての存在感を、大きなシルエットやサイズバランス、カラーリングで表現しています。自転車に乗るときだけではなく街使いしやすいデザインで、いつもの着こなしにも難なくマッチするはず。

ポイントで取り入れたい。メッセンジャーバッグのコーデ例

メッセンジャーバッグの特徴でもあるストラップはアクティブかつスマートな印象を演出するアイテムとして、横長のビッグシルエットは後姿を男タフで男らしく仕上げてくれます。ここでは、メッセンジャーバッグをアクセントにしたコーデをピックアップしてご紹介していきます。

▼春夏のコーデサンプル

薄着で軽快な春夏の着こなしに、大ぶりのメッセンジャーバッグが好アクセント。ベーシックなカラーを選ぶのもいいですが、鮮やかなカラーもおすすめです。

コーデ1

ボリューミィなバッグがコーデのアクセントに

ボリューミィなバッグがコーデのアクセントに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

あえてフロントにバッグを回し、シンプルなコーディネートを単調に見えないよう調整。モノトーンカラーでまとめることで、メッセンジャーバッグのスポーティな印象を抑え、あくまで都会的な印象に誘導しています。

コーデ2

シックなコーデの中に、メッセンジャーバッグで色を一点投入

シックなコーデの中に、メッセンジャーバッグで色を一点投入

WEAR

WEAR

お気に入り追加

アクティブシーンで誕生したメッセンジャーバッグには、ビビッドカラーやインパクトのあるパターンがよく似合います。このコーデではほかのアイテムを柔らかいカラーでまとめることで、鮮やかなバッグの印象をさらに高めています。なお、ジーンズやサイクリングジャケットなど、色みを抑えつつもスポーティなアイテムで統一感を出している点にも注目です。

コーデ3

メッセンジャーバッグをコーディネートの主役に

メッセンジャーバッグをコーディネートの主役に

WEAR

WEAR

お気に入り追加

こちらもビビッドカラーのメッセンジャーバッグをコーディネートの主役に据えたグッドサンプル。グレーやカーキなど、イエローカラーと相性の良いアイテムを散りばめることで、バッグが着こなしのなかで浮かずに巧みなマッチングを見せています。ハンパ丈のパンツに半袖のTシャツ、サマーニットのビーニーキャップと、とことんアクティブにまとめた着こなしです。

コーデ4

老舗ブランドの大ぶりタグが、着こなしにポイントを添える

老舗ブランドの大ぶりタグが、着こなしにポイントを添える

WEAR

WEAR

お気に入り追加

『マンハッタンポーテージ』の逸品は、メッセンジャーバッグというカテゴリにおいてオリジンとも言える定番中の定番。ころんとしたブラックボディに赤いスクエアタグが映えた、それ1つでファッションの完成度を高めてくれる優秀なアイテムです。ワーク感の強い淡色でまとめた着こなしを引き締めつつ、自然にスパイスを添えてくれます。

コーデ5

スポーツMIXに振り切ったコーデには、もちろんベストマッチ

スポーツMIXに振り切ったコーデには、もちろんベストマッチ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

リアルなサイクリングシーンなど、アクティブな場面にぴったりなこちらのコーデ。インに差したスウェットパーカーと色を揃えた『アディダスオリジナルス』のトップスが、スポーティなムードを加速しています。丸みのあるデザインが特徴的な『ヤックパック』のバッグは、『ナンバーナイン』との別注品。ボディと同色で配した音符柄は、光を受けることでその姿を現します。

▼秋冬コーデサンプル

マウンテンパーカーなど、アウトドアな冬アウターとの相性がいいのは自明の理。そのボリュームを生かして、きれいめコーデのハズしとして取り入れるのもおすすめです。

コーデ1

インナーと色をリンクさせた技ありのコーデ

インナーと色をリンクさせた技ありのコーデ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

コーデの差し色にした赤のメッセンジャーバッグがポイント。ついつい黒やネイビーなどベーシックカラーを選びがちですが、小ぶりのサイズ感なら主張しすぎることなく、アクセント付けにうってつけです。インナーのパーカーやニット帽も、バッグと色を揃えることで統一感を演出しています。

コーデ2

サイズコンシャスな着こなしのボリューム出しに

サイズコンシャスな着こなしのボリューム出しに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

マウンテンパーカー×スウェットパンツのスポーティなスタイルにメッセンジャーバッグは好相性。ウェアをジャストサイズで揃えた分、背面に回したメッセンジャーバッグの存在感が際立ちます。機能性はもちろん、デザイン性にもすぐれた『バイシクロン』のメッセンジャーバッグなら、都会的なバックスタイルを演出してくれることでしょう。

コーデ3

渋さ溢れるコーデのカジュアルダウンに

渋さ溢れるコーデのカジュアルダウンに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

シックな印象のロングコートにメッセンジャーバッグは合わないのでは……。と言うと、そんなことはありません。ロングコートにスラックス、レザーシューズという落ち着いた着こなしに合わせて、バッグも同色系にすればすんなりマッチ。全体としてゆるめのサイジングで仕上げている点がポイントです。

コーデ4

都会的なムードを演出するバッグ選び

都会的なムードを演出するバッグ選び

WEAR

WEAR

お気に入り追加

スマートなデザインが特徴の『ポーター』×『デサントオルテライン』のメッセンジャーバッグに、エッジの効いたイエロージャケットがマッチ。凹凸を極限まで排したインダストリアルなシルエットが、着こなしを都会的に仕上げてくれます。ニット帽やスウェットパンツでカジュアルにスタイリングしつつ、ローファーでハズしたバランスも絶妙です。

コーデ5

ポイントでのブラック使いが着こなしを引き締める

ポイントでのブラック使いが着こなしを引き締める

WEAR

WEAR

お気に入り追加

カーキと無彩色をバランス良く配置した、アーバンアウトドアなコーディネート。ニットキャップ、メッセンジャーバッグ、ボリュームスニーカーと、全体に点在させたブラックが雰囲気を巧みに引き締めています。

バッグの人気ブランド15選。3つのニーズ別にメンズバッグの王道をお届け

バッグ・ファッション小物

バッグの人気ブランド15選。3つのニーズ別にメンズバッグの王道をお届け

バッグは日々の相棒たる存在ですから、信頼の置ける王道ブランドを押さえたいもの。そこで、選んでおいて間違いナシなブランドを、カテゴリ別にナビゲートします。

山崎 サトシ

2020.07.07

この記事の掲載アイテム一覧(全15商品)

画像をタップクリックするとアイテム詳細が表示されます

  • 『クローム』ミニ メトロ メッセンジャーバッグ
    『クローム』 ミニ メトロ メッセンジャーバッグ
  • 『ポーター』クラッグ メッセンジャーバッグ
    『ポーター』 クラッグ メッセンジャーバッグ
  • 『アディダス』アディカラー アーカイブ メッセンジャーバッグ
    『アディダス』 アディカラー アーカイブ メッセンジャーバッグ
  • 『マムート』エクセロン メッセンジャー
    『マムート』 エクセロン メッセンジャー
  • 『マンハッタンポーテージ』×『ビームス』別注 メッセンジャーバッグ
    『マンハッタンポーテージ』×『ビームス』 別注 メッセンジャーバッグ
  • 『コートエシエル』RISS Obisian BLACK
    『コートエシエル』 RISS Obisian BLACK
  • 『アッソブ』コーデュラドビー 305D メッセンジャー
    『アッソブ』 コーデュラドビー 305D メッセンジャー
  • 『ドリフター』クラシックメッセンジャー
    『ドリフター』 クラシックメッセンジャー
  • 『アンカー』ベーシックメッセンジャー
    『アンカー』 ベーシックメッセンジャー
  • 『フォッシル』グリーンビル メッセンジャー
    『フォッシル』 グリーンビル メッセンジャー
  • 『ユニバーサルオーバーオール』ビッグ ヒップバッグ
    『ユニバーサルオーバーオール』 ビッグ ヒップバッグ
  • 『イーストパック』ヤングスター
    『イーストパック』 ヤングスター
  • 『バッグジャック』BKEバッグ
    『バッグジャック』 BKEバッグ
  • 『マウトリーコンテーラー』トランスフォーム メッセンジャー
    『マウトリーコンテーラー』 トランスフォーム メッセンジャー
  • 『フレドリック パッカーズ』×『アダム エ ロペ』別注 ドワーフ パック メッセンジャー
    『フレドリック パッカーズ』×『アダム エ ロペ』 別注 ドワーフ パック メッセンジャー

掲載アイテムをもっと見る(3商品)

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

今どきのビジカジはどうこなす? ドレススタイルのプロが見た“オーダー”という選択肢

自由度が高い反面、難しくもあるビジネスカジュアル。もしビジカジにお悩みなら、独自のオーダーシステムで話題沸騰中のブランド『ファブリックトウキョウ』がおすすめだ。

SPONSORED by ファブリックトウキョウ

続きを読む

今年の西川ダウンはどうなんだ!? おしゃれ賢者3人による徹底試着レビュー2022

『ナノ・ユニバース』の人気銘柄として知られる『西川ダウン(R)』。その今季作を、ファッション業界の経験豊富な識者たちが試着しながら徹底検証。さて、結果やいかに!?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

この冬、狙うべきは“○○じゃないほう”の1着だ。タトラスに学ぶ今どきダウンの選択術

安心感のある定番も良いけれど、あえて“じゃないほう”のダウンを選んでさりげなく旬な変化を楽しむのもおすすめです。ご存じ『タトラス』で、今どきのチョイスをご提案!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

“冬ビズ”コーデの特効薬が5,000円台から! 敏腕スタイリストと読み解くメガネの効能

ネクタイなどと同様、メガネもビジネススタイルのセルフプロデュースに不可欠なアイテム。理想的なフレームが揃い踏みした『ジンズ』の新作で、選びの要諦を読み解きます。

SPONSORED by ジンズ

続きを読む

復刻ウォッチトレンドの旗手、ロンジン。3つのルーツから提案する銘品たち

今年で創業190周年を迎える『ロンジン』は、これまで数多くの傑作を手掛けてきました。それらにスポットを当てた復刻モデルこそ今季の狙い目。3つの銘品を掘り下げます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP