今、シアサッカーアイテムを買わないでどーすんの?

今、シアサッカーアイテムを買わないでどーすんの?

春夏のビッグトレンド素材となっているのが、清涼感たっぷりで表情豊かなシアサッカーです。コーディネートを今っぽく仕上げたいなら、コレを取り入れない手はないはず!

山崎 サトシ

2015.04.05

アウター
ジャケット
テーラードジャケット
ベスト・ジレ
シャツ
ショートパンツ

涼しげ~なムードを簡単に打ち出せる好素材!

シアサッカー素材は強く張った撚糸とゆるく張った撚糸を織り交ぜたことによる、独特の凹凸感が印象的。涼しげな雰囲気を簡単に出せるマテリアルだけに、これからの時期に重宝必至です。

ジャケット編『アルテア』のテーラードジャケット

イタリアの老舗ブランド『アルテア』から登場の1着。シアサッカー特有の肌当たりが軽い素材感はもとより、アンライニング(裏地なし)の仕立ても清涼感をアシストします。リラックスな見栄えですが、適度な細身&ショート丈仕様となっているため、野暮ったく見える心配はありません。

ベスト編『ラルディーニ』のベスト

幅太なストライプ柄が配されているので、メイントップスとして使うのはもとより、ジャケットの下からチラっと見せるだけでもアクセントとして効果を発揮。ちょっとくすみのある色合いも大人のこなれたカジュアルスタイルとベストマッチします。ちなみに、背面はプレーンな無地仕様。

シャツ編『ロス メン』のボタンダウンシャツ

40年以上の歴史を持ち、数々のOEMを手掛けてきた由緒正しきペルージャのシャツメーカー。今作は有害物質が含まれていないことを保証するエコテックス規格の認証を受けた、良質なコットン生地を使っています。胸元にセットされた小ぶりのイタリア国旗がさりげないデザインアクセントに。

ボトムス編『GZC』のショーツ

ボディにウォッシュド加工を施して、シアサッカーの持ち味であるクッタリ感を強調。軽快な膝上丈のショーツなのでコーディネートがグッと爽やかに仕上がります。また、ストレッチ素材がミックスされた生地だから運動性も◎。見た目・実用性ともにハイレベルな、大人にふさわしい逸品です。

小物編『オロビアンコ』のハンチング

シアサッカービギナーは被りモノなどの小物からチャレンジしてもOK。たとえば、この『オロビアンコ』のハンチングなんかはいかがでしょうか? ヴィエラを拠点とするアルビノ トレッロ ヴィエラ社の高品質な生地で仕立てられています。ゴルフシーンでも活躍してくれること請け合い。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

    グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

    今ではすっかり春夏の定番と化した『グラミチ』のショーツ。その魅力やシルエットの違いについて詳しく紹介するとともに、おすすめのモデルもお届けします。

    山崎 サトシ

    サマージャケットは夏コーデの救世主。取り入れ方とおすすめ10選

    サマージャケットは夏コーデの救世主。取り入れ方とおすすめ10選

    暑い日でも清涼感を与えられるサマージャケットは、春夏シーズンのマストバイ。選び方や着こなしのポイント、コーディネートの好サンプルまで幅広く解説します。

    TASCLAP編集部

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    サコッシュ人気の流れで、需要が高まっているミニショルダーバッグ。小ぶりながら収納力に優れた逸品たちは、いまやスタイリングのアクセントとしても重要な立場に。

    TASCLAP編集部

    サマースタイルを精かんに。ネイビーTシャツの着こなしとおすすめ9選

    サマースタイルを精かんに。ネイビーTシャツの着こなしとおすすめ9選

    ホワイトTに続き汎用性の高いネイビーTシャツ。爽やかな1枚はどうやって着こなすべきか、そして大人が選ぶべき良質な逸品とは。

    TASCLAP編集部

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    キャップは春夏の定番小物。特に、大人コーデと好相性のいいブラックのキャップは重宝します。コーデ実例やおすすめ品を参考に、黒キャップをおしゃれに取り入れましょう。

    ai sato

    安さと機能を両取り!ワークマンで賢くおしゃれになるならこの10点

    安さと機能を両取り!ワークマンで賢くおしゃれになるならこの10点

    職人の作業着を扱う「ワークマン」ですが、その勢いはカジュアルシーンにも拡大。圧倒的な安さに加え、今っぽいデザインと機能性を兼備した逸品は大人の日常にもマッチ!

    山崎 サトシ

    BACK