ベースボールキャップは大人に似合う! おしゃれなかぶり方とおすすめ10選

ベースボールキャップは大人に似合う! おしゃれなかぶり方とおすすめ10選

人気再燃中のベースボールキャップ。とはいえ、“やんちゃ”な雰囲気から避けてきたという方もいるでしょう。そんな方のための選び方&コーデ術をご紹介します。

TASCLAP編集部

TASCLAP編集部

SHARE
記事をお気に入り
2021.05.14

アリなんです。大人の着こなし×ベースボールキャップ

アリなんです。大人の着こなし×ベースボールキャップ

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

大人っぽいかぶりモノといえば、ニットキャップやロングブリムハットを思い浮かべる方もいることでしょう。しかし、ベースボールキャップを使った着こなしも大人っぽくておしゃれなんです。

アリなんです。大人の着こなし×ベースボールキャップ 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

イメージとして「本当に大人の着こなしに合うのか?」と思いがちですが、ベースボールキャップがもたらす抜け感は抜群! おしゃれを格上げしてくれるんです。もちろん、選び方や着こなし方も重要なので、以下でご紹介していきます。

大人がベースボールキャップを選ぶなら、シックでクラシカルなモノが最適!

大人がベースボールキャップを選ぶなら、シックでクラシカルなモノが最適!

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

何も気にせずにベースボールキャップを選んでしまうと、アイテム本来のカジュアルな要素が色濃く出すぎてしまうことがあります。そのため、大人はシックでクラシカルなタイプを選ぶのがベター。たとえば、

■落ち着いた色を基調としたモノ(ブラックやグレー、ネイビーやブラウンなど)
■デザインは主張感が少ないモノ(控えめなロゴなど)
■シルエットはシャープでゴツくないモノ(ローキャップなど)

このようなモノが理想です。条件さえ揃えれば、大人っぽさをキープできますし、合わせるアイテムを選ばないので幅広いコーデに対応できます。

ベースボールキャップのかぶり方。“おしゃれ”と“イマイチ”の境界線は?

かぶり方は基本的に自由です。とはいえ、それがおしゃれなのかイマイチなのかはまったく別の話。というワケで、以下でおしゃれなベースボールキャップのかぶり方を提案します。

キャップコーデを大人らしく。覚えておきたいキャップのおしゃれなかぶり方

バッグ・ファッション小物

キャップコーデを大人らしく。覚えておきたいキャップのおしゃれなかぶり方

キャップはシーズンを問わずおしゃれに活用できる優れモノ。そこで、大人ならではのかぶり方や選び方、そしてコーデへの取り入れ方を徹底的に紹介します。

TASCLAP編集部

2021.04.14

ベースボールキャップのかぶり方。“おしゃれ”と“イマイチ”の境界線は?

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ツバを前にした前かぶりは、浅めでも深めでもどちらも問題はありません。打ち出したいイメージでかぶり方を使い分けるのがベター。

たとえば、大人っぽくシャープに見せたいときは深めにかぶるのがおすすめ。横から見たときの印象がすっきりとまとまり、落ち着いた雰囲気に仕上がります。「深めにかぶるとヒップホップ感が出て苦手」という方もいますが、ローキャップならば深さにも限度がありますので、帽子の形状に合わせてしっかりかぶっても問題なし!

ベースボールキャップのかぶり方。“おしゃれ”と“イマイチ”の境界線は? 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

浅く前にかぶると、明るくあか抜けた印象に。しかし、浅くかぶりすぎると幼稚な印象になりやすいので、“やりすぎ”には注意が必要です。イメージとしては、前髪の生え際からツバの付け根部分までが2cm以内であればOK。なお、浅くかぶるときに前髪を出すとよりカジュアルな印象が強くなります。前髪を上げてすっきりと見せる、または前髪を下ろしてカジュアルに装う、と使い分けてみましょう。

ベースボールキャップのかぶり方。“おしゃれ”と“イマイチ”の境界線は? 3枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ストリート要素を強めに打ち出したいときは後ろかぶりがGOOD。

注意すべきは前髪をキャップにどうしまうか。分け目がある状態で帽子をかぶってしまうと、アジャスター上の生地がない部分から頭皮がぱっくり見えてしまいます。前髪はかきあげてからかぶるようにしまいましょう(髪のクセつけ防止という面でも)。

かぶる深さは、アジャスターが生え際に乗る程度、もしくは生え際のちょっと下くらいが理想。下すぎると、目力が強くなりすぎて90年代のヒップホップスタイルのようになってしまいますので、大人は控えたほうが得策です。

今日から参考にしたい。イケてる大人のベースボールキャップ活用術

帽子の選び方&かぶり方を押さえたところで、次は実際にコーディネートとどう合わせればおしゃれに見えるのかを、着こなしの好例とともにチェック!

着こなし1

シンプルなコーディネートは色選びがキモ

シンプルなコーディネートは色選びがキモ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

Tシャツにチノパンを合わせたシンプルなコーディネートにベースボールキャップで味付け。実はキャップはカモフラ柄ですが、トップスと色味を合わせることで大人っぽく演出しています。そんな色合わせのテクニックも駆使してベースボールキャップを活用しましょう!

着こなし2

王道トラッドスタイルをキャップでハズして軽快に

王道トラッドスタイルをキャップでハズして軽快に

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ブレザーにチノパンを合わせた王道のアメトラコーデのハズしにベースボールキャップを使った好サンプル。トラッドスタイルといえば足元は革靴が基本スタイルですが、ここはスニーカーを選択してキャップとのバランスをとっています。

着こなし3

男らしいカーキにホワイトを合わせて都会感を演出

男らしいカーキにホワイトを合わせて都会感を演出

WEAR

WEAR

お気に入り追加

それだけだと重たい印象になってしまうカーキも、ホワイトと合わせれば一気にクリーンな印象に。シャツとシューズだけでもコーディネートは上々ですが、仕上げにキャップを合わせることで全体のバランスが格段にアップしています。

着こなし4

セットアップにストリート感をプラスしてこなれたムードに

セットアップにストリート感をプラスしてこなれたムードに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

キレイめなセットアップスタイルがベースですが、ベースボールキャップを後ろ向きにかぶることでストリート調のアクセントを加味。キャップとシューズを同系色で揃えて大人なバランスにまとめたテクニックも巧妙です!

着こなし5

ビビッドなカラーを効果的に使った上級コーデ

ビビッドなカラーを効果的に使った上級コーデ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

同色・同アイテムをレイヤードした高難度のシャツスタイル。ビビッドなカラーのキャップをチョイスしたことで視線が自然と上に集まり、全体の印象がマイルドになっています。ボトムスにスラックスを合わせたことによる、きれいさとカジュアルさのバランス加減も絶妙です。

着こなしに取り入れたいベースボールキャップ10選

今シーズンならではのキャップをピックアップ。コーデのアクセントにふさわしいラインアップから、よりお好みのアイテムをセレクトしましょう。

アイテム1

『ニューエラ』リネンキャップ

『ニューエラ』リネンキャップ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

キャップの王道『ニューエラ』からは、暖かい季節に嬉しいリネン素材を使ったアイテムです。ベージュ・ブラック・ホワイトはさまざまなコーディネートに合わせやすく、お馴染みのヤンキースロゴも小ぶりなため、大人が着けやすいキャップに仕上がっています。

ニューエラの人気キャップ6モデル。多彩なシリーズから“買い”を厳選

バッグ・ファッション小物

ニューエラの人気キャップ6モデル。多彩なシリーズから“買い”を厳選

はじめて『ニューエラ』のキャップをご購入される方、また長年愛用されている方も今一度、お好みの逸品を見つける手立てとして各モデルと特徴を再確認しておきましょう!

伊藤 千尋

2021.05.18

アイテム2

『ニューハッタン』×『レイジブルー』ロゴキャップ

『ニューハッタン』×『レイジブルー』ロゴキャップ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

クラシカルなベースボールキャップを彷彿とさせる本アイテム。コーディネートを選ばないプレーンなデザインに加えて、程良く厚手な綾織りのコットン地で耐久性に長けているのが利点です。控えめに刺繍されたブランドロゴで、洗練されたイメージもアピール。

買わない手はない。ニューハッタンのキャップ&ハットがとにかく高コスパ!

バッグ・ファッション小物

買わない手はない。ニューハッタンのキャップ&ハットがとにかく高コスパ!

日本上陸から日が浅いながら、巷で高いシェア率を誇るヘッドウェアブランド『ニューハッタン』。圧倒的なコスパを誇る同ブランドを、持たない手はありません。

山崎 サトシ

2019.05.10

アイテム3

『ダントン』コットンツイル 6パネルキャップ

『ダントン』コットンツイル 6パネルキャップ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ワークウェアブランドとして1935年にスタートした『ダントン』。デイリーに使いやすい6パネルキャップは、フロントパネルの芯を省き柔らかなフィット感を実現。100%コットンの生地はオールシーズン活用でき、シンプルなので毎日のスタイリングとも相性抜群です。サイズ調整可能なバックアジャスター付きなので、大切なあの人とシェアして使うのもアリです。

アイテム4

『フルーツオブザルーム』×『アーバンリサーチ』刺繍キャップ

『フルーツオブザルーム』×『アーバンリサーチ』刺繍キャップ

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

パックTシャツでお馴染みの『フルーツオブザルーム』に「アーバンリサーチ」が別注。フロントに同ブランドのアイコンであるフルーツロゴをあしらった遊び心のあるデザインに仕上がっています。コットンとナイロンの混紡素材なので、強度が高くガンガン使えます。

日常の良き相棒に。フルーツオブザルームの逸品たち

ウェア・コーデ

日常の良き相棒に。フルーツオブザルームの逸品たち

アメリカ発の老舗ブランド『フルーツオブザルーム』。象徴であるTシャツは米国人の日常に古くから寄り添ってきました。その魅力とおすすめアイテムをご紹介!

山崎 サトシ

2021.06.08

アイテム5

『ザ・ノース・フェイス』クールマックス ナイロン ボールキャップ

『ザ・ノース・フェイス』クールマックス ナイロン ボールキャップ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

吸湿通気性に優れるコンフォータブルなナイロン生地を使用した、アウトドアブランドならではの実用本位な1品。そのうえ、汗止めテープ部分には吸水速乾素材であるクールマックスを用いており、不快なムレを防止してくれます。生地とラベルをブラックで同調させた、シックなデザインでも魅了。

キャップもハットも。ザ・ノース・フェイスの帽子傑作選

バッグ・ファッション小物

キャップもハットも。ザ・ノース・フェイスの帽子傑作選

強烈な日差しをさえぎり、面倒な髪のセットも必要なし。そのうえ洒落感も出せる帽子は夏に必携。『ザ・ノース・フェイス』のキャップ&ハットは機能も見た目も申し分ない。

菊地 亮

2020.06.25

アイテム6

『マイティーシャイン』トレックキャップ

『マイティーシャイン』トレックキャップ

ARTIF

ARTIF

お気に入り追加

撥水&透湿性を備えた機能ナイロンを素材に抜擢しており、アクティブシーンでお役立ち。サイドパネルの一部を速乾メッシュで切り替えることによって、通気性にも配慮しています。また、長時間かぶり続けていても額が痛くならないよう、ブリム部分にはソフトな低反発芯を搭載。スペックに特化した頼もしい逸品となっています。

アイテム7

『フランクリン&マーシャル』レザーパッチキャップ

『フランクリン&マーシャル』レザーパッチキャップ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

白のキャップはかぶるだけで着こなしにクリーンな印象を呼び込めるアイテム。こちらのモデルは、フロントにオンされた国産のロゴ入りレザーパッチがアクセントとして作用しています。無駄なディテールを省いたストイックなキャップだからこそ、パッチの存在感が鮮明に。

アイテム8

『ポテン』×『アダム エ ロペ』ニッケキャップ

『ポテン』×『アダム エ ロペ』ニッケキャップ

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

お気に入り追加

『ポテン』はプロ野球選手や甲子園球児などのベースボールキャップを専門に手掛けるブランド。昔の野球帽の雰囲気が感じられるデザインはそのままに、上品なアイテム作りを得意とする『アダム エ ロペ』のセンスが注入されたことで洗練された印象に。モードな雰囲気すら漂う仕上がりです。

アイテム9

『ユニフォーム エクスペリメント』オーセンティックコットンキャップ

『ユニフォーム エクスペリメント』オーセンティックコットンキャップ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ウォッシュ加工でフィニッシュしたコットンツイルは、風合いが豊かでこなれ感たっぷり。大人のカジュアルコーデをセンス良く彩ってくれます。しかも、日本製だけあって作りもしっかりとしているので、ヘビロテだって余裕です。前面のパネルにはキーアイコン、サイドにはロゴ刺繍を配置。

アイテム10

『モンキータイム』フェイクレザーキャップ

『モンキータイム』フェイクレザーキャップ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

見慣れたアイテムであるベースボールキャップも、光沢感あるレザー調だとまた一味違った雰囲気に。スポーティさと上品さを見事に両立しています。大人っぽい風貌のキャップゆえに、きれいめの着こなしに取り入れても難なく順応。

帽子の種類をおさらい。自分に似合うタイプを見つけて取り入れよう

バッグ・ファッション小物

帽子の種類をおさらい。自分に似合うタイプを見つけて取り入れよう

コーデの洒落度アップに取り入れたい帽子。とはいえ、何を選べばいいかわからない……という方も多いのでは? 自分に似合う1点を見つけるべく、帽子の種類や特徴をご紹介。

近間 恭子

2020.06.23

大人顔を厳選。メンズキャップの人気ブランド10選

バッグ・ファッション小物

大人顔を厳選。メンズキャップの人気ブランド10選

キャップはカジュアルコーデに好相性な小物として、きれいめな着こなしのハズし役として重宝するマストハブ。より大人に馴染むブランドと各アイテムを厳選しました。

深澤 正太郎

2021.04.24

黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

バッグ・ファッション小物

黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

キャップは春夏の定番小物。特に、大人コーデと好相性のいいブラックのキャップは重宝します。コーデ実例やおすすめ品を参考に、黒キャップをおしゃれに取り入れましょう。

ai sato

2021.08.05

注目編集者
TASCLAP編集部

プロが書くメンズファッションWEBマガジン

TASCLAP編集部
プロのライターと一緒に、等身大のおしゃれを日々発信。物欲を刺激する良品の数々、ビジネススタイルからカジュアルスタイルまで。今日から役立つメンズファッションの“いろは”を、わかりやすく紹介しています。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

来年も頑張る自分のために、大切なあの人のために。ティソの腕時計を冬のギフトに選びたい3つの理由

贈ってうれしい、もらったらもっとうれしい。そんな心温まるギフトシーズンに推薦したい腕時計ブランド『ティソ』。メンズからレディースまで良作を幅広くご紹介します。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

山スペックが、どれも1万円以下。外遊びがグッと楽しくなるハイコスパな冬アウターを見つけた!

山でも街でも使える本格アウターを狙うとなると、やはりコストが懸念材料。しかし、お馴染み『アウトドアプロダクツ』ならばお手頃&高品質な“買い”の逸品が揃います!

SPONSORED by ジーンズメイト

続きを読む

重要ポイントは3つ。タトラスと探る、今季的なダウン選びの「傾向と対策」

人気の高まりによって選択肢が豊富になったダウンジャケット。その一方、何をどう選べば良いのかわかりにくいのも事実です。今季“買い”の基準を『タトラス』と探ります!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

目の肥えた時計好きはなぜロンジンを選ぶのか。“格”を示すフラッグシップに見る、その理由

約190年に及ぶ歴史を持つ『ロンジン』は、時計界において特別な存在。その旗艦モデルは一生モノの枠を超え、後世に受け継ぐ価値を備えたタイムピースだ。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

ファッションに合わせて時計も“着替える”。スカーゲンのホリデーセットを自分へのご褒美に

今年一年、頑張った自分へのご褒美に。はたまた大切な人へのギフトに。ホリデーシーズンが近づいた今、ぜひ注目してほしい『スカーゲン』のホリデーセットをご紹介します。

SPONSORED by スカーゲン

続きを読む

うん、“色”っぽい。カラー使いに惚れる、ポール・スミスの彩りウォッチ

重厚な印象になりがちな冬の装いを洒脱に仕上げたいなら、腕時計で彩りを添えるのが効果的。腕元に洗練をもたらす逸品が『ポール・スミス ウォッチ』には揃っています!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

自由自在にカスタマイズ。“MY G-SHOCK”で自分好みのオンリーワンを手に入れる

多くの画期的モデルで周囲を驚かせてきた『Gショック』。今度はなんと自分だけの「MY G-SHOCK」が作れるという。早速、業界の最前線で活躍するデザイナーが試してみた。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

その進化、変わらぬ心地良さに安心する。 モデル・ショーゴも惚れ込む西川ダウン

『ナノ・ユニバース』のロングセラーシリーズ『西川ダウン(R)』を、これまで数多く着用してきたモデルのショーゴさん。彼が語るその良さと、今季作の見どころとは?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

圧倒的な軽さと薄さを体感せよ。通勤の悩みを解決するレゾンのバックパックにこの冬出会う

「重くてかさばる仕事カバン」はもはや時代にそぐわないもの。超軽量と超薄型を実現した『レゾン』のバックパックが、きっとあなたのビジネスライフに革命を起こします。

SPONSORED by レゾン

続きを読む

業界人も通う恵比寿の名店にフィーチャー。人気スタイリストと考える、今選ぶべきアクセサリー

大人のアクセサリーに求められること。それは旬度とスタイリングへの汎用性、そして確かなブランド力です。例えば、『シンパシーオブソウル』はまさに適任でしょう。

SPONSORED by S.O.S fp

続きを読む

レザーに通じたプロ同士が対談。ガンゾに聞く革のお手入れトラブルシューティング

使うほどに味が出るのがレザーの魅力。しかし、そのためには適切な手入れが必要です。革のプロに、正しい革のメンテナンスについて基本から応用まで教えてもらいました。

SPONSORED by ガンゾ

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP