定番から個性派まで!人気ブランドのおしゃれなビーチサンダル

定番から個性派まで!人気ブランドのおしゃれなビーチサンダル

これからの季節、海だけでなく街でも使えるおしゃれで機能的なビーチサンダルがあると便利。定番ブランドから人気ブランドまでこの夏活躍間違いなしのアイテムを厳選した。

大中 志摩

2017.08.01

サンダル
ビーチサンダル

夏に欠かせない、ビーチサンダルとは

ビーチサンダルとは、基本的に水ぬれに強い素材を使用したサンダルのことを指し、一般的にはゴムで作られたフットベッドに、ゴムや布地、プラスチックの鼻緒やストラップで構成されているモノが多い。主に海や川などの水辺のレジャーなどで使用するが、近年はファッションアイテムとしてタウンユースで用いる人が増えてきている。

大人におすすめのビーチサンダル、3大ブランドはこれ!

夏の定番であるビーチサンダル。まずは、大人がビーチサンダルを選ぶならマストでチェックしておきたい3つのブランドに注目。各ブランドの人気アイテムを紹介していく。

ブランド1:『ハワイアナス』

ブラジル発のビーチサンダルブランド『ハワイアナス』。ファッション性の高いデザインが豊富に展開されており、また履き心地の良さにも定評がある。海外セレブにも愛用者が多く、日本での人気も高い。価格設定がリーズナブルな点も人気の理由である。

『ハワイアナス』のビーチサンダルといえば、ゴム素材で作られたシンプルなデザインが特徴。カラーバリエーションが豊富で、コーデになじみやすいベーシックカラーから、コーデのアクセントになるカラフルなモノまで揃っている。

デザインだけではなく履き心地にも注目。『ハワイアナス』のビーチサンダルは、天然ゴム100%で作られているため、クッション性や柔軟性に優れ、しっかりと足にフィット。そのため、鼻緒がズレることがないので疲れにくく、ストレスなく履くことができるのだ。

スニーカーやスポーツサンダルでも人気の高いホワイト。ミニマムでシンプルなデザインとオールホワイトのクリーンな印象が足元から抜群の清涼感を演出。ベーシックなのでスタイルを限定せず、幅広いシーンで活躍してくれる男女問わず人気の高いカラーだ。

続いて紹介するのは爽やかなマリンブルー。落ち着いた色みのブルーなら、コーデになじみやすく、足元だけ悪目立ちすることもなし。シンプルな着こなしのアクセントに◎。

コーディネートの引き締めに最適なオールブラックも見逃せない。海などレジャーシーンはもちろんだが、都会的な印象のブラックなら街履きとしてもなじみやすい。

夏らしいインパクトが欲しいという人はレッドを選んでみては。鮮やかな色合いは、着こなしのアクセントに持ってこい。バリエーションのひとつとして検討したいところだ。

ブランド2:『ヘンリー&ヘンリー』

『ヘンリー&ヘンリー』は2001年にイタリアで創業。ラグジュアリーブランドのサンダルの生産も行っているため、そのデザイン性に定評あり。なんといっても、街履きできる洗練されたデザインが魅力だ。

こちらのサンダルのように、シンプルかつ洗練されたデザインが特徴で、ファション性に優れ、エレガントな雰囲気を演出してくれる。コンビカラーやソリッドカラーなど豊富なカラーバリエーションを展開している点も見逃せない。

ソールには、滑らかな肌触りでさらっとした履き心地が楽しめる上質なラバーを使用。アウトソールに施したタイヤのような溝が特徴で、この溝がビーチやプールサイドでもしっかりとグリップ力を発揮してくれるので滑りにくい。もちろん、心地よいフィット感で履き心地も抜群だ。

マロンカラーのフットベッドにライムのストラップをあしらったコンビカラー。マロンの落ち着いた雰囲気とライムの爽やかさがマッチした大人な仕上がり。ファッション性に富んだデザインで街履きとしてもおすすめ。

こちらはクリーンな表情のオールホワイト。足元をより涼しく軽快に仕上げてくれる。ブルージーンズとも相性ばっちり。

足元で遊びたいならポップなイエローをチョイスして。シンプルになりがちな夏の着こなしの主役として取り入れるのもおすすめだ。リーズナブルな価格のため、2足目としても手が届きやすいはず。

カラーのモノが欲しいけど派手すぎるのはちょっと……、という人におすすめしたいのがこちら。フットベッドは落ち着いたブラウン、ストラップ部分はオレンジを採用したコンビカラー。大人顔のビーチサンダルが欲しいという人はチェックしてみて。

ブランド3:『アイランドスリッパ』

1946年の創業からハワイ・オアフ島で生産されている『アイランドスリッパ』。ハワイへ移住した日本人の武蔵氏がサンダルの原型を作り、息子のエドワード・モトナガ氏によって発展した。創業から理念を貫き、ハワイの伝統的なプリント生地やアメリカ本土の厳選されたレザーを使用している。

『アイランドスリッパ』のビーチサンダルといえば、一般的なゴム素材ではなく、スムースレザーやスエードレザーを使用しているため高級感があるのが特徴。そのため、サンダルながらもラフになりすぎず、きれいめな着こなしとも好相性。

上品なデザインに加え、サーファーや現地の人にも愛され続けている実用性にも注目。アウトソールはクッション製に優れた作りとなっており、裏側に細かく施された溝がグリップ力を高め、ぬれた路面でも滑りにくい設計に。またソフトなフットベッドが足をやさしく包み込んでくれるので履き心地も抜群。

季節感を演出してくれる爽やかなモデルが欲しいという人に、おすすめしたいのがこちらのカラー。鮮やかな発色で夏らしさがあり、アクセントとしても最適。着こなしの差し色として取り入れるのもおすすめだ。

深みのあるバーガンディが大人っぽさや上品さを匂わすこちらの1足。トーンを抑えることでどんなスタイルにもマッチする色みに仕上げられている。

今季トレンドのピンクカラー。洋服では取り入れるのが難しいと思う人も、足元なら手軽に取り入れやすいハズ。ショーツと合わせてすっきり着こなすのがおすすめ。

こちらは安定のネイビーカラー。シックな色みで大人っぽくキマるのはもちろん、合わせるカラーを選ばずに使える汎用性の高さも魅力。スラックスなどきれいめボトムスとも相性良し。

シンプルなデザインが好きな人は、この3ブランドのビーチサンダルをチェック!

『デュペ』は、1969年にスタートしたブラジルのラバーサンダルブランドだ。飽きのこないシンプルなデザインで、普段着にも合わせやすいアイテム。かかと部分に膨らみを持たせることで衝撃を和らげ履き心地の良さを向上させた。カラーも豊富に展開しており、どれも大人っぽさが感じられる。

『ビルケンシュトック』の人気モデルであるギゼをEVA樹脂で作りあげた水陸両用タイプがこちら。同ブランドならではのアウトソールの形を残しながらも、より軽くクッション性に優れ、動きやすく仕上げられている。レザーモデルに比べ、価格もリーズナブルに購入可能。

ボードショーツでもおなじみ『クイックシルバー』。ファッション性に定評がある同ブランドはビーチサンダルもぜひともチェックしておきたい。本作は、シンプルなデザインでまとめ大人っぽさを強調。落ち着いた雰囲気があり、スタイルを選ばずに愛用できる。

個性的な柄が好きなあなたは、この3ブランドからセレクトを

海から街まで使えるシンプルなビーチサンダル。むだな装飾を省いた洗練されたシルエットに仕上げることで片足約120gという軽さに。フットベッドには高反発性に優れたEVA素材を用いているので快適な歩行を助長してくれる。

フットベッドには、『バンズ』の名作オーセンティックをプリント。アウトソールは、ワッフルパターンを採用し、さらに『バンズ』のプロスケートモデルでおなじみの着地の強い衝撃から足を守ってくれるウルトラクッシュを搭載することで、耐久性と履き心地の両立を実現した。

『カスタム』は、1999年にオーストラリアで誕生したシューズブランド。リーズナブルな価格と個性的なデザインにく加え、履き心地も良いとして人気が高い。こちらのモデルは、フットベッドに、フェイクグラスを使用しサンダルから芝生が生えているかのような個性的なデザインがインパクト大。

ソールに特徴あり。履き心地で選ぶなら、この3ブランドがおすすめ

フットベッドから鼻緒に至るまでレザーで仕立てたプレミアム感漂うサンダル。薄めに仕上げられた2層のソールはすべて手作業で削り出している。アウトソールには耐久性とグリップ力を備えたビブラム社のピラミッドソールを使用。足への負荷も少なく長時間の歩行でも疲労しにくい。

ダブルミッドソールを採用し、履き心地の良さにこだわった1足。ヌバックレザーにはブランドロゴの型押しが施され、鼻緒部分のアイロンは軍用でも使用されている耐久性の高い素材を使用している。手で削られたアーチサポートは厚く、疲れにくい構造に仕上げた。

『ナイキ』のフリーソールを搭載したハイエンドなビーチサンダル。フリーソールは、フットウェアを履いたまま、裸足の感覚を感じられるかを突き詰めたソールで、クッション性に富んでおり、サンダルとは思えない快適性を実現した。濃淡ブルーの爽やかな夏らしい配色が足元を軽快に彩る。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK