ライダースジャケットでグッと男前! シングル・ダブルで提案する大人コーデ

ライダースジャケットでグッと男前! シングル・ダブルで提案する大人コーデ

男らしさあふれるルックスが魅力のレザーのライダースジャケット。本記事では、スマートなシングルと男らしいダブルのタイプ別に、カッコイイ大人の着こなしを提案します。

TRYOUT

2017.10.04

ライダースジャケット
レザージャケット
秋の着こなし・コーディネート

男度アゲるなら、レザーのライダースジャケットがおすすめです

重厚感がありハードな印象のレザーのライダースジャケットは、なんといっても羽織るだけで男らしくクールにキマるのが魅力。着込めば着込むほどにレザーの風合いが増すため、自分色に染めていくことができるのも醍醐味です。まさに“男前アウター”と呼べる本アイテムを取り入れて、男度をグッとアップさせましょう!

選ぶポイントは、“形”と“革”の種類

レザーライダースジャケットを選ぶ際は、シングルかダブルかで大きく変わる形と、仕上がりの表情が変わる革の2点を意識するのがポイントです。

チェック1:形はシングルorダブルの2タイプ

ライダースジャケットには大きく分けてダブルとシングルの2つのタイプがあります。おそらくライダースジャケットと聞いて多くの方が思い浮かべるのは、武骨な印象のダブルかと。一方、シングルはスマートなルックスが特徴です。

シングルの特徴はなんといってもシンプルさ。むだをそぎ落としたデザインなので、品があり、スマートなルックスです。スタイリングにおいては、合わせるアイテムを選ばないので汎用性が高く、きれいめからカジュアルまで着こなせます。

襟やジップのデザインが複雑なダブルは、シングルに比べて武骨でハードな印象。スタイリングにおいても、存在感があるので、存分に男らしさを演出できます。デザインがごつい分、サイズはコンパクトなモノを選ぶのがおすすめです。

チェック2:革は牛革、羊革、山羊革、馬革の4種類

形に続いて、選ぶうえでこだわりたいのがレザーの種類。革の種類によって、質感や風合い、着心地まで大きく変わってきます。主に採用されている牛革、羊革、山羊革、馬革の4種をピックアップしてご紹介。

多くの革製品に採用される牛革。牛の年齢によってさらに種類が分かれていますが、生後2年以上の去勢された雄牛のステアハイドがもっとも一般的で、丈夫さと柔らかさを兼ね備えたレザーです。初めは革が硬めですが、着込むうちになじんでいきます。

キメが細かく、滑らかな質感が特徴の羊革。軽く柔らかな着心地なので、ゴワついて動きづらい印象のライダースジャケットも楽に着ることができます。また、断熱性に優れていることもポイント。

山羊革は薄くて丈夫、さらに型崩れをしづらいので、長く愛用し変化を楽しむことができます。独特の細かいシボ模様は、牛革とも馬革とも違った表情で上品な印象を与えてくれます。

牛革に比べて繊維密度と強度はやや低いですが、柔らかく、銀面(革の表面)がしなやかです。馬は運動量が多くて傷がつきやすいので、採れる量が少なく、上質なモノは高級品として扱われます。

シングル・ダブル別に提案。レザーのライダースジャケットの着こなし

シングルとダブルとではルックスが大きく異なるため、着こなしの印象が随分変わります。それぞれの形別の着こなしをいくつかピックアップしました。

▼幅広く着回せる! シングルライダースジャケットの着こなし

シンプルなデザインでスマートな印象のシングルライダースジャケットは、品のある大人っぽいスタイリングがしやすい点がポイントです。また汎用性が高いため、幅広い着こなしに対応可能!

シンプルなシングルタイプは白シャツとの相性が良く、男臭さをさっぱりした印象に変えてくれます。ボトムスはセンタープレス入りのスラックスできちんと感を底上げ。足元は白スニーカーでクリーンにまとめました。

シャツとネクタイのトラッドなスタイルに、ジャケットではなくシングルライダースを投入。シンプルを極めたきれいめシングルならかっちりした着こなしにも自然になじみ、大人の品格と余裕を引き出してくれます。

もっとも一般的なブラックはハズすことがないですが、つい重くなりがち。ブラウンのシングルライダースを選択すれば、レザーの重厚感を壊すことなく全体をライトに整えてくれます。足元は相性のいい『ドクターマーチン』で正統派なコーデに。

ハードになりがちなライダースジャケットをスウェットパーカーやワイドパンツでカジュアルにスタイリング。襟元がすっきりとしているシングルタイプなら、パーカーとのレイヤードも相性抜群です。キャップやスニーカーでとことんストリートMIXに。

生デニムやインディアンジュエリーを取り入れてライダースジャケットとの調和をとりつつも、足元は『コンバース』のテニスシューズでハズしてこなれ感を演出。スポーツの要素を入れても違和感がないのはシングルライダースのシンプルさがあってのこと。

カーキのパンツにベレー帽、ティアドロップのサングラスとミリタリーテイストな着こなし。ライダースジャケットを羽織ることで男っぽい印象に仕上げつつ、シングルの醸す品の良さでハードすぎないムードにまとめています。

小物使いまでこだわった大人のドレススタイルは、アウターをあえてシングルライダースでハズしてこなれた雰囲気に。ドレスジャケット代わりにさらりと羽織れるドレッシーな雰囲気は、シングルの持つ魅力のひとつ。

▼男度満点。ダブルライダースジャケットの着こなし

武骨なルックスのダブルライダースジャケットは、ワイルドさを生かしたコーデはもちろん、スポーツやタウンの要素を取り入れてバランスのいい着こなしまで、シングルとはひと味違うライダースジャケットのスタイリングが楽しめます。

アウター以外はブラックで統一した着こなしにブルーのダブルライダースを採用。ダブルのずっしりした存在感と印象的なカラーが、コーデのアクセントになっています。レザーの品の良さとタック入りパンツも好相性。

同系統のアイテムを合わせがちなダブルのジャケットに、あえてリラックス感のあるスウェットパンツをチョイス。異なる系統のスウェットがダブルの武骨さをいなし、少しワイルドな大人の休日スタイルの完成です。

ゆったりした丈感のカットソーも、がっしりしたダブルのライダースなら難なく引き締めることが可能。足元のサイドゴアブーツとジャケットの重厚感をリンクさせ、若干のゆるさを残しつつもていねいにまとめました。

グレーのワントーンでまとめた上品で紳士らしい着こなしも、ダブルライダースを組み合わせるだけで一気にインパクトの強いコーデに。存在感のあるアウターなので、袖を通さずさらりと羽織るだけでもキマります。

キャップとスニーカーのストリート感あるスタイルは、ダブルのライダースジャケットを羽織ることで深みのあるムードに格上げ。重たくなりがちなダブルはジップアップしないことで、シンプルかつきれいな印象に仕上がります。

ジップアップしたライダースの胸元には、あえてドレッシーなシャツとタイをチョイス。ダブルのタイトなサイズ感とシャツ&タイのきちんと感がマッチし、上品な印象に。スニーカーで足元に抜け感をつくったのも巧みです。

ダブルの武骨さは白シャツで中和しがちですが、“らしさ”を生かすなら柄シャツもおすすめ。ジャケットと同系統のパンツやハットでまとめた男っぽさの中に、遊び心ある柄シャツを投入すれば一気にこなれたムードが手に入ります。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK