創設時からサステナブル。フライターグのバッグを満喫し尽くす!

創設時からサステナブル。フライターグのバッグを満喫し尽くす!

サステナブルという言葉さえ生まれていなかった90年代に、アップサイクルに着手した『フライターグ』。時代がようやく追いついた、魅力的なカバン作りから目が離せません。

遠藤 匠

遠藤 匠

SHARE
記事をお気に入り
2021.03.16

エコにしてタフ。『フライターグ』は唯一無二のバッグブランドだ

サステナブルという考え方が世界的に浸透し、ファッション業界でもリサイクルやアップサイクルに取り組むブランドが決して珍しくなくなりました。その嚆矢といえるブランドが、1993年にスイスのチューリッヒで創業した『フライターグ』です。商業デザイナーだったマーカス・フライターグ氏が、グラフィックデザイナーである弟のダニエル氏ともに立ち上げた同社の代名詞こそが、使用済みのトラック幌を再利用したバッグです。

エコにしてタフ。『フライターグ』は唯一無二のバッグブランドだ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

幌はいずれも、ヨーロッパ各国のトラック運送業社などから使用済みを集めたもの。丈夫なメッセンジャーバッグを作りたいという思いでこの素材にたどり着いたようなのですが、同時にフライターグ兄弟は、消費を重ねる社会に対する疑問も抱いていました。それゆえに、使い古されたものを再利用することが環境に配慮した行動につながる……という考え方が、そのままブランドのミッションとなっていきました。現在は、ヨーロッパとアジアを中心とする11か国と地域に直営店を持ち、日本でも2011年に銀座に初出店して以降は渋谷や京都を含む4店舗を展開。モノ作りにおいては生分解性のファブリックを自社開発してアパレルを立ち上げるなど、新しい取り組みにも力を注いでいます。創業当初と比べてブランド取り巻く状況は大きく変わり、エコ志向が浸透しつつある現在も、ファッションにおけるサステナビリティ精神のパイオニアとして存在感を増しています。

『フライターグ』を『フライターグ』たらしめている3つの特徴を知っておく

『フライターグ』を『フライターグ』たらしめている3つの特徴を知っておく

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

同社がバッグとしてアップサイクルしているトラックの使用済み幌は、ターポリンと呼ばれるPCV系の素材。5~8年程度が寿命とされており、その使い古しではあるものの、バッグの素材としては極めて丈夫、かつ圧巻の防水性を誇っています。また、運送業者などから集めて洗浄した幌をランダムにカットして作られる同社のバッグには、1つとして同じモノはありません。また、傷やちょっとしたヘタりさえもデザインの一部としてそのまま生かして作られています。ゆえに、自分好みのバッグと一期一会の出会いを果たす楽しさがあり、またそれを持つこと自体が個性やオリジナリティの演出にも一役買ってくれるのです。

『フライターグ』を『フライターグ』たらしめている3つの特徴を知っておく 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

アップサイクルされるトラックの幌はヨーロッパ各国で使われていたものだけあって、色使いやグラフィックにも欧州テイストが滲み出ています。それらのグラフィックが抜群に映えるカッティングの妙も、スイスブランドならでの魅力。上記の理由から、『フライターグ』のバッグ自体がコーデをセンス良く見せ、完成させるアクセントとして絶大な効果を発揮してくれるのです。その価格帯は、2~3万円から10万円台までとカジュアルバッグとしては少々高め。しかし、その唯一無二のデザインを楽しむことが環境への配慮につながる側面を考えると、世界で愛されていることもうなずけるのではないでしょうか。

トートにリュックに。メインで活躍してくれる『フライターグ』5選

創業のきっかけにもなったメッセンジャーバッグを筆頭に、リュックやショルダーバッグにも収納性が高く機能的なアイテムが目白押し。ちょっとしたトートバッグさえも、とびきりタフで実用的な作り込みがなされています。

アイテム1

F155 クラプトン

F155 クラプトン

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

こちらは、自転車通勤をする人にも使いやすいバッグとして開発されたバックパック。素早く開閉でき、防水性を高める役割も果たすロールトップ式です。背面パネルとショルダーストラップは3Dメッシュバッド内蔵ゆえ、本体のタフさとは裏腹に背負い心地がやさしく、蒸れを低減できる点も魅力です。ノートPC用のスリーブを備え、側面のジップから中にクイックアクセスも可能。

アイテム2

F306 ハザード

F306 ハザード

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

こちらは縦長にも横長にも使える、ありそうでなかった設計のブリーフケース。バックパックとしても使えるよう、ショルダーストラップが備わっています。ネオプレン素材のスリーブに17インチのノートPCも収納できるサイズ感で、種類とまとめて収納できる広マチ設計。ですが、背面側のジッパーを開けば、ノートPCだけを素早く取り出すこともできます。

アイテム3

F640-61 ローリン マルサラ

F640-61 ローリン マルサラ

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

6Lサイズのメッセンジャーバッグとして使えるだけでなく、ロールトップ構造のトップを伸ばすと12Lのトートバッグとしても使用可能。買い物などで予想外に荷物が増えてしまったときも、これ1つ持っていれば安心です。背面側には大きめのジップポケットが備わっており、財布やスマホといった頻繁に出し入れするモノを入れておくと便利です。

アイテム4

F560 スターリング

F560 スターリング

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

手持ちでも、肩掛けでもちょうどいい長さのハンドを備えた横長トートバッグ。実はこれも、付属のショルダーストラップを付ければ、メッセンジャーバッグ感覚でも使える設計になっています。フロントには2つのオープンポケットがあり、スマホや雑誌の出し入れもスムーズ。開放部は開きっぱなしにならないジップ仕様で、内側には筆記具などの小物の収納に便利なオーガナイザーポケットが付属します。

アイテム5

F620 ダヴィダン

F620 ダヴィダン

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

こちらのトートバッグは、カラビナ型フックが付いたハンドルの位置を変更することで、リュックサックのように背負うこともできる2WAY仕様。内側にはジップ付きポケットとオープンポケットの両方が用意され、頻繁に出し入れしたいモノと貴重品を分けて収納することができます。開口部はジッパーで閉じられるので、見られたくない荷物もしっかりカバー可能。

サコッシュにエコバッグ。サブバッグとして使いたい『フライターグ』5選

必要最小限の荷物でぶらりと出かけるときにちょうどいい、サコッシュのような小型バッグ。小さくたたんで持って行きたいエコバッグも、ブランドを特徴づける使用済みトラック幌で仕立てたモノが揃っています。サイズは小ぶりでも、コーデにおけるアクセント効果がずば抜けて高いことはいうまでもありません。

アイテム1

F553 ルウ

F553 ルウ

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

こちらは、3Lサイズのミニショルダーバッグ。スマホの収納にピッタリなインナーポケットに加えてキーホルダー用のコードも備わっているので、大切な鍵をなくす心配とも無縁です。なお、フロント側には大きめのジップポケットを用意。かさばらない薄マチ設計ゆえに、旅行などではセカンドバッグとして現地で重宝します。

アイテム2

F621 ジャック

F621 ジャック

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

トラック幌で仕立てたストラップの面ファスナーを外すと、15リッターサイズのエコバッグが出現。エコバッグの本体自体は、ペットボトルのリサイクル素材で仕立てられています。使った後の折りたたみ方をスタイリッシュなグラフィックで表現したプリントも、遊び心を演出。

アイテム3

F271 マシクラ

F271 マシクラ

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

財布やスマホ、サングラスといったワンマイルな外出時の小物を入れておくのにピッタリなサイズ感の「F271 マシクラ」。長さ調節自在なストラップ付きで、サコッシュとしてショルダーバッグとしても使い勝手は良好です。フロント側のジップポケットにストラップを収納してしまえば、ミニクラッチとして手持ちもできる設計になっています。

アイテム4

F660 ジミー

F660 ジミー

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

トラック幌とペットボトルのリサイクル素材をコンビ使いした、異素材MIXのスポーツバッグ。手持ちと斜め掛けにも対応した2WAY設計です。500mlペットボトル12本分を再利用しており、環境汚染の原因になることが指摘されているフッ素化合物を使っていないPFCフリーの撥水加工を用いているのも特徴です。

アイテム5

F41 ハワイ ファイブオー

F41 ハワイ ファイブオー

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

フラップ付きのメッセンジャーバッグを、容量2LのXSサイズに小型化したのがこちら。ショルダーストラップは自動車のシートベルトの使い古しをアップサイクルしたもので、ラバー製のトリミングも自転車のタイヤチューブを再利用しています。フラップを開けるとジップポケットにアクセスでき、主室には2つの小型オープンポケットを装備。

スマホケースにウォレット。『フライターグ』の小物3選

バッグやポケットから取り出した際に、違いを印象付けられるのがウォレットやスマホケース。小物といって侮るなかれ。トラック幌のタフさを味方に付けた作りで、細部の作り込みも極めて実用的です。

アイテム1

F351フォリオ iPhone 8/7

F351フォリオ iPhone 8/7

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

こちらは、二つ折りのフラップ付きiPhoneケース。トラック幌を2枚重ねにしたフラップの堅牢さゆえ、大切なスマホを持ち歩くときの安心感は抜群です。内側にはポケットが用意されており、開放部にはカードやレシート類の出し入れがしやすいような刻みが施されています。

アイテム2

F705 セクリッド×フライターグ

F705 セクリッド×フライターグ

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

財布ブランド『セクリッド』とのコラボ作。中央に向かって折りたたまれた財布をパタッと開くと、左右にカード収納、センターにお札を挟んでおける札入れが出現。アルミ製のカードプロテクターが備わっているため、名刺入れとしても使うことも可能です。なお、黒いレバーを引くと収納したカードを簡単に取り出せるようになっています。

アイテム3

F558 レオナルド

F558 レオナルド

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

シンプル極まりない二つ折り財布と思いきや、合計8枚のカードを収納でき、札入れとジップ付きのコイン入れも備わった抜群の収納力を保持。ちょっとしたメモやレシートを入れることができたり、必要となればプラスαのカード入れとしても使えるスリーブも付いていたりします。

遠藤 匠

紺ブレもビーサンも守備範囲。雑食系服飾ライター

遠藤 匠
モノ雑誌と男性ライフスタイル誌の編集を経て、現在はフリーライターとしてメンズファッション誌、ライフスタイル誌、WEBを中心に執筆。ファッション遍歴は、渋カジから英国系テーラードを経て、再びアメカジに回帰。現在は無国籍状態に。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

モノ選びに悩む大人の駆け込み寺。ビームスの百名品で、”欲しい”に出会う

季節が変わると物欲は高まる。とはいえ、一から探し出すのは少し手間。欲しくなるモノだけチェックしたい……そんな気持ちを満たしてくれるサイトが『ビームス』にはある。

SPONSORED by ビームス

続きを読む

マスクの下、老け顔になってない? “保湿力”が男のスキンケアには必要だ

男の第一印象を上げるには肌が重要。そして、清潔感のある健康な肌には保湿が何より大切だ。マスクによる肌荒れを恐れない男でいるためのスキンケアの秘訣をご紹介しよう。

SPONSORED by アラミス

続きを読む

極上の着心地とナイスな洒落感。この夏、僕らは“ビッグワッフル”の虜になる

ざっくりした抜け感たっぷりな風合いと、雲上級の着心地を兼備したビッグワッフルが現在人気沸騰中。こなれた大人に味方するこの注目素材を、取り入れない手はありません。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

足元をおしゃれに涼しく。今年の春夏は、キーンの新作で“クール”に過ごす

春夏は、服だけでなく足元も涼しく軽やかに装いたいものですよね。シーンを牽引する『キーン』の新作なら、ルックスだけでなくエシカル視点においても間違いありません。

SPONSORED by キーン

続きを読む

人気スタイリスト3名が本気で考えた。今、大人が着るならこんなセットアップが良い

シーンを選ばない汎用性や、インナーと靴を決めるだけでまとまる手軽さが魅力のセットアップ。今選ぶべき1着はどういったものなのか? 実力派スタイリストが伝授します。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

カテゴリ

おすすめ記事