メンズカーディガンのコーデ|おしゃれに着こなす方法

知的な魅力を感じさせるカーディガンは、大人の男のワードローブに欠かせないアイテム。その具体定期な着こなし方をおしゃれなコーデサンプルとともにお届けします。

メンズカーディガンのコーデ|おしゃれに着こなす方法

年中着られる定番。カーディガンの魅力

まずは知っているようで、知らないカーディガンの魅力をご紹介。愛用者が多いのが納得できる、4つの魅力に迫ります。

魅力1

ベーシックな定番だからこそ、何とでも合わせられる

カーディガンは、ベーシックでシンプルなデザインが多いので、どんな洋服とも合わせやすく、汎用性が高いアイテムです。シャツの上に羽織ってきれいめに着こなすもよし、Tシャツの上に羽織ってカジュアルに着こなすもよし、スーツスタイルにだって合わせることが可能。自由自在にスタイリングが楽しめます。

色や柄のバリエーションが多く揃うカーディガンですが、ベーシックカラーの無地を1着持っておくと重宝しますよ。

魅力2

季節問わず、年中使えるアイテム

カーディガンは基本的には薄手の素材が多いので、年間のワードローブにはずせないアイテムです。春や秋は、シャツやTシャツの上に羽織ってカーディガンを主役に。夏は、肩掛けしてコーディネートのアクセントに。

冬は、アウターの下に重ねてレイヤード。まさに1年を通して使える優秀アイテムですね。このように1年中使えることを考えると、フレンチリネンやコットン素材など薄手のカーディガンを選ぶことをおすすめします。

魅力3

カーディガン男子は女性からの好感度大!

知的で清楚な印象を感じさせるカーディガン。そんなアイテムをおしゃれに着こなすカーディガン男子は、年齢問わず女性からの好感度◎です。ジャストサイズをきちんと着こなすのもいいですが、ちょっとゆったりしたものをラフに着こなすのも今っぽくてカッコいいですよね。

シャツ+カーディガンで作る清楚でかっちり感のある着こなしが、カーディガン男子の主流。これぞ、女子ウケバッチリの着こなしです。

魅力4

鮮やかな色を選べばコーデのアクセントに

シックなカラーのカーディガンのコーデも大人っぽくすてきですが、ちょっとどこか物足りないと感じたら、鮮やかなカラーをチョイスすることをおすすめします。友人とお出かけや彼女とのデートのときなど、鮮やかな色のカーディガンでおしゃれしてみては? アイテム自体はベーシックなので、色を選んだとしてもしっくりハマリます。

サイジングで変わるカーディガンの着こなし

ファッションにおいて「シルエット」は全体の印象を左右する重要な要素。その点、カーディガンなら選ぶサイズによって気軽にシルエットを操作することができます。

きれいめに着こなしたいならジャストサイズが鉄則!

サイジングの選択肢が幅広いカーディガンですが、こと「きれいめ」に着こなしたいなら選ぶサイズは「ジャスト」一択です。インナーやボトスなどほかのアイテムもタイトにまとめれば、隙のないコーディネートに仕上がります。

ゆったりめを選べばこなれたリラックス感

大きめサイズをゆったりと羽織っても、不思議とだらしなさが出ないのがカーディガンの魅力。休日コーデに合わせる時ときは、リラックス感を楽しみましょう。ただし、他ほかのアイテムで「締める部分は締める」こと。

色で変わるカーディガンの着こなし

「赤は情熱」「青は知的」など、色は言語を超えて強烈にイメージと結びついています。これを熟知してこそ、カーディガンを使った大人の着こなしも自由自在というものです。

きれいめコーデに必須のかっちり感をシックカラーで

ネイビーやダークグレーなど暗めのカラーは、カーディガンに限らずほかのアイテムでも「シックな表情を演出したいとき」に心強い色です。カーデに取り入れた際は、やわらかな素材感と相まって独特の優やさしい雰囲気が出ます。

やわらかめのカラーで抜け感あるコーデに

淡めのカラーを選べばコーディネートに透明感が生まれ、着こなしがあか抜けます。色みは自分が好きな色、似合う色を選ぶのが一番ですが、カーデは比較的気軽に買えるアイテムのため流行を気にしてみるのもまた良し。

鮮やかカラーでコーデのアクセントにも使える

カーディガンは発色の良い素材で作られていることが多いので、ビビッドカラーも美しく映えます。これをコーディネートに利用しない手はありません! ひと味違う個性を出したいときは、ぜひ鮮やかなカーデを取り入れましょう。

カーディガンと好相性のインナーセレクション

どんなアイテムとも合う万能なカーディガンですが、とりあえずと羽織るだけでは、ただシンプルなだけでおしゃれとはいえません。では、カーディガンと何を合わせたら相性が良くおしゃれにコーディネートできるのかをアイテム別に紹介します。

組み合わせ1

カーディガン×白T

シンプルな合わせだけど、こなれ感を狙うなら白Tチョイス。簡単そうに見えて、実は難しい組み合わせです。だらしなく見えないようするには、カーディガンを濃色にするのがポイント。コーディネートが締まって見えます。

組み合わせ2

カーディガン×シャツ

カーディガン×シャツは、カジュアルにもドレススタイルにも使える王道の組み合わせです。無難に白シャツを合わせるのはもちろんいいですが、人と差をつけたい人には立ち襟のバンドカラーシャツを合わせるのが今年っぽくておすすめです。

組み合わせ3

カーディガン×ハイネック

秋冬におすすめしたいのが、カーディガン×ハイネックの組み合わせ。ベーシックなカーディガンの着こなしにトレンドが加味され、一気にコーデがあか抜けますよ。色みはシンプルにまとめてきれいめを意識。おしゃれ上級者コーデの出来上がりです。

組み合わせ4

カーディガン×ボーダーT

きちんと感のあるカーディガンの着こなしに、カジュアルさを出したかったら、ボーダーTを合わせるのがおすすめ。ブルーのボーダーを合わせれば、爽やかなマリンコーデに決まります。ルーズなカーデを選んでリラックス感を漂わせるのもあり!

組み合わせ5

カーディガン肩掛け×Tシャツ

夏におすすめしたい、カーディガンの肩掛けコーデ。シンプルなTシャツに鮮やかなカラーを合わせるのがポイントです。爽やかかつ上品な着こなしは、デートやお出かけにぴったり!

春夏秋冬フル活用! カーディガンコーデサンプル

最後に春から冬までのいろんなカーディガンコーデをご紹介します。定番コーデから旬なコーデまで載せましたので皆さん、ぜひ参考にしてください。

”春”は、陽気なイメージを爽やかなカラーで演出!

冬を越え木々が芽吹き始め、少しずつ気分も上がってくる春。コーディネートにも、明るいカラーを足して、気分も上げましょう。

コーデ1

クリーンで爽やかなグリーンが主役!

落ち着いた雰囲気がお好みの方におすすめ。こちらはアースカラーの着こなしに、鮮やかなグリーンのカーディガンを羽織って春を意識したコーディネート。ゆったりしたシルエットのカーディガンは大人のこなれ感を演出してくれます。

コーデ2

さりげなく遊びを効かせた大人カジュアルスタイル

柄の中で最も合わせやすいアイテムはこちらの細ボーダーカーディガン。淡いブルーのシャツを合わせて爽やかに着こなしています。柄スニーカーで遊びをプラスしたら一気におしゃれ上級者の仲間入り。

コーデ3

ライトグレー×ホワイトでやわらかく

春に白シャツは欠かせませんよね。そこでなじみのいいライトグレーのカーディガンをチョイスして、白シャツを際立たせているのがポイントです。トップスが淡い色合いな分、ボトムスは黒で締めてメリハリをつけています。

コーデ4

デニムシャツにはピンクカーデで春らしさをプラス

男らしさ満点のデニムシャツは1枚でカッコよく決まるアイテムです。そこに、春を象徴する桜色のカーディガンをさりげなく肩掛け。このカッコよさは誰の目にもとまるはず。

アクティブに活動したい”夏”は、必ずカーディガンをお供させる!

日差しをカットしたり、クーラーの冷たい風から身を守ったり、夏でもさまざまなシーンで必要になるカーディガン。

コーデ1

「プロデューサー巻き」は見た目・実用性ともにグッド

夏のカーディガンはプロデューサー巻きしておけば、使わないときの収納にも困らないし、コーディネートのアクセントとしても使えます。グレーやブルーの中間色でまとめたコーデの中で、ホワイトのカーデが良いポイントに。

コーデ2

夏のビジカジコーデは肩掛けで決まり

シャツをパンツにタックインし、カーデを肩掛けすれば、クールなビジカジコーデの完成。シャツとカーディガンの色を揃えて、統一感を出しているのがポイントです。屋内に入ったときは羽織って冷房対策。

コーデ3

カモ柄ショーツにネイビーで都会的な表情を

盛夏のアクティブなコーディネートを、シティーライクな表情に落とし込むのにもカーディガンは使えます。カモ柄はともすればカジュアルさが前面に出てしまいますが、ネイビーのカーディガンが程よくシックにしてくれていますね。

コーデ4

ストライプのカーデをジャケット感覚で

夏のカーディガンはついつい「おまけ」のような感覚で使いがちですが、そんなのはもったいない。十分コーディネートの主役にもなりうるパワーがあります。パキッとしたストライプのカーデはジャケット感覚で着用可能。

どこか気持ちが切なくなる”秋”は、落ち着いたカラーにトーンダウン

少しずつ季節が変わり始めてきた時期は一気に秋カラーにチェンジ。おしゃれに重ね着して、いち早くトレンドカーディガンでコーディネートしましょう。

コーデ1

渋い秋色カーディガンはショールデザインできれいめに

紅葉で彩られるこの季節にカッコよく着こなすなら、渋い秋色カーディガンをチョイス。テーラードジャケットのようなショールカラーカーディガンが全体を上品な印象に仕上げています。カーディガン以外はシックな色でまとめるのが◎。

コーデ2

多色カーディガンを主役に着こなす

定番でシンプルなほうが着回しが効きますが、ほかとかぶりたくないなら変わった1枚を取り入れて。ベージュのパンツに合わせて、オータムコーデにスタイリング。レザーシューズなどクラシカルな小物と合わせて、とことん秋仕様に。

コーデ3

温かみのあるベージュのカーディガンでエレガントコーデ

温かみのあるベージュのニットカーデに、ストレッチパンツを合わせてきれいめにスタイリング。さらに、レザーのコインローファーで品の良さを漂わせて、エレガントに仕上げています。ホワイトをチョイスすることで重すぎない着こなしに。

コーデ4

こっくりとしたボルドーは差し色にもベースカラーにも◎

秋らしいカラーの代表格としては「ボルドーカラー」もはずせません。美しいワインレッドはコーディネートの差し色として使っても、思い切って主役級のカラーに据えても様になります。グリーンのパンツとの対比が◎。

重ね着を楽しめる“冬”だから、インナーチョイスでほかの人と差をつけよう!

ついダークカラーのアイテムをもってきがちな冬ですが、あえてインナーに色を取り入れてコーデを格上げ。重ね着が楽しめる冬だからこそ、インナーでおしゃれに見せてみては。

コーデ1

王道のきれいめレイヤード

シャツ+カーディガン+アウターの王道なレイヤードコーデ。水色のシャツとブラックのアウターの間に、ブルーのカーディガンをにはさむことで、グラデーションができ、バランスをとっています。足元はスニーカーではずしてこなれた着こなしに仕上がりました。

コーデ2

渋色カーデ×ライダースで男前に

こちらはダークトーンで男らしく着こなした好例。ライダースの中にダークブラウンのカーディガンをレイヤードして、渋さを出したのがポイントです。ハードなライダースをシックな色で大人っぽく仕上げています。

コーデ3

ワントーンコーデにグリーンのカーデがアクセント

難易度高めのグレーのワントーンコーデに、グリーンのカーディガンでアクセントをプラス。冬はダークカラーの着こなしが多くなりがちなので、人と差をつけたい人におすすめです。

コーデ4

ハードなライダースをピンクカーデでハズして

「男なのにピンクなんて」なんて思っていますか? 実は最近、男性のファッションでもピンクの波がきてるんです。ハードな印象のブラックライダースにピンクのカーデを仕込めば、今風のニュアンスが生まれます。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る