語り継がれる名作、ジャックパーセル。圧倒的人気は白と黒!

語り継がれる名作、ジャックパーセル。圧倒的人気は白と黒!

クラシックスニーカーが人気再燃の今、『コンバース』のジャックパーセルが注目されています。中でも圧倒的人気のカラーは白と黒。大人たちがハマる理由とコーデをご紹介。

TRYOUT

2018.05.31

コンバース(CONVERSE)
スニーカー

20世紀の名作『コンバース』のジャックパーセルとは

『コンバース』のジャックパーセルの誕生は1935年。スポルディング社製バドミントシューズが、そもそもの始まりです。モデル名はカナダの伝説的バドミントンプレイヤー、ジャック・パーセル氏に由来。発売当時としては最高水準の耐久性&履き心地ゆえにテニス、スカッシュに携わる多くのプレイヤーからも愛されました。

ジャックパーセルの歴史〜ジャックパーセル『コンバース』を冠するまで〜

1935年、スポルディング社製として誕生したジャックパーセル。発売当初の同モデルには、アイコンであるつま先のスマイルとかかとのヒゲがなかったのです。これが登場したのは、50年代にスポルディング社からB.F.グッドリッチ社に販売が移行してから。その後、1972年にB.F.グッドリッチ社が『コンバース』に買収されました。それにともない、ジャックパーセルが『コンバース』の定番ブランドの1つとなったのです。

ジャックパーセルの特徴

発売当初こそ運動靴として登場したジャックパーセルですが、一方で往年のヒーローから寵愛を受けた1足としても有名です。映画界ではジェームス・ディーン、音楽界ではカート・コバーン。そんな彼らを魅了した本作の特徴を紹介しましょう。

特徴1つま先のアイコン“スマイル”

トゥに刻まれたラインを“スマイル”といいます。現行モデルでは、やや短めにデザインされていますので共感しにくいかもしれませんが、90年代ごろまではもう少し長めのラインだったため、口角を上げているように見えたことが愛称“スマイル”の由来です。

その出生には諸説ありますが、単純に“アクセントの意味合い”というのが、定説として広く知られています。

特徴2ヒールパッチに描かれた“ヒゲ”

次にジャックパーセルの特徴となるのが、ヒールパッチに描かれた図柄。「Jack Purcell」の文字下に据えた模様ですね。これにも愛称があり、その名は“ヒゲ”。

ヒゲの由来は、当時開発された特許技術ポスチャー・ファンデーション(P.F.)を抽象化した記号なのです。この技術が採用されるようになったのは、1955年以降。そういうわけで、発売当初はの同モデルには、アイコンであるヒゲがなかったのです。

特徴3肉厚インソールとアウトソール

ジャックパーセルを象徴する快適な履き心地。これを支える秘密がインソールとアウトソールにあります。インソールは、ポスチャーファンデーションと呼ばれる特許技術、土踏まずを厚くすることで安定感を高めるデザインを採用しています。

アウトソールはスクラブソールを採用。こちらは、70年代ごろからの仕様ですが、波状の刻みでグリップ力を高めているんです。

昔から今にいたるまで、ジャックパーセルが愛される理由

ジャックパーセルが普遍的な人気を獲得している理由は2つ。1つは、往年のヒーローが愛用したという憧れの側面、それからもう1つは、クラシックなデザインであること。そしてサイドビューですね。フォクシングテープの幅とアッパーの厚み。適度に量感という意味でも、このバランスは最高です!

圧倒的人気のカラーは白と黒

近年ではネイビーカラーがレギュラー入りを果たしましたが、それでも人気色は黒×白、白×黒でしょう。ファンが慣れ親しんだカラーリングという理由もありますが、最近の白スニーカーブームや、シンプルな着こなしとの相性の良さも大きく影響しています。

足元を軽快に仕上げるクリーンな白

洋服好きにとって、白は究極といわれる色の1つです。理由は、無彩色で扱いやすく、一方で汚れが目立つというはかなさにあります。また、それ1つで軽快さとクリーンさが印象付けられるという魅力もありますね。オールホワイトの中で唯一色づいた “スマイル”が抜群の存在感を示してくれるのもポイント。

コーデを締めるクールな黒

続いて、不動の定番色である黒×白。ジェームス・ディーン、カート・コバーン、それからトム・ヨークが愛用したのもこの配色です。黒ベースといってもほかのクラシックスニーカーと異なり、コーデは引き締めますが鈍重な印象が薄く、それどころかキャップトゥ&フォクシングテープの恩恵で、どこか軽快に映るハズ。この絶妙なあんばいが黒×白モデルの魅力です。

買う際はサイズに要注意。同じ『コンバース』でもタイプによって異なります

『コンバース』オールスターからジャックパーセルに乗り換えようと考えている方は、いつもよりもひと回り大きなサイズを選びましょう。もともとはオールスター同様、ポッテリしたフォルムのジャックパーセルですが、90年代以降、細身のラストに変更しているため、サイズ感が違うんです。

人気のジャックパーセルを取り入れた、春夏秋冬の着こなしをチェック

ジャックパーセルは、ベーシックど真ん中のクラシックスニーカー。どういう風に扱っても、それなりにまとまった印象は作れます。では、これを今季流に調理したらどうでしょうか。季節別にリアルコーデを見ていきましょう。

清涼感あふれる爽やかなスタイリング。トップスのレイヤードや小物使いでコーティネートに奥行きを出しているのがポイントです。スキニージーンズとスマートなフォルムのジャックパーセルが好バランス!

夏の王道コンビ、白T×ジーンズの着こなしに白のジャックパーセルは相性抜群。シンプルながらも、こなれ感漂う夏コーデにキマっています。
小麦色に日焼けした肌に白のジャックパーセルが映えますね!

シンプルなモノトーンの着こなしとジャックパーセルは言うまでもなく相性良し。白で揃えたTシャツとスニーカーがクリーンな雰囲気をアップ!

スウェットパンツ×パーカーのラフなスタイリングにも、ジャックパーセルがしっくりマッチ。白Tとジャックパーセルの白キャンバスをリンクさせて爽やかさをさらに強調しています。

濃紺のデニム・オン・デニムのコーディネートに黒のジャックパーセルを合わせたカジュアルコーデ。ちょっと武骨なシルエットのジャックパーセルだからこそ、シンプルながらも男らしい印象にキマります。

春の着こなしには白スニーカーを選びがちですが、ジャックパーセルならブラックでも重たく見えないので使い勝手◎。白シャツ×グレースラックスのやわらかい着こなしにもすんなりとハマります。

清潔感あふれるこちらのコーディネート。春夏らしい淡い色の着こなしを黒のジャックパーセルが程よく引き締めています。トゥやソールが白なら、重たくなりすぎず軽快な足元を演出可能!

こちらは黒×白モデルを着用。ジャックパーセルとボーダーの配色をリンクさせることで統一感のある着こなしに仕上げています。スマートなフォルムのジャックパーセルなので、ワイドスラックスとも相性良し!

冬はコーディネートが重たくなりがち。そんな着こなしに程良い抜け感を演出するのに、白のジャックパーセルが活躍するんです。ジーンズの裾をロールアップしてバランス良く!

こちらのダークカラーでまとめた着こなしには、黒のジャックパーセルをチョイス。シューレースとトゥとソールの白がさりげない抜け感を演出しています。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK