人気ブランドのネクタイ20選。ビジネススタイルの仕上げはこの1本で

人気ブランドのネクタイ20選。ビジネススタイルの仕上げはこの1本で

「ネクタイは、その人より先に部屋に入ってくる」と言われるように、第一印象を左右する重要なもの。ビジネスマンの“仕上げ”アイテムだけにこだわって選びたいものです。

池田 やすゆき

2018.04.04

小物
ネクタイ

30代になったら、ネクタイの選び方にもこだわりましょう

ノータイのビジネススタイルが市民権を得つつあるとはいえ、いい大人なら“きちんと感”のあるネクタイをしたいものです。グローバルのビジネスコードとしては、スーツにネクタイが正装。胸元に確かなネクタイを締めていれば、見る人が見ればわかるものです。確かなモノ選びができるということは、仕事の面だけでなく、知的な大人であることを証明することにも繋がります。就活スーツやフレッシャーズを卒業したら、上質なネクタイを選びましょう。

ネクタイを選ぶ際に押さえておきたい2つのポイント

ネクタイを選ぶ際には、ストライプ柄や小紋といった色柄だけでなく、ブランドや素材、仕立てまでこだわって選びたいものです。そんなアイテム選びのポイントをご紹介しましょう。

ネクタイの選び方1餅は餅屋。専業か、ドレススタイルに一家言あるブランドを選ぶ

ネクタイとは当然ながら、ただ布を切って縫っただけのものではありません。良質なシルクを基本に、確かな品質の素材選びからネクタイのデザインはスタートしています。成形においても、サイドエッジはきっちりプレスするのではなくふんわりと畳まれているほうが高級感がありますし、ノットを作って締めるので多少のねじれにも対応する熟練した縫製が求められます。結び目はほどけにくく締まりながらも、ほどいた後にシワが取れやすいように表地はバイアス(斜め)に使いますし、芯地も確かなものを使わなくてはなりません。こういった事柄をすべてわかっていてネクタイ作りをしている確かなブランドから選べば間違いないでしょう。

ネクタイの選び方2上質な天然素材で、胸元に品格を

大人のビジネススタイルにふさわしいネクタイは、天然素材の良質なモノに限ります。基本は上品な光沢をたたえるシルクですが、 ウールやリネン、コットンなども着こなすスーツの素材によっては候補に挙がってきます。安価な化学繊維のネクタイにはシワがついてなかなか消えないモノもあるのでご注意ください。

ビジネススタイルを抜け目なく。人気ブランドのネクタイ20選

それでは脱フレッシャーズを目指すビジネスマンにふさわしいネクタイブランドをご紹介しましょう。国内外の専業ブランドに加え、ビジネススタイルが得意なセレクトショップやデザイナーズ&クラシック系ブランドがおすすめです。

▼やはり格別! 至高の1本を作り上げる海外発のネクタイ専業ブランド

階級意識の根強い欧米では、ネクタイは上流階級のマストアイテム。特に王侯貴族階級が栄えたイギリス、イタリア、フランスなどには、上質な素材を使ったネクタイやスカーフを専門に手掛ける専業ブランドがいくつもあるんです。

ネクタイブランド1『フランコ バッシ』

イタリア・コモ近郊は、シルク生地の聖地を呼ばれる織物の町。ここで1973年に創業されたのが『フランコ バッシ』です。その魅力はイタリアらしい美しい発色のシルク地です。このストライプタイ1つをとってみても、 “アズーロ・エ・マローネ(紺と茶)”というイタリア定番の配色がされていて、モダンな印象を引き立てています。

ネクタイブランド2『ニッキー』

ミラノ発の『ニッキー』は、近年ヴィンテージ風の素材使いにも力を入れている注目ブランド。1920年創業という、もうすぐ100年を迎える老舗であります。ハンドメイドにこだわる伝統的な仕立てはもちろんですが、明るい発色のネクタイのコレクションを多く手掛けていて、こちらの水色の1本は使いやすい無地ですが、「ガルザ」と呼ばれる凹凸のある素材が使われています。

ネクタイブランド3『アルテア』

『アルテア』は1892年、ミラノのネックウェアブランドとして創業されました。ネクタイのほかにマフラーやスカーフなどを展開していましたが、近年はトータルメゾンとしてジャケットやシャツ、カットソーなども展開しています。こ洒落た楽しい色柄が多く、こちらのペイズリータイなどはその代表格。淡い色合いでまとめることで、夏場の涼しげなVゾーンメイクに役立ちそうです。

ネクタイブランド4『ドレイクス』

『アクアスキュータム』でアクセサリーデザイナーを務めていたマイケル・ドレイク氏が1977年に独立して立ち上げた『ドレイクス』。高品質な素材使いと、流行に左右されにくいデザインのネクタイで確固たる地位を築きました。こちらのドットのタイも、じつにオーセンティックで飽きがこないデザイン。糸からこだわったヘビーオンスで高品質なシルク地は、エグゼクティブ御用達のタイブランドとしても有名です。

ネクタイブランド5『ジエレ』

1981年、ジャンカルロ・レガリア氏がミラノで創業した『ジエレ』。歴史は浅く小規模ながら、厳選された天然素材だけを使う優良なネックウェアの専業メーカーです。10年ほど前に、毎年2回フィレンツェで開催される国際紳士服見本市、ピッティ・イマジネ・ウォモに登場するや世界中のバイヤーが注目したのは、そのモダンで華麗な色柄生地の展開でした。人気のペイズリータイも、個性的な配色で展開しています。ほかの人とはひと味違うネクタイが見付かるはずです。

ネクタイブランド6『タイ ユア タイ』

先ほど触れたピッティ・イマジネ・ウォモでは“ピッティの羅針盤”の異名をとっていた有名人がフランコ・ミヌッチ氏。フィレンツェにある『タイ ユア タイ』というセレクトショップのオーナーで、彼が歩く先々に次のトレンドがあるということで“羅針盤”と呼ばれたのです。すでに現役を引退されていますが、そのオリジナルのネクタイは健在です。こちらは7回折りのセッテピエゲ。ふんわりとスカーフのように胸元にたなびきます。

ネクタイブランド7『フランコ ミヌッチ』

上掲の『タイ ユア タイ』はセレクトショップとして今は娘婿氏が受け継ぎ、店名も変わりました。しかし、フランコ氏はその直後に自らの名を冠した『フランコミヌッチ』のネクタイブランドをスタートさせています。シルクとウールをブレンドしたヴィンテージ風のネクタイはいかにも今風のレトロ回帰のトレンドを解したモノ。締めてみれば、フランコ氏ならではの装いの美学が伝わってくるはずです。

ネクタイブランド8『ブリューワー』

1892年、オーストリア・ウィーンで創業。その後、フランス・ニースに拠点を移したことからフランス独特の美しい色やデザインのネクタイで人気となりました。伝統的な手法を用いながら、現在ではイタリア生産をメインに展開されていますが、こちらのネクタイのようなニュアンスカラー使いが得意。2008年の北京オリンピックでは、フランス代表ユニフォームを手掛けるなど、現在ではネクタイに限らずフランスを代表するトータルブランドとなっています。

ネクタイブランド9『スパッカネアポリス』

ファッションブロガーであり、現在はSNSでも著名なニコラ・ラダーノ氏が、2016年に立ち上げたネクタイブランド。ヴィンテージの生地を使ったコレクションが人気で、ファッショニスタならではのひと味違った生地選びが、大手のネクタイメーカーのコレクションとは一線を画すものして話題です。

ネクタイブランド10『マリネッラ』

ベルルスコーニ首相も愛用した、ナポリを、そしてイタリアを代表するネクタイブランド。小紋柄を得意とし、そのバリエーションは店主も把握しきれていないほど。94年のナポリサミットでは、各国首脳にここのネクタイが贈られたことから、いかにこのブランドがイタリアで愛されているかが伝わります。港にほど近い『マリネッラ』のショップは朝6時にオープンすることで知られ、早朝船で市内に働きにくるビジネスマンが、自分用に、あるいは贈答用にやってくるそうです。

▼確かな技術とモダンな感性が光る、日本発のネクタイ専業ブランド

日本にも優れたネクタイ専業ブランドがあります。現在では希少な国産シルクのメーカーと協業したり、海外の有名なシルク生地メーカーから生地を買い付けたりと、日本人ならではのセンスを生かした高品質でトレンド感あるネクタイがリリースされています。

ネクタイブランド11『フェアファクス』

英国クラシックをベースに、ロンドン、ミラノ、NYなど大都市圏のリアルで洗練されたドレスアップスタイルを提案する日本のネクタイブランドの代表格。最高級シルク糸を使い、京都丹後地区の工房に現存する旧式レピア織機でゆっくりと織られたこだわりの国産シルク生地は、通常よりも糸を多く使った『フェアファクス』の最高級レーベル「レッドスター」の逸品です。

フェアファクスのネクタイでアメトラを気取る

フェアファクスのネクタイでアメトラを気取る

日本のタイドアップスタイルは米国東海岸のアイビールックの影響が大。そんな東海岸のファッションスタイルを、本格的に日本に持ち込んだのが『フェアファクス』なんです。

池田 やすゆき

ネクタイブランド12『クリケット』

1960年に創業した国内ネクタイ専業メーカー。本場イタリアで物作りを学び、社名の由来であるクリケットに通じるトラディショナル精神を大切にしています。アイビー、プレッピーといったファッションスタイルを知る世代にはお馴染みの老舗ですが、若々しい感性の色柄も多く、幅広い年齢層に愛されているブランドです。

ネクタイブランド13『フランコ スパダ』

1947年創業の日本の老舗ネクタイメーカー「永島服飾」のオリジナルブランドが、この『フランコ スパダ』。毎シーズン“タイムレスなニュークラシック”をコンセプトに、大人のエレガンス溢れるスタイルを提案しています。多くの有名ブランドのOEM(生産委託)で培った技術力を背景に持つそのコレクションは、日本伝統の織機で織った、ふっくらと肉厚なシルクを使うなど、ビジネスマンを中心に高く支持されています。

ネクタイブランド14『アットヴァンヌッチ』

元「タイ ユア タイ」アジア部門統括の加賀健二氏がディレクターを務める『アットヴァンヌッチ』。日本人が手掛けつつも、本拠地はイタリアなので、正確には日本ブランドとは言いにくいですが、ヴィンテージクロスやセッテピエゲといった伝統的なネクタイをモチーフに現代らしいモダンさを加味したコレクションは、国内の有名セレクトショップや百貨店で扱われています。スカーフのように柔らかで胸元に翻るタイは、ドレスアップするためのネクタイとして絶品です。

▼ドレススタイルに一家言あるデザイナーズブランド&セレクトショップオリジナルタイ

クラシックをベースにしたデザイナーズブランドや、ビジネス&ドレスウェアに強いセレクトショップなど、ほかにもこだわりあるネクタイをリリースしているブランドがあります。最後に一挙にご紹介しましょう。

ネクタイブランド15『ラルフローレン』

アメリカントラッドの雄でもある『ラルフローレン』は、『ブルックスブラザーズ』で働いたのちに、1967年にアメリカ初のネクタイ専門店を開き、自身のキャリアをネクタイデザイナーとしてスタートさせた経歴を持っています。アイビーやプレッピーをベースにした、使いやすく誰にでも似合うネクタイのバリエーションが多彩。このストライプタイもブルックスブラザーズのアメリカンストライプと異なり、英国式レジメンタルストライプを採用しています。

ネクタイブランド16『ポールスミス』

サーの称号を持つ英国を代表するデザイナーのポール・スミス氏は、ブリティッシュクラシックをベースにしたタイドアップスタイルを、毎シーズンのコレクションに投入しています。こちらのネクタイは遠目には小紋か水玉と思わせて、実は小さなワイングラスが散りばめられています。しかもよく見るといくつかのグラスには赤ワインが注がれているという洒脱さ。こういう遊び心がイギリス人らしいところです。

ネクタイブランド17『ビームスF』

「ビームス」のなかで、イタリアンクラシックの最新が一堂に揃うレーベルが『ビームスF』。そのオリジナルブランドはスーツやシャツ、ネクタイまで、普段からスーツを着て仕事をする男性から、休日のお洒落をタイドアップ&ジャケットスタイルでこなしたいウェルドレッサーのためのものです。毎シーズンのトレンドピックアップが的確で、『ビームスF』のネクタイコレクションを見れば、そのシーズンの流行が一目瞭然です。

ネクタイブランド18『シップス』

日本のセレクトショップの草分け的存在の『シップス』も、ドレスクローズに力を入れています。オリジナルのネクタイは素材も仕立ても海外ファクトリー謹製だったりして、ヨーロッパの有名ブランドと遜色ない出来栄えを誇ります。たとえばこちらのニットタイは、イタリアの高級シルクメーカー「カネパ」社の素材を採用。剣先付きでビジネススタイルにも使える、汎用性の高いコレクションとなっています。

ネクタイブランド19『ユナイテッドアローズ』

『ユナイテッドアローズ』もドレスウェアに一家言あるセレクトショップですので、ワンランク上のビジネススタイルを臨むなら間違いのないセレクトができます。こちらのストライプ柄のネクタイは、幅広のピッチと配色が吟味された、オリジナリティ溢れるもの。他ではあまり見られない個性を放ちながら、地味すぎず派手過ぎず、ビジネスエレガンスを湛えたデザインに仕上がっています。

ネクタイブランド20『トゥモローランド』

ニットメーカーに始まった『トゥモローランド』は、セレクトブランドもオリジナルアイテムもこだわりあるモノ作りが信条。イタリアのファクトリーを使い、芯地を用いない伝統的な作りのネクタイをオリジナルブランドで展開しています。ストライプ柄も、ほかにはない色柄がピックアップされていることも多く、自分だけのスタイルを目指すお洒落上級者にウケるのも納得です。

これ見よがしにならない。柄ネクタイの組み合わせ方

これ見よがしにならない。柄ネクタイの組み合わせ方

ネクタイといえば、一般的には斜めのストライプや小紋柄や水玉模様などの柄モノが多いですよね。柄はもちろん色によって、合わせ方にルールがあるんです!

池田 やすゆき

軽やかなニットタイで爽やかなVゾーンに

軽やかなニットタイで爽やかなVゾーンに

“ビジカジ”が浸透した今、胸元の選択肢も増えつつある。代表的なアイテムがニットタイだろう。オフでも活躍できるオールマイティな1本でこの春新たな風を呼び込みたい。

菊地 亮

Vゾーンを格上げするネクタイの結び方。基本から応用まで5パターンを紹介

Vゾーンを格上げするネクタイの結び方。基本から応用まで5パターンを紹介

結び方一つでスーツスタイルの仕上がりが変わるともいえるネクタイ。大人らしくスマートに着こなすためにも、押さえておくべき5つの結び方を紹介します。

池田 やすゆき

胸元にアクセント。大人におすすめのネクタイピン15選

胸元にアクセント。大人におすすめのネクタイピン15選

ネクタイピンはVゾーンをおしゃれに見せるアクセントとしてはもちろん、ネクタイを美しく仕上げるために重要な役割も担っています。大人に似合うおすすめを一挙お届け!

TASCLAP編集部

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    大人のかぶりものに新提案。ローキャップを上手に取り入れるために

    大人のかぶりものに新提案。ローキャップを上手に取り入れるために

    敏感な大人たちがこぞって取り入れているローキャップ。そもそも何かという疑問に答えつつ、取り入れ方やチェックしておきたい新作まで全方位的にナビゲートします。

    山崎 サトシ

    人気ブランドのセットアップ10選。今季の売れ筋をレコメンド

    人気ブランドのセットアップ10選。今季の売れ筋をレコメンド

    重々しいアウターを脱ぎ捨てる季節。これからの主役候補はやはりセットアップでしょう。今季の傾向を踏まえつつ、人気ブランドの新作や売れ筋を紹介します。

    山崎 サトシ

    グラミチのおすすめパンツ17選。定番のNNパンツから新作&別注モデルまで

    グラミチのおすすめパンツ17選。定番のNNパンツから新作&別注モデルまで

    「NNパンツ」を筆頭に、街でもおしゃれにはけるクライミングパンツとして根強く人気の『グラミチ』。その定番から新作、別注までおすすめのラインアップを紹介します。

    編集フカザワ

    着用マナーも解説! ボタンダウンシャツの着こなしガイド

    着用マナーも解説! ボタンダウンシャツの着こなしガイド

    この春はカジュアルにもきれいめにも使えるボタンダウンシャツに注目。今回は、ボタンダウンシャツの基本的な選び方からおすすめのアイテム、着こなし方までお届け。

    大中 志摩

    意外と簡単。ワイドパンツのタイプ別に大人の着こなしを解説

    意外と簡単。ワイドパンツのタイプ別に大人の着こなしを解説

    ワイドなパンツは着こなしが難しいと思われがちですが実は簡単。ルールさえ守れば、こなれ感のある大人のカジュアルスタイルを築くことができます。そのポイントをご紹介。

    平 格彦

    大人の日常着。ディッキーズの定番874と別注モデルを徹底紹介

    大人の日常着。ディッキーズの定番874と別注モデルを徹底紹介

    『ディッキーズ』の定番「874ワークパンツ」の魅力とともに、同ブランドが誇るパンツのラインアップを整理。大人のカジュアルに効く『ディッキーズ』を幅広く紹介します。

    編集フカザワ

    BACK