ネクタイの人気ブランド20選。ノータイ時代だからこそ差がつく1本を

ネクタイの人気ブランド20選。ノータイ時代だからこそ差がつく1本を

脱スーツ規定が進行しているうえに、在宅勤務やテレワークが定着したことで、ますますネクタイの出番はなくなっています。そんな今こそ、ネクタイをするチャンス到来です!

池田 やすゆき

池田 やすゆき

SHARE
記事をお気に入り
2021.08.12

脱ネクタイの今だからこそ、ネクタイで目立とう!

脱ネクタイの今だからこそ、ネクタイで目立とう!

WEAR

WEAR

お気に入り追加

在宅勤務やテレワークが定着し、働き方が多様化する今、ビジネスファッションも大きく変化しています。それに伴い、ネクタイの出番が減ったという方は多いのではないでしょうか?

それゆえにこれからの時代、ネクタイはおしゃれするための重要なアイテムとなります。誰もネクタイをしていないオフィスならネクタイ姿は際立ちますし、ここ1番の意気込みと同義となるはず。プライベートでネクタイをしていけば、気合の入ったおしゃれという特別感も高まります。普段はノーネクタイで大いに結構。その代わり、ここぞというときにネクタイで目立ってみてはいかがでしょう。

ネクタイを選ぶ際に押さえておきたい2つのポイント

ネクタイを選ぶ際には、ストライプ柄や小紋といった色柄だけでなく、ブランドや素材、仕立てまでこだわって選びたいものです。そんなアイテム選びのポイントをご紹介しましょう。

選び方1

餅は餅屋。専業か、ドレススタイルに一家言あるブランドを選ぶ

餅は餅屋。専業か、ドレススタイルに一家言あるブランドを選ぶ

ドレスシャツSHOPウィンザーノット

ドレスシャツSHOPウィンザーノット

お気に入り追加

ネクタイとは当然ながら、ただ布を切って縫っただけのものではありません。良質なシルクを基本に、確かな品質の素材選びからネクタイのデザインはスタートしています。成形においても、高級感を出すためにサイドエッジはきっちりプレスせずにふんわりとたたむ技術や、ノットを作って締めるため多少のねじれにも対応する熟練した縫製が求められます。結び目はほどけにくく締まりながらも、ほどいた後にシワが取れやすいように表地はバイアス(斜め)に使い、芯地も確かなものを使用しなくてはなりません。こういった事柄をすべて理解してネクタイ作りを行う、確かなブランドから選ぶことが正解への近道と言えるでしょう。

選び方2

上質な天然素材で、胸元に品格を

上質な天然素材で、胸元に品格を

TAVARAT タバラット 楽天市場店

TAVARAT タバラット 楽天市場店

お気に入り追加

大人のビジネススタイルにふさわしいネクタイは、天然素材の良質なモノに限ります。基本は上品な光沢を湛えるシルクですが、 ウールやリネン、コットンなども着こなすスーツの素材によっては候補に挙がってきます。安価な化学繊維のネクタイにはシワがついてなかなか消えないモノもあるのでご注意ください。

ここぞの1番に効く! ネクタイの人気ブランド20選

これからは「ここぞ」というときにネクタイをするわけですから、相応のネクタイをすべきです。以下では、ビジネスマンにふさわしいネクタイブランドをご紹介しましょう。国内外の専業ブランドに加え、ビジネススタイルが得意なセレクトショップやデザイナーズ&クラシック系ブランドがおすすめです。

▼タイプ1:やはり格別! 至高の1本を作り上げる海外発のネクタイ専業ブランド

階級意識の根強い欧米では、ネクタイは上流階級のマストアイテム。特に王侯貴族階級が栄えたイギリス、イタリア、フランスなどには、上質な素材を使ったネクタイやスカーフを専門に手掛ける専業ブランドがいくつもあるんです。

ブランド1

『ドレイクス』

『ドレイクス』

ginlet(ジンレット)

ginlet(ジンレット)

お気に入り追加

海外のネクタイブランドといって最初に思い浮かぶのはイギリスの『ドレイクス』ではないでしょうか。『アクアスキュータム』の小物雑貨を担当していたマイケル・ドレイク氏が友人であった『ターンブル&アッサー』のチャールズ・ヒル氏と立ち上げたブランドで、しっかりと目の詰まった50オンスシルクが有名です。上品なツヤのある生地は、程良いボリュームがありつつも結んだときは収まりが良く、スタイリッシュに仕上がります。

ブランド2

『アルテア』

『アルテア』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『アルテア』は、1892年にミラノのネックウェアブランドとして創業されました。ネクタイの他にマフラーやスカーフを展開していましたが、近年はトータルメゾンとしてジャケットやシャツ、カットソーなども展開。こじゃれた遊び心ある色柄のネクタイが揃っています。

ブランド3

『フランコ バッシ』

『フランコ バッシ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『フランコ バッシ』はイタリアンシルクの聖地といわれるコモに1973年に設立されたブランドです。この街はリゾート地として知られるコモ湖のほとりにあり、豊かなアルプスの雪解け水が使えることで繊維・織物産業が盛んな地でもあります。水が良いため染料との相性が良く、発色が鮮やかに出ることがその理由です。そのため、ここで織られたシルク生地は微妙なニュアンスさえも美しく、繊細で上質な糸と美しい光沢あるネクタイが作り出せるのです。

ブランド4

『スレファノビジ』

『スレファノビジ』

粋な着こなし 楽天市場店

粋な着こなし 楽天市場店

お気に入り追加

ミラノで三大続くネクタイブランド。現当主ステファノ氏の名を冠したブランド名は、アジア・日本地区で展開しているもので、本国では『ビジ クラヴァッテ ミラノ』の名称で展開しています。大量生産の時代に頑なに手仕事でネクタイを作り続けたように、昔ながらのMADE IN ITALYを大切にしたモノ作りを続けています。こちらのネクタイは、厳選されたシルク素材から紡がれた細番手糸を用い、経糸と緯糸に異なる色の糸を配置して綿密に作り上げられたもの。それゆえに、玉虫調の光沢を放つ美しい1本です。

ブランド5

『フランコ ミヌッチ』

『フランコ ミヌッチ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

イタリア・フィレンツェで年に2回開かれる紳士服展示会、ピッティ・ウォモでは、“この人の後ろを付いていけばトレンドが見える”といわれた、“ピッティの羅針盤”の異名を持つフランコ・ミヌッチ氏の名を冠したオリジナルブランド。店は閉店しましたが、ネクタイブランドとして残っているのは、彼がその店名に「タイ」と入れたように、男の服にネクタイは不可欠とされたから。こちらの小紋柄シルクネクタイは遊び心あるおしゃれを楽しめます。

ブランド6

『ニッキー』

『ニッキー』

ブランドショップ volume8

ブランドショップ volume8

お気に入り追加

エジプト人のジョン・ニッキー・キーニ氏が創業したネクタイブランドは、ダークカラーのネクタイばかりだった20世紀初頭に、鮮やかな色のネクタイをリリースして人気となりました。もともと英国由来の紳士の服に、目立つ色柄はなかったのですが、ここから男性が派手な色柄のネクタイをファッションとして使うようになったといわれています。そのため今も、色や柄にはポップなカラーや柄モノが多く、陽気でファニーなイタリアンスタイルには欠かせないネクタイです。

ブランド7

『フィオリオ』

『フィオリオ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『フィオリオ』もコモに本拠を構えるネクタイブランドですが、スカーフやチーフといったコレクションも有名です。現在、ヨーロッパ最大級の繊維企業カネパ社傘下にあり安定的な価格と品質を提供できるネクタイメーカーの1つ。個人的な印象ですが、『フィオリオ』のネクタイにはサテンやツイルよりバスケット織りやフレスコ織りなどの立体的な織物や、ニットタイのような編み地に優れたモノが多いと感じます。カジュアルなニットタイやフレスコタイを選ぶなら『フィオリオ』はおすすめですよ。

ブランド8

『メローラ』

『メローラ』

Condotti 楽天市場店

Condotti 楽天市場店

お気に入り追加

『メローラ』は1870年ナポリに創業した、クラシコ・イタリア協会に所属するネクタイとグローブの老舗ブランドです。グローブのほうが有名かもしれませんが、ネクタイは相当ハイレベルです。クラシコ・イタリア協会に所属する企業には、とても厳しい生産基準と品質管理が求められいて、内容は明らかではないのですが、必ず手作業を重んじるモノ作りを採用しているように思います。『メローラ』のネクタイも、裏の縫い目はいかにも手縫い。糸のテンションにバラつきがあるのでやわらかくふわりと下がるのが特徴です。

ブランド9

『ホリデー&ブラウン』

『ホリデー&ブラウン』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

1919年に創業したイギリスの老舗タイブランドです。「サヴィル・ロウのスーツに最も似合うタイ」といわれる所以は、幾何学模様やペイズリーやレジメンタル、フラワーモチーフなど派手な色柄が得意だから。実はイギリス人の胸元は、意外と派手なことで知られています。こちらのネクタイは、英国の伝統とイタリアのシルク産業の知識を融合した逸品。特徴的なモチーフプリントですが、シックな色目なので取り入れやすいはず。

ブランド10

『ブリューワー』

『ブリューワー』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ここまでイギリスやイタリアのブランドばかりを紹介してきましたが、『ブリューワー』は1892年にオーストリアのウィーンで創業されたフランスの老舗ブランドです。フランス感覚のしゃれた色使いが特徴的で、生産はイタリアで行われているのでクラシックなイタリアンスタイルのネクタイですが、色艶を重視するイタリアよりもどこか落ち着いた知的な雰囲気あるタイドアップスタイルを作り出せます。

▼タイプ2:確かな技術とモダンな感性が光る、日本発のネクタイ専業ブランド

日本にも優れたネクタイ専業ブランドがあります。現在では希少な国産シルクのメーカーと協業したり、海外の有名なシルク生地メーカーから生地を買い付けたりと、日本人ならではのセンスを生かした高品質でトレンド感あるネクタイがリリースされています。

ブランド1

『クリケット』

『クリケット』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

1960年に創業した国内ネクタイ専業メーカー。本場イタリアでモノ作りを学び、社名の由来であるクリケットに通じるトラディショナル精神を大切にしています。アイビー、プレッピーといったファッションスタイルを知る世代にはお馴染みの老舗ですが、若々しい感性の色柄も多く、幅広い年齢層に愛されているブラドです。こちらはロングセラーアイテムの100%国産のオリジナルネクタイ。打ち込みのしっかりとした生地を使用し、丁寧な縫製によって仕上げられています。

ブランド2

『フェアファクス』

『フェアファクス』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

日本に『ラルフローレン』を持ち込んだことで有名な慶伊道彦氏が代表を務めていたフェアファクス社は、2019年に民事再生法の適用を受け新たなブランドとしてリスタートを切りました。当時の『フェアファクス』のネクタイは、今も市場に出回っていて、東海岸テイストのアメリカントラッドをベースにしたコレクションを展開しています。オーセンティックはレジメンタルタイは、シルク100%でVゾーンに高級感を演出できます。

ブランド3

『フランコスパダ』

『フランコスパダ』

2nd SELECTION

2nd SELECTION

お気に入り追加

日本のネクタイメーカー永島服飾が手掛けるブランドで、「フランコ」は正義・正統、「スパダ」とは剣の意味を持っていて、タイドアップする男の矜持を表しています。生産は日本の高級絹織物産地である京都の西陣地区や京丹後で行われていて、中間マージンや広告費を使わないため、価格設定は非常にリーズナブルなものです。日本らしく繊細で、正確な縫製など品質面はハイクオリティ。「タイムレスなニュークラシック」をテーマに、流行に左右されない色柄のネクタイがラインアップされています。

ブランド4

『アラン スミシー』

『アラン スミシー』

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

「アラン スミシー」とは、アメリカ映画界で使われていた架空の監督名。製作中に監督が何らかの理由で降板し、ポストが空席になった場合にクレジットされる偽名をいいます。同ブランドでは、映画をモチーフにデザインにアレンジを加えた遊び心あるネクタイを提案。ストライプとモチーフを使ったロイヤルクレストなど、さりげないモチーフ使いが意外としゃれたデザインで人気を集めています。

ブランド5

『アットヴァンヌッチ』

『アットヴァンヌッチ』

CINQUE CLASSICO

CINQUE CLASSICO

お気に入り追加

これを日本ブランドとするのはいかがなものかと思ったのですが、フィレンツェの名店、「タイ・ユア・タイ」のオーナー、フランコミヌッチ氏の片腕といわれた加賀健二氏がイタリアに設立したセブンフォールド社のオリジナルブランドです。フィレンツェの伝統的なハンドメイドネクタイの工房を買い取り、当時のままの製法を後世に残すべく、ヴィンテージ風味のネクタイを作り続けています。スーツ好き、クラシック好きの間では、絶大な支持を得ているネクタイ専業ブランドです。

▼タイプ3:ドレススタイルに一家言あるデザイナーズブランド&セレクトショップオリジナルタイ

クラシックをベースにしたデザイナーズブランドや、ビジネス&ドレスウェアに強いセレクトショップなど、他にもこだわりあるネクタイをリリースしているブランドがあります。最後に一挙にご紹介しましょう。

ブランド1

『ポロ ラルフローレン』

『ポロ ラルフローレン』

donuts (ドーナッツ)

donuts (ドーナッツ)

お気に入り追加

アメリカントラッドの雄を率いるラルフ・ローレン氏は、『ブルックスブラザーズ』で働いた後に、1967年にアメリカ初のネクタイ専門店を開き、自身のキャリアをネクタイデザイナーとしてスタートさせた経歴を持っています。アイビーやプレッピーをベースにした、使いやすく誰にでも似合う多彩なバリエーションのネクタイが特徴。このストライプタイは、最高級の生地と独自のデザインが魅力で、Vゾーンをおしゃれに演出します。

ブランド2

『ビームスF』

『ビームスF』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

セレクトショップとしてスーツやネクタイに特化しているのは『ビームス』の中でも『ビームスF』。同ブランドは、常に時代に合わせたクラシックスタイルを目指しているため、ネクタイのラインアップも時代に合わせて変化。メディアでもお馴染みのクリエイティブディレクター、中村達也氏や西口修平氏のセレクションを通過しているものだけに、インスタなど着こなしの参考にしながら選ぶと良いでしょう。

ブランド3

『ユナイテッドアローズ』

『ユナイテッドアローズ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ユナイテッドアローズ』のネクタイはクラシックなスタイリングにおすすめ。こちらのネクタイは、大剣幅が8cmと太めなので、ワイドラペルのダブルのスーツにも似合いますね。もともと同ブランドのスーツラインは、年齢層もやや高めの大人に似合うよう作られているので30~40代にも似合うものが揃います。若い方ならグリーンレーベル、さらに上の役付きなどエグゼクティブになったらソブリンレーベルから選ぶと良いでしょう。

ブランド4

『シップス』

『シップス』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『シップス』のネクタイは落ち着いた雰囲気のラインアップが充実。鮮やかな色を使っていながらも織り感のあるニュアンスがある素材だったり、ダークなカラーでも柄を使うことでモダンになりすぎないようになっていたり、使いやすいコレクションが揃っています。それというのも、『シップス』のスーツが行政機関や金融機関など、比較的堅実な企業にお勤めの方から支持されているからかもしれません。こちらのネクタイは、シックなワインカラーをベースに小さめのドットがあしらわれた落ち着いた雰囲気の1本。華美になり過ぎない光沢感もポイントです。

ブランド5

『トゥモローランド』

『トゥモローランド』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

業界人にもファンが多い『トゥモローランド』は、通好みのセレクトが揃っています。スーツやネクタイも、ビジネスユーザーなら服飾にかなりの造詣がある人でしょうし、おしゃれするためのスーツを選ぶ人も多いはず。同ブランドのスーツは、既製品でも色柄がかなり個性的なものがありますからね。ネクタイもそんな個性溢れる着こなしにふさわしいアイテムが豊作。

ネクタイの柄の選び方。大人におすすめしたい4つの柄とVゾーンを作るコツ

バッグ・ファッション小物

ネクタイの柄の選び方。大人におすすめしたい4つの柄とVゾーンを作るコツ

スーツスタイルの顔ともいえるVゾーン。なかでもネクタイは着こなしの印象を左右する重要なアイテムです。本記事では4つの柄にフィーチャーし、着こなし例とともにご紹介。

近間 恭子

2021.06.15

Vゾーンを格上げするネクタイの結び方。基本から応用まで5パターンを紹介

バッグ・ファッション小物

Vゾーンを格上げするネクタイの結び方。基本から応用まで5パターンを紹介

結び方一つでスーツスタイルの仕上がりが変わるともいえるネクタイ。大人らしくスマートに着こなすためにも、押さえておくべき5つの結び方を紹介します。

池田 やすゆき

2018.03.28

ネクタイピンは人気ブランドから選ぶ。Vゾーンの格上げに効く9アイテム

バッグ・ファッション小物

ネクタイピンは人気ブランドから選ぶ。Vゾーンの格上げに効く9アイテム

ネクタイの乱れを防ぎ、Vゾーンに立体感を与えられるネクタイピン。付け方から選ぶポイント、おすすめブランドまで、意外と知らないネクタイピンについて徹底的にご紹介。

近間 恭子

2019.12.12

スーツのブランドならまずはココ! 選んで間違いなしの人気&定番30選

ウェア・コーデ

スーツのブランドならまずはココ! 選んで間違いなしの人気&定番30選

30代以上の大人にふさわしいスーツは、人気ブランドから探すのが正解。シルエットや着用感はもちろん、年齢相応の品格も演出できる30ブランドをピックアップしました。

池田 やすゆき

2021.01.18

ワイシャツはココを選べば間違いなし! おすすめブランド厳選15

ウェア・コーデ

ワイシャツはココを選べば間違いなし! おすすめブランド厳選15

スーツスタイルの主役であるジャケットが引き立つには名脇役の存在が不可欠。その役割を担うのがワイシャツです。選んで間違いない1枚を、名門ブランドから選びましょう。

池田 やすゆき

2021.04.07

ビジネスシューズ20選。頼りになる1足の選び方とおすすめ

スニーカー・シューズ

ビジネスシューズ20選。頼りになる1足の選び方とおすすめ

足元はビジネススタイルの要。見た目はもちろん、履き心地も重視したいところです。頼れる1足を見つけるために、シューズ選びのポイントや信頼できるブランドをご紹介!

近間 恭子

2021.09.01

池田 やすゆき

ビジネススタイルからアウトドアまで幅広く執筆

池田 やすゆき
「FINEBOYS」編集部を30歳で独立。以後フリーのファッションエディター&ライターとして「MEN’S EX」「LEON」「GQ」「AERA STYLE MAGAZINE」など各メンズ誌・WEB版のほか、企業広告、オウンドメディアにて執筆。BBQインストラクター、第二種電気工事士など資格多数。目下の目標は危険物取扱者乙種4級取得。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

あなたの働き方にはどの1着? 4つのワークスタイル、それぞれの本命セットアップ

働き方の多様化が進む今、最適な仕事服は人によって千差万別。各々のワークスタイルに応じた理想のセットアップが、『エイチアイピー バイ ソリード』なら見つかります。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

大人には大人のスポーツMIX。都会的な雰囲気を纏うアウターに、名門ブランドで出会う

スポーツMIXコーデはトライしやすいからこそ、取り入れるアイテムが問われるもの。おすすめしたいのは、アーバンテイストを取り入れたアクティブなアウター類です。

SPONSORED by レノマオム

続きを読む

“わかっている”引き算がありがたい。チャムスのゴアテックスアウターが、僕たちに響く理由

大人のアウトドアMIXは肩肘張らないこなれ感がカギ。頼れるスペックの中に引き算の美学を落とし込んだ『チャムス』のゴアテックスアウターなら、相棒として完璧です!

SPONSORED by チャムス

続きを読む

タフでスリムで街で映える。“勢いを増していく僕ら”には、こんなGショックがよく似合う

節目の35周年を経て以降も勢いは増すばかりの『Gショック』。今夏発売された「GA-2200」はその象徴だ。期待の新顔をファッション業界で今ノリに乗る2人はどう見るのか。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

大人の腕元に誠実さと感性を。稀代のヒット作が纏う、冬にこそ似合うロイヤルブルー

2020年に発売された「1965 メカニカルダイバーズ 現代デザイン」に今冬待望のニューモデルが登場。気品に満ちたロイヤルブルーは、大人の男にいかなる恩恵をもたらすのか?

SPONSORED by セイコーウオッチ株式会社

続きを読む

シャカではじめる冬支度。サンダル譲りのコンフォートなシューズで装いを新たに

街に野遊びに、この夏お世話になった人も多いであろう『シャカ』のサンダル。しかし、同ブランドが活躍するのは夏だけにあらず。秋冬も頼れる逸品が揃っています!

SPONSORED by シャカ

続きを読む

暖かいだけじゃもう物足りない。エーグルと探る、これからの冬アウターの条件とは

徐々に寒くなりアウターに手が伸び出すこの時期。今の時代に合ったその選び方を、フランス発の名ブランド「エーグル」の優れモノを軸に読み解いていきます。

SPONSORED by エーグル

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

カテゴリ

おすすめ記事