ワイシャツのサイズはどう選ぶ? 自分にぴったりの1枚を知るためのハウツー

ワイシャツのサイズはどう選ぶ? 自分にぴったりの1枚を知るためのハウツー

ワイシャツ1枚で過ごすことが多くなるこれからの季節。ジャストなサイズで着ることが、おしゃれに見えるか否かの別れ道になります。正しい計測法や選び方を詳しく解説!

近間 恭子

近間 恭子

SHARE
記事をお気に入り
2020.06.01

ビジネススタイルにおいて、“ワイシャツのサイズ選び”はとっても重要

ビジネススタイルにおいて、“ワイシャツのサイズ選び”はとっても重要

FLiC -フリック- ワイシャツ専門店

FLiC -フリック- ワイシャツ専門店

お気に入り追加

ワイシャツは脇役のアイテムという意識があるからか、体に合っていないワイシャツを着ている人って意外と多いんです。ジャケットを羽織ればごまかせると思っているかもしれませんが、首周りがゆるかったり袖が長すぎたりすると、たとえジャケットを羽織っていてもかっこ悪く見えてしまい、だらしないイメージを与えることも……。正しいサイズのワイシャツを選ぶことは、ビジネススタイルにおいてとても重要なのです。

ワイシャツのサイズ選びの基本は「首周り」と「裄丈」

ワイシャツのサイズ選びの基本は「首周り」と「裄丈」

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ワイシャツで最も重要なのは首周りと裄丈(ゆきたけ)です。まず首周りとは、ワイシャツを広げ、第1ボタンの中心からボタンホールまでの寸法のこと。自分の首よりも小さいと窮屈に見え、逆に大きいとネクタイを絞めたときに襟の付け根が重なってだらしなく見えてしまいます。着こなしの顔でもある部分なので、きちんとサイズが合った首周りを選びましょう。

ワイシャツのサイズ選びの基本は「首周り」と「裄丈」 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

続いて裄丈は、後ろ襟の中心から肩線、さらにはカフスの先端までの寸法を指し、袖の長さを決める基準となります。ワイシャツの袖の長さが適正だと、腕を曲げたり、上げ下げしたりする動作もスムーズ。きちんとした印象を与えるのはもちろん、快適な着心地を得ることもできます。

ワイシャツのサイズ表記

ワイシャツのサイズ表記

ワイシャツ専門店【ozie】オジエ

ワイシャツ専門店【ozie】オジエ

お気に入り追加

上記の表を見てわかる通り、一般的にワイシャツのサイズ表記は首周りと裄丈で表されています。国内メーカーのほとんどは、首周りと裄丈を1cm、もしくは2cm刻みでサイズを構成。

首周りと裄丈の測り方

自身の首周りや裄丈がわからない……という人も多いと思うので、それぞれの測り方をご紹介。ただし、自分で測るのは難易度が高いので、パートナーや友達などにお願いするようにしましょう。太ってもやせてもそこまで変わらないパーツなので、一度正確に測っておくとワイシャツ購入時に役立ちますよ。

手順1

首周りは喉仏の下あたりを測りましょう

首周りは喉仏の下あたりを測りましょう

メンズスーツKOKUBO

メンズスーツKOKUBO

お気に入り追加

まずは体の丸みにもフィットするソフトなメジャーを用意しましょう。首周りは首の後ろを通るようにメジャーを1周させます。メジャーが重なるフロントは、喉仏のやや下あたりにセットすること。また、メジャーをきつく絞めすぎないように注意しましょう。

手順2

裄丈は一度に測らず、小刻みに測っていくのがポイント

裄丈は一度に測らず、小刻みに測っていくのがポイント

メンズスーツKOKUBO

メンズスーツKOKUBO

お気に入り追加

裄丈は一度に測らず、小刻みに測っていくのがポイント 2枚目の画像

メンズスーツKOKUBO

メンズスーツKOKUBO

お気に入り追加

裄丈を測るためには、まず腕を自然に降ろした状態にセットします。スタートは首の付け根の中心。その次に肩先、肘、手首までの長さを測っていきます。手首はくるぶしの2~3cm下あたりまでを目安に。広範囲に及ぶ裄丈を一度に測ることはできないので、小刻みに測っていくと正しい数値を導き出せますよ。

サイズに加えてこちらもチェック。ワイシャツ選びのポイント

正しいサイズがわかったら、ワイシャツ選びで意識したいポイントをチェックしましょう。ネックやボディのフィット感から、ジャケットの袖からシャツのが覗くバランスまで、詳しく解説します。自分に合ったワイシャツを知る目安にもなるので、ぜひ参考にしてください。

ポイント1

首周りのフィット感は好みに合ったものを

首周りのフィット感は好みに合ったものを

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

上記で測った実寸=ワイシャツの首周りではありません。そのままの数値のものを選ぶと息苦しさを感じてしまいます。ジャストサイズは第一ボタンを留めて指が2本入るくらい(実寸+2cm)を目安に。また、タイトな首周りが好みなら指1本分(実寸+1cm)、ゆったりめが好みなら指3本(実寸+3cm)を目安にしてください。

ポイント2

シャツのカフスはジャケットから1~2cm覗くのが正解

シャツのカフスはジャケットから1~2cm覗くのが正解

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

自分に合った裄丈のシャツを選ぶことが重要なのは、ジャケットの袖口からシャツがどのくらい見えるかに影響するからです。一般的にシャツのカフスは1~2cm程度覗くのが好バランスです。試着時にチェックするようにしましょう。

ポイント3

ボディはスリムかレギュラーフィットがベターな選択

ボディはスリムかレギュラーフィットがベターな選択

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

首周りや裄丈に加え、ボディのフィット感も重要です。ジャケットを脱いだことを考えると、セレクトするべきはスリムフィットかレギュラーフィット。前者はコンパクトなフィッティングでスタイリッシュな印象、後者は適度なゆとりがあって快適な着心地を得ることができます。カジュアルシーンにおけるトレンドとして人気のルーズフィットは、ラフな印象が強いのでビジネスシーンでは避けた方が無難です。

ポイント4

肩の縫い目はジャストor少し内側に入っているのがベスト

肩の縫い目はジャストor少し内側に入っているのがベスト

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ワイシャツは肩が合っていないと、ジャケットを脱いだときにサマになりません。その目安となるのが、肩の縫い目の位置。理想は自分の肩幅にぴったり、もしくは実際の肩幅より少し内側に入っていること。そうすると着用したときにバランスが良く、おしゃれな見た目にもつながるはずです。

ポイント5

タックインにはヒップが隠れるくらいがベスト

タックインにはヒップが隠れるくらいがベスト

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ビジネスシーンでは、ワイシャツはパンツにタックインする場合がほとんどだと思います。そうなると着丈も重要。一般的にはヒップが隠れるくらいの長さが適正となっており、その着丈であれば動作などを加えたときでもワイシャツの裾が飛び出す心配はありません。それではもたつきが気になるという人は、ヒップが半分くらい隠れる着丈を選ぶようにしましょう。

ワイシャツはココを選べば間違いなし! おすすめブランド厳選15

ウェア・コーデ

ワイシャツはココを選べば間違いなし! おすすめブランド厳選15

スーツスタイルの主役であるジャケットが引き立つには名脇役の存在が不可欠。その役割を担うのがワイシャツです。選んで間違いない1枚を、名門ブランドから選びましょう。

池田 やすゆき

2021.04.07

半袖のワイシャツが、初夏のオフィスカジュアルに欠かせない!

ウェア・コーデ

半袖のワイシャツが、初夏のオフィスカジュアルに欠かせない!

クールビズが浸透し、ビジネスシーンで半袖のワイシャツを着用する人が急増。ただし一歩間違えると野暮ったく見えてしまうので、正しい選び方や着こなし方は要チェック!

近間 恭子

2020.08.04

今一度おさらい。ワイシャツの襟型の種類と適したシーン

ウェア・コーデ

今一度おさらい。ワイシャツの襟型の種類と適したシーン

シャツの顔でもある襟は、デザインによってふさわしいシーンが異なります。正しいシャツ選びができるよう、どんな襟型があってどんなシーンに適しているのかご紹介します。

近間 恭子

2019.04.13

通販で服を買うときは、肩幅、身幅、着丈を押さえるべし

ウェア・コーデ

通販で服を買うときは、肩幅、身幅、着丈を押さえるべし

通販で服を買って、「思ったよりブカブカ」「ピッタリすぎた」といった失敗は意外と起こりがち。サイズのポイントになる肩幅、身幅、着丈について説明します。

N.A

2016.08.22

スーツに合わせるインナー選びの最適解とは。快適かつスマートなおすすめ9選

ウェア・コーデ

スーツに合わせるインナー選びの最適解とは。快適かつスマートなおすすめ9選

スーツスタイルでは、ワイシャツの下にインナーを着るのが常識です。コットンTシャツではなく、ワイシャツの中でモタつかず、透けず、快適に着られる1枚を選びましょう。

池田 やすゆき

2020.06.17

注目編集者
近間 恭子

バッグ・革小物をメインに執筆記事は200本以上

近間 恭子
ライターのアシスタントを経て、2003年に独立。「MEN’S CLUB」や「Mono Master」などの男性誌をはじめ、女性誌やWEB、カタログで活動している。ビジネスからカジュアルまでのメンズファッション全般を得意としているが、最近は趣味がこうじて旅企画も担当。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

人気スタイリスト3名が本気で考えた。今、大人が着るならこんなセットアップが良い

シーンを選ばない汎用性や、インナーと靴を決めるだけでまとまる手軽さが魅力のセットアップ。今選ぶべき1着はどういったものなのか? 実力派スタイリストが伝授します。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

モノ選びに悩む大人の駆け込み寺。ビームスの百名品で、”欲しい”に出会う

季節が変わると物欲は高まる。とはいえ、一から探し出すのは少し手間。欲しくなるモノだけチェックしたい……そんな気持ちを満たしてくれるサイトが『ビームス』にはある。

SPONSORED by ビームス

続きを読む

マスクの下、老け顔になってない? “保湿力”が男のスキンケアには必要だ

男の第一印象を上げるには肌が重要。そして、清潔感のある健康な肌には保湿が何より大切だ。マスクによる肌荒れを恐れない男でいるためのスキンケアの秘訣をご紹介しよう。

SPONSORED by アラミス

続きを読む

足元をおしゃれに涼しく。今年の春夏は、キーンの新作で“クール”に過ごす

春夏は、服だけでなく足元も涼しく軽やかに装いたいものですよね。シーンを牽引する『キーン』の新作なら、ルックスだけでなくエシカル視点においても間違いありません。

SPONSORED by キーン

続きを読む

極上の着心地とナイスな洒落感。この夏、僕らは“ビッグワッフル”の虜になる

ざっくりした抜け感たっぷりな風合いと、雲上級の着心地を兼備したビッグワッフルが現在人気沸騰中。こなれた大人に味方するこの注目素材を、取り入れない手はありません。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

カテゴリ

おすすめ記事