キャッシュレス派に。マネークリップなら支払いもスマートにキマる!

キャッシュレス派に。マネークリップなら支払いもスマートにキマる!

支払いスタイルの多様化に伴い、コンパクトな財布が支持されている昨今。そんな時代にハマるのは、すべての動作がスマートにキマるマネークリップです。

近間 恭子

2018.11.30

財布・ケース
マネークリップ

お札やカードをスマートに持ち歩ける、マネークリップとは

最近はコーヒー1本から大きな買い物までカードやスマホで支払うスタイルが定着してきました。海外では数年前からキャッシュレスの動きが高まっていましたが、日本にもその波は着実に押し寄せています。なかにはスマホと数枚のお札をポケットにねじ込んで出かける人もいるようですが、やはりお金が裸で出てくるのはスマートではありません。そこで財布代わりに活躍するのが、マネークリップです。マネークリップとは、お札やカードをまとめて挟む簡易的なクリップのこと。最低限の持ち物だけを持ち歩きたいなら、これほど適したモノはありません。

合わせて読みたい: ミニ財布が今の気分。コンパクトで使い勝手のいい人気ブランド19選

こんな人にぴったり! マネークリップを使うメリット

海外の紳士の間では定着しているものの、日本ではまだまだ浸透していないマネークリップ。まずはマネークリップを使うメリットを深掘りしてご紹介します。

メリット1とにかくコンパクトで持ち歩きに便利

財布代わりにマネークリップを持つ理由は、正直これに尽きると思います。最近はスマートな三つ折り財布なども人気ですが、コンパクトさでいったらマネークリップの右に出るものはありません。スーツの内ポケットに入れてもシルエットにひびきにくいですし、休日は手ぶら派の人にはかなり重宝するアイテムです。

海外旅行に出かけた際も、ポケットのふくらみがわかりづらいためスリにあいにくいなどの長所があります。

メリット2無駄なモノを持ち歩かないから見た目もスマート

領収書やポイントカードなどがたまりにたまって、気づいたら財布がパンパン。それでは見た目もかっこ悪いし、金運までも下がってしまいそうです。そしてなにより、女性受けもよくありません。でも必要最低限のものしか持ち歩けないようにできているマネークリップなら、そうなる心配は一切無用。整理整頓の癖がつきますし、いつでもスマートな男を演出できるのです。

メリット3海外の高級メゾンブランドも力を入れている

海外ではチップを渡す習慣があり、そのお札を用意しておくための道具として生まれたのがマネークリップだと言われています。さらに、日本よりずっと前からカード社会化しているため、愛用しているジェントルマンも多いんです。そんな彼らに支持されるのが高級メゾンなので、マネークリップも手がけているというわけ。シルバーやプラチナなど贅沢な素材を用いたそれらは、シンプルなクリップ式でも総革製のウォレットより価値のあるモノもあります。

種類別にレコメンド。おすすめマネークリップ10選

ひと言でマネークリップといっても種類はさまざま。シンプルなクリップタイプとカードとお札を分けて収納できる札挟みタイプに限定し、それぞれのおすすめをピックアップしました。

▼タイプ1:コンパクトさを重視する人はクリップタイプを

コンパクトさというマネークリップの魅力を最大限に活かすなら、クリップタイプをセレクトするべきでしょう。ちなみに海外のジェントルマンの愛用率が高いのもこのタイプです。支払いの時もひと際スタイリッシュにキマりますよ。

アイテム1『ポール・スミス』

表面にあしらったマルチカラーが目を引くマネークリップ。光沢感あるクリアな発色をエポキシ樹脂で表現しているので、高級感に加えてポール・スミスらしい遊び心も手に入れられます。裏面にはブランドロゴの刻印入り。

アイテム2『グラム』

マネークリップではあまり見られない、ヌメ革×真ちゅうのコンビというのがポイント。カードを傷つけないというメリットに加え、革財布などのようなエイジングを楽しむことができます。芯地の真ちゅうも同様に変色していくため、使い込むほどに味わい深く変化していくさまは唯一無二です。

アイテム3『クレイグヒル』

ブルックリンの工房で一つひとつ丁寧に作られたアイテムを発信している『クレイグヒル』。このマネークリップは、繊細な加工によるラインが引き立つ美しいデザインが魅力。かつステンレス製なので、耐久性に優れているのも高ポイントです。

アイテム4『ダブルアールエル』

スターリングシルバーを使ったアメリカ製のマネークリップ。スタンプ加工や鍛造、研磨などをハンドメイドを採用し、手間暇かけて作られた逸品です。時を経るにつれて魅力が増し、周りとさらに差をつけられるはずです。

アイテム5『メゾンマルジェラ』

ハニカム状のクリスタルが面できらめく、『メゾンマルジェラ』らしいエッジの効いたデザインが光ります。ただ一方でそれ以上の装飾を控え、あくまでベーシックなフォルムに落とし込んでいるので大人が持つにも有用です。シルバーの表面にさりげなく刻印された、ブランドロゴが洒脱な印象。

▼タイプ2:使い勝手も重視するなら札挟みタイプを

一見、普通の二つ折り財布に見える札挟みタイプは、独立したカードポケットも設けているため使い勝手に優れているのが魅力。さらに、コインケースを別持ちしなくていいようにコインポケット付きをチョイスしました。もちろん、かさばらないのが大前提です。

アイテム1『ローター』

スマートな見た目とは裏腹に、6つのカードポケットを備えた優れもの。しかもそのひとつはコインポケットのフラップ部分に設置しているため、使用頻度の高いカードを収納するのに便利です。使い込むほどに艶や味わいが増す、ブッテロレザーを採用。

アイテム2『グレンロイヤル』

ブライドルレザーにエンボス加工を施した珍しいルックスの、レイクランドブライドルレザー製。イギリスの湖水地方をイメージしたレザーで、通常のブライドルレザーよりも傷が目立ちにくいという魅力もあります。カードポケットを7つ設けた収納力の高さにも注目を。

合わせて読みたい: グレンロイヤルは財布も革小物も逸品揃い。おすすめアイテムをレコメンド!

アイテム3『ミスターオリーブ』

『ミスターオリーブ』定番のポリッシュステアレザーは、たっぷりオイルを含ませたエイジング映えする高品質レザー。この札挟みタイプはコインポケットにスマートなファスナー式を採用しているので、スナップボタンに比べて厚みが出にくいのが特徴です。

アイテム4『フェリージ』

シックで洗練されたグレーの発色が印象的なこちらは、『ユナイテッドアローズ』別注モデル。ゴールドカラーのクリップとのカラーリングもポイントで、見た目のクラス感アップに一役買っています。型押しレザーの美しさも見逃せないポイント。

合わせて読みたい: フェリージの財布が大人に刺さる理由と、その魅力を大解剖

アイテム5『ファーロ』

外装には1枚革を切れ目なく贅沢に使用した、眉目秀麗なマネークリップ。お札を挟むクリップは1つずつ手作業で磨き上げるなど、『ファーロ』らしい卓越した職人技が光る仕上がりです。360度どこから見ても隙のない仕上がりは、コバの仕上げに定評のある同ブランドならでは。

合わせて読みたい: 日本の職人芸が宿るファーロの財布&革小物

    KEYWORD関連キーワード

    BACK