ウエストポーチの人気25ブランド。おしゃれで使いやすいモノ大集合

ウエストポーチの人気25ブランド。おしゃれで使いやすいモノ大集合

コンパクトながらも収納力が高いウエストポーチ。「おすすめのブランドは?」という方へ、人気ブランドを中心に25ブランドのウエストポーチを紹介します。

ai sato

2018.10.04

バッグ
ボディバッグ・ウエストポーチ

ウエストポーチ選びは「どんな時に」&「どう見せたいか」を重視して

アウトドアファッションの流行や“荷物のスマート化”が進むここ数年で、ウエストポーチの人気が再燃しています。数々のブランドがリリースしているため、何を選ぶか迷っている方は多いでしょう。選ぶ際はサイズや見た目の好みはもちろんですが、自身がどんなコーディネートに合わせるかが重要です。たとえば、ナイロン素材を採用したウエストポーチはカジュアルな着こなしと好相性。タウンユースはもちろん、アウトドアやキャンプ、フェスなどアクティブなシーンに似合います。

“小さめバッグ”の注目株、ファニーパックって?

“小さめバッグ”の注目株、ファニーパックって?

アクティブな大人が注目する小さめのショルダーバッグ。その中で各ブランドから登場しているのがファニーパックです。それっていったいどんなモノなのでしょう?

編集カク

対照的に、「大人らしい着こなしが好き」「デートでも活用したい」という方には、ベーシックな色みのレザー素材がおすすめです。ベーシックな色みのレザー素材なら、きれいめなスタイリングにも合わせやすくカジュアル感も控えめですし、セットアップや上品なシャツコーデにも馴染みます。という方は、レザー素材を選ぶのがベターです。以下では、ウエストポーチ選びに迷っている方のために、カジュアル派ときれいめ派に大別し、それぞれにおすすめのウエストポーチをご紹介。掲載している25ブランドを参考に、自身の着こなしに合うウエストポーチを選びましょう。

アクティブ&カジュアル派におすすめしたいウエストポーチ

ウエストポーチは、アクティブなシーンで活用することが多いアイテム。そんなカジュアルな着こなしに合わせるならば、頼るべきはアウトドアやスポーツ、そしてバッグの王道ブランドです。

ブランド1『グレゴリー』

『グレゴリー』のテールメイトと言えば、愛用する人の多いロングセラーモデル。20年以上もこの楕円形のボディーやフロントのジップポケットなど変わらぬデザインで定番人気を誇るアイテムです。立体裁断や背面パネルのメッシュなど、腰へのフィット感や快適な使い心地のためのこだわりも自慢!

■DATA
W39×H17.5×D11.5cm

グレゴリーのバッグが持つ魅力と、大人に愛される理由

グレゴリーのバッグが持つ魅力と、大人に愛される理由

高品質で優れた機能性のバッグを発信し続けている『グレゴリー』。長きに渡り支持されている理由は何なのか。おすすめのバッグとともに、その魅力をご紹介します。

近間 恭子

ブランド2『パタゴニア』

わずか100gというノーストレスの軽さでヘビーローテ確実のライトウェイト・トラベル・ミニ・ヒップバッグ。気軽に使えるうえに、もし使わないときにはポケットに本体を収納することができるので、旅行やキャンプへのサブバッグとして携帯するのもおすすめ。

■DATA
W19×H12×D4.5cm

ブランド3『ワイルドシングス』

『ワイルドシングス』からは、アウトドアらしさたっぷりのカラーリングが新鮮なウエストポーチが登場!! ハリのある本体素材には、防水性や耐裂性に優れるXパックナイロンを採用しているのでヘビーユーズもなんのその。アウトドアはもちろん、旅行のお供としても活躍すること間違いなしの程良いサイズ感です。

■DATA
W31.5×H14.5×D7cm

徹底検証。ワイルドシングスの人気作に探る魅力の全て

徹底検証。ワイルドシングスの人気作に探る魅力の全て

ファッションでも人気のアメリカのアウトドアブランド、『ワイルドシングス』。ブランドの背景から代表作、今おすすめのアイテム&コーデまで、いろいろ紹介していきます。

桐田 政隆

ブランド4『ザ・ノース・フェイス』

ミニマルなデザインに加え、薄手の羽織なども収納可能な4L容量で使い勝手抜群のウエストポーチ。摩擦や水にも強いTPEコーティングを施されたタフな作りが特徴で、天候を気にせずがしがし使えるのがうれしいところ。メインとフロントともに収納スペースが設けられているので、細かな荷物の整理にも便利です。

■DATA
W32×H14.5×D7.5cm

ブランド5『ミステリーランチ』

その耐久性や機能性に定評があり、ミリタリーや救急医療隊が実際に使うバッグとしても知られる『ミステリーランチ』によるウエストポーチ。タフなコーデュラ素材を使い、左右にコンプレッションベルトを装備することで荷物をしっかりとホールドしてくれるのがGOOD。ジッパー付きやキークリップ付きなど、ポケット1つ取っても機能性の高さを感じさせるのがお見事!

■DATA
W30.5×H19.5×D8.5cm

ブランド6『ケルティ』

軽量で丈夫なリップストップ生地を使用した、タフなボディバッグです。この生地特有の格子柄が、さりげなく大人っぽい表情をプラス。荷物が重たくなっても肩に食い込まず快適に使える太幅のベルトや、着脱しやすい大型バックルなど使いがっても抜群です。

■DATA
W48×H19×D12cm

ブランド7『コロンビア』

落ち着いた印象のネイビーに、ロゴでほんの少し赤を効かせて洒落感を演出。アウトドアテイストな着こなしはもちろん、シンプルなデニムスタイルのアクセントとしてもおすすめです。撥水加工を施した素材やメインポケットの止水ファスナーなど、水や汚れに強いのも優秀。

■DATA
W40×H15.3×D11cm

ブランド8『マムート』

スマートなフォルムでコーディネートの邪魔をしない、シンプルなウエストポーチ。すっきりとコンパクトなデザインながら、外には2つのジップポケットとベルクロポケットが1つ、さらにメインコンパートメントにもジップポケットと貴重品用のコンパートメントが付きと、見た目以上の収納力が自慢です。

■DATA
W25×H11×D6cm

ブランド9『コールマン』

長財布やペットボトルなども楽に入るサイズ感で、普段使いからアウトドアまで活躍間違い無し! 背面の体に触れる部分がメッシュ素材なので、通気性もよく快適です。中にもメッシュポケット付きなので、バッグの中で細かいものが迷子になる、なんてストレスもありません。

■DATA
W26×H14×D9cm

ブランド10『ミレー』

丈夫なコーデュラナイロン素材を使い、ポケットやキーフックなど細かいものの収納も快適なウエストポーチでありながら、お手頃価格で根強い人気を誇る定番モデル。外側についたメッシュポケットの切り替えデザインが、スタイリッシュな表情を添えてくれます。

■DATA
W24×H12×D7cm

ブランド11『ナイキ』

大きめの容量に複数のジッパー付きコンパートメントを配し、ペットボトルなど大きめの物から、鍵など細かいものまですっきりと収納できるヒップバッグ。春夏シーズンの着こなしに爽やかさを添えてくれる、明るいグレーカラーは合わせる服を選ばないのでデイリーに使えます。

■DATA
W52×H20.5×D7.7cm

ブランド12『アディダス』

ブランドアイコンのスリーストライプをアクセントにした、シャープな表情が魅力のウエストバッグ。内部にはメッシュの仕切り、前後には携帯電話や鍵など小さなものが入るジップポケットを装備しているので、中に入れるアイテムを整理して収納しやすいのがポイント。

■DATA
W28.5×H14.2×D6.2cm

ブランド13『リーボック』

アクティブなカラーに、ブランドロゴやメッシュポケットでスポーツテイストを加速! 大きめのサイズ感に、しっかり取ったマチや複数のポケットで収納力も抜群です。デイリーユースにはもちろん、アウトドアやスポーツシーンなどの着こなしに、差し色アクセントとして使うのも効果的。

■DATA
W28.5×H21×D10cm

ブランド14『ポーター』

MA-1をモチーフにした軽くて丈夫なウエストポーチ“タンカー”。柔らかな質感のボンディング素材は、中に入れる物が傷つきにくく安心。さらにバッグを開けたときにチラリとのぞく裏地の鮮やかなオレンジが、エッジの効いたアクセントとして洒落感をUPさせてくれます!

■DATA 
W27×H17×D13cm

永久保存版! ポーターの人気シリーズまとめ

永久保存版! ポーターの人気シリーズまとめ

読者の中には、初めて買ったバッグが『ポーター』のだったという人も少なくないハズ。83年の誕生以来、多くの名作バッグを生みだし続ける『ポーター』に迫ります。

編集イトウ

ブランド15『アダム パテック』

見た目よりかなり収納力があるので、普段使いどころか1泊程度の旅行にも対応可能!! 肩パッド付きなので、長く身につけても負担が少なくフィット感もバッチリ。止水ファスナーを採用することで、悪天候やビーチサイドでもガンガン使えるとあって、自転車に乗ったり波乗りに行く、なんてときにもおすすめです。

■DATA
W31×H24×D15cm

ブランド16『ドリフター』

鮮やかで遊び心たっぷりなツートンカラーが目を引くこのウエストポーチは、『ドリフター』のロングヒットアイテム。必要最低限の小物を入れるのにぴったりな程良いサイズ感で、着こなしの差し色アクセントにしたりメインバッグの中でインナーバッグとして活躍させたりするのもあり。背面には頻繁に使う携帯やパスケースに最適なスリムポケット付き。

■DATA
W28×H13×D8cm

ブランド17『コンバース』

クラシックの名の通り、昔ながらのベーシックなウエストポーチを現代的にモディファイした使い勝手の良い逸品。ポリエステル素材を使用しており軽量さは申し分なく、身体にあたる部分にはメッシュ素材を採用して着用感を高めています。ジップトップに配されたワンスターが、『コンバース』らしいストリート感をにおわせます。

■DATA
W28×H16×D11cm

ブランド18『ユニバーサルオーバーオール』

ワークウェアブランドとしてアメリカで支持されている『ユニバーサルオーバーオール』によるウエストポーチ。ロゴがさりげないアクセントになった、ミニマルなデザインは合わせる服を選びません。どことなくワークウエアを思わせる渋めの色が男らしい印象も。

■DATA
W22.5×H16×D7.2cm

ブランド19『エフシーイー』

ROBIC AIRという軽量で耐久性に優れた素材を使用。80?90年代のアウトドアやスポーツをイメージしたレトロな色味が特徴です。大きめに街を取ったデザインはペットボトルなどのかさばるものも収納可能。ドローコードを調節することで好みのシルエットに変化させることができるのもユニーク。

■DATA
W28×H8×D14cm

もっと大人らしいウエストポーチが欲しい。そんなあなたにはレザー素材の一品を

気軽に持てるナイロン素材がメインとなるウエストポーチの中で、ぐっと大人っぽく重厚な雰囲気を楽しめるのがレザー素材を使ったモノ。カジュアルなアイテムだからこそ、どこか高級感のあるレザーを選び、大人の余裕と個性を発揮してみては。着こなしを選ばない定番カラーなら、デイリーから上品スタイルにまで重宝します。

ブランド20『バトラーバーナーセイルズ』

味のあるくったりとしたレザーを使ったウエストポーチは、ボディや着こなしへの馴染みも抜群! 自慢のレザーは別注生産の馬革で、オイルを染み込ませるプルアップ加工によりラグジュアリー感のある光沢を演出しています。開き口が広いので、物の出し入れがしやすいのもおすすめポイント。

■DATA
W28.5×H14.5×D7cm

ブランド21『アニアリ』

薄型のシンプルなデザインだからこそ、こんな高級感のあるレザー使いで周囲との差をつけたいもの。使用しているレザーは、アンティーク調レザーで職人の手によってムラ染め染色で表現したものである。すっきりとミニマルなタイプなので、きれいめスタイルに合わせたり、カジュアルコーデの格上げをしたいと着こなしを選びません。

■DATA
W32×H17×D3 cm

バッグも、財布も。アニアリのレザーアイテムこそ感度高めの大人にふさわしい

バッグも、財布も。アニアリのレザーアイテムこそ感度高めの大人にふさわしい

味わい深いレザーを採用したバッグや財布が人気の『アニアリ』。正統派でありながら独特の存在感も兼ね備える『アニアリ』の魅力やラインアップを整理してご紹介しよう。

宮嶋 将良

ブランド22『ミスターオリーブ』

やや大きめのサイズに設定し、収納力を確保したこちら。レザーにはウォータープルーフ加工を施しているので、雨や水ぬれに強くシミになりにくいのがうれしいポイントです。フロントに収納スペースを設けており、小物の整理もスムーズ。カラー展開の豊富さも魅力です

■DATA
W31×H16×D7cm

ブランド23『パトリック ステファン』

金具が見えないようにデザインされた、ヌーディな仕様が上品な雰囲気。丁寧にベジタブルタンニンなめしをした後に、最終工程でウォッシュワックス加工を施した城つなレザーは、ヴィンテージ感のあるこなれた表情を演出してくれます。

■DATA
W33×H15×D12cm

ブランド24『ブッテロ』

ブッテロ定番のベジタブルタンニンなめしによる味のあるレザーと、深みのあるネイビーが大人っぽさとこなれ感たっぷり。経年変化による風合いを楽しめるのも魅力です。体にフィットする部分にはナイロン素材をあしらい、色移りを気にせず使えるのも◎

■DATA
W36×H13×D7cm

ブランド25『スロウ』

上質なレザーで知られる「栃木レザー」社製のフルベジタブルタンニングレザーをを使った、ソフトで軽やかな質感を誇るウエストポーチ。発色のいいキャメルカラーが、上品なカジュアル感を出してくれるので、きれいめスタイルの外しなどにもおすすめです。

■DATA
W37×H13.5×D9.5cm

小さめバッグが気分の今、ウエストポーチを手に入れたい

おしゃれで機能的なウエストポーチはいかがでした? いつもの着こなしに取り入れるだけで旬度満点。アクティブなシーンやちょっとしたお出かけにも活躍すること間違いなしです。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    マリメッコのリュックを解説。男性には、この4アイテム

    マリメッコのリュックを解説。男性には、この4アイテム

    『マリメッコ』と聞くと、女性ブランドのイメージが強い方も多いはず。しかし今や男性の使用者も急増中。定番の「バディ」や「メトロ」を中心に人気リュックを紹介します。

    山崎 サトシ

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。とくに街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

    山崎 サトシ

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    季節の変わり目は服装やコーディネートに悩むもの。気温15度前後に適した服装を考えながら、快適に過ごすためのアイテム選びや着こなしテクニックを紹介します。

    平 格彦

    大人の男なら持っていたい。コインケースのおすすめ20選

    大人の男なら持っていたい。コインケースのおすすめ20選

    財布のスマート化が進む昨今、あらためて注目されているコインケース。選び方と合わせて、大人にふさわしいコインケースを3つのニーズ別に紹介します。

    ai sato

    ショルダーバッグの人気ブランド20選。欲しいのはナイロンorレザー?

    ショルダーバッグの人気ブランド20選。欲しいのはナイロンorレザー?

    さっと肩にかけ、両手をフリーにして持てるショルダーバッグはアクティブに動きたい休日に必須。ただし、カジュアル過ぎないスマートなモデルを選ぶのが大人の流儀です。

    山崎 サトシ

    日常の良き相棒。ワークパンツを上手に着こなそう

    日常の良き相棒。ワークパンツを上手に着こなそう

    タフなワークパンツはメンズの定番服。しかし、ワークパンツにはチノやカーゴなど多彩なタイプがあり、それぞれ持ち味も違います。適材適所で上手に取り入れましょう。

    山崎 サトシ

    BACK