ジョンストンズのマフラーがもたらす、首元の温もりと上品さ

ジョンストンズのマフラーがもたらす、首元の温もりと上品さ

英国老舗ブランド『ジョンストンズ』のマフラーは、上質な素材で仕立てられたなめらかな肌触りと暖かさが魅力だ。首に巻くだけで、コーデの格上げも叶う品の良さにも注目。

大中 志摩

2019.11.20

ジョンストンズ(Johnstons)
小物
マフラー
冬の着こなし・コーデ
秋の着こなし・コーデ

世界中で評価の高い、スコットランドの老舗ブランド『ジョンストンズ』

『ジョンストンズ』は1797年スコットランドのエルガンで創業。カシミヤをはじめ、ラムズウールやメリノウールなど高級素材を使った生地、ウェアやホームファニシングを提供する老舗ブランドだ。原毛の厳選から紡績、ウィービング、ニッティングまで一貫して自社で行っているため、品質の良さは別格。そのクオリティから、優れた審美眼を持った世界のトップデザイナーたちにも愛用されるほどである。

『ジョンストンズ』の中でも人気が高いのは、マフラー

ウールにまつわるさまざまな製品を生み出している『ジョンストンズ』。なかでも多くの大人たちを虜にしているのが、マフラーだ。高級なカシミヤなどの素材を使い自社工場で丁寧に仕立てられたアイテムは、暖かくなめらかな肌触りと優れた着用感が魅力。生地のランクが高いがゆえに、上品な雰囲気も演出してくれるまさに大人向きの巻物なのだ。

その品格は主役級。ジョンストンズのストールが重宝する

その品格は主役級。ジョンストンズのストールが重宝する

巻き物が活躍する季節。大人なムードを高めたいなら、『ジョンストンズ』のストールがイチ押しです。おすすめアイテムを挙げながら、巻き方の種類も解説します。

平 格彦

まさに大人にふさわしい。『ジョンストンズ』のマフラーをピックアップ

上質な素材感ゆえに、品の良さや大人っぽさをコーデに加味するのにももってこいの『ジョンストンズ』のマフラー。防寒だけでなく、着こなしのブラッシュアップにも効果を発揮してくれるおすすめアイテムを紹介する。

アイテム1カシミヤストール

定番のベーシックな1点。奇をてらわないシンプルなデザインが、カシミヤ100%の上質感や上品さを引き立てる。シックなチャコールグレーはビジネススタイルとも好マッチ。他にも豊富なカラーバリエーションが揃う。

アイテム2カシミヤ チェックストール

今季トレンドである英国スタイルとも相性抜群なチェックマフラー。トラッドな配色のタータンチェックでカジュアルにもきれいめにも合わせやすく、スタイリングのアクセントにも効果的だ。全長204cmあるため、巻き方も自由自在。

アイテム3『ビームスメン』別注 カシミヤ グレンチェック+ペーン マフラー

伝統的なグレンチェック柄にパープルのペーンを走らせた『ビームスメン』の別注品。クラシカルなデザインに挿し色が入ることで、程良くモダンな仕上がりとなっている。既に無地やタータンチェックを持っている人にもおすすめの1枚。

アイテム4『エストネーション』別注 カシミヤリブマフラー

コンパクトに巻きたいという方は、フリンジを排して全長97cmにまとめたこちらもおすすめ。ローゲージ編みの肉厚な質感なので、一巻きでも存在感は十分。マンネリしがちなスーツスタイルをグッとこなれた雰囲気に仕上げてくれるはずだ。

アイテム5リバーシブル カシミヤ ソリッド マフラー

グレー×ダークグレーのバイカラーでスタイリッシュな表情の本作は、スーツスタイルのブラッシュアップにおすすめだ。軽くて保温性の高いカシミヤ100%で、肌に触れたときの心地良さもお墨付き。ざっくり巻くのも良いが、ピッティ巻きなどの色の切り替えを活かせる取り入れ方も試したい。

マフラーのおしゃれな巻き方。簡単にできる8種類を紹介【動画解説あり】

マフラーのおしゃれな巻き方。簡単にできる8種類を紹介【動画解説あり】

冬に欠かせないマフラーですが、いつも同じ巻き方になりがちではありませんか? 簡単にできて、おしゃれに見える巻き方をご紹介。動画と画像でわかりやすく解説します。

桂川 千穂

アイテム6『ジョンストンズ』'SILVER BANNOCKBANE'チェックストール

グレー・ホワイト・ネイビー・ライトベージュと、落ち着いた色味で構成された男女ともに人気の高い鉄板柄がこちら。実は英国では通常の製造ラインにない柄らしく、日本からオーダーがあったときのみ製造される希少性の高い逸品となっている。少々値は張るが、これぞ、という1枚が欲しいなら間違いない。

アイテム7『ジョンストンズ』ショートスカーフ

通常通りカシミヤを用いつつ、首元でコンパクトに使えるショートサイズもご用意。通常170cmを超える長さのマフラーも、90cm程度なら気軽に取り入れられる。単純に生地の分量が減った分、お値段が控えめなのもうれしい限り。

アイテム8『グリーンレーベル リラクシング』別注 ハウンドトゥース マフラー

深みのあるワインレッドカラーが上品で大人っぽい印象。ハウンドトゥース柄と無地のリバーシブル仕様で、表にする面や結び方次第でさまざまな表情を演出することができる。カシミヤよりもウールの割合が多いため、価格が抑えめで手に取りやすい。

コーデの格上げの参考に。『ジョンストンズ』のマフラー&ストールを取り入れた好例

最後に『ジョンストンズ』もマフラーを取り入れたおしゃれな着こなしをピックアップして紹介。1点投入するだけでコーデがグッとおしゃれに。

『ジョンストンズ』の人気アイテムであるチェックの大判マフラーは、着こなしのアクセントに最適。ネイビーのダッフルコートとも相性が良く、首周りにボリュームを出すように巻くと好バランスに仕上がる。マフラーで色を挿した分、ウェアはネイビーで統一した点もスタイリッシュ。

英国紳士を連想させるグレンチェックのリバーシブルコートに、上品な『ジョンストンズ』のキャメルのマフラーが好マッチ。コートの裏地のベージュとも自然に溶け込んでいる。クラシカルなムード漂う今季らしい着こなしに仕上がっている。

ダークトーンでまとめたスタイリッシュな着こなしに、赤チェックのマフラーでアクセント付け。色を投入したことで一気に華やかさがアップした。ともすれば子供っぽくも見える赤チェックだが、『ジョンストンズ』の上質な素材感のおかげで大人っぽくまとまっている。

挿し色としてマフラーを取り入れるのが定石だが、こちらはマフラーとコートの色を揃えてワントーンコーデに仕上げた好例。ショールカラーのエレガントな襟元に『ジョンストンズ』の大判マフラーは存在感抜群で、上質な素材感が洗練された印象を加味している。

大判マフラーでも、ネイビーやキャメルが主体の落ち着いたカラーマッチなら、スーツスタイルにもすんなり馴染んでくれる。コートとマフラーの色味をリンクさせることで統一感が生まれ、まとまりのあるスタイルに仕上がった。

都内の編集制作プロダクション所属。メンズファッション・ライフスタイルを中心に雑誌、webにて編集・執筆を行っている。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春の着こなしのメインはライトアウター。主役となるアイテムはいち早く確保するのが賢明です。この春らしいアウターの手掛かりとおすすめ品を解説するので、ぜひ参考に。

    平 格彦

    エアマックスの今。革命の95から最新作まで、人気モデルを厳選

    エアマックスの今。革命の95から最新作まで、人気モデルを厳選

    今のスニーカー人気の礎は90年代に培われたといって良い。当時、主役を担っていたのが『ナイキ』の「エアマックス」。今なお色褪せない魅力を名モデルとともに振り返る。

    菊地 亮

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。特に街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

    山崎 サトシ

    ユナイテッドアローズとアシックスの英知を集結。これぞ“今どき”なビズシューズ

    ユナイテッドアローズとアシックスの英知を集結。これぞ“今どき”なビズシューズ

    ジャケパンスタイルやバックパックでの通勤がOKになるなど、近年、ビジネススタイルのカジュアル化が進んでいます。それは足元も例外ではなく、歩きやすくてカジュアルめ…

    髙須賀 哲

    スタイル不問のコインローファー。買いの10ブランド

    スタイル不問のコインローファー。買いの10ブランド

    1960年代に大流行して以来、定番シューズとして愛されているコインローファー。歴史や使い勝手の良さやからその理由を探りつつ、おすすめブランドを紹介していきます。

    近間 恭子

    BACK