秀逸揃い。パタゴニアのリュックを街使い・ビジネス・アウトドアのシーン別におすすめ!

秀逸揃い。パタゴニアのリュックを街使い・ビジネス・アウトドアのシーン別におすすめ!

おしゃれなアウトドアブランドの定番になっている『パタゴニア』。バッグの中でも人気の高いリュックにスポットを当て、その魅力から選び方、おすすめまでをご紹介します。

2022.10.14
SHARE
記事をお気に入り
近間 恭子

執筆者

バッグ・革小物をメインに執筆記事は200本以上

近間 恭子
ライターのアシスタントを経て、2003年に独立。「MEN’S CLUB」や「Mono Master」などの男性誌をはじめ、女性誌やWEB、カタログで活動している。ビジネスからカジュアルまでのメンズファッション全般を得意としているが、最近は趣味がこうじて旅企画も担当。 記事一覧を見る
...続きを読む

ウェア以外もチェック必須!『パタゴニア』のリュックが人気

ウェア以外もチェック必須!『パタゴニア』のリュックが人気

メンズバッグ専門店 紳士の持ち物

メンズバッグ専門店 紳士の持ち物

お気に入り追加

アメリカを拠点にするアウトドアブランド『パタゴニア』は、登山やサーフィン、フィッシングといった幅広いジャンルのアウトドアやアクティビティに対応するアイテムを展開。また、1996年以降はコットン素材にすべてオーガニックコットンを使用するなど、いち早くSDGsに取り組んだブランドでもあります。最大の魅力は、優れた機能性とおしゃれなデザインを両立させていること。それはウェアだけでなく、リュックにも反映されており、ファッション感度の高い大人からも熱い支持を集めているのです。

パタゴニアのTシャツはこれが買い。コーデのコツとおしゃれ心に効く12枚

ウェア・コーデ

パタゴニアのTシャツはこれが買い。コーデのコツとおしゃれ心に効く12枚

環境に配慮した取り組みを進める『パタゴニア』。着る人に快適な着心地を提供してくれるTシャツにフィーチャーし、コーデ法則とともにおすすめアイテムをご紹介します。

平 格彦

2022.06.24

2022年も手放せない。パタゴニアのバギーズショーツでアクティブな夏を

ウェア・コーデ

2022年も手放せない。パタゴニアのバギーズショーツでアクティブな夏を

夏に欠かせない大定番アイテムのひとつが『パタゴニア』の「バギーズショーツ」。街からフィールドまで縦横無尽に活躍する名作の魅力&ラインナップを詳しく解説します!

山崎 サトシ

2022.06.24

パタゴニアの名作、レトロXはどう着こなす? 今どきコーデを作る7大法則

ウェア・コーデ

パタゴニアの名作、レトロXはどう着こなす? 今どきコーデを作る7大法則

90s調のルックスがトレンドにマッチする『パタゴニア』の「クラシック・レトロX」。ただし着こなしは古臭くならないようご注意を。今どきに着こなす7つの法則、教えます。

TASCLAP編集部

2022.11.07

タウンユースしやすいスタイリッシュなデザインが揃うのも魅力!

タウンユースしやすいスタイリッシュなデザインが揃うのも魅力!

WEAR

WEAR

お気に入り追加

アウトドアブランドのリュックというと、機能性を追求するあまりデザインが今ひとつだったり、タウンユースに馴染まなかったり……。そんなイメージがありますが、『パタゴニア』は優れた機能はそのままに、無駄な装飾を省いたシンプルでスタイリッシュなデザインが多く、普段の着こなしにも取り入れやすいんです。リュックに関しては、他のアウトドアブランドと違って傑作モデルなどはありませんが、トレンドに左右されることなく長く愛用できるところも魅力といえるでしょう。

豊富なサイズ展開にも注目。サイズ選びのポイント

豊富なサイズ展開にも注目。サイズ選びのポイント

Mike Museum

Mike Museum

お気に入り追加

『パタゴニア』のリュックはサイズ展開が幅広く、使用するシーンや用途に合わせてセレクトできます。荷物の量は人それぞれですが、タウンユースやビジネス使用なら容量は20~25L、アウトドアや旅行に使うなら28L~を目安にすると良いでしょう。サイズ選びにもこだわると、快適性をさらに高めることができますよ。

タイプ別に人気モデルをセレクト。『パタゴニア』のリュック15選

アウトドア好きならずとも支持されている『パタゴニア』のリュックは、ラインアップ豊富に展開されています。ここではタウンユース・ビジネス・アウトドアと3つのタイプ別におすすめモデルをご紹介。

▼タイプ1:タウンユースにおすすめのリュック

ファッション性の高い『パタゴニア』のリュックは、タウンユースしやすいモデルが大充実。カラーリングがおしゃれなものも多いので、スタイリングのアクセントとしても活躍してくれます。もちろん機能性も兼備し、使い勝手に優れているのもうれしいポイント。

アイテム1

ウルトラライト・ブラック・ホール・トート・パック

ウルトラライト・ブラック・ホール・トート・パック

Mike Museum

Mike Museum

お気に入り追加

トートバッグとしてもリュックとしても使える2WAY仕様。ポケットにコンパクトに収納できるパッカブルタイプになっており、普段使いはもちろん、旅行バッグとしても重宝します。使用している素材は、リサイクルナイロン100%。軽量ながらも丈夫で、内外にポケットを設けているので収納力も◎。着こなしのアクセントになるおしゃれな配色にも注目です。

■DATA
W約25×H約40×H約20cm、容量約27L

アイテム2

ブラックホール・パック

ブラックホール・パック

Cotonas(コトナス)

Cotonas(コトナス)

お気に入り追加

耐久性が高く、悪天候にもしっかり対応する防水性を備えた「ブラックホール」シリーズのリュック。メイン室は上部に施されたファスナーでコの字に開くので視認性に優れ、荷物の出し入れがしやすいのもポイントです。汗を弾いて通気性を促すバックパネルやパッド入りのショルダーハーネスにより快適に背負え、PCスリーブなどの日常使いに必要な機能もしっかり装備。

■DATA
W約27×H約56×D約14cm、容量約25L

アイテム3

アーバー・マーケット・パック

アーバー・マーケット・パック

Mike Museum

Mike Museum

お気に入り追加

『パタゴニア』の中でもかなりの薄型で、タウンユースしやすい「アーバー・マーケット・パック」。それでいてA4サイズがすっぽりと収まり、パネルロード型でアクセスしやすい作りになっています。人間工学に基づいてデザインされたショルダーストラップなど、見た目とは裏腹に本格的なディテールを備えているのも見逃せません。

■DATA
W約25.5×H約42×D約8cm、容量約15L

アイテム4

アーバー・ジップ・パック

アーバー・ジップ・パック

1st STREET

1st STREET

お気に入り追加

シンプルなデザインに引き立つ、ブルーのツートーンがスタイリッシュ。メインコンパートメントもフロントポケットもファスナーが隠れる仕様になっているので、すっきりとしたバックスタイルを演出できます。リサイクルポリエステルが使われており、耐久性や撥水性に優れているのも魅力的。内部にはパッド入りのPCスリーブも完備。

■DATA
W約28×H約50×D約15cm、容量約22L

アイテム5

アトム・トート・パック

アトム・トート・パック

Mike Museum

Mike Museum

お気に入り追加

コンパクトで扱いやすい容量のこちらのリュックは、耐久撥水加工が施されているので多少の雨でも安心。取り外し可能なPC&タブレット用ケースも付属しており、しかもPCアクセサリーを収納できるメッシュポケット付き。充電コードなどがリュック内でごちゃごちゃになることもなく、他のバッグへの移動もスムーズです。

■DATA
W約31×H約42×D約15cm、容量約20L

アイテム6

アーバー・クラシック・パック

アーバー・クラシック・パック

Mike Museum

Mike Museum

お気に入り追加

使い勝手の良いサイズ感のラップ型バックパック。『パタゴニア』のバックパックの伝統を受け継ぐスポーティなデザインとPCスリーブなどを備えた設計で、デイリーユースしやすいモデルになっています。パッと目を引く美しいブルーも印象的で、シンプルコーデのアクセント使いにもうってつけ。

■DATA
W約24.5×H約45×D約12.5cm、容量約25L

▼タイプ2:ビジネスシーンにおすすめのリュック

さすがにかっちりとした正統派スーツにはトゥマッチですが、ビジカジやオフィスカジュアルといったスタイルなら『パタゴニア』のリュックは対応可能。外部装飾が控えめのシンプルなデザインであることに加え、ブラックやグレーといった着こなしに馴染む定番色をセレクトするのがベストです。

アイテム7

アーバー・リッド・パック

アーバー・リッド・パック

雑貨倉庫TOKIA

雑貨倉庫TOKIA

お気に入り追加

どこかクラシックな雰囲気が漂うフラップ式のバックパックは、環境にやさしい耐久撥水加工をあしらったリサイクルポリエステル製。グレーのボディとカーキのストラップの洒脱なコントラストも印象的で、シンプルコーデのアクセント使いにも最適です。背負い心地も軽く、内部にはパッド入りのPCスリーブも装備。

■DATA
W約27×H約48×D約13cm、容量約28L

アイテム8

アーバー・ロールトップ・パック

アーバー・ロールトップ・パック

ENDLESS TRIP 楽天市場店

ENDLESS TRIP 楽天市場店

お気に入り追加

開口部がロールトップ仕様になったこちらのモデルは、荷物の量に合わせて巻き込み具合を調整可能。環境に影響の少ないDWR(耐久撥水加工)をリサイクルポリエステルに施しているので、ちょっとした雨でも安心して使うことができます。横から素早くアクセスできるPCスリーブや小物の収納に便利なサイドポケットなど、使い勝手を向上させる機能も装備。

■DATA
W約30×H約47×D約15cm、容量約30L

アイテム9

アーバー・デイパック

アーバー・デイパック

ENDLESS TRIP 楽天市場店

ENDLESS TRIP 楽天市場店

お気に入り追加

デザイン自体はシンプルなバックパックですが、注目すべきはメインコンパートメント。ファスナーが底のほうまで施されており、かなり大きく開くことができます。そのため荷物の出し入れがしやすく、視認性が高いというメリットも。パッド入りのPCスリーブも完備し、薄くすっきりとしたシルエットなのでビジネスシーンにも最適です。

■DATA
W約30×H約48×D約10cm、容量約20L

アイテム10

レフュジオ・デイパック

レフュジオ・デイパック

Mike Museum

Mike Museum

お気に入り追加

メイン室のPCスリーブやPC周辺アクセサリーを入れるのに便利な広々としたフロントポケットなど、ガジェット類に対応した機能的な設計。一日中背負っても快適なメッシュのショルダーストラップやバックパネルも相まって、ビジネスシーンでの使用にももってこいです。単独でも使えるメッシュポケット付きのPC収納ポーチも付属します。

■DATA
W約32×H約46×D約20cm、容量約26L

アイテム11

アーバー・リンクド・パック

アーバー・リンクド・パック

HIP HOP DOPE

HIP HOP DOPE

お気に入り追加

クライミング用バックパックのデザインを踏襲した「アーバー・リンクド・パック」。耐久性と撥水性を備えたリサイクルポリエステル生地を使い、ベーシックなスクエア型に仕上げているのが特徴です。PC用スリーブやポケットなどの収納も充実しており、さらには上部にハンドルも設置されているので、ビジネスシーンでの使用もおすすめ。

■DATA
W約29×H約48×D約11cm、容量約25L

▼タイプ3:アウトドアシーンにおすすめのリュック

『パタゴニア』はアウトドアブランドなので、ハイキングやロッククライミングといったアウトドアで活躍するリュックももちろんラインアップ。快適に楽しめる機能が盛り込まれているだけでなく、タウンユースのリュック同様にファッション性も高いので周りとも差をつけられるはず。

アイテム12

アルトヴィア・パック

アルトヴィア・パック

Mike Museum

Mike Museum

お気に入り追加

ハイキングなどのアウトドアを身軽に楽しむなら、「アルトヴィア・パック 14L」をセレクトするのがベスト。必需品をコンパクトに収納できる小さめのサイズ感となっており、軽く快適な背負い心地で動きやすいのが魅力です。体へのフィット感も高く、レインカバー付きというのもうれしいポイント。

■DATA
W約23×H約46×D約22cm、容量約14L

アイテム13

アーバー・グランデ・パック

アーバー・グランデ・パック

Mike Museum

Mike Museum

お気に入り追加

メインコンパートメントにB4サイズが収納可能と、抜群の収納力を誇る「アーバー・グランデ・パック」。フラップとドローコードの開閉により、荷物が増えた際も自在に調整できるのが優秀です。本体下部に設置されたファスナーポケットは独立した設計になっているので、シューズ入れとして使うのもおすすめ。重い荷物も快適に背負える、人間工学に基づいてデザインされたショルダーストラップも◎。

■DATA
W約26.5×H約44.5×D約16.5cm、容量約28L

アイテム14

クラッグスミス・パック

クラッグスミス・パック

Mike Museum

Mike Museum

お気に入り追加

外部装飾が控えめのスタイリッシュなデザインに仕上げられたクライミング用パック。メインコンパートメントはファスナーがコの字に配されており、上部やバックパネルからも容易にアクセスすることができます。両サイドのオープンポケットは伸縮性があるので、ウォーターボトルなども収納可能。

■DATA
W約30×H約60×D約16cm、容量約32L

アイテム15

ブラックホール MLC

ブラックホール MLC

ENDLESS TRIP 楽天市場店

ENDLESS TRIP 楽天市場店

お気に入り追加

「ブラックホール MLC」はかなり大容量のサイズ感。メイン室はコの字に開き、両サイドに荷物を収納できるというスーツケースのような作りになっています。しかもリュック・手持ち・肩かけと3WAY仕様になっているので、どちらかというと旅行や出張に最適なモデルといえるでしょう。TPUフィルムを貼り合わせた、軽量ながらも丈夫なリップストップ生地を採用。

■DATA
W約37×H約58×D約22cm、容量約45L

アウトドアウェア&小物の人気ブランド、今マストで押さえておきたい25選

ウェア・コーデ

アウトドアウェア&小物の人気ブランド、今マストで押さえておきたい25選

トレンド継続中のアウトドアファッション。まずチェックすべきは、やはり専業ブランドのウェアや小物です。機能に加え、デザインにも定評のあるブランドを厳選してご紹介!

那珂川廣太

2022.01.07

黒リュックのおすすめ25選。カジュアルからきれいめまでピックアップ!

バッグ・ファッション小物

黒リュックのおすすめ25選。カジュアルからきれいめまでピックアップ!

リュックの色に迷ったら、黒をセレクトするのが正解。カジュアル、きれいめ、3WAYという3つのテーマからおすすめしたい黒リュックを厳選しました!

TASCLAP編集部

2022.08.05

リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

バッグ・ファッション小物

リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

デイリーに愛用できるメンズリュックを徹底紹介。カジュアルなコーデはもちろん、きれいめな着こなしにもハマるリュックの選び方とおすすめのブランドをレクチャーします。

TASCLAP編集部

2022.10.13

ビジネスリュック厳選25。通勤で映えるブランドの選び方とおすすめ

バッグ・ファッション小物

ビジネスリュック厳選25。通勤で映えるブランドの選び方とおすすめ

ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

近間 恭子

2022.10.03

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

今欲しいのは“深イイ”腕時計。男の奥行きをセンスフルに示すポール・スミスの新作ウォッチ

英国ブランド『ポール・スミス』から、本格的かつファッショナブルな機械式時計と、定番ウォッチのニューカラーがお目見え。男の“深み”を演出する新作の魅力に迫ります。

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

今年の西川ダウンはどうなんだ!? おしゃれ賢者3人による徹底試着レビュー2022

『ナノ・ユニバース』の人気銘柄として知られる『西川ダウン(R)』。その今季作を、ファッション業界の経験豊富な識者たちが試着しながら徹底検証。さて、結果やいかに!?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

この冬、狙うべきは“○○じゃないほう”の1着だ。タトラスに学ぶ今どきダウンの選択術

安心感のある定番も良いけれど、あえて“じゃないほう”のダウンを選んでさりげなく旬な変化を楽しむのもおすすめです。ご存じ『タトラス』で、今どきのチョイスをご提案!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

復刻ウォッチトレンドの旗手、ロンジン。3つのルーツから提案する銘品たち

今年で創業190周年を迎える『ロンジン』は、これまで数多くの傑作を手掛けてきました。それらにスポットを当てた復刻モデルこそ今季の狙い目。3つの銘品を掘り下げます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

バッグの名門が提案する第3の定番色。“グレー”がこれからのビジネスシーンを変えていく

ビジネスバッグといえば従来、黒と紺がお約束でした。しかし、働き方の多角化に伴いその常識も徐々に変化。老舗『サムソナイト』は第3の定番色としてグレーを提案します。

SPONSORED by サムソナイト

続きを読む

“冬ビズ”コーデの特効薬が5,000円台から! 敏腕スタイリストと読み解くメガネの効能

ネクタイなどと同様、メガネもビジネススタイルのセルフプロデュースに不可欠なアイテム。理想的なフレームが揃い踏みした『ジンズ』の新作で、選びの要諦を読み解きます。

SPONSORED by ジンズ

続きを読む

今どきのビジカジはどうこなす? ドレススタイルのプロが見た“オーダー”という選択肢

自由度が高い反面、難しくもあるビジネスカジュアル。もしビジカジにお悩みなら、独自のオーダーシステムで話題沸騰中のブランド『ファブリックトウキョウ』がおすすめだ。

SPONSORED by ファブリックトウキョウ

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP