ヒステリックグラマーのおすすめ15選。加工デニムからおすすめのウェアまで

ヒステリックグラマーのおすすめ15選。加工デニムからおすすめのウェアまで

設立から35年以上が経つ現在も、独自のスタンスを貫く『ヒステリックグラマー』。ブランドの顔であるデニムから注目の最新アイテムまで、余すところなくナビゲートします。

山崎 サトシ

2020.01.21

ヒステリックグラマー(HYSTERIC GLAMOUR)
ボトムス
ジーンズ

『ヒステリックグラマー』が支持されるのは、一貫したスタンスがあるから

ドメスティックブランドの雄『ヒステリックグラマー』は、東京モード学園出身の北村信彦氏によって1984年に設立。ブランドデビュー当時、北村氏は21歳という若さでした。1986年にフラッグシップショップを原宿にオープンすると、若い世代から絶大な支持を獲得。

令和を迎えた現在のファッションシーンでも、その人気ぶりは健在です。代表アイテムは高度な加工技術を取り入れたダメージデニムで、その人気&品質は国内ブランドの中でもトップクラス!

移り変わりの激しいファッション業界においてもブランドが変わらず支持を集めているのは、トレンドに流されることなく独自スタンスを貫き続けているから。アメリカンカジュアルに根ざしたリアルクローズを、設立時から今日までブレることなく追求し続けています。さらに、1960~80年代のロックミュージックやアート、ポルノグラフィティなど、北村氏が傾倒するカルチャーの要素もコレクションにMIX。他に類を見ない唯一無二のプロダクトを作り上げています。

『ヒステリックグラマー』は、こんな大人に好相性

その揺るぎないスタンスからもわかる通り、『ヒステリックグラマー』のアイテムはアメカジ好きの大人と文句なしの親和性を見せてくれます。また、古き良きアメカジへ敬意を払う一方で、最先端の技術・素材も貪欲に取り入れているためクオリティも折り紙付き! 目の肥えた本物志向の大人も満足できるはずです。その上、どの製品も野暮ったさとは縁遠いシャープで洗練されたシルエット。サラッと取り入れるだけでスタイリッシュな雰囲気をメイク可能なんです。

『ヒステリックグラマー』の代名詞。おすすめのダメージ加工ジーンズ5選

主張あるルックスと美しいシルエットを兼備したダメージ加工ジーンズは、ブランドの代名詞ともいえる大ヒットアイテム。豊富に揃うラインアップの中から、大人に推奨したい5本を厳選してピックアップしました。

アイテム1RSM加工 デニムスリムストレートパンツ

お得意のランダムステッチリメイク加工を駆使した1本。共地・スレキ・別布をイレギュラーに使用したパッチ、そして無造作なステッチワークが味わい深い雰囲気を生み出します。ケバ感を抑えたオリジナルのデニム生地で仕立てるなど、素材使いにもこだわりアリ!

アイテム2SSR加工デニム スリムブーツカットパンツ

ベースは1970年代のブーツカットパンツですが、スリムにアレンジすることで今っぽいシルエットを形成。空気をたっぷり含むオープンエンド糸で織り上げられたデニム生地は軽やかなタッチゆえ、着心地も◎です。リアリティ溢れるリペア加工や、ワンポイントのスター刺繍にも注目を。

アイテム3KPR加工イスコリメイクスリムデニムパンツ

素材はイスタンブールを拠点とするデニムメーカー、イスコ社のハイパワーストレッチデニム。優れた伸縮性を誇るため、すらっと細身のジーンズにもかかわらず着用感は実にコンフォートです。他モデルと比較して控えめなダメージ加工で、抵抗なく脚を通せるというのもメリット。

アイテム4ゴッドパッチデニムスリムストレートパンツ

本格的なダメージ加工デニムに見えますが、実はすべて転写プリント。生地もデニムではなく無数の通気孔が施された「ドットエアー」と呼ばれる機能ポリエステルを使用しています。高次な通気性&ストレッチ性を兼ね備えているのがこの素材の特徴。ダメージ加工デニムのハードさと軽快な着心地を見事に両立した意欲作です。

アイテム5スリムストレートデニムパンツ

長年はき続けたような味感を、特殊なエイジング加工によって表現。ブランドオリジナルのオールドブルーデニムによる、淡く美しい色合いもポイントです。さらに、太腿~裾に掛けてややスリムに設定したモダンなストレートシルエットが、大人のレッグラインを引き締めてくれます。

プレーンなジーンズも定評あり。今選びたいのは、この5本

インパクトあるダメージジーンズだけでなく、濃紺やミディアムウォッシュのプレーン顔なジーンズも大充実。スマートなカジュアルコーデを狙う人には、こちらもおすすめです。

アイテム1デニムスリムストレートパンツ

『ヒステリックグラマー』が真骨頂とするスリムストレート型。太腿からストンと落ちるきれいなラインで、脚長効果抜群です。さらに、こちらのモデルはコットン×ナイロンのデニム素材を使用。軽い風合いながら一般的な綿100%デニムより強度が高く、なおかつシワにも強いんです。

アイテム2SP加工ストレッチデニム スリムパンツ

程良いユーズド感のミディアムウォッシュデニム。使用している生地はブランド独自開発のもので、1960年代のヴィンテージをモチーフに旧式織機で丁寧に織り上げています。クラシカルな風合いを意識したデニムながら、形状は今日的なタイトフィット。ポケット口のスタッズワークもみどころです。

アイテム3デニムテーパードパンツ

ストレートデニムの後ろ身頃にダーツを入れ、ゆるやかなテーパードシルエットを形成。カタチはややゆったりめですが、テーパード型&9分丈仕様のおかげですっきりとした見栄えです。味出しが楽しみな濃紺色のデニム地はシルケット加工でフィニッシュされており、ほんのりとした光沢感を放ちます。

アイテム4イスコ ストレッチデニムスリムパンツ

生地はイスコ社製で、コーティング加工による滑らかな質感と快適なストレッチ性が魅力的です。デザインは1960年代のリジッドヴィンテージデニムからインスパイア。極めてシンプルなジーンズですので、都会的なジャケットコーデからラフなアメカジまでテイスト不問で活躍してくれます。

アイテム5ユーズド加工デニム ストレートパンツ

昔の501をイメージソースとしつつ、今どき感のあるナローなストレートシルエットへと昇華。軽めのユーズド加工が入っていて、最初からはき慣れた感じを出せるのも美点です。絶妙なネップ感&タテ落ち感を兼備した、1950年代風のコクのあるデニム生地も大人好み!

ジーンズ以外にも要注目。『ヒステリックグラマー』の大人向けアイテム5選

もちろん、『ヒステリックグラマー』が展開するのはジーンズのみにあらず。その他にも個性豊かなアイテムが顔を並べます。アウターを中心に、大人コーデの主役として最適な5品をラストにご紹介しましょう。

アイテム1ラムレザーオーバーサイズブルゾン

古き良き80’sブルゾンをイメージしたオーバーシルエットの逸品。素材は高品質なラムレザーで、製品洗いを掛けることによってこなれたニュアンスを表現しています。着込むほどにカラダへ馴染んで味が深まるので、一生モノとして愛用可能。ホワイトやグリーンといった、春を先取りできるカラーも展開します。

アイテム2プリマロフトエアフォース トライアングルウーマン N-2Bジャケット

表地にはミルスペックに準拠する頑強なエアフォースナイロン、中綿には高機能素材の「プリマロフト」を使用したハイスペックな仕立て。しかも、専門知識を備えた日本国内の工場にてソーイングを行っています。身頃にあしらわれたリフレクタープリントがさりげないアイキャッチ!

アイテム3サークル-ガール-S&Vウエスタンデニムジャケット

ヴィンテージのGジャンを着想源としてデザインされた1着。一見レトロな風貌ながら、後ろ身頃に「ヒスガール」のサークルプリントをオンしてブランドの“らしさ”を巧みに落とし込んでいます。また、横糸二重織という特殊な織り方によって、表面はデニムで裏面はブランケット風という個性的な生地感を演出。

アイテム4アスレチックスクリプト刺繍パーカー

世界最大のフリースメーカーとして名高い、ポーラテック社の機能フリース「ハイロフト」を使用。ボリューミーなルックスとは裏腹に、驚くほどの軽量性を有しています。さらに、速乾性にも富んでいるので万が一汗をかいてもべたつきません。春の装いに映える、陽気なカラーリングも大人を魅了!

アイテム5クラシック ハイカットスニーカー

これぞ“ザ・ローテク”といった面持ちの1足は、ベーシックなカジュアルコーデと相性抜群! 毛並み&発色の良いスエードをアッパーに使い、伝統的なヴァルカナイズ製法で作り上げています。サイドにはライトニング型のラインが入り、ささやかに個性を主張。全5色と豊富なカラバリもうれしいかぎりです。

今、大人がはくべきデニムブランド34選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

今、大人がはくべきデニムブランド34選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

あらゆるボトムスの中で、一度手に入れたらもっとも長い付き合いになるのがジーンズ。それゆえ、確かなモノ作りを行うブランドをしっかり押さえておくことが重要だ。

那珂川廣太

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

アフロ歴15年のファッションライターで、趣味はヴィンテージモノの収集とソーシャルゲーム。メンズファッション誌を中心として、WEBマガジンやブランドカタログでも執筆する。得意ジャンルはアメカジで、特にデニム・スタジャン・インディアンジュエリーが大好物!
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    今、大人がはくべきデニムブランド34選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

    今、大人がはくべきデニムブランド34選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

    あらゆるボトムスの中で、一度手に入れたらもっとも長い付き合いになるのがジーンズ。それゆえ、確かなモノ作りを行うブランドをしっかり押さえておくことが重要だ。

    那珂川廣太

    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    春夏はTシャツが主役となる時期。頻繁に袖を通し、何度も洗うことを思えばやはり屈強なヘビーウェイトの1枚が欲しいところ。となればまず押さえておきたいブランドがある。

    菊地 亮

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツはワードローブに欠かせない定番アイテム。通年使える白Tシャツの選び方からおすすめブランドの1枚、そして季節の着こなしまで余すことなくお届けします。

    TASCLAP編集部

    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    メンズボトムスの定番としてすっかり市民権を得たジョガーパンツ。基本の選び方から着こなしのポイント、おすすめの1本まで幅広くご紹介します。

    TASCLAP編集部

    なんだかんだでポロシャツは御三家ブランドがおすすめ

    なんだかんだでポロシャツは御三家ブランドがおすすめ

    ポロシャツ界の御三家といえば、昔も今も『ラコステ』、『ポロ ラルフローレン』、『フレッドペリー』が鉄板。今年の春夏に頼りたい、人気ブランドを再検証します。

    TASCLAP編集部

    BACK