コーチジャケットを着こなしたいなら。プロが教えるブランド&コーデ術

コーチジャケットを着こなしたいなら。プロが教えるブランド&コーデ術

90年代ファッションやスケートカルチャーへの関心から、コーチジャケットが注目されている。シンプルで着回しやすい万能アウターの注目ブランドと着こなし方を解説しよう。

菊地 亮

2020.03.16

アウター
ブルゾン・ジャンパー
コーチジャケット

コーチジャケットは、トレンドのストリートスタイルにうってつけ

コーチジャケットは、もともとアメリカンフットボールのコーチたちが着ていたライトアウターだったが、ヒップホップアーティストたちの間で取り入れられ、ファッションシーンへと浸透。“コーチジャケット”という呼び名はその際についたとされている。生地はほとんどがナイロン製。シンプルなデザインで取り入れやすく、襟付きや袖口が絞られているといったディテールもスポーティで今らしい。

アクティブな大人に似合う。コーチジャケットが支持される3つの理由

コーチジャケットが支持されているのはなぜか。まずは、同アイテムが人気の理由を3つの視点から解明したい。

理由1軽い、楽、便利。大人が喜ぶ要素を満たす利便性

適度な機能性が備わっているコーチジャケット。持ち運びに便利な軽さ、シャリ感のあるナイロンとやわらかな裏地による2枚仕立てがもたらす適度な暖かさも利点だ。裾のドローコードでフィット感の調整も可能。海や山へ出かける際にセカンドアウターとして持ち歩くにも便利で、パパが子供たちと過ごす休日にももってこいの使いやすさが備わっている。

理由2シンプルだからこそどんなスタイルにも溶け込む

スポーツが出自ということもあり、基本的には実用性に特化していて、装飾やデザインを施さないシンプルなアイテムが多い。カラーも、例外を除いては1色で構成されることが多く、落ち着いた色が中心だ。そのため、昨今定着したスポーツMIXを表現する有効な手段として、大人たちも取り入れやすい。

理由3ストリートカルチャーとの深い結びつき

西海岸ギャングスタ・ラップブームをけん引した伝説的グループといえば「N.W.A」。コーチジャケットを着ながらカメラの前に立つ彼らが、ストリートカルチャーと結びつけた張本人といっていい。以降、サーフやスケートなどでも浸透。そんなサブカルシーンやブランドとの結びつきも大人には響くはず。

大人が選ぶべきコーチジャケットのブランド10選

コーチジャケットは、ストリートで成熟してきたアウター故にどこか子供っぽさが見え隠れする。ただ、「上質な素材感」「シックな色み」「モダンなデザイン」という、3点の選ぶポイントさえ押さえておけば、歳を重ねた今でも袖を通せる。

アイテム1『チャリ&コー』

NYで設立した自転車を媒介にするアパレルブランドとしてもう国内ではお馴染み。ならではの洗練さの中に潜ませた遊び心はこのアイテムにも健在で、弱撥水の生地はなにかと頼もしい。また、ヨーク部分にはメッシュをあしらい体温調整としても機能する。

アイテム2『ステューシー』

‘80年代後半から’90年代初頭にかけ絶大な存在感を発揮したサーフ由来のアパレルブランドは、もはやストリートシーンに欠かせない。こちらは、同色のスナップボタンをあしらい見た目すっきり。左袖に落とし込んだイタリックロゴの刺繍も気が利いている。

アイテム3『ホワイトマウンテニアリング』

“服を着るフィールドはすべてアウトドア”のテーマのもと、デザイン、技術、実用性の3要素を形にしたコレクションを展開。こちらは、中綿入りで保温性があり、カモ柄部分はリフレクティブメッシュを採用。そのため、光を受けるたびに表情が変化する。

アイテム4『スタンダード カリフォルニア』

恵比寿の名店、『スタンダード カリフォルニア』へ宇都宮の実力派ショップが別注。今季インラインで展開のなかったコーチジャケットを、スリーブプリントを落とし込んで製作した。裏起毛のライナーにより優しい着心地で、胸元のロゴプリントもクール。

アイテム5『アー・ペー・セー』

スポーティな印象を後に残すコーチジャケットも、フランスの雄にかかればこんなにもエレガントに。イタリアのサプライヤーより仕入れた生地は、適度なハリと程良い光沢が魅力のサテン。中綿を封入し防寒性を高め、裾にドローコードを取り入れるなど利便性も十分。

アイテム6『ファセタッズム』

日本の気鋭モードブランドとアメリカのワークウェアブランドが手を組んだ注目作。『ディッキーズ』お得意の耐久性に優れた生地を使い、フロントへは『ファセッタズム』のロゴを光沢のあるラバープリントで。背面から袖にかけてリブを施すなど随所にらしさも注入。

アイテム7『ソフ』

ブランド設立20周年を記念したスペシャルコラボ。お相手は世界中の音楽シーンに影響を与えた伝説的HIPHOPグループ、ザ ワイルド バンチ。前後に彼らを象徴するアートワークを落とし込み、素材には耐久性、撥水性、透湿性優れるタフレックスタッサークロスを使用。

アイテム8『ラベンハム』

『ラベンハム』の50周年を記念したコレクションの一着。キルティングステッチやコーデュロイで切り替えられた襟など、ブランドのDNAを随所に感じさせつつ、ベルクロのフロントデザインなど洒脱さや新鮮さを表現。外気の侵入を阻む袖や裾の仕様など利便性もある。

アイテム9『ジャックマン』

福井県にて設立された実力派ファクトリーが手がけるブランド。コットンとナイロンの混紡糸をハイゲージで織り上げた生地はキャンバスのようなハリ感を備え、スウェット生地ゆえ程良い伸縮性も保持。その武骨な佇まいに、職人の技と情熱を感じ取れる。

アイテム10『フィンガリン』

同ブランドにおいてコーチジャケットは定番だが、こちらは大幅なアップデートを経た意欲作。表地はナイロンツイル、裏側はオリジナルで制作した肌触りの良いオリジナルワッフルを導入。スナップボタンにも独自のべっ甲カバーをあしらったこだわりの逸品。

着こなしの参考に。コーチジャケットのメンズコーデ、おしゃれに取り入れる5つのヒン

コーデ1白アイテムを取り入れストリートをクリーンに表現

コーチジャケットはストリートの定番ゆえ、若作り感が出かねない。しかし、ブラウンカラーを選ぶことで渋さ誘発。そこへ、クリーンな白パンを合わせることでこなれた様相を印象づけることができる。まさに、男らしさと爽やかさを介在させた絶妙な着こなし。

コーデ2ワントーンにまとめることで得られる大人感とラクさ

より今っぽさを打ち出すなら、同色のボトムスを合わせたセットアップ風の着こなしが良い。特に、落ち着きのあるネイビーなら、コーチジャケット、セットアップ風、スポーティのトレンド三重奏に大人っぽさをプラスできる。

コーデ3往年のストリートからの脱却を図るVライン

ひと昔前はたっぷりなボトムスを絡めたルーズな着こなしが主流だったが、大人となった今じゃそれはいただけない。そこで、ボトムには細身のアイテムを選び、Vラインのシルエットを作りたい。それにより、スタイリッシュな大人ストリートが完成する。

コーデ4ブラックベースの内から光らせモード感を加速させる

ブラックの採用は、子供っぽさが抑えながらそれだけでシュッと見せられる実用的かつアプローチしやすい手段。率先して活用したいところだが、使いすぎはやや重の元凶になる。そこで、内側にブライトカラーを覗かせることでその不安は解消へ。

コーデ5クラシックとの融合により品の良さを匂わせる

スポーティなコーチジャケットでも、クラシカルな要素をプラスすることで品良く見せられる。例えば、ウィンドウペンのスラックスや薄手のタートルニット。さらにアウターのフロントボタンをトップまで閉じればご覧の通り。

ナイロンジャケットが旬度抜群。見た目も機能もGOODなアイテム12選

ナイロンジャケットが旬度抜群。見た目も機能もGOODなアイテム12選

優れた機能とデザイン性を兼備し、肌寒い時期にも気軽に羽織れるナイロンジャケット。今狙いたい3タイプに絞って、おすすめアイテムを紹介します。

近間 恭子

地方の出版社にて編集を経験した後、独立。フリーのエディター・ライターとしてメンズファッションを中心に、スポーツ、グルメ、音楽など幅広い分野で活動。現在は、生まれ故郷である岩手県、そして東北の魅力を発信すべく東奔西走中。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    春夏はTシャツが主役となる時期。頻繁に袖を通し、何度も洗うことを思えばやはり屈強なヘビーウェイトの1枚が欲しいところ。となればまず押さえておきたいブランドがある。

    菊地 亮

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツはワードローブに欠かせない定番アイテム。通年使える白Tシャツの選び方からおすすめブランドの1枚、そして季節の着こなしまで余すことなくお届けします。

    TASCLAP編集部

    ザ・ノース・フェイスのTシャツは夏の新たな風物詩。おすすめは?

    ザ・ノース・フェイスのTシャツは夏の新たな風物詩。おすすめは?

    アウトドアの名門『ザ・ノース・フェイス』。アウターにばかり目がいきがちだが、実はTシャツも優秀なうえに面白い。その充実のラインアップを見ていこう。

    菊地 亮

    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    メンズボトムスの定番としてすっかり市民権を得たジョガーパンツ。基本の選び方から着こなしのポイント、おすすめの1本まで幅広くご紹介します。

    TASCLAP編集部

    なんだかんだでポロシャツは御三家ブランドがおすすめ

    なんだかんだでポロシャツは御三家ブランドがおすすめ

    ポロシャツ界の御三家といえば、昔も今も『ラコステ』、『ポロ ラルフローレン』、『フレッドペリー』が鉄板。今年の春夏に頼りたい、人気ブランドを再検証します。

    TASCLAP編集部

    アイテムリスト

    BACK