コーチジャケットを着こなす。おすすめのブランド&コーデ術

コーチジャケットを着こなす。おすすめのブランド&コーデ術

シンプルで着回しやすく、大人にもよく似合うコーチジャケット。そんな定番アウターのコーデテクニックや着こなし実例、そしておすすめのブランドについて解説する。

TOMMY

TOMMY

SHARE
記事をお気に入り
2021.09.22

羽織るだけでサマになる。コーチジャケットは大人のストリートカジュアルにうってつけ

羽織るだけでサマになる。コーチジャケットは大人のストリートカジュアルにうってつけ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

そもそもコーチジャケットとは、どんなアウターを指すか? その名が示すように、アメリカンフットボールのコーチたちが着ていたライトアウターが、その原点とされる。防風性と防汚性、さらに軽量性の面からナイロン素材を用いたものが多く、襟付き&袖リブのボックス型が主流。これが安価で取り入れやすいという理由から、ストリートカジュアルの定番アイテムとして広く認知されるようになった。

羽織るだけでサマになる。コーチジャケットは大人のストリートカジュアルにうってつけ 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

そうした出自からもわかるように、機能性に念頭を置いて誕生したコーチジャケット。その多くがナイロン製ゆえに軽く、かさ張らず、持ち運びもしやすい。言わずもがな、防風性も備えている。またボックス型なので体型を選ぶことなく万人にフィットする。デザイン面ではベーシックなブラックやネイビーから華美な装飾を抑えたタイプまで、幅広い。機能面でもデザイン面でもタウンユースに丁度良く、汎用性の高さを良しとする大人のカジュアルコーデにうってつけのアイテムといえるだろう。

コーチジャケットを着こなすために。押さえておきたい注意点

コーチジャケットを着こなすために。押さえておきたい注意点

WEAR

WEAR

お気に入り追加

TASCLAPの読者世代にとっては、「コーチジャケット=ストリートファッション」と認識している人も多いことだろう。それも正解ではあるのだが、以下の2点に留意すれば大人らしい着こなしにすんなり取り入れることが可能だ。注意すべきは “シックなデザイン”であり“ジャストなサイズ感”であること。要は、大人の装いにふさわしい“落ち着き”を意識することが重要なのだ。そこさえ押さえておけば、コーチジャケットは恐るるに足らず。

コーデサンプルから掘り下げる、コーチジャケットの着こなし術

では、実際にコーチジャケットのコーデサンプルから着こなし攻略のヒントを探っていこう。とはいえ高度なテクニックなんて必要なし。簡単に取り入れられて、すぐに真似できる5つの“ちょい格上げ”ポイントがこちら。

コーデ1

ジョガーパンツで、スポーティさに拍車をかける

ジョガーパンツで、スポーティさに拍車をかける

WEAR

WEAR

お気に入り追加

まずは“ボトムスとテイストを揃える”という、もっとも簡単なテクから。先述の出自からもわかるように、コーチジャケットは基本的にスポーティ。となるとナイロンパンツやトラックパンツが定番だが、大人の着こなしを狙うならばジョガーパンツが好判断。足元はきれいめのレザーシューズを合わせることで、スポーティさとの対比がより際立つ結果に。

コーデ2

スポサン&ソックスで、軽快さと抜け感を両取り

スポサン&ソックスで、軽快さと抜け感を両取り

WEAR

WEAR

お気に入り追加

オーバーシルエットによるリラックスした雰囲気作りは昨今の主流で、コーチジャケットを着こなす際にも有用に働く。彼の場合は、そこからさらに一歩進めて、足元に軽快さと抜け感をもたらすスポーツサンダル&ソックスをチョイス。全体を都会的でモダンなモノトーンでまとめつつも、リラックス感漂うワンランク上の着こなしに。

コーデ3

全身のトーンで揃えることで、統一感を演出する

全身のトーンで揃えることで、統一感を演出する

WEAR

WEAR

お気に入り追加

コーチジャケットの着こなしにおいて回避すべきは、子供っぽく見えてしまうこと。色やテイストがチグハグだと、それだけでマイナス要因となる。解決策としては、全身をワントーンで仕上げるのが、もっとも簡単だ。なかでもオールブラックは大人のムードを演出できるのでおすすめ。他アイテムのシルエットや素材に変化をつければ、さらに洒落感がアップする。

コーデ4

膝上丈ショーツで、アクティブな印象を強める

膝上丈ショーツで、アクティブな印象を強める

WEAR

WEAR

お気に入り追加

初夏に向けて、着こなしをよりライトに切り替えていくには、ボトムスをショートパンツにするだけ、と実に簡単。ここで重要となるのがボトムスのシルエットと丈感だ。太め&長めは、どうしても子供っぽさが否めない。ゆえに大人はコンパクトなシルエット選びが正解。さらに膝上丈ならスタイルアップ効果も見込める。その際は足元もカバーソックス、もしくは素足で軽快に。

コーデ5

柔らかな素材とカラーを生かし、トラッドな雰囲気に

柔らかな素材とカラーを生かし、トラッドな雰囲気に

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ストリートな印象の強いコーチジャケットだが、素材とカラー次第で着こなしの幅はグンと広がる。彼の場合は、ストンと落ちるソフトな質感に上品なベージュカラーを纏ったコーチジャケットを、デニム素材のスラックスによるタックインスタイルで攻略。Tシャツとソックスの白が清潔感を与え、足元のローファーもまたトラッドな雰囲気作りに寄与している。

コーチジャケットのおすすめは? ビギナーにおすすめしたい10モデル

コーチジャケットに興味を持ったというビギナーのために、おすすめしたい10モデルを厳選。手に取るべき “シックなデザイン”であり“程良いサイズ感”という2つのポイントに加え、今シーズンは“機能性を備えた素材”というポイントにも注目。選りすぐりのラインアップから、自分のスタイルに合った1着を選んでもらいたい。

アイテム1

『ザ・ノース・フェイス』GTXデニムコーチジャケット

『ザ・ノース・フェイス』GTXデニムコーチジャケット

スポーツマリオ

スポーツマリオ

お気に入り追加

定番としてリリースされ続けているコーチジャケットに、防風・保温・透湿性に優れた新素材・ゴアテックス インフィニアムを搭載。その上、耐摩耗性を有し、軽くて速乾性もあるナイロン生地を表地に使用しつつインディゴロープ染色を施したことで、より表情豊かに。着込むほどに経年変化していく様子もまた楽しく、気負わずラフに羽織ることができる1着。

お馴染みロゴを味方に。ザ・ノース・フェイスのコーチジャケットを着よう

ウェア・コーデ

お馴染みロゴを味方に。ザ・ノース・フェイスのコーチジャケットを着よう

コーチジャケットはストリートスタイルを代表するアウターですが、『ザ・ノース・フェイス』なら大人も着回しやすいバランス。アイテムからコーデ例まで解説します!

平 格彦

2020.10.03

アイテム2

『ニューバランス』メットトウェンティフォー コーチジャケット

『ニューバランス』メットトウェンティフォー コーチジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

どんな場面でもスタイルと快適さを追求する新時代に向けて、ウェアを提案するニューライン「メットトウェンティフォー(MET24)」のコーチジャケットは、高いストレッチ性を備えながらも、美しいシルエットと快適な着心地を保つ素材・ソロテックスを採用。撥水性もあるため、急な天候の変化も心配ご無用。オーバーシルエットと深みのある黒がモードな雰囲気。

アイテム3

『ナイキ』JDI ウーブン コーチジャケット

『ナイキ』JDI ウーブン コーチジャケット

ice field(アイスフィールド)

ice field(アイスフィールド)

お気に入り追加

スポーツアパレルの雄『ナイキ』ならではの耐候性に優れたウーブン素材のシェルが、ちょっとくらいの風雨は余裕でシャットアウト。また裏地には滑らかで通気性に優れた生地を配することで、常にサラリとした快適な状態を保つ工夫も。胸のスウッシュとブランドネーム以外に、背面には大胆に「JUST DO IT」の文字をプリント。同素材のボトムスとのセットアップで着るのも大いにアリ。

アイテム4

『ノーティカ』リラックスド コーチジャケット

『ノーティカ』リラックスド コーチジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『フリークスストア』のみで限定販売される、ファッションディレクター・長谷川昭雄氏監修のエクスクルーシブラインから。ざっくりと羽織れるオーバーシルエットもさることながら、軽さと程良くハリのある風合いが、ストリートの最先端潮流とも見事に合致。また裏面はメッシュの背抜き仕様になっており、冬以外の3シーズンで活躍してくれるに違いない。

アイテム5

『ステューシー』クラシックコーチジャケット

『ステューシー』クラシックコーチジャケット

ice field(アイスフィールド)

ice field(アイスフィールド)

お気に入り追加

サーフ&スケートカルチャーを背景に持つ、アメリカ西海岸生まれの老舗ストリートブランドにとって、コーチジャケットはお家芸の1つ。その証拠に、フロント左胸と背面に、ブランドを象徴するストックロゴをデザインするなど、ミニマルながらも存在感あり。高密度で織り込まれたポリエステル×コットンのボディは、ラフな着こなしにもよく似合う。

アイテム6

『チャンピオン』コーチジャケット

『チャンピオン』コーチジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

1919年に設立し、今なお根強い人気のスポーツカジュアルブランド『チャンピオン』。こちらはまさに“ザ・コーチジャケット”といわんばかりのシンプルでオーソドックスな1枚だ。裏地はメッシュ素材になっているので、蒸れる心配もなく快適に着こなすことが可能。汎用性が高いので、ストリートコーデにはもちろん、きれいめのハズしとしても活躍するだろう。

アイテム7

『マークゴンザレス』コーチジャケット

『マークゴンザレス』コーチジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

カリスマ的プロスケーターにして、アーティストとしても活躍するマーク・ゴンザレス氏率いる同ブランド。こちらは、高密度のナイロン素材を使用したベーシックなアイテムで、適度なハリとなめらかな肌触りが特徴。旨に配されたブランドネーム以外無駄な装飾はすべて省き、大人のストリートスタイルにマッチするデザインへと仕上がっている。

アイテム8

『MB』×『ニッケ』メッセージコーチジャケット

『MB』×『ニッケ』メッセージコーチジャケット

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

お気に入り追加

ストリート感が強い印象のコーチジャケットを、『アダム エ ロペ』らしくモードで上品な雰囲気に仕上げたこちら。裏地は吸水速乾性のあるドライタッチな機能素材を使用することで、蒸し暑い日もなんのその。海外のメゾンブランドからも発注されることが多い国内屈指の生地メーカー『ニッケ』の生地を用いた、有名バイヤーMBとのまさしく特別な逸品だ。

アイテム9

『ニューエラ』ナイロン コーチジャケット

『ニューエラ』ナイロン コーチジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ベースボールキャップでお馴染みの『ニューエラ』は、コーチジャケットも見逃せない。ミニマルなデザインながら、ゆったりとしたシルエットでトレンド感と着心地の良さ両方に配慮。乾燥しやすく静電気が起きやすい秋冬にはうれしい、帯電防止生地を裏地に使用しているところも流石といえる。また、背面には大胆にタイポグラフィのデザインを落とし込んだ意欲作だ。

アイテム10

『アディダス オリジナルス』アディカラー クラシックス トレフォイル コーチジャケット

『アディダス オリジナルス』アディカラー クラシックス トレフォイル コーチジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スリーストライプスのジャージーでお馴染みの『アディダス オリジナルス』ではあるが、コーチジャケットもおすすめだ。スポーツブランドらしく、スポーティな雰囲気に胸と背面のトレフォイルロゴでストリート感も満載。ルーズフィットなので今っぽさもあるものの、ミニマルなデザインで落ち着きもあるため、大人っぽく着こなせるはずだ。

ナイロンジャケットを買う前に。推しの10アイテムとコーデガイド

ウェア・コーデ

ナイロンジャケットを買う前に。推しの10アイテムとコーデガイド

肌寒いときにさらりと羽織れるナイロンジャケットは、春や秋にはマストなアイテム。多種多様なラインアップから厳選したおすすめアイテムをお届けします。

山崎 サトシ

2021.02.19

季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

ウェア・コーデ

季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

菊地 亮

2021.02.15

春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

ウェア・コーデ

春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

春の着こなしのメインはライトアウター。主役となるアイテムはいち早く確保するのが賢明です。この春らしいアウターの手掛かりとおすすめ品を解説するので、ぜひ参考に。

平 格彦

2021.03.29

春コーデ決定版! 大人が春服を着こなすための10のポイント【2021年】

ウェア・コーデ

春コーデ決定版! 大人が春服を着こなすための10のポイント【2021年】

大人にふさわしい最新春ファッションを総特集。定番アイテムの活用術や旬の着こなし、さらにはセンス良く見せるテクニックまで、幅広く春服コーデを解説します。

平 格彦

2021.02.16

TOMMY

カラダはアラフォー・ココロは永遠の15歳

TOMMY
紙のメンズファッション誌、ファッションWEBメディアを中心に、ファッションやアイドル、ホビーなどの記事を執筆するライター/編集者。プライベートにおいては漫画、アニメ、特撮、オカルト、ストリート&駄カルチャー全般を愛するアラフォー39歳。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

大人には大人のスポーツMIX。都会的な雰囲気を纏うアウターに、名門ブランドで出会う

スポーツMIXコーデはトライしやすいからこそ、取り入れるアイテムが問われるもの。おすすめしたいのは、アーバンテイストを取り入れたアクティブなアウター類です。

SPONSORED by レノマオム

続きを読む

タフでスリムで街で映える。“勢いを増していく僕ら”には、こんなGショックがよく似合う

節目の35周年を経て以降も勢いは増すばかりの『Gショック』。今夏発売された「GA-2200」はその象徴だ。期待の新顔をファッション業界で今ノリに乗る2人はどう見るのか。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

暖かいだけじゃもう物足りない。エーグルと探る、これからの冬アウターの条件とは

徐々に寒くなりアウターに手が伸び出すこの時期。今の時代に合ったその選び方を、フランス発の名ブランド「エーグル」の優れモノを軸に読み解いていきます。

SPONSORED by エーグル

続きを読む

あなたの働き方にはどの1着? 4つのワークスタイル、それぞれの本命セットアップ

働き方の多様化が進む今、最適な仕事服は人によって千差万別。各々のワークスタイルに応じた理想のセットアップが、『エイチアイピー バイ ソリード』なら見つかります。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

カテゴリ

おすすめ記事