大人が着たい。レザージャケットのブランドガイドとコーデサンプル

大人が着たい。レザージャケットのブランドガイドとコーデサンプル

そろそろレザージャケットの出番。羽織るだけで大人っぽさを増幅できるアイテムですから、活用しないのは損! 注目アイテムとコーデ術をきっちり押さえましょう。

山崎 サトシ

山崎 サトシ

SHARE
記事をお気に入り
2021.10.25

大人だからこそ着こなしたい、レザージャケット

大人だからこそ着こなしたい、レザージャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

レザージャケットといえば、男らしさと品格を備えるアウターの代表格。大人に味方してくれる存在なだけに、押さえておかない手はないでしょう。高価な素材だけに決して安価なアイテムではありませんが、着れば着るほどに雰囲気が増すという特性もあるので、“一生モノ”として付き合っていけること間違いなし。そんなレザージャケットの着こなし方やおすすめなどを解説します。

シングルか、ダブルか。印象の違いを押さえよう

シングルか、ダブルか。印象の違いを押さえよう

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

始めに、レザージャケットには大きく分けて“シングル”と“ダブル”の2タイプがあることを覚えておくと良いでしょう。シングルとは、フロントの前合わせを重ねずに留めるタイプのデザインのこと。レザーに限らず、一般的なジャケットの大半はこのデザインですね。スマートな雰囲気がシングル型の魅力で、カットソーからシャツまであらゆるインナーと好相性を発揮してくれます。レザージャケットをまだ持っていないのなら、まずこのシングルから持っておくのが吉です。

シングルか、ダブルか。印象の違いを押さえよう 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

いわゆるバイカージャケットのイメージが強いのがこちらのダブルタイプ。ワイルドな着こなしを好む人には、こちらのほうがしっくりくるケースが多いでしょう。シングルとの違いは明確で、見ての通りフロント部分が深く重なって二重になっています。その分、前立てが重ならないシングルと比べて防風性は高め。ボリューミーな襟の形状とも相まって主張度が強いので、基本的にはベーシックなボトムスと組み合わせるのが◎です。

SPONSORED by

ナノ・ユニバース

大人顔のレザーダウンという、新鮮かつ頼りになる選択肢

大人顔のレザーダウンという、新鮮かつ頼りになる選択肢

ナノ・ユニバース公式通販サイト

ナノ・ユニバース公式通販サイト

レザージャケットの選択肢として、ライダースとはまた違う男らしさを印象付けられるダウンジャケットを選ぶのも1つの手。アウトドアムードを都会的に取り入れられるという意味でも、今季の気分です。なかでもうってつけなのが、『ナノ・ユニバース』の『西川ダウン(R)』の「ラムレザーダウン」。本作は、シリーズの定番として人気を博す「G2ジャケット」を、レザー仕立てに落とし込んだアップデート版。革の風合いを保ちながら軽量化を図った0.6mm厚のラムレザーで軽やかな着心地に仕上げ、ダウン量の部分的な調整によってシャープに仕上げたシルエットも絶妙です。身頃と一体化したフードですっきりとした街顔に誘導しているのも特徴で、男らしいアメカジはもとより、都会派のアウトドアMIXでもコーデの主役を任せられます。

レザージャケットを選ぶなら、何を考慮すべきなのか

レザージャケットを選ぶなら、何を考慮すべきなのか

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

結論から言うと、シングルを選ぶにせよダブルを選ぶにせよシンプルなデザインであることが最も重要。ワッペンなどがガッツリと入ったレザージャケットも少なくありませんが、装飾性が高いモデルはクセが強いため汎用性が低くなったり、着こなすのが難しかったりと考慮すべき点が多々あります。シンプルなモデルであれば革素材ならではの男らしさ&品格はきちんと担保しつつ、コーデのテイストを問わず落とし込めるので、多彩な場面で活用できます。

レザージャケットを着用するなら参考にしたい、コーデサンプル集

ここからはシングル派、ダブル派それぞれの具体的なコーデサンプルにフォーカス。きれいめアイテムと組み合わせたり、ラフに着崩したりと楽しみ方は自由自在なので、彼らの着こなしを参考に自分なりのスタイルを探ってみてください。

コーデ1

モノトーンを基調としてミニマルにコーデメイク

モノトーンを基調としてミニマルにコーデメイク

WEAR

WEAR

お気に入り追加

シングルジャケットを中心に、テーパードパンツもスエードスニーカーも黒をチョイス。色味を最小限に抑えることによって、シックなムードを演出しています。さりげなくボックスロゴTで抜け感を出しているのもニクいテクニックですね。

コーデ2

発色豊かなレザーが際立つ引き算スタイル

発色豊かなレザーが際立つ引き算スタイル

WEAR

WEAR

お気に入り追加

色合いが落ち着きがちな秋の着こなしですが、発色の美麗なレザージャケットを選んで見事にトーンアップ。そしてその主張を生かすべく、他アイテムはベーシックなものでまとめています。さらに、少しだけ足元を肌見せして今っぽいリラックス感をささやかにプラス。

コーデ3

トレンドのオーバーオールとも親和性良好!

トレンドのオーバーオールとも親和性良好!

WEAR

WEAR

お気に入り追加

今季の旬アイテムであるオーバーオールに、レザージャケットをオン。ワークテイストと大人っぽさを巧みに両得しています。意外性のあるコンビネーションですが、スタンダードなシングル型ならばすんなりとマッチ。シューズ&ハットと色を連動させ、一層こなれた着こなしにまとめ上げています。

コーデ4

パーカー×ライダースでストリート感を好演

パーカー×ライダースでストリート感を好演

WEAR

WEAR

お気に入り追加

武骨な顔立ちのダブルライダースと、ラフなプルオーバーパーカーによるレイヤリング。ストリートなノリを色濃く打ち出しています。それでいて“ヤンチャ”に見えないのは、すらっとしたテーパードパンツやクリーンな白スニーカーでバランスを取っているから。計算力の高さが光るスタイリングです。

コーデ5

男気ダブルをきれいめ目線でコーディネート

男気ダブルをきれいめ目線でコーディネート

WEAR

WEAR

お気に入り追加

細身のクリースパンツに都会的な黒カットソー、ドレッシーなレザーシューズなど、きれいめ感あるアイテムを各所に投入。骨太なダブルライダースを品良く着こなしています。短丈のジャケット×裾広がりのフレアパンツという、メリハリあるシルエットもあか抜け感を生むキーに。

レザージャケットを買う前にチェック推奨。おすすめのブランド12選

最後は、大人の装いにハマるレザージャケットを一挙レコメンドしていきましょう。誰もが知る王道ブランドから、ファッションブランドのスタイリッシュな逸品に、ハイコスパなセレクトオリジナルまで。どれも長く愛用できること確実なので、気になったらぜひチェックを!

ブランド1

『バンソン』

『バンソン』

アメカジのバックドロップbackdrop

アメカジのバックドロップbackdrop

お気に入り追加

スタンドカラータイプのシンプル・イズ・ベストなシングルライダースは、質実剛健なMADE IN USA。ボディには地厚なカウハイドレザーを用いており、そのタフさは折り紙付きです。また、脱着式のフリースライナーをセットしているのもポイントで、季節に応じてアレンジできます。

ブランド2

『ローター』

『ローター』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

中綿入りで秋だけでなく冬場にも活躍してくれる今作は、日本人の体型を考慮したオリジナルシルエット。細身の形ながらも動きやすく、窮屈さを感じさせません。表地はソフトタッチな牛革で、着るほどに自分の体にフィット。時間をかけてじっくり育てていきたい1着です。

ブランド3

『エンメティ』×『ビームス』

『エンメティ』×『ビームス』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

イタリア生まれの実力派アウターブランドへ別注したスペシャルモデル。キメ細かいゴートスエードで贅沢に仕立てており、リッチなムードが漂います。加えて、独自の別注フィッティングを採用したことによる優れたフィット感も魅力に。目の肥えた大人をも満足させる、才色兼備な仕立てです。

ブランド4

『デニム』×『トゥモローランド』

『デニム』×『トゥモローランド』

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

『デニム』社とは、名だたるメゾンブランドのOEMを手がけるイタリア・フィレンツェ有数のレザーファクトリー。『トゥモローランド』は、そんな名門に別注をかけた製品を継続的に展開しています。ゴートスエードで仕立てたこちらのダブルライダースもその1つ。原皮自体の品質の高さを物語るのが、表面にうっすらと浮かぶ光沢。薄く仕上げているため、秋冬のみならず、春の羽織りとしても使い勝手良好。

ブランド5

『ジェームス・グロース』

『ジェームス・グロース』

GMMSTORE

GMMSTORE

お気に入り追加

1876年の創業当初は、バイクや関連パーツの販売も手がけ、英国のモーターサイクル文化をけん引してきた『ジェームス・グロース』。現在は1950年代~70年代頃に生産していたオリジナルアーカイブを現代に蘇らせた、本物志向のライダースが代名詞となっています。その代表作がこちら。クラシックなディテールを再現しつつ、かつてより着丈を長めに設計し、街使いしやすいタイトなシルエットに落とし込んでいます。

ブランド6

『ショット』

『ショット』

PARADISE MARKET

PARADISE MARKET

お気に入り追加

『ショット』を象徴するダブルライダース「613」を日本人向けにリサイズしたものがこの「613US」。身幅や肩幅、アームホールなどを従来よりもタイトに仕上げつつ、着丈はやや長めに設定したバランスの良いシルエットとなっています。さらに、1960~1970年代の仕様を復刻したこだわりのパーツも見どころに。

ブランド7

『タリアトーレ』

『タリアトーレ』

CINQUE CLASSICO

CINQUE CLASSICO

お気に入り追加

イタリア語で“裁断士”を意味するブランド名を掲げる『タリアトーレ』。その持ち味の1つが、南イタリアのスタイルを軸にした美しいシルエットと、柔らかな着心地です。テーラードジャケットで発揮されることの多いそのこだわりは、このダブルライダースでも健在。細めに設計したアームホールによってフィット感を高めつつ、滑らかなラムレザーの吸い付くような着心地を十二分に楽しめる1着に仕上がっています。

ブランド8

『ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ』

『ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ナチュラルな光沢感を備えたシープレザーを使用しており、実にこなれた雰囲気。ファスナーを開いた状態でもスマートに見えるよう肩傾斜をややなで肩に設計するなど、シルエットへのこだわりも光っています。加えて、税込でもアンダー3万円というセレクトオリジナルらしい良心価格も魅力の1つで、入門モデルとしても最適!

ブランド9

『ジャーナル スタンダード』

『ジャーナル スタンダード』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

タイトシルエットが主流のダブルライダースですが、こちらの羊革製モデルは程良くゆるさを残したリラクシングなフォルム。多少厚みのあるインナーでも着込めるので、レイヤードスタイルを楽しみたい人には最適です。ワイドパンツと合わせて、ゆるく着こなすのもGOOD!

ブランド10

『チンクアンタ』×『エディフィス』

『チンクアンタ』×『エディフィス』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

イタリア・フィレンツェ郊外に工房を構えるレザーウェアブランド『チンクアンタ』。その定番ライダースジャケットである「H502」に『エディフィス』が別注したのが今作です。身幅と袖周りをワンサイズアップさせた特別なシルエットによって、今っぽいリラクシングな空気感にさりげなくアプローチ。素材にはきめ細かなラムレザーを採用しており、上質感も満点です!

アイテム11

『エストネーション』

『エストネーション』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

イギリスの大型羊の革で仕立てた1着。大型羊特有の皮下脂肪層をそのままなめすことにより、もっちりとした質感と美麗な光沢を描き出しています。しかも、キズや凸凹、シワの少ない革を厳選していますから、その表情は非常に滑らか! エレガンスな風合いを存分に楽しめるよう、デザインはあくまでシンプルに徹しています。

アイテム12

『ラブレス』

『ラブレス』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

羊革素材のシングルライダースをベースとして、裾・袖・首元にリブを落とし込むことでほんのりとスポーティなムードをMIX! その一味違ったハイブリッドなデザインが、着こなしに鮮度を呼び込んでくれます。最高級ファスナーとして名を馳せるエクセラファスナーを取り入れるなど、細部にもしっかりと注力。

スエードジャケットが描く大人らしさ。その長所を知って、長く付き合う

ウェア・コーデ

スエードジャケットが描く大人らしさ。その長所を知って、長く付き合う

ギラつきが出る懸念のある表革と異なり、肩の力を抜いて着られるのがスエードジャケット。品の良さを備えているため、大人のレザーアウターの本命候補といえそうです。

遠藤 匠

2020.10.19

ライダースジャケットのコーデサンプル集。シングルもダブルもおしゃれに着こなそう

ウェア・コーデ

ライダースジャケットのコーデサンプル集。シングルもダブルもおしゃれに着こなそう

無二の存在感を放ちながらも、実は優れた着回し力をも備えたライダースジャケット。タフさが魅力のダブル、洗練された印象のシングル。それぞれどう着こなすべきかを解説。

TOMMY

2020.11.17

大人は今こそ足を通すとき。レザーパンツがコーデの格を高めてくれる

ウェア・コーデ

大人は今こそ足を通すとき。レザーパンツがコーデの格を高めてくれる

大人のカジュアルコーデを手軽に格上げできるアイテムとして、人気を集めているレザーパンツ。その導入メリットから新作、コーデサンプルまで詳しくご紹介します。

山崎 サトシ

2021.11.20

レザーシャツを賢く使う。今着こなすために、知っておきたいこと

ウェア・コーデ

レザーシャツを賢く使う。今着こなすために、知っておきたいこと

シャツアウターが市民権を得たことで、レザーシャツも選択肢の1つとして脚光を浴び始めています。苦手意識を克服し、革にしかない持ち味を追い風にするための留意点とは?

遠藤 匠

2021.11.27

注目編集者
山崎 サトシ

TASCLAPでの執筆本数NO.1ライター

山崎 サトシ
アフロ歴15年のファッションライターで、趣味はヴィンテージモノの収集とソーシャルゲーム。メンズファッション誌を中心として、WEBマガジンやブランドカタログでも執筆する。得意ジャンルはアメカジで、特にデニム・スタジャン・インディアンジュエリーが大好物!
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

レザーに通じたプロ同士が対談。ガンゾに聞く革のお手入れトラブルシューティング

使うほどに味が出るのがレザーの魅力。しかし、そのためには適切な手入れが必要です。革のプロに、正しい革のメンテナンスについて基本から応用まで教えてもらいました。

SPONSORED by ガンゾ

続きを読む

圧倒的な軽さと薄さを体感せよ。通勤の悩みを解決するレゾンのバックパックにこの冬出会う

「重くてかさばる仕事カバン」はもはや時代にそぐわないもの。超軽量と超薄型を実現した『レゾン』のバックパックが、きっとあなたのビジネスライフに革命を起こします。

SPONSORED by レゾン

続きを読む

目の肥えた時計好きはなぜロンジンを選ぶのか。“格”を示すフラッグシップに見る、その理由

約190年に及ぶ歴史を持つ『ロンジン』は、時計界において特別な存在。その旗艦モデルは一生モノの枠を超え、後世に受け継ぐ価値を備えたタイムピースだ。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

うん、“色”っぽい。カラー使いに惚れる、ポール・スミスの彩りウォッチ

重厚な印象になりがちな冬の装いを洒脱に仕上げたいなら、腕時計で彩りを添えるのが効果的。腕元に洗練をもたらす逸品が『ポール・スミス ウォッチ』には揃っています!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

その進化、変わらぬ心地良さに安心する。 モデル・ショーゴも惚れ込む西川ダウン

『ナノ・ユニバース』のロングセラーシリーズ『西川ダウン(R)』を、これまで数多く着用してきたモデルのショーゴさん。彼が語るその良さと、今季作の見どころとは?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

業界人も通う恵比寿の名店にフィーチャー。人気スタイリストと考える、今選ぶべきアクセサリー

大人のアクセサリーに求められること。それは旬度とスタイリングへの汎用性、そして確かなブランド力です。例えば、『シンパシーオブソウル』はまさに適任でしょう。

SPONSORED by S.O.S fp

続きを読む

ファッションに合わせて時計も“着替える”。スカーゲンのホリデーセットを自分へのご褒美に

今年一年、頑張った自分へのご褒美に。はたまた大切な人へのギフトに。ホリデーシーズンが近づいた今、ぜひ注目してほしい『スカーゲン』のホリデーセットをご紹介します。

SPONSORED by スカーゲン

続きを読む

重要ポイントは3つ。タトラスと探る、今季的なダウン選びの「傾向と対策」

人気の高まりによって選択肢が豊富になったダウンジャケット。その一方、何をどう選べば良いのかわかりにくいのも事実です。今季“買い”の基準を『タトラス』と探ります!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

来年も頑張る自分のために、大切なあの人のために。ティソの腕時計を冬のギフトに選びたい3つの理由

贈ってうれしい、もらったらもっとうれしい。そんな心温まるギフトシーズンに推薦したい腕時計ブランド『ティソ』。メンズからレディースまで良作を幅広くご紹介します。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

細部に宿るリュクス感。存在感満点のスケルトン時計を、人気スタイリストはどう見たか

着実に需要が高まっているスケルトン時計。選択肢は数あれど、どうせ手に取るなら確かな背景を持つブランドの1本を狙いましょう。今冬の注目作、その細部を掘り下げます。

SPONSORED by ブローバ

続きを読む

山スペックが、どれも1万円以下。外遊びがグッと楽しくなるハイコスパな冬アウターを見つけた!

山でも街でも使える本格アウターを狙うとなると、やはりコストが懸念材料。しかし、お馴染み『アウトドアプロダクツ』ならばお手頃&高品質な“買い”の逸品が揃います!

SPONSORED by ジーンズメイト

続きを読む

自由自在にカスタマイズ。“MY G-SHOCK”で自分好みのオンリーワンを手に入れる

多くの画期的モデルで周囲を驚かせてきた『Gショック』。今度はなんと自分だけの「MY G-SHOCK」が作れるという。早速、業界の最前線で活躍するデザイナーが試してみた。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP