伝説の復活! ファイヤーキングのマグが熱い!!

伝説の復活! ファイヤーキングのマグが熱い!!

1905年にオハイオ州で誕生した『ファイヤーキング』は一度幕を閉じ、2011年に日本で復活!! 当時の製法をベースに進化を遂げています。代表的なスタッキングマグを注目!!

平 格彦

2015.04.09

ファイヤーキング(Fire-King)
キッチン用品
グラス・マグカップ・タンブラー

そもそもファイヤーキングとは

1941年にアメリカで誕生した、耐熱ガラスブランド「ファイヤーキング」。ここのブランドでとくに有名なのが耐熱ミルクガラスの製品で、1986年の本商品の製造終了から29年経過した今でも、アメリカや日本を中心に世界中で高い人気を誇っています。

ファイヤーキングの魅力とは

ここの魅力といえば、毎日愛用したくなる優しい使い心地、使い勝手のよい耐久性、そして豊富にそろったカラーやデザインでしょう。当時のアメリカでは家庭でも普通に使われていました。80年代に生産を終えた今では、専門店・専門書が続々と発売されるなど、今もなお愛好者は増えています。今回は代表するマグをご紹介!

もっともスタンダードな復刻マグカップ

“ジェダイ” と呼ばれる翡翠(ひすい)色は、『ファイヤーキング』の代名詞とも言えるカラー。1940~50年代の微妙な色合いや風合いをハンドメイドで再現しています。しかも、アメリカでは生産されることのなかったスタッキングマグを採用。重ねて収納できるので、いくつも欲しくなってしまいます。

ラスベガスをイメージしたイラスト入り

“ワーストシティ” シリーズの限定生産品。当時発売されていたスーベニアマグを想起させるデザインです。ラスベガスをイメージしたグラフィックが特徴的で、カラフルな配色がポップで楽しい気分にさせてくれます。食卓にさり気なく花を添えたい時などに、オススメのデザインです。

フラワーシリーズ/1960年~1976年製造

新品ももちろん集めたくなりますが、希少なヴィンテージアイテムを組み合わせるだけでコレクションする楽しみがさらに高まります。ほかでは手に入らない掘り出し物も見つかるかも。例えば、こちらは人気の高いフラワーシリーズで、ポップなローズ柄が華やかな印象です。カフェのような雰囲気の部屋に似合いそうです。

グラデーション(ボルドー~ブルー)/1960年~1976年製造

まるで宇宙をイメージさせるような絶妙なグラデーションが圧巻のスタッキングマグカップ。ちょっとした白い傷が、夜空の星のようにも見えてきませんか? ヴィンテージ品は、出会った瞬間に手に入れないと二度とお目にかかれないことも少なくありませんので、気に入った瞬間に確保するのが賢明です。

バイカラー(イエロー×ブラック)/1960年~1976年製造

淡いイエローをメインに使いつつ、ボトム部分はブラックに切り替わったツートンカラーが独特な存在感です。トレンドのバイカラーにも通じるデザインですが、飽きの来ない配色でもあるので気になったら買っておいて損はないでしょう。また、丸みを帯びたレトロな “ラウンドハンドル” も大きな特徴です。

グラデーション(イエロー~ブラウン)/1960年~1976年製造

天に向かって次第に濃くなるグラデーションが美しいスタッキングマグ。ビビッドで主張のあるイエローなので、派手過ぎるという印象はありません。その一方で、食卓を明るく照らしてくれるのは必至。同じイエローでテーブルウェアをまとめられたら、一層おしゃれです。目玉焼きの横も似合いそう(笑)

ギンガムチェック/1960年~1976年製造

ホワイトをベースにしながら、ギンガムチェック柄のファブリック風グラフィックをプリント。クラフト感のあるデザインなので、テーブル周りが温かいムードに包まれそうです。また、やや淡い赤の色味がクラシカル。レトロなムードで統一したダイニングにはしっくりと馴染みそうです。

出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

    夏目 文寛

    メンズが腕時計を選ぶなら、機能かルックスかブランド力か。知っておきたい5つの基準

    メンズが腕時計を選ぶなら、機能かルックスかブランド力か。知っておきたい5つの基準

    腕時計は実用品であると同時に、着用者の人物像やセンスを反映する装飾品。ここでは機能と見た目、そしてブランドなど、さまざまな面から腕時計の選び方を解説します。

    夏目 文寛

    ビジネスマンにおすすめしたい。実用性で選ぶブランド腕時計15選

    ビジネスマンにおすすめしたい。実用性で選ぶブランド腕時計15選

    ビジネスの場においては腕時計も立派な武器。機能的な意味での実用性はもちろん、デザインやブランドで主張を忍ばせることも肝要だ。背中を預けるに足る、15本をピック。

    TASCLAP編集部

    本場にも負けないモノ作り。日本発の腕時計ブランド12選

    本場にも負けないモノ作り。日本発の腕時計ブランド12選

    腕時計の本場がスイスというのは、否定できない事実。しかし、実用時計においては日本が世界一といっても過言ではありません。その理由と珠玉のブランドを語り尽くします。

    牟田神 佑介

    スマートウォッチに今できること。基礎の基礎からみっちりおさらい

    スマートウォッチに今できること。基礎の基礎からみっちりおさらい

    日々存在感を強めているスマートウォッチ。しかし「興味はあるけどスマートウォッチって何ができるの?」という人もまだ多いのでは。ここで基礎からみっちりお教えします。

    夏目 文寛

    BACK