革靴を生き返らせるオススメシューケアグッズ

革靴を生き返らせるオススメシューケアグッズ

もとより革靴が備える端正な顔立ちを維持し、長持ちさせるには日々のケアが必須。そこで、革靴のいろはをわきまえたプロフェッショナルたちも使用している名道具をお届け。

菊地 亮

2015.04.10

シューズケア

ブラシのひとふき、クリームのひと塗りで足元に凛々しさと品格が復活する

お気に入りのモノは、長く履きたい。こんな時代だからこそ、メンテナンスの重要度は年々高まっている様子。コツをつかめば、誰でも簡単にできる上に、毎日の手入れが靴の寿命を大きく左右するので、ぜひ挑戦していただきたい。

Item1『エム・モウブレイ』

『エム・モウブレイ』

銀座大賀靴工房銀座大賀靴工房

お気に入り追加

シューブランドやファクトリーのプロたちも使用するシューケアのトップブランド。代表的なアイテムであるデリケートクリームなどは、イタリアの皮革や靴ブランドの聖地トスカーナにて製造されています。プロユースのアイテムである皮革用石鹸やコバ用クリームなどを製品化するなど、その革新に満ちた試みも称賛の要因に。

Item2『コロニル』

『コロニル』

靴のシナガワ靴のシナガワ

お気に入り追加

1世紀以上にわたる歴史と伝統に彩られたドイツの老舗。皮革の魅力を存分に引き出すケア用品は品質が高く、スポンジ付きチューブ、エアゾールタイプのパッケージなど、画期的アイテムを生み出すことでも知られる。こちらは、上質な天然木のケースがエレガント。靴クリームも、ブラックのほかオールマイティなクリアも揃う。

Item3『サフィール』

『サフィール』

オレンジヒールオレンジヒール

お気に入り追加

フランス生まれの『サフィール』は、建築資材や家具などのケアアイテムを扱うアベル社発の高級シューケアブランド。その優れた技術力は世界からの信頼も高く、高級ブランド靴のケア商品もOEM生産する実力派。中でもこれは、最高級ラインのノワールシリーズ。埃落としからハイシャイン仕上げまで、カバーできる。

Item4『ダスコ』

『ダスコ』

ZakkaGREENZakkaGREEN

お気に入り追加

シューツリーのトップブランドとして名を馳せるのがこちら。『ジョンロブ』、『チャーチ』など英国の名だたる靴ブランドのシューツリーを担い、高い信頼を獲得している名門で、そのケアは抜群のクオリティ。革靴の聖地、ノーサンプトンにファクトリーを構えるブランドのほとんどはこちらの商材を使っていると言われるほど。

『ブートブラック』

『ブートブラック』

銀座大賀靴工房銀座大賀靴工房

お気に入り追加

日本を代表するシューケアメーカー、コロンブスと工房を併設する靴店リファーレが共同で展開するブランド。手軽にツヤを出せるハイシャインベースなど、細かなニーズにも対応するラインアップと、限りなく科学薬品を排除した乳化性クリームなど、安心を形にしたアイテムが新鮮。こちらはさらにローションなど充実の装備に。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

    傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

    ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

    TASCLAP編集部

    大人はマストハブ。プレーントゥの優良ブランドリスト

    大人はマストハブ。プレーントゥの優良ブランドリスト

    大人の足元に欠かせない革靴。なかでもプレーントゥは、あらゆるシーンに柔軟になじむ頼もしい存在だ。品格までも備える、おすすめブランドを紹介しよう。

    菊地 亮

    ストレートチップのおすすめブランド10選。大人の足元にハマる1足とは?

    ストレートチップのおすすめブランド10選。大人の足元にハマる1足とは?

    容姿端麗な顔ぶれが並ぶ革靴において、最もフォーマルとされるのがストレートチップ。大人のワードローブとしてのマストハブだけに、選ぶなら実力派ブランドが好ましい。

    菊地 亮

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

    菊地 亮

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

    菊地 亮

    BACK