バッグの人気ブランド15選。3つのニーズ別にメンズバッグの王道をお届け

バッグの人気ブランド15選。3つのニーズ別にメンズバッグの王道をお届け

バッグは日々の相棒たる存在ですから、信頼の置ける王道ブランドを押さえたいもの。そこで、選んでおいて間違いナシなブランドを、カテゴリ別にナビゲートします。

山崎 サトシ

2020.07.07

バッグ

大人ですから。バッグブランドの王道は知っておいて損ナシ

バッグは春夏秋冬、シーズンを通して一緒に過ごすことになるアイテム。ゆえに、“いいもの”を押さえておくことは大人にとっての必須条件といえます。となれば頼れるのは、安定感抜群なその道のトップブランド。使い勝手もデザインも頭1つ抜けているので、確実な一手として最優先で押さえておくべきです。

ニーズ別。バッグの人気ブランドを3カテゴリでお届け

仕事使いか、休日用か、はたまたビジカジ両刀か……。自身の使い道によって、押さえておくべきバッグは当然変わってきます。そこでここからは、3つのニーズ別におすすめの王道ブランドをレコメンド。自分のライフスタイルを踏まえながら、日々の女房役となりうるバッグを見定めましょう。

▼カテゴリ1:ビジネスシーンで重宝する「オン専用」バッグの人気ブランド

まずはビジネスバッグに特化した人気ブランドからクローズアップ。仕事姿を格上げしてくれる珠玉のブリーフ&トートを紹介していきます。どれも上品さと丈夫さを兼備し、パートナーとして長く活躍してくれるのは確実!

傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

TASCLAP編集部

3WAYビジネスバッグ20選。おすすめブランドを集めてみました

3WAYビジネスバッグ20選。おすすめブランドを集めてみました

見た目も重要だけど、やっぱりビジネスバッグは使い勝手で選びたいもの。今選ぶなら、シーンやスタイルに合わせて使い分けができる3WAYバッグが狙い目です。

TASCLAP編集部

ブランド1『フェリージ』

1973年にイタリア・フェラーラで設立された名門バッグブランドで、伝統と洗練を融合させた温故知新なデザインが真骨頂。クラシック過ぎない、スマートなビジネスバッグを探している人には特におすすめです。MADE IN ITALYならではの質実剛健な作りも大きな魅力。

イタリアのトスカーナ地方で生産される良質なバケッタレザーと、シルクのような光沢を放つ高密度ナイロンによるコンビ素材。黒ワントーンながら、素材感の妙でメリハリのあるルックスを実現しています。小物の仕分けが容易に行えるよう、内側には大小2つのポケットを搭載。

フェリージの財布が大人に刺さる理由と、その魅力を大解剖

フェリージの財布が大人に刺さる理由と、その魅力を大解剖

『フェリージ』と聞くとレザーナイロンコンビのバッグが有名。ですが、上質な皮革を使用した小物も充実しているんです。今回は、特に人気が高い財布にフォーカスします。

近間 恭子

ブランド2『トゥミ』

米国生まれの実力派ブランド。超高強度なFXTバリスティックナイロンを駆使したビジネスバッグが十八番で、タフな仕事用鞄を狙っているなら最良な選択肢の1つといえるでしょう。 耐久性もさることながら、そのスタイリッシュなデザインも人気の理由。

『トゥミ』の看板シリーズである「アルファ3」より、ブリーフ・ショルダー・リュックと自在に変化する3WAYモデル。マルチタスクなビジネスマンにはおあつらえ向きの1品です。PCスリーブ&タブレットスリーブするなど、収納面も隙がありません。なお、本アイテムは『シップス』の別注色となり、精悍なネイビーカラーを纏っています。

ビジネスマンの大好物。トゥミのバッグが人気の理由とは?

ビジネスマンの大好物。トゥミのバッグが人気の理由とは?

日本のみならず、世界中のビジネスマンから愛されている『トゥミ』。バッグの魅力や特徴、人気シリーズを通じて、愛される理由を読み解いていきます。

近間 恭子

トゥミのリュック8選。ビジネスバッグの代名詞ブランドならではの魅力とは

トゥミのリュック8選。ビジネスバッグの代名詞ブランドならではの魅力とは

タフで機能的なビジネスバッグの代名詞『トゥミ』において、ブリーフケースに続いて最近はリュックの人気も急上昇中。大人たちが欲しくなる魅力とおすすめモデルをご紹介。

近間 恭子

ブランド3『ペッレ モルビダ』

イタリア語で“柔らかな肌”という意味を持つ『ペッレ モルビダ』は2012年に東京で設立。優雅なクルーズに連れて行きたくなるような、上質なバッグコレクションを展開しています。素材から縫製、パーツに至るまで一貫して日本国内で行っており、そのこだわりぶりは目の肥えた大人をも魅了。

こちらの「メイデンボヤージュ ブリーフケース」は、姫路の有力タンナーと共同開発したブランドオリジナルのシュリンクレザーを使用。その風合いはまさに“柔らかな肌”そのものです。レザーのしなやかな素材感にマッチする、曲線的なフォルムも印象的な要素。内装には肌触りの良いマイクロライトスエードを用いています。

ペッレ モルビダのバッグが本物を知る大人に刺さる理由

ペッレ モルビダのバッグが本物を知る大人に刺さる理由

素材から使い勝手までこだわり抜いて作られている『ペッレ モルビダ』のバッグ。審美眼に優れた大人に支持されている、その理由に迫ります。

近間 恭子

ブランド4『ブリーフィング』

“真のミリタリズムの追及”をキーワードに、ミルスペック(米軍で使う軍用品の調達規格)に準拠したプロダクトを発信。生まれこそ日本ですが、1998年の設立以来、USメイドを貫き続けています。どのバッグも軍モノ級の品質ながら、街での着用を想定しシンプルにデザインされているため、スーツスタイルとも相性抜群です。

ブリーフをベースデザインとしつつ、リュック&ショルダーとしても着用可能な「C-3ライナー」。3WAYながら適度に薄マチのため、ボリューミーな仕事鞄が苦手な人でもすんなりと持つことができます。素材は圧倒的な堅牢性を誇る1,050デニールバリスティックナイロンで、ヘビロテをまったく苦にしません。

ブリーフィングのバッグ。人気の定番モデル完全ガイド

ブリーフィングのバッグ。人気の定番モデル完全ガイド

ミルスペックに準拠した屈強性とタウンユースを考慮した収納性、適度に男っぽさが薫るデザイン性を兼ね備えた『ブリーフィング』のバッグは大人の定番品。徹底解説します!

平 格彦

ブリーフィングの人気リュック15選。目的から探す、逆引きガイド

ブリーフィングの人気リュック15選。目的から探す、逆引きガイド

不動の人気を誇る『ブリーフィング』のリュック。魅力的なモデルが多すぎてどれを選べば良いか悩んでいる人も多いはず。そこで目的別におすすめの15モデルを厳選しました。

髙須賀 哲

ブランド5『トフ&ロードストーン』

『ビームス』や『エストネーション』といった大手セレクトショップでも取り扱われる日本発ブランドで、“アンティークのような時を超えて受け継がれるデザイン”がコンセプト。革の品質はもちろん、製品に用いる小さな金具にまでとことんこだわっており、どのバッグもさりげなく“違い”を演出してくれます。

フラップを留めるオリジナルの真鍮鋳物がアクセントとなった、「ルーフボタン」というモデル。ミニマルなデザインだからこそ、金具部分の存在感が一層際立っています。ボディ素材にチョイスしたもっちり感あるシボレザーは、使い込むほど風合いがアップ。

▼カテゴリ2:「オフ専用」。休日に備えてチェックしたいバッグブランド

休日使いのバッグは仕事用のソレとは違ってデザインに制約がないため、完全に自分好みで選択可。とはいえ、大人が持つとなればそれなりにクオリティの高さも意識しておきたいものです。ここで紹介するバッグは、どれも確かな作りで休日カジュアルにサラっと合わせてもサマになります。

ブランド1『アッソブ』

元マスターピースの冨士松大智氏が指揮をとる『アッソブ』。その名(AS2OV)には「A SHARED SENSE OF VALUE」(=価値観を共有)という意味が込められています。都会にすんなりと馴染むモダンなデザインと高水準な機能性を併せ持つ製品群は、幅広い世代から人気。特に防水面は非常に強く、電子機器を持ち歩く人と好相性です。

3レイヤーの防水透湿素材で仕立てたリュックで、なんとその耐水圧は20,000m/m以上。少々の雨ならば気にせずに持ち歩けます。しかも、背面には独立したPCスペースを確保していて、収納面もばっちり! 主張し過ぎない大人っぽいデザインも印象的で、ラフからきれいめまでコーデ不問で躍動してくれます。

そのデザイン、いいあんばい。アッソブのおしゃれで高機能なリュック&バッグ

そのデザイン、いいあんばい。アッソブのおしゃれで高機能なリュック&バッグ

「とにかく機能性が高い!」と太鼓判を押されるドメスティックバッグブランド『アッソブ』。全貌を探るべく、その魅力からラインアップまで一挙ご紹介します。

Roaster

ブランド2『コートエシエル』

フランス・パリ生まれのブランドらしいハイセンスなデザインが真骨頂で、バッグで個性を出したい人に◎。さらに、ガジェット収納系バッグの先駆的な存在としても知られ、その収納性の優秀さからあのAppleにも公認されています。

かつてスティーブ・ジョブズ氏にも愛用されていた、ブランドのフラッグシップモデル「イザール」。亀の甲羅を思われる独特なデザインは、見た目にユニークなだけでなく衝撃吸収性にも秀でています。素材は撥水性の高いエコヤーンで、内部は15インチPCの収納に対応。このモデルはMサイズとなり、他にS・Lも展開されています。

PCリュックとしても注目の的。コートエシエルの人気バッグ一覧

PCリュックとしても注目の的。コートエシエルの人気バッグ一覧

フランスブランドらしいクリーンかつ独創的なデザインで支持されている『コートエシエル』。その人気の理由をひも解きつつ、イチオシのリュックを厳選して紹介します。

近間 恭子

ブランド3『クローム』

メッセンジャーバッグを得意とするブランドで、生まれはアメリカのコロラド州。タフで快適、なおかつ防水性も申し分ないプロダクツは、自転車乗りから絶大な支持を得ています。見た目&機能性ともスポーティなので、アクティブなスタイルを好む人には最高の盟友となるはず!

人気型の「シチズン メッセンジャーバッグ」。表地に耐摩耗性に優れた1,050デニールナイロン、裏地には全天候に対応する18オンスのトラックタープを使用し、スペック面は申し分ありません。EVAフォームを使ったショルダーパッドを搭載し、疲れにくいのもメリット。おまけに、奇をてらわないベーシックデザインでどんなスタイルにも順応してくれます。

メッセンジャーだけじゃない。クロームの人気バッグ15選

メッセンジャーだけじゃない。クロームの人気バッグ15選

サイクリストやスケーターなどアクティブな都市生活者から大きな支持を受けている『クローム』。ファッション性と実用性を兼ね備えたバッグの数々を見ていきましょう。

髙須賀 哲

ブランド4『ブルー・ドゥ・シャフ』

2008年にフランスで設立。その名は19世紀~20世紀前半に蒸気機関車のボイラーマンが着ていた作業服“ブルー・ドゥ・シャフ”に由来し、デザインもそこから着想を得ています。生産はフランス国内にてハンドメイドによって行われており、クオリティは一級品! 目の肥えた大人をもうならせます。

35リットルの大容量を備え、トラベルバッグとしても活用できる「バロウド」。容量は、装備されたアジャスターによりある程度コントールできて便利です。表地にはワックス加工のリップストップクロスを駆使し、撥水&耐久性も確保。フランスメイドの矜恃が宿る、完成度の高い1品です。

ブランド5『20/80』

セレクトショップ出身のデザイナーが手掛けるブランドで、“日常のための優れた道具”を追及。シンプル&強堅なMADE IN JAPANバッグは、あらゆるライフスタイルにスムーズに溶け込んでくれます。なかでもエコバッグとしても使えるキャンバス製バッグは、ブランド屈指の人気銘柄!

明治時代から変わらない手法で織り上げられる、倉敷産6号キャンバスで仕立てた2WAYキャンバスバッグ。素材の持つナチュラル感を生かした、プレーンな外観となっています。対照的に、内面はラップトップやウォレットなどを賢く小分けできる機能的な仕様に。素朴に見えて、現代の都市生活にもしっかりとマッチします。

▼カテゴリ3:バッグは1つあれば良い。「オン・オフ兼用」で探すなら、このバッグブランド

バッグを場面に合わせて買い揃えるのではなく、オン・オフとも同じバッグで合理的に乗り切りたい……。最後はそんなニーズに応えるビジカジ兼用バッグをレコメンド。いずれもシーン問わず使えるオールラウンダーなので必ずや重宝します。

ビジネスにリュックを。大人の通勤リュックブランド25選

ビジネスにリュックを。大人の通勤リュックブランド25選

ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

近間 恭子

ブランド1『アニアリ』

“An ideal and reality(理想と現実)”をコンセプトに、2008年より始動。創業から今日まで純国産を徹底しているブランドです。最高品質のレザーと高い職人技術を融合したバッグはまさしく一生モノ。使うほどにイイ感じで雰囲気が増していくのも、『アニアリ』のバッグが持つ特性です。

カジュアルバッグの代名詞ともいえるデイパックですが、本革素材だとこの通りエレガントな顔付き。通勤用バッグとしても違和感がありません。オイルド加工&ムラ染めを施したステアレザーは、最初からヴィンテージのようなコクのある風合いで、こなれ感たっぷり。

ブランド2『ポーター』

1935年創業の老舗バッグメーカー・吉田の自社ブランドとして、1962年に誕生したのが『ポーター』。“一針入魂”の精神を根底に、高品質&良心価格の国産プロダクトを世に送り出しています。高機能でありながら無駄なくデザインされたバッグは、仕事でも休日でも強い味方に。とりわけ名作「タンカー」シリーズは持っておいて損ナシの万能選手です。

1983年に登場した『ポーター』の永世定番シリーズ「タンカー」のショルダーバッグ。MA-1ジャケットから着想を得た、ミリタリーライクなルックスを持ち味とするアイテムです。生地はナイロンツイル・ポリエステル綿・ナイロンタフタの3層構造となっており、堅牢性・クッション性に特化。裏面は鮮やかなレスキューオレンジで彩られます。

ビジネスもカジュアルも、ポーター。大人に似合う人気バッグ20選

ビジネスもカジュアルも、ポーター。大人に似合う人気バッグ20選

日本において知らない人はおらず、バッグ業界をけん引する存在である『ポーター』。年齢を問わず支持される理由は何か、人気モデルや着こなしとともにその魅力に迫ります。

近間 恭子

やっぱり欲しいポーターのトートバッグ。人気シリーズからコラボ品まで厳選

やっぱり欲しいポーターのトートバッグ。人気シリーズからコラボ品まで厳選

信頼の品質を誇る名門バッグブランド『ポーター』は、トートバッグも選んで間違いなしの逸品です。日本が世界に誇るブランドのモノ作りからおすすめ品まで、改めてご紹介!

平 格彦

良作揃いのポーターのリュック。タイプ別に狙い目モデルを厳選

良作揃いのポーターのリュック。タイプ別に狙い目モデルを厳選

創業以来、日本のバッグ界を牽引し続けている『ポーター』。豊富なラインアップから、とくに人気が高いリュックにフォーカス。タイプ別に厳選してご紹介します。

近間 恭子

ブランド3『グレンロイヤル』

1979年にスコットランドの中西部エア・シャーにて発足。馬具にも採用される、屈強なブライドルレザーを使った製品で名を馳せています。スコットランドの職人が手作業で製作する、スローな生産背景も『グレンロイヤル』の大きな特徴。本格的レザーバッグを探すなら、ココは有力候補といえるでしょう。

英国産の極上ブライドルレザーを贅沢に用いたビッグトート。表面の白い粉はブルーム(蝋)と呼ばれるもので、同素材ならではの“アジ”です。革にはオイルが浸透しているので、レザートートながらある程度の耐水性も備えています。使っていくと徐々に美しい飴色になっていくので、その変化工程も楽しみたいところ。

グレンロイヤルは財布も革小物も逸品揃い。おすすめアイテムをレコメンド!

グレンロイヤルは財布も革小物も逸品揃い。おすすめアイテムをレコメンド!

極上のブライドルレザーを使用した財布の人気が高く、ファッションメディアでもひんぱんに取り上げられている『グレンロイヤル』。大人には欠かせないブランドの1つです。

CANADA

ブランド4『オロビアンコ』

超有名ブランドのOEM生産も行ってきた、イタリアきってのファクトリーブランド。時計や革小物なども人気を集めていますが、とりわけバッグの支持率は絶大です。高級ブランドの生産を請け負うほどの技術力を持ちながらも価格は比較的抑えめで、コスパの良いバッグを求めている人にも最適。

リュクスなツヤ感を放つリモンタナイロンと、高品質なカウレザーのコンビネーションデザイン。そんな洒脱な見栄えもさることながら収納性も秀逸で、ちょっとしたトラベルバッグ級にモノを入れることができます。ハンドルの長さはアレンジでき、手持ちにも肩掛けにも適応。

ビジネスからカジュアルまで人気モデルを網羅。オロビアンコのバッグ14選

ビジネスからカジュアルまで人気モデルを網羅。オロビアンコのバッグ14選

ナイロン×レザーの洒脱なバッグが人気の『オロビアンコ』。ビジネスマンに絶大な支持を集める理由からおすすめのモデルまで、その魅力を余すことなく解説します。

近間 恭子

ブランド5『スロウ』

大阪・南堀江に工房を構える日本のレザーブランド。『スロウ(SLOW)』というネームは、SPORTS・LUXURY・OUTDOOR・WORKのイニシャルに由来しています。素材は国内最高峰のタンナーと称される栃木レザー社製の本革が中心で、ソーイングは日本の熟練職人たちが担当。多くの有力百貨店や大手セレクトショップで取り扱いがあることからも、ポテンシャルの高さが伺えます。

栃木レザー社に特注した、最高級のフルベジタブルタンニングレザーを素材に抜擢。コシがありながらも程良くクッタリ感があり、あか抜けた顔立ちです。革の持つ豊かな表情の妨げにならないよう、デザインはあくまでストイックに。余計な装飾性はすべて取り払われています。

違いがわかる大人のレザーグッズ。スロウのバッグ&財布に惚れる

違いがわかる大人のレザーグッズ。スロウのバッグ&財布に惚れる

移り変わる流行にとらわれることなく、品質重視のモノ作りを続けている『スロウ』。持ち主とともに味を深めていくバッグや財布の数々は、大人にこそ似合います。

TASCLAP編集部

ショルダーバッグの人気ブランド20選。欲しいのはナイロンorレザー?

ショルダーバッグの人気ブランド20選。欲しいのはナイロンorレザー?

さっと肩にかけ、両手をフリーにして持てるショルダーバッグはアクティブに動きたい休日に必須。ただし、カジュアル過ぎないスマートなモデルを選ぶのが大人の流儀です。

山崎 サトシ

ボストンバッグ総まとめ。支持されるブランドとおすすめはコレだ!

ボストンバッグ総まとめ。支持されるブランドとおすすめはコレだ!

旅行用としてはもちろん、サイズによっては普段使いにも使えるボストンバッグ。男性に人気のブランドやそのおすすめを厳選しつつ、選び方のポイントも解説します。

近間 恭子

トートバッグカタログ30選。選び方とテイスト別おすすめ

トートバッグカタログ30選。選び方とテイスト別おすすめ

タフさと大容量がうれしいトートバッグ。新たに買い足すならどこを見て選ぶべきかを解説しつつ、カジュアルときれいめの着こなし別におすすめをお届けします。

TASCLAP編集部

バッグの種類を総まとめ。改めて覚えたい特徴&活用例

バッグの種類を総まとめ。改めて覚えたい特徴&活用例

バッグとひと口に言っても種類はさまざま。ビジネス用のブリーフケースに休日使いしたいボディバッグなど、バッグの種類とそれぞれの特徴や適した用途をまとめてみました。

近間 恭子

マストバイを厳選。メッセンジャーバッグの人気ブランド10選

マストバイを厳選。メッセンジャーバッグの人気ブランド10選

一度手にしたら、その利便性に魅了されるメッセンジャーバッグ。機能性・デザイン性ともに優れ、タウンコーデに最適な人気ブランドの万能バッグを紹介します。

TASCLAP編集部

ボディバッグの人気ブランド10選。男の休日に似合うアイテムをピックアップ!

ボディバッグの人気ブランド10選。男の休日に似合うアイテムをピックアップ!

必要最低限の荷物を入れるのに最適なボディバッグは、休日バッグにうってつけ。気になる大きさやデザインになど、ボディバッグにまつわる情報を徹底解説します。

近間 恭子

アフロ歴15年のファッションライターで、趣味はヴィンテージモノの収集とソーシャルゲーム。メンズファッション誌を中心として、WEBマガジンやブランドカタログでも執筆する。得意ジャンルはアメカジで、特にデニム・スタジャン・インディアンジュエリーが大好物!
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    デイリーに愛用できるメンズリュックを徹底紹介。カジュアルなコーデはもちろん、きれいめな着こなしにもハマるリュックの選び方とおすすめのブランドをレクチャーします。

    TASCLAP編集部

    ビジネスにリュックを。大人の通勤リュックブランド25選

    ビジネスにリュックを。大人の通勤リュックブランド25選

    ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

    近間 恭子

    傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

    傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

    ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

    TASCLAP編集部

    財布ブランド30選。大人に似合う名品を4つの視点でピックアップ

    財布ブランド30選。大人に似合う名品を4つの視点でピックアップ

    日々持ち歩き、長く使い続けるからこそ妥協したくない財布。大人にふさわしい名品を、職人気質なブランドから海外の人気ブランドまで、4つの視点でセレクトしました。

    近間 恭子

    グレゴリーの大定番ボディバッグ。テールメイトが今ほしい!

    グレゴリーの大定番ボディバッグ。テールメイトが今ほしい!

    発売以来変わらず根強いファンが多い『グレゴリー』の「テールメイト」。機能性やデザインなどの特徴から今買うべきおすすめモデルまで、その魅力をとことん掘り下げます!

    ai sato

    アイテムリスト

    BACK