ドクターマーチンのコーデを徹底攻略。モデル別の履き分けサンプル集

ドクターマーチンのコーデを徹底攻略。モデル別の履き分けサンプル集

さまざまなカルチャーとクロスオーバーしながら愛され続ける『ドクターマーチン』のブーツ&シューズ。大人が履きこなすにはどうすべきか、そのコーデ法を考えてみよう。

2022.01.14
SHARE
記事をお気に入り
山下 皓平

執筆者

ビューティ、ファッションからグルメまで広範囲に執筆

山下 皓平
出版社の編集を経て2013年に独立。男性ファッション誌を中心に、ファッションブランドのカタログからメンズビューティまで幅広い媒体の編集・執筆に携わる。また、編集・ライターと並行して、ヴィンテージショップを経営。最近さらにヴィンテージぬいぐるみのオンラインショップをオープン予定。 記事一覧を見る
...続きを読む

名作揃いの『ドクターマーチン』。大人のコーデにもハマります

『ドクターマーチン』といえば、堅牢な作りにシンプルなデザイン、そして黄色のウェルトステッチと溝付きのソール。この象徴的なデザインが生まれたのは、今から約60年前の1960年。今でも幅広い層に愛される8ホールブーツ「1460」が登場し、ワーカーだけでなく、英国のユースカルチャーを中心に世界中で愛されるアイコニックな1足に。

名作揃いの『ドクターマーチン』。大人のコーデにもハマります

また「1460」のほか、3ホールの「1461」やチェルシーブーツ「2976」など、『ドクターマーチン』らしさ溢れるデザインのバリエーションも多数揃い、カルチャーやファッションのシーンに独自の地位を確立した。そんな『ドクターマーチン』、信頼ある老舗ブランドだけに大人のコーデにもバッチリとハマる。我々が上手に履きこなすためのテクニックを、着こなしサンプルとともにご紹介していこう。

コーデ術を完全攻略術。『ドクターマーチン』の名作&定番を履きこなそう

では、実際にコーディネートに取り入れるには、何をどう合わせるべきか。モデルごとに、着こなしサンプルをピックアップしていこう。王道の8ホールブーツから幅広く使える3ホールシューズ、スタイリッシュなサイドゴアブーツまで、『ドクターマーチン』の名作&定番を履きこなすポイントをレクチャー!

▼モデル1:8ホール「1460」なら男らしく履きこなすのが粋!

▼モデル1:8ホール「1460」なら男らしく履きこなすのが粋!

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ドクターマーチン』のアイコン的モデル「1460」。1960年4月1日に発売されたことからこの名がついたのだとか。艶やかなスムースレザーのアッパーにバウンシングソール、足にフィットする端正なシルエットで、約60年にわたって人気を保ち続ける正真正銘のロングセラーアイテムだ。ワークブーツならではの武骨な雰囲気を生かして、ストリートやミリタリーといった男らしさを感じさせるスタイルに取り入れたい。

コーデ1

ストリートスタイルを「1460」でシックに

ストリートスタイルを「1460」でシックに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ビッグサイズのダウンジャケットやカーゴパンツといった男らしいストリートスタイルには「1460」がマッチ。ボリューム感あるウェアにも負けない存在感の8ホールブーツは、トータルバランスも整ったタフなムードの着こなしに仕上がる。『ドクターマーチン』ならではのツヤやかなレザーのおかげで、大人っぽさを演出してくれるのもうれしいところ。ついスニーカーを選びがちなストリートスタイル、今なら「1460」で大人コーデにアップデートしたい。

コーデ2

きれいめミリタリーの足元に

きれいめミリタリーの足元に

WEAR

WEAR

お気に入り追加

モッズコートを主役に据えた都会派ミリタリースタイルには、ラギッドな8ホールブーツ「1460」がしっくりくる。ミリタリーならではの武骨さをブーツがアシストしてくれるからだ。大人っぽく履きこなすポイントは、シックな色使いとパンツアウトで合わせたワイドパンツ。写真のコーディネートのように、ベージュやホワイトなどの洗練されたカラーとリラックス感あるサイジングを取り入れれば、ミリタリーコーデも清潔感溢れるアーバンな雰囲気に。

コーデ3

定番夏スタイルに武骨さを

定番夏スタイルに武骨さを

WEAR

WEAR

お気に入り追加

夏の定番であるTシャツとジーンズのコーディネートにも『ドクターマーチン』は活躍。それもホワイトデニムならなお相性良し。「1460」ならではの重厚なシルエットと革の質感が、シンプルな着こなしのアクセントになってくれるのだ。写真のコーディネートのように、9分丈のワイドなパンツならクラシカルな印象もグッとアップ! 毎日同じになりがちな夏コーデをガラッとイメチェンしてくれる、マンネリ打破の有効アイテムだ。

▼モデル2:3ホール「1461」ならきれいめコーデの仕上げにうってつけ

▼モデル2:3ホール「1461」ならきれいめコーデの仕上げにうってつけ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

1961年に発売された3ホールシューズ「1461」。8ホールの「1460」と並ぶブランドの顔的アイテムで、幅広いコーディネートにハマる汎用性の高さが人気の1足だ。その魅力はなんといっても、スムースレザーのアッパーによる上質な佇まいにオーセンティックなデザイン。そして短靴ならではの使い勝手の良さ。簡単にコーディネートをスタイリッシュに仕上げてくれる、まさに大人のための『ドクターマーチン』といえる。

コーデ4

モードなスタイルを程良くカジュアルダウン

モードなスタイルを程良くカジュアルダウン

WEAR

WEAR

お気に入り追加

モードなモノトーンスタイルに「1461」を投入してカジュアルダウンしたのがこちらの好例。コートやスラックスを合わせたモードな雰囲気のコーデも、ワーク由来の武骨なデザインがタウン仕様にちょうど良い具合に落ち着く。とはいえ革の短靴のため、もともとシックなスタイルとは相性良し。着こなしがパリッとキマりすぎたと感じたとき、ドレスシューズの代わりに取り入れて足元にさりげない男らしさやカジュアル感を与えてあげるのが吉だ。

コーデ5

アースカラーコーデに男らしさをプラス

アースカラーコーデに男らしさをプラス

WEAR

WEAR

お気に入り追加

アーシーな配色でまとめた素朴なムードの着こなしは、黒の「1461」でキリッと引き締めるのが正解。印象がぼやけがちなニュアンスカラー系のワントーンコーデも、精悍な表情の3ホールシューズでグッとメリハリある印象に。ウェアをゆるいカラーリングやサイジングでまとめたら足元は硬派な『ドクターマーチン』を選んであげるのが、バランスの良いコーディネートを作るポイントだ。

コーデ6

ミニマルコーデにきちんと感を演出

ミニマルコーデにきちんと感を演出

WEAR

WEAR

お気に入り追加

足元からきちんと感を漂わせてくれる『ドクターマーチン』の「1461」。このアイテムは白Tにジーンズといったミニマルな着こなしでも、その魅力をいかんなく発揮してくれる。着こなし自体はラフなアイテムでまとめているため、普通であればスニーカーを合わせたくなるところだが、あえて3ホールシューズを選んでみてほしい。シンプルな中にキラリと光る品の良さとしゃれた空気が見てとれるだろう。

▼モデル3:チェルシーブーツ「2976」は大人ムードの演出に◎

▼モデル3:チェルシーブーツ「2976」は大人ムードの演出に◎

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

70年代初期に初めて登場し、発売以来4半世紀にわたって愛されるチェルシーブーツ「2976」。そもそもチェルシーブーツはビクトリア時代、女王のために作られた乗馬ブーツが起源。それゆえ、フォーマルスタイルにも合う端正なムードを備えているのが特徴だ。スラックスとあわせてスマートに、カジュアルコーデの大人な味付けに、とさまざまな着こなしで活躍してくれるだろう。

コーデ7

相性抜群の白スラックスと合わせて

相性抜群の白スラックスと合わせて

WEAR

WEAR

お気に入り追加

スッキリとしたフォルムのチェルシーブーツ「2976」は、細身のスラックスと好相性。ウエストからつま先まできれいなラインを作り出すことで、美脚効果も期待できる。また、クリーンな雰囲気の白ボトムスなら、より上品でスマートな印象に。こちらのコーディネートのように、抜け感のあるトップスと合わせても大人の男性らしい”きちんと感"は健在。コートを羽織ってきれいめに着こなすも良し、パーカーなどで着崩すも良しの、万能なコンビだ。

コーデ8

オールブラックコーデの大人な仕上げに

オールブラックコーデの大人な仕上げに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

「2976」は、男らしい太めのワークパンツと相性抜群。ロールアップしたタフな素材感のパンツと、スラッとドレッシーなチェルシーブーツのギャップが着こなしのポイントになってくれる。この写真のコーディネートのように、オールブラックでもメリハリのあるこなれた雰囲気に仕上がるはず。『ドクターマーチン』ならではの光沢あるスムースレザーの質感も、大人のエレガンスなムードを演出してくれる。

コーデ9

淡色コーデをブーツで引き締め

淡色コーデをブーツで引き締め

WEAR

WEAR

お気に入り追加

淡い色合いの春スタイルには、ぜひチェルシーブーツを。浮つきがちなペールトーンのコーディネートも、キリッと引き締まった印象の大人スタイルに早変わりする。写真のように、ボーダーのバスクシャツとベージュのパンツを合わせたフレンチカジュアルな着こなしなら、「2976」の持つ上品な佇まいも引き立つ。ゆるいサイズ感を引き締めてくれる効果もあるため、流行りのワイドなパンツにも積極的に合わせたい。

▼モデル4:タッセルローファー「エイドリアン」なら着こなしの味わい深さアップに貢献

▼モデル4:タッセルローファー「エイドリアン」なら着こなしの味わい深さアップに貢献

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ドクターマーチン』の名作ローファーといえば、80年代生まれの「エイドリアン」。サドルにタッセル(房飾り)が付いた、華やかなデザインが特徴の1足だ。もともとハリウッド生まれだが、ルードボーイたちが愛用した英国カルチャーと深い縁を持つ靴でもある。クラシカルかつエレガントなデザインは、コーディネートに大人の品格を与えてくれること請け合い。シックな着こなしにも当然相性バッチリだ。

コーデ10

トラッドな足元を彩る正統派ローファー

トラッドな足元を彩る正統派ローファー

WEAR

WEAR

お気に入り追加

トラッドなチェック柄パンツとタッセルローファーは、クラシカルなアイテム同士相性抜群。定石通り細身のチェック柄スラックスと合わせるのも良いが、今はビッグシルエットが気分。華やかなデザインのシューズだからこそ、ボリューム感あるボトムスにも負けない足元コンシャスな着こなしに仕上がるというわけだ。写真の着こなしのように、トップスにもオーバーサイズなアイテムを合わせて、ストリートに着こなすのもまた今っぽい。

コーデ11

王道アメカジにもタッセルローファーを

王道アメカジにもタッセルローファーを

WEAR

WEAR

お気に入り追加

古き良きアメリカを踏襲するアメカジスタイルにも、「エイドリアン」は大活躍。デニムやミリタリー、チェック柄など王道のアメカジアイテムに、タッセルローファーのエレガントな雰囲気が今っぽいMIX感を与えてくれるのだ。ついワークブーツを合わせたくなる王道アメカジスタイルにもご覧の通りすんなり収まる。きれいめにもラギッドにもハマるのは、ワーク由来の『ドクターマーチン』ならでは。

コーデ12

個性的なアウターにもシックな足元がマッチ

個性的なアウターにもシックな足元がマッチ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

異素材MIXの個性的なアウターを取り入れるなら、足元は「エイドリアン」がちょうどいい。フリースなどのアクティブなアイテムも、クラシカルなタッセルローファーのおかげで奥行きのある大人な雰囲気に仕上がるはず。ダウンやマウンテンパーカーなど本格アウトドアウェアも良いが、写真のコーディネートのようにウェアのデザインで個性をプラスすればよりしゃれた着こなしに。

▼モデル5:ブローグシューズ「3989」ならきれいめ感アップに大活躍

▼モデル5:ブローグシューズ「3989」ならきれいめ感アップに大活躍

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ブローグとは、アッパーの革に穴などで模様を描いた装飾のこと。もともとアウトドアシューズとして生まれた靴だが、現在はドレスシューズとしてお馴染み。『ドクターマーチン』のブローグシューズ「3989」はカジュアルな外羽根式で、ビジネススタイルからアメカジコーデまで幅広い着こなしにマッチする万能性が特徴。艶やかなレザーに繊細なブローグが映えるこの1足で、スタイリッシュな足元を楽しみたい。

コーデ13

シンプルな着こなしにブローグで華を添える

シンプルな着こなしにブローグで華を添える

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ニットとスラックスのみ、といったとことんシンプルなコーディネートも、華やかな装飾があしらわれたブローグシューズ「3989」ならビシッとまとまる。カジュアルな表情のノータックパンツやスウェットパンツでも、きちんと感ある大人のクリーンスタイルに。この写真のような抜け感のある着こなしに取り入れて、リラックスとドレスのMIXコーデを楽しむのも一興だ。

コーデ14

フレアデニムと合わせて旬のヴィンテージMIXに

フレアデニムと合わせて旬のヴィンテージMIXに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

華やかでトラッドな「3989」は、レトロなフレアカットのジーンズとも相性良し。70年代風のパンツとブローグシューズのクラシカルなデザインがマッチするというわけだ。写真のコーデのように、Tシャツとストローハットを合わせた王道の夏コーデもグッと味のあるこなれた印象に見える。近年、注目されるヴィンテージスタイルにトライするなら、この足元の黄金コンビネーションをぜひお試しあれ。

コーデ15

細身の黒コーデに投入してドレス感アップ

細身の黒コーデに投入してドレス感アップ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ドレス感の強いブローグシューズ「3989」。当然、黒を中心にまとめたドレッシーな着こなしには難なくハマる。スラッとまとめた細身のモノトーンコーデの仕上げに、さりげないエレガンスな空気をプラスできる。写真のように、イエローステッチのないモノトーンタイプを選べば、よりスタイリッシュな雰囲気が纏える。普段の着こなしがきれいめ派の人におすすめの合わせ方だ。

経年変化こそ魅力。ドクターマーチンの8ホール

スニーカー・シューズ

経年変化こそ魅力。ドクターマーチンの8ホール

“8ホール”の呼称で愛される「1460」の存在を無視して『ドクターマーチン』は語れない。同モデルの歴史や魅力をはじめ、ラインアップ、着こなしまで掘り下げて解説する。

深澤 正太郎

2019.09.24

ドクターマーチンの3ホールが、どんな服装とも相性抜群

スニーカー・シューズ

ドクターマーチンの3ホールが、どんな服装とも相性抜群

『ドクターマーチン』は誰もが知るシューズブランドの名門。数多くの傑作を世に送り出してきた同社ですが、とくに大定番の3ホール(1461)は大人の日常にピッタリです。

山崎 サトシ

2019.09.19

夏には夏のドクターマーチン。人気サンダル11モデルとコーデ見本帳

スニーカー・シューズ

夏には夏のドクターマーチン。人気サンダル11モデルとコーデ見本帳

『ドクターマーチン』といえばブーツや革靴のイメージが強いですが、実はサンダルも豊富。ブランドのアイデンティティが詰まった、夏に頼もしいアイテム群に注目です。

手柴 太一

2022.06.23

ジョージコックスはパンクスだけのものじゃない! 大人にすすめたいその理由

スニーカー・シューズ

ジョージコックスはパンクスだけのものじゃない! 大人にすすめたいその理由

ツイストを刻むテディーズから、ポゴダンスを跳ぶパンクスの足元まで飾ってきた『ジョージコックス』のシューズ。音楽好き御用達な靴の新たな魅力を、改めて読み解きます。

那珂川廣太

2021.10.31

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP