ニューバランス完全ガイド。各モデルの違いと選び方、おすすめまで

さまざまな世代から支持される『ニューバランス』のスニーカー。代表作から品番の違い、テクノロジーまで基本のアレコレをおさらいしていきます。

ニューバランス完全ガイド。各モデルの違いと選び方、おすすめまで

知れば知るほど好きになる。だから知りたい『ニューバランス』

大人が好むファッション性を持ち合わせ、履き心地のよさでも人気の高い『ニューバランス』のスニーカー。型番が違うというだけでなく、それぞれのテクノロジーの違い、名作の系譜を理解すれば、さらに愛着が増していきます。本記事では、同ブランドのスニーカーをもっと好きになるためにおさえておきたい要素をまとめてみました。

『ニューバランス』のスニーカーはモデルがいろいろ。その違いは?

『ニューバランス』のシューズモデルは、ランニングやアウトドアなどのカテゴリに分けることができます。なかでも、ファッションシーンで活躍するスニーカーついて、おおまかな違いを3つの視点で紹介していきます。

視点1

型番の違い

同ブランドのスニーカーには576、996などの番号が付けられています。とくに人気なのが、500、900、1000番台の3つのシリーズです。それぞれの型番には特徴があるので、それらの主なポイントを解説しましょう。

500番台は……

576がアイコン的な存在になっている500番台。初代のモデルは1987年に登場した575で、このシリーズはオフロード、いわゆる舗装されてない道路を走るために生まれたモデルです。どちらかというと欧州で人気に火が付けいた、といわれています。凹凸が深くグリップ性の高いアウトソールや、ぽってりしたフォルムが特徴です。

900番台は……

1982年登場の990から流れを継いでいる900番台。500番台よりも先に登場し、こちらはオンロードモデル。いわば舗装された街を走るために考えられているシリーズです。代々グレーがメインカラーなのは、原色や蛍光色などと違って、アスファルトになじみやすいカラーだから。現在は990の4代目が最新作になっていて、番号的には初代に戻った形になっています。

1000番台は……

伝説的な名作となっている、1300から派生している1000番台。時代ごとの最新技術・機能が注がれたモデルとなっていて、フラッグシップモデルともいわれているシリーズです。21世紀からは2000番台に突入して、1000番台の流れをくむ最先端のシリーズになっています。ちなみに番号的には1300の次は1400なのですが、’80年代当時の技術で量産ができず、’89年に1500が登場し、’94年に1400が発売と、順序が逆になりました。

2000番台は……

厳密にいうと1000番台の系譜で、21世紀に入ってからはすべて2000番台が付けられるようになりました。1700の次作のフラッグシップモデルが2001年に登場したため、2000となりました。そのため1000番台には1800と1900がないんですね。見た目もフラッグシップのラグジュアリー感を継承しつつ、近未来的な雰囲気が加速した印象があります。

視点2

ソールシステムの違い

『ニューバランス』のスニーカーは、900番台の進化を皮切りに、さまざまな機能が発展。独自のテクノロジーの中から、特徴的なソールシステムをかいつまんで紹介しましょう。ちなみに、1000〜2000番台、復刻モデルなどには、さまざまなソールシステムがミックスされていたりもします。

レブライトとは?

最近のリラックス感のあるモデルでもよく見掛ける、クッション性と軽さに優れるミッドソール。レブライト以前にあった、アクティバというミッドソールよりも、約30%の軽量化を実現し、耐久性と心地よいクッション性をキープしています。

C-キャップとは?

ポリウレタンを使わずに、EVA素材のみで作られたミッドソール。初めて搭載されたモデルは670で、1985当時、日本のライセンスを務めていた月星化成の主導で作られました。軽くクッション性に優れるだけでなく、加水分解しにくいというメリットがあります。

エンキャップとは?

衝撃吸収性に優れたEVA素材を、クッションに優れつつ頑丈なポリウレタン素材に封入したミッドソール。ラルフ・ローレン氏が、1300の履き心地を「雲の上を歩いているかのよう」と表現したとも噂されるくらい、エンキャップはクッション性と安定性に優れています。

アブゾーブとは?

着地した際に足が受ける衝撃を吸収。同時にそのエネルギーを、足が地面を蹴り上げる際の、反発弾性に促してくれるクッショニング素材。走行安定性を高める役割も備えており、1993年に登場した998で初めて採用されました。

視点3

生産国の違い

本国のアメリカをはじめ、イギリスやアジア各国の工場で生産されている『ニューバランス』のスニーカー。とくに伝統的なクラフトマンシップが注がれているアメリカ製とUK製のモデルの特徴は以下のとおりです。

made in USAモデルの特徴

ざっくりいうと、本場アメリカで作られていて、オリジン性の高いインポート好きが好むモデルです。1足1足、アメリカの職人の手で作られているので、長年の経験で培われた技術と最新鋭のテクノロジーが凝縮された逸品と言えるでしょう。見た目的には、あくまでUK製に比べるとですが、アメリカ製のほうがぽってりしてる印象はあります。

made in ENGLANDモデルの特徴

『ニューバランス』のイギリス工場は、同国ならではの腕利きの革靴職人を求めて開設され、レザーモデルが多いのが特徴。ちなみに革の調達から独自に行っています。熟練の革靴職人の系譜を継ぐ釣り込み技術もあってか、USAモデルに比べるとシャープなフォルムが多いといわれています。

『ニューバランス』のスニーカーをひも解く鍵は、型番の頭文字にあり

『ニューバランス』のモデルには品番の前にM、CM、Uなどのアルファベットがつきます。ちなみにMはUS&UK製モデルにつきます。なので、できるだけオリジンなモデルが欲しい方は、M必須で探すといいかもしれません。ちなみに写真の320のようなUは、ユニセックスモデルを指します。

『ニューバランス』が好きになった。そんなあなたに贈る傑作5選

これまでの内容で『ニューバランス』を好きになった、あらためて興味が出たという方向けに、押さえておきたい名作をご紹介します。現在普通に買えるモノという条件付きなので、クラシックモデルではない1300の復刻は入っていません。『ニューバランス』のスニーカーってもっといろいろあるようだけど……、という方は以下のモデルを参考に、前後の型番を探して比べてみてください。

996

1988年に登場した900番台の3作目。流れ的には990、995の次に当たります。エンキャップとCキャップを組み合わせたソール、これまで以上に洗練されたデザイン性に仕上がっており、900番台の評価を確立したモデルとしても知られています。900番台きってのベーシック感があり、ロングセラーでもあります。

576

『ニューバランス』を代表する人気モデルのひとつ。オフロードモデルの名作として知られ、オリジナルカラーのネイビーや、コードバンと呼ばれるバーガンディも、根強い支持があるモデルです。最近はしばらくUK生産でリリースされています。グリップに優れる、深い溝を備えたアウトソールも特徴。

1400

もとは1300の後継機だっただけあって、クラシカルかつ王道的な雰囲気があり、非常に人気の高いモデルです。1300に似ているのになぜ量産できず、ちょっと近未来的な雰囲気の1500が先に発売できたのか、不思議だなと思います(笑)。ちなみに以前は日本でしか売られていませんでしたが、J.クルーがこれに目を付けてNYのリカーストアが別注。それからアメリカでも大人気になって、日本でもさらにバカ売れという状況が起きました。

1700

1999年に登場した、1000番台最後のモデルということでも支持の高い1700。2016年に初めて復刻されました。こちらはハロッズ別注カラーを再現したもので、色めきだったファンの方も多いはず。小Nのロゴ×これまでになくゴツいフォルムのデザインもインパクトがあります。正直とても高いですが、履き心地のよさには定評があります。

990v4

日本では990GL4(GLはグレーの意)と表記されていますが、’98年にリニューアルした990のversion4という意味のモデルです。『ニューバランス』ではライフスタイルとランニングカテゴリでもラインアップされており、ジーンズに合ってマラソンも走れる、モダンクラフトマンシップモデルとされています。いわば、今一番の力が注ぎ込まれているモデルです。

あらためて、『ニューバランス』のとりこに……

筆者の考える『ニューバランス』のスニーカーの魅力は、やはり他ブランドと比較した際のクッションの快適さが別格なところ。ファッション性の高さはもとより、歩くことや走ることが好きになる快適さがやみつきになります。少々お値段は張りますが、USA、UK製モデルであればスニーカーでは珍しいハンドクラフト感も味わえるので、ぜひ一度は奮発してみることをおすすめします。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る