おしゃれなスマホケースはファッションブランドで。今大人が狙うべき15選

おしゃれなスマホケースはファッションブランドで。今大人が狙うべき15選

毎日使うスマートフォンは、お気に入りのスマホケースでカスタムして気分良く持ち歩きたいもの。好きなファッションブランドの一品を選べば、センスアップも叶います!

平 格彦

2020.01.28

雑貨
モバイルケース

スマホケースは現代の必需品。おしゃれに装うならファッションブランドがおすすめ

携帯電話といえばほとんどの場合がスマートフォンのこと指すといっても過言でないほどにスマホが普及した今。本体を保護するという役割とともに、周囲と差別化を図るためにもスマホケースを利用するのが当たり前になっています。もはやスマホケースは現代における必需品。ファッションブランドが続々とリリースするのも当然です。

好きなブランドや気に入ったデザインのスマホケースを選べば、個性をアピールすることが可能。見るたびにテンションが上がり、愛着も深まります。肌身離さず持ち歩いて使用頻度も高いスマホだからこそ、ケースを使って気軽にカスタマイズしましょう!

多種多様なスマホケースから、自分にピッタリのアイテムを選ぶポイント

とはいえ、多くのファッションブランドが実にさまざまなスマホケースを提案していますので、いざ選ぼうとすると悩んでしまうのも仕方ありません。ここでは、自分にピッタリのスマホケースを選ぶうえでのポイントを3つに絞って紹介します。

ポイント1収納力や保護力を高めたいなら「手帳タイプ」を

スマホケースを大きく分けると、「手帳タイプ」と「カバータイプ」に分けられます。手帳タイプは文字通り、手帳の中にスマホを入れるような仕様。普段は折りたたんだ状態のため、スマホケースを全面的に保護することができます。また、折りたたんだケースの内側にカード類などを収納できるデザインが主流となっています。どうせケースを使うなら収納力も欲しい……そう考えるなら手帳タイプを選ぶのが賢明です。

ポイント2操作性や独創性を重視するなら「カバータイプ」を

カバータイプのスマホケースは、背面のみをカバーするデザインが定番。装着してもスマホの背面側が一回り大きくなるだけなので、スマホのみの場合と比べて操作感が変わらないのが大きな特徴です。また、スマホを取り出して片手ですぐに操作ができるのも手軽で便利。操作性を優先するならカバータイプを選ぶのが得策といえるでしょう。カバータイプのスマホケースは、デザインのバリエーションが豊富なのも大きな魅力。ファッションブランドの世界観をグラフィックで表現しているタイプも多いので、思い切り個性をアピールしたいならカバータイプから選ぶのがおすすめです。

ポイント3大人っぽい上質感を求めるなら「レザー製」がおすすめ

手帳タイプかカバータイプかにかかわらず、レザー素材のスマホケースを選べば大人っぽい上質感を得ることができます。革の質感を生かすためにシンプルにまとめたデザインが多いので、そうした意味でも大人なムードが強調される傾向にあります。スマホケースは使いたいけど、子供っぽく見えたりチープに見えたりするのは避けたい。そんなときにはレザー製であることを条件とすると、お気に入りのアイテムが見つかりやすくなります。

ファッションブランドが提案するスマホケース。大人におすすめの15選

最後は、ファッションブランドが手掛けるスマホケースのおすすめ品を一気にご紹介! 手帳タイプとカバータイプに分けてピックアップしましたので、気になるタイプをチェックしてみてください。現状、スマホケースはiPhone用が大半ですが、同じデザインでAndroid用が展開されていたりフリーで使えたりすることも少なくありません。自分の機種で使えるお気に入りのケースを見つけ出してください!

▼手帳型スマホケースのおすすめ7アイテム

ファッションブランドが提案する手帳タイプのスマホケースはレザー製がほとんど。手帳風の面持ちと上質な素材感が融合し、大人なムードにまとまっているアイテムが多数です。ビジネスシーンでもスマホを披露する機会が多いなら、手帳タイプがイチ押しです。

アイテム1『アニエスベー』ロゴ iPhoneケース

もしも好きなブランドがあるなら、思い切りブランドが主張できるスマホケースを愛用するのがおすすめ。このアイテムは、サフィアーノレザー(細かい筋模様の型押しを入れたカーフレザー)のうえで『アニエスベー』のロゴが映えています。内部のスマホを置く位置にブランドのアイコンが型押しされているのですが、カラーごとにアイコンが異なっているという芸の細かさもお見事です。内側にはカードが2枚収納できます。

アニエスベーの参考書。おすすめのウェア&小物をピックアップ

アニエスベーの参考書。おすすめのウェア&小物をピックアップ

昨今人気のフレンチカジュアルですが、その代表的ブランドとして『アニエスベー』はハズせないでしょう。当記事では、ブランドの魅力から推奨アイテムまで紹介します。

山崎 サトシ

アイテム2『ランバン コレクション』クウルール ド ヴァン スマレット

シンプルな手帳型ケースですが、右下にしっかりブランドのロゴが型押しされています。実は、スマホケースに財布の機能を融合した「スマレット」というコンセプトのデザインで、ジップ式のコインポケットが付属。内側にお札を挟んで収納できる他、カード類が3~4枚収納できて実用的です。

アイテム3『マークジェイコブス』チェーンストラップ DTM ブックレット ケース

バッグ類や小物類を得意とするブランドだけあって、スマホケースも豊富にラインアップ。その中でも比較的シンプルなワントーンのアイテムがこちらです。アイコニックな“ダブルJ”をメタルで大きく描いてラグジュアリーなムードを演出。チェーンストラップを付ければ首や肩からぶら下げて持つこともできます。カード類は4枚収納可能。

アイテム4『ヴィヴィアンウエストウッド』クロコ スマートフォンケース

クロコ模様を型押ししたカーフレザーがリュクスな雰囲気。『ヴィヴィアンウエストウッド』であることを主張するアイコンはメタルで立体的にあしらわれています。内装はヌメ革で、しっとりとした触感が心地良い仕上がり。カードを3枚挿せるので、収納性も十分です。

アイテム5『ブラックレーベル・クレストブリッジ』クレストブリッジチェック PVC iPhoneケース

手帳タイプのスマホケースとしては珍しく、コットン100%のファブリックを使用。ただし、コーティングによって高級感が漂う仕上がりになっています。大柄のクレストブリッジチェックがブランドのアイデンティティを主張しつつ、トラッドな品格も醸成。2つのカード挿しに加えて大きめの内ポケットを装備し、使い勝手も良好です。

都会に馴染む大人服。ブラックレーベル・クレストブリッジの魅力とは

都会に馴染む大人服。ブラックレーベル・クレストブリッジの魅力とは

本当の良さがわかる大人に向けて洗練されたアイテムを発信している『ブラックレーベル・クレストブリッジ』。おすすめアイテムとともに、その魅力に迫ります。

近間 恭子

アイテム6『シュペリオールレイバー』×『ゴードン ミラー』レザー iPhoneケース

キャンバスバッグなどで人気の『シュペリオールレイバー』は、モバイルケースも豊富に展開。定番モデルの1つをベースにしつつ、ガレージライフスタイルブランドの別注によってスタイリッシュに昇華した注目作がこちらです。素材はアメリカの老舗タンナー、ウィケット&クレイグ社による特別仕様のヌメ革。その上に刻まれたメッセージがおしゃれです。リングパーツが付属しているのでチェーンなどを装着することも可能。

アイテム7『サッカージャンキー』手帳型ケース

サッカーをモチーフにしたイラストをウェア類や小物類に落とし込んで展開しているのが『サッカージャンキー』。カジュアルなムードですが、サッカー好きならこんなスマホケースも狙い目です。グラフィックのバリエーションが多く、それぞれにモチーフとなっている選手やチームが異なるので、好みに応じてデザインを選ぶ楽しさも味わえます。カード挿し×2、ポケット×1を装備しているので収納力も抜群。

▼カバー型スマホケースのおすすめ8アイテム

ファッションブランドが展開しているカバー型スマホケースは、素材もデザインもバリエーション豊富。デザイン性を重視して好きなブランドの1品を選ぶのがおすすめです。レザーを用いたタイプなら、派手なデザインでも大人っぽいニュアンス。

アイテム8『メゾンキツネ』ホログラム スマイリーフォックス iPhoneケース

アシッドハウス(エレクトロニックミュージックを中心に、ファッションやクラブカルチャーをMIXしたムーブメント)のシンボルとされる「スマイリーフェイス」から着想を得て誕生した「トライアングルフォックス」をレイアウト。シンプルでモダンなアイコンは、楽しさや自由を表現しています。角度によってウインクして見えるホログラムデザインに遊び心が詰まっています。

意外と知らない。メゾンキツネの魅力と人気アイテム

意外と知らない。メゾンキツネの魅力と人気アイテム

仏語と日本語が混在した独特なネーミングに負けず劣らず、ユニークかつセンスフルなコレクションで世界を虜にする『メゾン キツネ』。魅力を改めてひも解いていきたい。

菊地 亮

アイテム9『ポール・スミス』LAショップ プリント iPhoneケース

ウェアや小物類の内側にカラフルなモチーフを潜ませるのが巧みな『ポール・スミス』ですが、このケースでは鮮やかなグラフィックを存分に主張。実は、ロサンゼルスのメルローズアベニューに建てられたショップが描かれています。透き通る青い空と、ピンクのショップ&ロゴとのコントラストが美しい作品です。

遊び心のあるデザインが人気。ポールスミスのおすすめアイテム早見表

遊び心のあるデザインが人気。ポールスミスのおすすめアイテム早見表

イギリスの伝統的なスタイルとウィットなデザインで幅広い世代から支持を集める『ポールスミス』。同ブランドの魅力を、おすすめのアイテムとともに紹介する。

大中 志摩

アイテム10『ケンゾー』シリコン タイガー ケース

お馴染みのタイガーアイコンを大きく描いたシンプルなシリコンケース。インパクトのあるカラーリングもラインアップされていますが、ブルーが基調のこんな配色なら大人っぽい印象です。スマホケース自体がシンプルな作りだからこそ、グラフィックの存在感が際立っています。

アイテム11『ユニフォーム エクスペリメント』ミラー フォンケース

モデル名の通り、ベースはミラー。フューチャリスティックな雰囲気を感じさせるiPhoneケースです。バーティカルロゴを大きめに配置しつつ、黒いラインでフチを囲ったデザインがシンプルかつスタイリッシュ。ケースをしたまま操作がしやすい仕上がりで重宝します。

アイテム12『レミ レリーフ』別注 iPhoneXケース(ニューヨーク)

ヴィンテージテイスト溢れるアメリカンベーシックなデザインを得意とする『レミ レリーフ』。リアルな加工感が大きな特徴ですが、こちらのケースは味のあるテイストのグラフィックが独特です。実はこちら、『ビーセカンド』の別注がきっかけで生まれたブランド初のiPhoneケース。数量限定なので、気になったら早めに確保しましょう!

加工技術の匠。レミ レリーフの職人技に触れる

加工技術の匠。レミ レリーフの職人技に触れる

リアルユーズドと見紛う高精度な古着加工と、現代的シルエットを巧みに融合する『レミ レリーフ』。その魅力を解剖するとともに、新作とコーデサンプルを紹介します。

山崎 サトシ

アイテム13『エムシーエム』ハイドアンドシークラビット iPhoneケース

モノグラムを配したレザーバッグや革小物で人気のラグジュアリーブランドは、カバー型モバイルケースにも象徴的なレザーを起用。ラビットモチーフのグラフィックを組み合わせているにもかかわらず、上質感に溢れています。こんなリュクス感とインパクトを兼ね備えたケースなら、周囲を出し抜けること必至。

アイテム14『コーチ』iPhoneX/XS ケース ウィズ ワイルド ビースト プリント

クールなムードを振りまく独自のカモフラージュ柄を採用したモバイルケース。「C」のロゴを組み合わせたシグネチャーキャンバス製のケースも狙い目ですが、独創性を優先するならこんな迷彩調グラフィックがおすすめです。ダークトーンでまとめられているため、シーンを選ばない落ち着きを備えています。

コーチの財布は周りと差がつく素材使いが人気。狙い目はこの10品!

コーチの財布は周りと差がつく素材使いが人気。狙い目はこの10品!

1941年にニューヨークで誕生した『コーチ』。女性向けブランドのイメージがありますが、実はメンズのアイテムも充実しています。今回はなかでも人気の財布にフィーチャー。

近間 恭子

アイテム15『アンリアレイジ』アクリリック フラワーケース

『フェンディ』とのコラボでも注目されている日本のコレクションブランド『アンリアレイジ』。細部までこだわる鮮やかなデザインはスマホケースにも継承されていて、美しいドライフラワーを繊細なバランスで封じ込めています。カラーごとに使われている花が異なり、このブルーはデルフィニウム、かすみ草、スラーフラワーを使用。

出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    財布ブランド30選。大人に似合う名品を4つの視点でピックアップ

    財布ブランド30選。大人に似合う名品を4つの視点でピックアップ

    日々持ち歩き、長く使い続けるからこそ妥協したくない財布。大人にふさわしい名品を、職人気質なブランドから海外の人気ブランドまで、4つの視点でセレクトしました。

    近間 恭子

    傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

    傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

    ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

    TASCLAP編集部

    ビジネスにリュックを。大人の通勤リュックブランド25選

    ビジネスにリュックを。大人の通勤リュックブランド25選

    ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

    近間 恭子

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツはワードローブに欠かせない定番アイテム。通年使える白Tシャツの選び方からおすすめブランドの1枚、そして季節の着こなしまで余すことなくお届けします。

    TASCLAP編集部

    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    春夏はTシャツが主役となる時期。頻繁に袖を通し、何度も洗うことを思えばやはり屈強なヘビーウェイトの1枚が欲しいところ。となればまず押さえておきたいブランドがある。

    菊地 亮

    BACK