買うなら今!3,000円以下で購入できる“安くて価値ある”帽子15選

買うなら今!3,000円以下で購入できる“安くて価値ある”帽子15選

夏に欠かせない小物の筆頭が帽子! サマーセールも終盤に差し掛かった今の時期だからこそ、3,000円出せば優秀なかぶりものが見つかる可能性があります。

平 格彦

平 格彦

SHARE
記事をお気に入り
2017.08.09

人気の3大タイプ別にピックアップ。3,000円以下で買える“安くて価値ある”帽子

今回は思い切って、3,000円以下に限定して帽子を紹介! 安くて価値のあるアイテムを選りすぐりました。迷っていると完売してしまう恐れがあるので、少しでも気になったらとりあえず購入してみてはいかがでしょう??

▼タイプ1:ストローハット|季節感を最大限に打ち出す、涼しげなコーデを作るなら!

夏のかぶりものといえばストローハット。夏にしか使えないからこそ、安くゲットするのが賢い手段です。“ストロー“とは、本来“麦わら”のことをさしますが、ここでは、それに近いペーパーハットなどもピックアップしています。

アイテム1

『センスオブプレイス』ウォッシャブルストローハット/2,052円(税込)

『センスオブプレイス』ウォッシャブルストローハット/2,052円(税込)

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ここ数シーズン人気が継続しているツバが広いタイプのストローハット。ナチュラルカラーのこちらは、シンプルなデザインで幅広いスタイルに馴染みます。洗濯できるところもうれしいポイント。

アイテム2

『ビームス』ペーパー中折れハット/1,944円(税込)

『ビームス』ペーパー中折れハット/1,944円(税込)

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

麦わら調の素材が涼感を振りまく中折れハット。主張し過ぎない小ぶりな作りの一方で、差し色やリボンがポイントとして効いています。ネイビーのほか、ベージュとホワイトも展開。

アイテム3

『グレース』8522ハット ネオ/2,484円(税込)

『グレース』8522ハット ネオ/2,484円(税込)

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

人気の定番アイテムが、アップデートして登場。素材はペーパー100%ですが、前回よりも強度がアップし、高級感が高まっています。また、全部で9種類というカラバリも圧巻!

アイテム4

『ヴァンキッシュ』ジャガードペーパーサーモハット/2,970円(税込)

『ヴァンキッシュ』ジャガードペーパーサーモハット/2,970円(税込)

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

さり気ない柄が上質な印象の逸品。大きめの編み目で立体的なジャガードに仕上げているので、ゆったりと被れるのがうれしいところ。通気性も抜群で、内側にはサイズ調整パーツが付属しています。

アイテム5

『ウィゴー』ワイドブリムペーパーハット/295円(税込)

『ウィゴー』ワイドブリムペーパーハット/295円(税込)

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ワイドブリム型の中折れハット。使いやすいシンプルなデザインですが、ツバ広のフォルムがトレンド感を与えてくれます。ペーパー100%の天然素材でかぶり心地も良好です。破格のお値段にも驚き!

▼タイプ2:キャップ|使い勝手はピカイチ! カジュアルコーデを格上げしたいならこれ。

かぶりものに慣れていない人でもトライしやすいのがベースボールキャップ。子供っぽいイメージがあるかもしれませんが、シンプルなロゴ入りの定番カラーを選ぶことで、大人なムードで着用することができ、おしゃれ度も簡単に上昇。

アイテム1

『ボースポーツ』×『ビームス』別注 ツイル キャップ/2,624円(税込)

『ボースポーツ』×『ビームス』別注 ツイル キャップ/2,624円(税込)

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

カリフォルニアのサーフカルチャーを反映したウェア作りを展開している『ボースポーツ』とのコラボキャップ。インパクトのあるロゴと、落ち着いたデザインが共存しています。

アイテム2

『ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ』コーデュロイ ベースボールキャップ/2,592円(税込)

『ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ』コーデュロイ ベースボールキャップ/2,592円(税込)

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

細かい凹凸のコーデュロイ素材が上質な印象を与える、6パネルのキャップです。ベーシックかつシンプルなデザインのため、大人の着こなしにも合わせやすいのが◎。

アイテム3

『グローバルワーク』ロゴツイルBBキャップ/1,350円(税込)

『グローバルワーク』ロゴツイルBBキャップ/1,350円(税込)

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スタイリッシュで都会的なニュアンスを感じさせるスタンダードなベースボールキャップ。全4色の展開で、立体的なフロントの刺繍はカラーによって文字やデザインが異なります。

アイテム4

『ニューハッタン』ウォッシュド ツイルベースボールキャップ/1,728円(税込)

『ニューハッタン』ウォッシュド ツイルベースボールキャップ/1,728円(税込)

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ニューヨーク発のハットブランド『ニューハッタン』のキャップは、ウォッシュド加工を施した柔らかな仕上がり。シンプルなデザインですが、カラーはなんと22種類もラインアップ。

アイテム5

『チャンピオン』×『ウィゴー』ローキャップ/2,797円(税込)

『チャンピオン』×『ウィゴー』ローキャップ/2,797円(税込)

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スポーツカジュアルブランドの名門『チャンピオン』への別注品。コットン素材がソフトな触感で、フロントパネルのロゴがアクセントになっています。ベーシックカラーからビビッドカラーまで全8色の展開。

▼タイプ3:バケットハット|クシャっとバッグに入れてもOK! 持ち運びやすさも魅力

ストリートを感じさせるフォルムと、カジュアルな素材感が特徴のバケットハットにも注目。日差しが強いと感じたらすぐにかぶれるよう、バッグに入れておくのもおすすめです。もちろん、着こなしのポイント作りにもうってつけ。

アイテム1

『ウィゴー』×『フィラ』別注 フェイクスエードバケットハット/2,700円(税込)

『ウィゴー』×『フィラ』別注 フェイクスエードバケットハット/2,700円(税込)

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ウィゴー』と『フィラ』のコラボアイテムは、ニュアンスのあるフェイクスエードを採用。定番のシルエットにあしらわれたブランドロゴの刺繍がアクセントになっています。

アイテム2

『フレックスフィット』ワッペン バケットハット/2,624円(税込)

『フレックスフィット』ワッペン バケットハット/2,624円(税込)

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

大胆なワッペンが目を引くこちらは、伸縮性のある帽子作りを得意とする『フレックスフィット』の定番アイテム。クラシックなシルエットとワッペンがレトロポップな印象です。

アイテム3

『クイックシルバー』ミステリーバケット/2,052円(税込)

『クイックシルバー』ミステリーバケット/2,052円(税込)

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

比較的しっかりとしたツイル生地のボディーが特徴的。型崩れしにくく適度に上品な印象です。名門ブランドへの別注品なので品質も折り紙付き。シンプルで幅広く使い回せます。

アイテム4

『ベーシックエンティ』ボールゲームバケットハット/2,570円(税込)

『ベーシックエンティ』ボールゲームバケットハット/2,570円(税込)

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ユニークなボールゲームの刺繍が大人の遊び心をくすぐります。青×白の夏らしい色使いが実に爽やか。コーデのアクセントとしても活躍しそうです。

アイテム5

『エバーラスト』リバーシブルバケットハット/1,566円(税込)

『エバーラスト』リバーシブルバケットハット/1,566円(税込)

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スポーツブランド『エバーラスト』のバケットハットはリバーシブル仕様。コットンとスウェットという異なるマテリアルを採用し、それぞれの面にタグやワッペンをあしらったこだわりの品です。

※価格は2017年8月9日現在のものです。

買わない手はない。ニューハッタンのキャップ&ハットがとにかく高コスパ!

バッグ・ファッション小物

買わない手はない。ニューハッタンのキャップ&ハットがとにかく高コスパ!

日本上陸から日が浅いながら、巷で高いシェア率を誇るヘッドウェアブランド『ニューハッタン』。圧倒的なコスパを誇る同ブランドを、持たない手はありません。

山崎 サトシ

2019.05.10

-------------------
※掲載価格は記事掲載時のものとなります。
-------------------

注目編集者
平 格彦

60以上のメディアで執筆。「着こなし工学」提唱者

平 格彦
出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

CATEGORY

RECOMMEND