2017年新作から定番まで。ナイキのスニーカーが主役の秋のコーデサンプル

2017年新作から定番まで。ナイキのスニーカーが主役の秋のコーデサンプル

先端のテクノロジーとあっと驚くデザインで常にシーンに革新をもたらしてきた『ナイキ』。新作スニーカーから定番スニーカーまでその魅力とコーデサンプルをお届けします。

橋本 裕一

2017.09.11

ナイキ(NIKE)
スニーカー
秋の着こなし・コーディネート

さっそく紹介! これが『ナイキ』の2017年新作モデルを使った秋コーデ

いつの時代もファッションフリークから熱い視線が注がれる『ナイキ』の新作スニーカー。注目アイテムとその着こなしテクニックをさっそくチェックしていきましょう。

新作モデル1▼『ナイキ』ナイキエアマックス97 ウルトラ'17を使ったコーデ

1997年の誕生以来、未来的かつユニークなデザインでファンをとりこにした『ナイキ』エア マックス97。その20周年を記念して、エアマックス97 ウルトラ'17がリリースされました。日本の新幹線と水の波紋をイメージソースとした洗練されたデザインが特徴です。スタイリッシュなルックスで存在感を放つ1足は、着こなしのアクセントとして効果を発揮してくれます。

ニューモデルはメッシュ素材の1枚アッパーの構造で、優れた通気性と軽量化を実現。写真は1997年のオリジナルモデルを復刻させたシルバーカラーです。ビジブルエアのクッショニングを内蔵し、従来の快適な着用感はそのままに一新しています。

秋コーデにマストなネルシャツ、ゆったりめのスラックスでつくるカジュアルなリラックススタイルに、未来的デザインのエアマックス97を投入。カジュアルさが軽減され、ラフな着こなしも一段とグレードアップされています。

人気のコーチジャケットを取り入れた今季らしいストリートスタイルとは、言うまでもなく相性抜群。シンプルな着こなしに、個性の強いエアマックス97 ウルトラ'17が存在感を放っています。

モノトーンで構築したミニマルな着こなしに光るのは、洗練されたデザインが目を引くエアマックス97 ウルトラ'17。リフレクティブ (再帰反射) 素材を使用したラインが、昼と夜とで違った表情を見せてくれます。

新作モデル2▼『ナイキ』エアマックス LD-ZEROを使ったコーデ

2017年の注目株として『ナイキ』 エアマックスLD-ZEROをピックアップ。むだを最大限に省いたミニマルなデザインと最新の機能を備えた、今の時代の空気にマッチした1足です。コーディネートに今っぽさと個性を演出できると人気を集めています。

『ナイキ』のLD-1000のアッパーとMax Airクッショニングを融合させた1足。シンプルなルックスながらも、ヒールに内蔵されたエアバッグが外から見えるというハイテク感が特徴的です。

秋らしいチェックのプルオーバーを主役にスポーティーなスタイリングを構築。ミニマルなデザインのエアマックスLD-ZEROが見事に溶け込んだ好例です。オフホワイトなら軽快な印象を演出してくれます。

アウトドアテイストのマウンテンパーカーを、スウェット×ワイドパンツでストリートに落とし込んだミックスコーデ。ミニマルデザインのエアマックス LD-ZEROなら、コーデを選ばずなんなくマッチします。

セットアップをパーカーで着崩したスポーティーなスタイリングが今季的。プレーンな白スニーカーをあわせてきれいめにまとめがちなスタイルも、エアマックス LD-ZEROなら絶妙にエッジの効いた足元に仕上がります。

新作モデル3▼『ナイキ』クラシック コルテッツレザーを使ったコーデ

コルテッツは『ナイキ』が設立した1972年と同時に登場したロングセラーモデル。丸みを帯びたレトロなシルエットとカラーリングに『ナイキ』のスウッシュのロゴマークが入ったデザインは、今なお多くのファンから愛用され続けています。2017年秋、レザー素材のトリコロールカラーが登場!

ニューモデルはオリジナルカラーが復刻! 上質なオールレザーと柔らかいクッショニングシステムを採用し、ランニングシューズのオリジナルモデルをアップデート。快適なフィット感と、すっきりとしたミニマルデザインを実現しました。クリーンなルックスなので汎用性の高さは抜群!

グレー×ネイビーのカラーコーディネートにクリーンなコルテッツをアクセントにしたグッドサンプル。キャップやメガネなどの小物を足して、さりげなく差別化を図るとよりこなれた印象に。

セットアップスタイルをカットソーとスニーカーでカジュアルダウン。コルテッツのレトロなデザインがモードな雰囲気に抜け感を出し、装いの質をワンランク上に導いてくれます。インナーにシンプルなロゴTを挟んだのも今どき!

シンプルな着こなしながら、足元で遊びを効かせた上級コーデ。ロゴスウェットの配色とコルテッツのトリコロールカラーがうまくリンクし、全体的にクリーンな印象を与えています。

まさに名作。『ナイキ』の定番モデルを使った秋コーデ

続いては、今なお世界中に多くのファンを持つ『ナイキ』の名作をピックアップ。エアフォースワン、エアマックス95、エアジョーダン、インターナショナリストの4つのモデルとその着こなしをお届けします。

定番モデル1▼『ナイキ』エアフォースワンを使ったコーデ

『ナイキ』のスニーカーを代表する1足がこちら。シンプルかつ洗練されたフォルムは、まさにメンズの足元にふさわしい存在感を放ちます。カラーバリエーションが豊富であることも支持者を集めた理由のひとつですが、やはり定番のオールホワイトやオールブラックが根強く人気です。

ストリートシーンで注目を集めるボリューム感と、シンプルな配色が人気のオールホワイトモデル。豊富なカラーバリエーションはもちろん、くるぶしをおおうミッドカットモデルもあるため、さまざまな表情が楽しめます。

エアフォースワンの持つストリート感は、人気のアウターMA-1が主役のワントーンコーディネートにすんなりとハマります。色数を抑えてシンプルに着こなすのが大人流。

裾をチラ見せした長めのインナーとシューズの色を合わせることで、着こなしにメリハリと統一感が生まれます。足元にボリュームがある分、キャップを加えると全体のバランスが整います。

昨年から人気継続のコーチジャケットとラインパンツを取り入れたスポーティーな着こなしを、オールブラックにすることでクールにまとめた技ありコーデ。エアフォースワンのボリューム感のおかげで、足元もさりげなくひと味違う存在感を演出しています。

定番モデル2▼『ナイキ』エアマックス95を使ったコーデ

エアフォースワンと同様に、90年代のスニーカーブームを牽引したエアマックス95。ビジブルエアはもちろん、アッパーに施されたグラデーション状の配色も目を引く要因です。ハイテクスニーカーらしい見た目と履き心地の良さは、今現在でも人気を集める理由のひとつ。

ボリューム感のあるシルエットながらも、配色の妙で落ち着いた印象を醸出するエアマックス95。ここ最近では、オールホワイトやオールブラックなど、より合わせやすいカラーリングもリリースされています。

チェックシャツを軸に白のエアマックス95がポイントになった好スタイリング。カジュアルなアイテムチョイスながらも、オールホワイトのクリーンなカラーリングをセレクトしているので、清潔な印象は保証済みです。

こちらもネルシャツとシューズのカラーリングをリンクさせて統一感を出した着こなし。エアマックス95の近未来的なデザインがカジュアルさを払拭し、洗練された印象に仕上げてくれます。

もちろんスポーツテイストにもフィット。90年代というキーワードで並行した要素のあるコーチジャケットであれば、なおさら相性は抜群です。シューズも含め全体をモノトーンでまとめると、大人っぽい雰囲気を程よく維持することができます。

定番モデル3▼『ナイキ』エアジョーダンシリーズを使ったコーデ

2016年に発売された“エアジョーダン30”も話題になったのが記憶に新しいエアジョーダンシリーズ。なかでもエアジョーダン1をはじめとする、マイケルジョーダン氏がバスケットボールプレイヤーとして使用していたモデルは、発売から十数年経過した今でも人気です。

参考記事: ナイキのエアジョーダンシリーズ 歴史・モデルを紹介

バスケットボールシューズらしいハイカットなデザインながらも、むだを省いたシンプルなデザインが大人の足元にマッチする1足。エアジョーダン1はシリーズの中でも人気のモデルです。

ラフでスポーティーなモノトーンスタイル。足元にクリアな白を持ってくるのが、黒のボトムスを重く見せないためのお約束です。テーパード型のジャージとエアジョーダンのバランス感が絶妙!

シャツを主軸にした大人なスタイリング。足元にスニーカーを取り入れ、スポーツMIXに仕上げることで、着こなしの鮮度が飛躍的にアップ。またハイテクならではのボリューミーなルックスが今っぽさをプラスします。

足元にボリュームがある分、ルーズなパンツともバランス良くキマります。カジュアルなGジャンの着こなしをブラックパンツ&エアジョーダン1でクールに味付け。

定番モデル4▼『ナイキ』インターナショナリストを使ったコーデ

インターナショナリストは、80年代ナイキランニングモデルを代表するクラシックモデル。1982年、ニューヨーク市のマラソン大会で優勝者が履いていたことから、歴史にその名を刻みました。リバイバルブームでレトロな風貌のスニーカーに人気が集まっている今、永遠のスタンダードモデルとして大注目の1足です。

スエードレザーとメッシュ素材を組み合わせたアッパー素材が特徴のインターナショナリスト。レトロなデザインながらも細身のシルエットですっきりと履ける1足です。どんなコーディネートにもフィットするうえ、着こなしの雰囲気を格上げしてくれます。

スマートなモノトーンコーデを、レトロな雰囲気を持つインターナショナリストであえてハズした好サンプル。スニーカーのシャープなシルエットに対し、パンツも細身を選ぶとすっきりまとまります。

上品顔のタートルネックニットを主役に、落ち着いたカラーリングで大人っぽい着こなしをメイク。レトロなランニングスニーカーのおかげで、程よくリラックスムード漂うコーデに仕上がっています。

個性を主張するなら、あえてレトロな配色の1足を選びたいもの。ブルー×イエローのインターナショナリストが好アクセントとして効果を発揮しています。スウェットとスニーカーを『ナイキ』でリンクさせたさりげないこだわりも見逃せません。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK