大人のサルエルパンツは“ちょいサル”で。おすすめしたいアイテム&着こなし方

大人のサルエルパンツは“ちょいサル”で。おすすめしたいアイテム&着こなし方

着こなしのアクセントとして重宝するサルエルパンツ。基本的なルールを押さえつつ、より大人らしく着こなす方法を、おすすめのアイテムと合わせて提案します。

TASCLAP編集部

2016.08.19

ボトムス

まずは選び方から! サルエルパンツは“ちょいサル”が気分

まずは選び方から! サルエルパンツは“ちょいサル”が気分

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

サルエルパンツは、元々はイスラム圏の民族衣装。股下が深くダボっとしているのに対し、ヒザ下から足首まではキュっとタイトになっています。そのメリハリによるシルエットがサルエルパンツの“らしさ”であることは事実。

しかし、あまりにも個性的なデザインは大人には不向き。というワケで、大人の着こなしにもハマるサルエルパンツの選び方やコーデの基本を押さえましょう。

ポイント1もも回りと裾幅のメリハリがない“ちょいサル”をセレクトしよう

イスラム語で“おむつ”を指すサルールから名づけられたサルエルパンツ。現在はさまざまなシルエットのものが出ていますが、おすすめはもも回りと裾幅のメリハリが控えめのモノ。

もも回りと裾幅のメリハリがない“ちょいサル”をセレクトしよう

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

大味なメリハリではなく、少しゆとりのある“ちょいサル”程度のシルエットが大人の理想。股上が深いと抵抗があるかもしれませんが、すっきりとしたシルエットならば、クラシックなシャツやレザーシューズとも好相性です。

ポイント2“シンプル”なデザインが使えます

シルエット自体に個性が宿るサルエルパンツだけに、装飾はなるべく控えたいところ。むしろ、無地のようにミニマルなモノが大人にはおすすめです。

“シンプル”なデザインが使えます

WEARWEAR

お気に入り追加

無地のサルエルパンツならば、手持ちの白カットソーとスニーカーで十分おしゃれ。迷ったらボトムスは黒やグレーのモノトーンを選べば間違いありません

ポイント3色数が少ないコーデを心がけましょう

色数もコーディネートの印象を左右する重要なファクターです。サルエルパンツという形自体にデザイン性が高いアイテムを取り入れるならば、色数は少なめがベター。ワントーンから多くても3色以内にまとめましょう。

色数が少ないコーデを心がけましょう

WEARWEAR

お気に入り追加

ネイビーのトップスに、爽やかな印象のライトグレーがマッチ。パンツと同系色のモノトーンでまとめた足元は全体的に統一感があります。一見すると定番色を組み合わせた着こなしですが、サルエルパンツというセレクトで遊び心も演出。落ち着いたトーンの配色でもしゃれ感が出るのは、このパンツだからこそ。

セットで提案! サルエルパンツの大人コーデとおすすめアイテム

デニム、スラックス、スウェットパンツといった3種類のサルエルパンツの着こなしと一緒に、おすすめのアイテムをレコメンドしていきます。

▼タイプ1:デニム素材のサルエルパンツ

比較的カジュアルに使用できるサルエルパンツ×デニム素材。大人なコーデを目指すのであれば、ストリート感は極力避けたいところですよね。ポイントはもも回りと裾幅にあまり差のない、ストレートやスキニーのデニム素材をチョイスすること。普段の着こなしがグッと締まります。

▼タイプ1:デニム素材のサルエルパンツ

WEARWEAR

お気に入り追加

重くなりがちな秋冬コーデはすっきりしたパンツで引き締めたいもの。細身デニムのサルエルパンツなら、腰回りはゆったりさせながら足元をきれいに演出できます。奥行きのあるレイヤードスタイルを青系と茶系の2色でまとめたのもお見事。

▼タイプ1:デニム素材のサルエルパンツ 2枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

『ネイタルデザイン』定番のサルエルデニムは、程良い深さの股上とストレッチの効いたはき心地が特徴。新色のインディゴブルーは季節を問わず活躍しそう。

▼タイプ1:デニム素材のサルエルパンツ 3枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

定番のデニム・オン・デニムコーデも、サルエルパンツのシルエットでセンスアップ。足元にボリューム感のあるハイテクスニーカーを取り入れ、スポーティなテイストをMIXさせているのが今季的。

▼タイプ1:デニム素材のサルエルパンツ 4枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

股上の深いサルエルパンツで気になる動きづらさを、ストレッチ素材と広く取られたクロッチで解消。ややテーパードをかけたシルエットが今っぽい1本です。

▼タイプ1:デニム素材のサルエルパンツ 5枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

トップスのボリューム感とサルエルパンツのそれが好相性な着こなし。カジュアルに偏りすぎないよう、足元にはレザーシューズを取り入れている点も参考に。

▼タイプ1:デニム素材のサルエルパンツ 6枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

前後が逆になったようなユニークなデザインのデニムは『メルシーボークー』から。ももに配置したポケットと細身のテーパードシルエットが、脚をすっきりと見せてくれます。

▼タイプ1:デニム素材のサルエルパンツ 7枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

サルエルシルエットをベースにした黒のカーゴデニムと革靴のコンビで、カジュアルなトップスの印象を大人らしいベクトルに。パンツとシューズだけではなく、シャツ+ジップアップパーカーというレイヤードの配色もこだわられたモノトーンコーデの好例です。

▼タイプ1:デニム素材のサルエルパンツ 8枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

サルエルパンツの中でも特にスキニー寄りの細身シルエットなら、きれいめコーデに難なくフィット。さり気なくデザインされたカーゴパンツのディテールにも注目です。

▼タイプ1:デニム素材のサルエルパンツ 9枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

一見すると難しそうな股上の深いサルエルデニムは、とことん男らしくスタイリングするのがコツ。パンツと同じく武骨なムードをもったサングラスやハイネックと組み合わせれば、違和感なくはきこなせます。ムードを統一するなら革靴ではなくスニーカーをチョイスするのが正解です。

▼タイプ1:デニム素材のサルエルパンツ 10枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

男らしいストレートシルエットと深い股上が目を引く『ベンデイビス』のサルエルデニム。デニムの醍醐味である経年変化を最大限楽しめるリジッドモデルです。

▼タイプ2:スラックスタイプのサルエルパンツ

サルエルパンツデビューの1本としては導入しやすいのがスラックスタイプ。ほかのスリムなスラックスよりもソフトな印象なので、さまざまなコーデに程良い抜け感を演出します。

▼タイプ2:スラックスタイプのサルエルパンツ

WEARWEAR

お気に入り追加

クリーンな印象のサルエルパンツなら、いつもの着こなしにきちんと感をプラスしてくれます。ややゆったりしたシルエットも大人の余裕を演出するのに最適。

▼タイプ2:スラックスタイプのサルエルパンツ 2枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

秋冬にぴったりの肉感のある生地はフランスの大手素材メーカー『キャリーマン』のモノ。タック入りの上品なルックはきれいめコーデと相性抜群です。

▼タイプ2:スラックスタイプのサルエルパンツ 3枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

スラックスタイプのサルエルパンツはテーラードジャケットとも好相性。サルエルのシルエットによる、リラックス感の漂うセットアップコーデが可能です。今っぽさ満点のアンクル丈にはローカットスニーカーがベスト。足首をチラ見せすれば抜け感が生まれます。

▼タイプ2:スラックスタイプのサルエルパンツ 4枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

好みのトップスと合わせるもよし、同素材のジャケットとセットアップを楽しむもよしのサルエルスラックス。ゴムウエストとストレッチ素材で着心地抜群です。

▼タイプ3:スウェット素材のサルエルパンツ

1番身近なサルエルパンツというとこのスウェット素材ではないでしょうか? 動きやすいスウェット素材のサルエルパンツはストリートカジュアルやスポーティなコーデが好きな方はマストバイ。

▼タイプ3:スウェット素材のサルエルパンツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ハイカットスニーカーにMA-1とくればスキニーデニムを合わせたいところですが、サルエルパンツをハズしとして取り入れるのもアリ。スウェットの軽い素材感でモノトーンの重たさを軽減し、さり気なくスポーツMIXを。カジュアルムードを後押しするボーダーカットソーもポイントです。

▼タイプ3:スウェット素材のサルエルパンツ 2枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

スウェットにインディゴ染めを施し、ジーンズのような素材感を実現。保温性の高い裏起毛生地を使用した、秋冬に活躍必至の暖パンツ仕様であることもポイントです。

▼タイプ3:スウェット素材のサルエルパンツ 3枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

ジャケットスタイルにスウェットパンツを取り入れたスポーツMIXスタイル。程良く力の抜けたムードのサルエルパンツが着こなしに抜け感を生み、こなれた印象に。

▼タイプ3:スウェット素材のサルエルパンツ 4枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

一見するとベーシックなジョガーパンツですが、ヒップ周りのディテールでサルエルパンツらしさもしっかりと主張。着こなしを選ばないスリムシルエットです。

▼タイプ3:スウェット素材のサルエルパンツ 5枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

カジュアルの定番コーデにはジーンズやチノパンが王道。しかし、サルエルパンツに置き換えるだけでしゃれ感が一気に出ます。キャップやスニーカーなどのアイテムと合わせれば、よりアクティブなムードに。

▼タイプ3:スウェット素材のサルエルパンツ 6枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

裏起毛素材を使用した防寒性抜群のスウェットパンツ。スウェットのスポーティさとテーパードがかったシルエットが融合した使い勝手の良い1本です。

▼タイプ3:スウェット素材のサルエルパンツ 7枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

90年代っぽさが注目されるストリートコーデにも、スウェットのサルエルパンツは重宝します。ゆったりとした股下のシルエットながらも裾はタイトなため、野暮ったい印象は皆無。ブライトカラーという選択も新鮮!

▼タイプ3:スウェット素材のサルエルパンツ 8枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

『チャンピオン』のリバースウィーブ製法と『ビームス』のオリジナルパターンが融合したスペシャルアイテム。90年代をイメージしたディテールも見逃せません。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

    Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

    秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

    山崎 サトシ

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

    菊地 亮

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

    山崎 サトシ

    大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

    平 格彦

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

    菊地 亮

    BACK