チェックシャツを厳選。5つの柄から選ぶおすすめ10ブランド

チェックシャツを厳選。5つの柄から選ぶおすすめ10ブランド

チェックシャツといえば日常着における基本の“き”。ただ、そのなかにも多彩な種類があり、それぞれで持ち味も異なります。その特性と、おすすめブランドをまとめました。

山崎 サトシ

2019.04.12

トップス
シャツ
チェックシャツ
春の着こなし・コーデ

男の大定番、チェックシャツもこだわりを持って選びたい

男の大定番、チェックシャツもこだわりを持って選びたい

ZOZOTOWNZOZOTOWN

チェックシャツを1枚も持っていない……、という人は稀でしょう。それほどまでに浸透率の高い鉄板ワードローブですが、実は同じチェックでもギンガム、タータンなど種類によってコーディネートの印象は大きく変化。それぞれの特性を覚えておくことで、着こなしの幅がより広くなるはずです。年齢を問わず着られる定番中の定番アイテムだからこそ、自分のスタイルにあったチェック柄を押さえて、濃く長く活用していきましょう。

大人が着るべきチェックシャツ。おすすめの種類とブランドを網羅

数多存在するチェック柄のバリエーションですが、そのなかから大人のコーデと相性の良い5タイプをピックアップ。それぞれ取り入れ方のコツを、おすすめモデルとともに紹介していきます。

▼種類1:清潔感で選ぶなら「ギンガムチェックシャツ」

▼種類1:清潔感で選ぶなら「ギンガムチェックシャツ」

ZOZOTOWNZOZOTOWN

縦横が一定間隔となった小ぶりなチェック柄とシンプルな色構成を特徴とするギンガムチェック。クリーンな印象を簡単に入手できるのが最大のメリットですが、オーバーサイズで着こなしてしまうとその持ち味を損なってしまうので要注意です。ジャストサイズを選び、細身のボトムスと合わせるとスマートな大人カジュアルに仕上げられます。

ブランド1『シップス』

『シップス』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

米国のスーピマ綿、中国の新彊綿に並び、世界3大コットンに数えられるエジプトのギザ綿を惜しみなく使った半袖シャツ。ギザ綿は1本の繊維が極めて長い超長綿で、軽くしなやかな生地を作ることが可能です。また、ほんのりとした品良い光沢感や滑らかな肌触りも同素材の大きな魅力。今作は高級感あるシェルボタンを用いるなどパーツにもこだわり抜いています。

ブランド2『ビームス プラス』

『ビームス プラス』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

アイビールックの全盛期である1960年代に生産されていた、米国製のボタンダウンシャツをモチーフに製作。ベーシックなデザインですが、両脇裾部分にカン止めがポイントとしてあしらわれています。超長綿を使用した薄手の生地なので、春夏シーズンにはうってつけでしょう。ジャパンメイドで、品質はお墨付きです。

▼種類2:大柄で存在感のある「バッファローチェックシャツ」

▼種類2:大柄で存在感のある「バッファローチェックシャツ」

WEARWEAR

バッファローチェックは狩りの際、猟師が山中で人と獲物を誤認しないようにと考案された柄(諸説あり)。赤や青などをベースカラーとして、黒の大ぶりな格子柄が入っています。遠目からでもわかるほどにインパクトが強い柄のため、大人っぽく着こなすのであれば無地のアウターや羽織りをプラスして少し印象を和らげてあげると良いでしょう。

ブランド1『ポロ ラルフローレン』

『ポロ ラルフローレン』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

耐久性に優れるダブルフェイス生地で仕立てた1着は、ゆったりとリラクシングなクラシックフィット。身頃&袖ともに程良い余裕があるので重ね着しやすく、単体使いやインナーはもちろん羽織りものとしても重宝します。デザインはワークシャツがモチーフとなっていて、両胸にはフラップポケットが鎮座。

ブランド2『ブルーワーク』

『ブルーワーク』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

『トゥモローランド』が手掛けるオリジナルレーベルより。バッファローチェックや猫目ボタンといったクラシカルな仕様が目を引く一方、襟やヨーク、カフの裏側を上品な細畝コーデュロイに切り替えることで、全体の印象を引き締めています。素材にはあえて不均一な生地感のコットンスラブを抜てきしていて、着用を重ねるほどにヴィンテージのような風合いへと変化していくのも魅力です。

▼種類3:英国トレンドを背景に人気を集める「タータンチェックシャツ」

▼種類3:英国トレンドを背景に人気を集める「タータンチェックシャツ」

WEARWEAR

スコットランドのハイランド地方がルーツのタータンチェック。細い線と太い線を組み合わせた多色チェックで、英国トレンドを追い風として今季多くのブランドで提案されています。やはりブリティッシュ調のアウターと相性が良いので、薄手のキルティングジャケットやチェスターコートと合わせるのが好手。重ね着せず1枚で着るなら、スラックスなど品良いボトムスを検討しましょう。

ブランド1『エストネーション』

『エストネーション』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

2018年好評を博した、ラグランスリーブのタータンチェックシャツが19年もお目見え。トレンドを意識してシルエットは昨年と比べてゆったりめにアップデートされていますが、着丈は長すぎないので子供っぽく見えません。ニュアンス豊かなコットンフランネル素材を使っているため、何気なく着るだけで洒脱な雰囲気をアピール可能です。

ブランド2『サイコバニー』

『サイコバニー』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

ブリティッシュ調なタータンチェックをベースとしながら、胸元のポケット、襟裏、袖裏、前立て裏などにドット柄を配してユニークなルックスを実現。ベーシックアイテムにさりげなく遊び心を注入したデザインは『サイコバニー』の十八番です。胸に入ったお馴染みのロゴマークもアイキャッチとして作用。なお、シルエットは今風にややゆるめの設定となっています。

▼種類4:ジャケットコーデにもってこいの「ウインドウペンシャツ」

▼種類4:ジャケットコーデにもってこいの「ウインドウペンシャツ」

WEARWEAR

その名の通り、単色のラインによる“窓枠”のようなチェック柄。英国に古くからあるトラディショナルな柄で、主にジャケットで多用されますが昨今はシャツでのリリースも多く見られます。品行方正なイメージが強いチェック柄につき、ジャケットコーデとの合わせやすさは文句なし。ショーツなどで軽やかさを加えると、春夏ムードが香り立ちます。

ブランド1『ポールスミス』

『ポールスミス』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

通常は単色のラインによって格子柄が描かれるウインドウペンですが、こちらのモデルはよく見ると柄が『ポール・スミス』お得意のマルチカラーに! 周囲との差別化を狙えるしゃれたデザインが好印象です。さらに、第1ボタンをコントラストカラーにしたり、カフス裏の配色を切り替えたりと、細部にまで独自のセンスが垣間見えます。

ブランド2『アントニオ・ラヴェルダ ホワイトレーベル』

『アントニオ・ラヴェルダ ホワイトレーベル』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

ブークレ糸を使った表情のあるウインドウペンシャツ。適度に薄手でしなやかな生地につき、蒸し暑い盛夏でも羽織りとして難なく袖を通せます。背面には2本ダーツを入れていて、シルエットはすらりとシャープ。細身のコーディネートを好む人にもオススメです。丁寧に行われた胸ポケット部分の柄合わせにも注目を。

▼種類5:アメカジテイスト全開な「オンブレチェックシャツ」

▼種類5:アメカジテイスト全開な「オンブレチェックシャツ」

ZOZOTOWNZOZOTOWN

フランス語で“陰影”や“濃淡”といった意味があるオンブレ。このチェックはにじんだような独特の柄感を特徴としています。1950~60年代の米国においてストリートの若者たちに愛された、アメカジの王道といえる柄なだけにやはりジーンズとのコンビで着こなすのがセオリー。今っぽい雰囲気を意識するならインナーに白Tシャツを挿し、清潔感を出すと良いでしょう。

ブランド1『コードナンバーエイト』

『コードナンバーエイト』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

後ろ身頃と首周りに十分なゆとりを設け、さらにバルーンスリーブを取り入れることにより丸みを帯びたシルエットを実現。前身頃に対して後ろ身頃は2~3サイズ大きく取った、良い意味でアンバランスな仕立てもポイントです。また、落ち感を楽しみやすいように、コットン×レーヨンの落ち感あるMIX素材を用いています。

ブランド2『マージン』

『マージン』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

柔らかなコットンツイル素材をウォッシュド加工でフィニッシュ。最初から着こんだような味わい深さを楽しめるアイテムです。あえて白場を多めに配した明るめのオンブレチェックなので、春夏の軽やかなスタイリングとは抜群の相性を発揮。シルエットは『マージン』らしくスリムで、着丈もジャストとなっています。

定番だからこそ着こなしたい。チェックシャツの選び方&コーデ

定番だからこそ着こなしたい。チェックシャツの選び方&コーデ

年中活躍してくれるチェックシャツは、ワードローブに欠かせない定番アイテム。大人っぽく着こなすにはどんな工夫が必要なのか、おすすめコーデをレコメンド!

モチヅキ アヤノ

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    スタイル不問のコインローファー。買いの10ブランド

    スタイル不問のコインローファー。買いの10ブランド

    1960年代に大流行して以来、定番シューズとして愛されているコインローファー。歴史や使い勝手の良さやからその理由を探りつつ、おすすめブランドを紹介していきます。

    近間 恭子

    グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

    グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

    今ではすっかり春夏の定番と化した『グラミチ』のショーツ。その魅力やシルエットの違いについて詳しく紹介するとともに、おすすめのモデルもお届けします。

    山崎 サトシ

    大人のシルバーリング講座。つける指の意味とおすすめ

    大人のシルバーリング講座。つける指の意味とおすすめ

    普段なにげなくつけているシルバーリング。実はつける指には、各々意味があるって知ってました? ここではその意味とともに、おすすめブランドのシルバーリングをご紹介!

    近間 恭子

    アディダスのおすすめスニーカー17選。人気モデルから2019年最新の1足まで

    アディダスのおすすめスニーカー17選。人気モデルから2019年最新の1足まで

    『アディダス』の定番スニーカーから2019年の売れ筋&話題作までを網羅。『アディダス』の“今押さえたい”スニーカー17モデルを厳選し、それぞれの特徴を紹介します。

    本間 新

    気温25度の日は、どんなコーデで何を着る? 服装選びのハウツー

    気温25度の日は、どんなコーデで何を着る? 服装選びのハウツー

    コーディネートの大きな指針となるのがその日の気温。では、25度の日はどんな服を選べば良いのか。メインとなるアイテムを提案しつつ、実例とともに着こなしを解説します!

    平 格彦

    ナイロンパンツが着こなしを変える。大人のカジュアルダウンに適した選び方とは

    ナイロンパンツが着こなしを変える。大人のカジュアルダウンに適した選び方とは

    快適な着用感に加え、旬なスポーツ感を併せ持つナイロンパンツ。いつもの着こなしに取り入れれば、即スタイルが見違えます。大人目線での着こなし方を覚えておきましょう。

    山崎 サトシ

    BACK