チェックシャツを厳選。5つの柄から選ぶおすすめ10ブランド

チェックシャツを厳選。5つの柄から選ぶおすすめ10ブランド

チェックシャツといえば日常着における基本の“き”。ただ、その中にも多彩な種類があり、それぞれで持ち味も異なります。その特性と、おすすめブランドをまとめました。

山崎 サトシ

山崎 サトシ

SHARE
記事をお気に入り
2021.03.31

男の大定番、チェックシャツもこだわりを持って選びたい

男の大定番、チェックシャツもこだわりを持って選びたい

WEAR

WEAR

お気に入り追加

チェックシャツを1枚も持っていない……という人は稀でしょう。それほどまでに浸透率の高い鉄板ワードローブですが、実は同じチェックでもギンガム、タータンなど種類によってコーディネートの印象は大きく変化。それぞれの特性を覚えておくことで、着こなしの幅がより広くなるはずです。年齢を問わず着られる定番中の定番アイテムだからこそ、自分のスタイルにあったチェック柄を押さえて、濃く長く活用していきましょう。

大人が着るべきチェックシャツ。おすすめの種類とブランドを網羅

数多存在するチェック柄のバリエーションですが、その中から大人のコーデと相性の良い5タイプをピックアップ。それぞれ取り入れ方のコツを、おすすめモデルとともにご紹介していきます。

▼種類1:清潔感で選ぶなら「ギンガムチェックシャツ」

▼種類1:清潔感で選ぶなら「ギンガムチェックシャツ」

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

縦横が一定間隔となった小ぶりなチェック柄とシンプルな色構成を特徴とするギンガムチェック。クリーンな印象を簡単に入手できるのが最大のメリットですが、オーバーサイズで着こなしてしまうとその持ち味を損なってしまうので要注意です。ジャストサイズを選び、細身のボトムスと合わせるとスマートな大人カジュアルに仕上げられます。

ブランド1

『ビームスプラス』

『ビームスプラス』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

アイビールックの全盛期である1960年代に生産されていた、米国製のボタンダウンシャツをモチーフに製作。ベーシックなデザインですが、両脇裾部分にカン止めがポイントとしてあしらわれています。超長綿を使用した薄手の生地なので、春夏シーズンにうってつけでしょう。ジャパンメイドで、品質はお墨付きです。

ブランド2

『シップス』

『シップス』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

高級天然繊維として知られるヤクを採用。繊維が細く長いため、程良く光沢があるのが特徴です。また、弾力性にも長けていてシワになりにくく、防寒性にも優れています。素材面はもちろん、色味も秋冬にうってつけです。

▼種類2:大柄で存在感のある「バッファローチェックシャツ」

▼種類2:大柄で存在感のある「バッファローチェックシャツ」

WEAR

WEAR

お気に入り追加

バッファローチェックは狩りの際、猟師が山中で人と獲物を誤認しないようにと考案された柄(諸説あり)。赤や青などをベースカラーとして、黒の大ぶりな格子柄が入っています。遠目からでもわかるほどにインパクトが強い柄のため、大人っぽく着こなすのであれば無地のアウターや羽織りをプラスして少し印象を和らげてあげると良いでしょう。

ブランド3

『ファイブブラザー』

『ファイブブラザー』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ヘビーなフランネル生地を使ったワークシャツは、アメリカの老舗ブランドを象徴する存在です。定番柄はバッファローチェックで、ネップなどが無造作なニュアンスを醸成。着込むほどに色落ちや風合いのエイジングが楽しめます。

ブランド4

『ティーエムティー』

『ティーエムティー』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

コットン100%のヘビーツイル生地を使った1枚。鮮やかなバッファローチェックを用いていますが、何度も施したヴィンテージ加工によってこなれたムードが加わっています。『ティーエムティー』らしい古き良きアメリカを感じさせる仕上がりが魅力!

▼種類3:英国トレンドを背景に人気を集める「タータンチェックシャツ」

▼種類3:英国トレンドを背景に人気を集める「タータンチェックシャツ」

WEAR

WEAR

お気に入り追加

スコットランドのハイランド地方がルーツのタータンチェック。細い線と太い線を組み合わせた多色チェックで、英国トレンドを追い風として多くのブランドで提案されています。やはりブリティッシュ調のアウターと相性が良いので、薄手のキルティングジャケットやチェスターコートと合わせるのが好手。重ね着せず1枚で着るなら、スラックスなど品良いボトムスを検討しましょう。

ブランド5

『パブリック トウキョウ』

『パブリック トウキョウ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

東京の感性をベースにしたデザインが特徴的な『パブリック トウキョウ』は、チェックシャツも豊富。このネルシャツは、上品なキャメルカラーのタータンチェックを採用することで大人なムードに昇華しています。ワイドなシルエットが今っぽいリラックス感も演出。

ブランド6

『サイコバニー』

『サイコバニー』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

小さめなタータンチェック柄をベースとしながら、襟裏、袖裏、前立て裏などにドット柄を配してユニークなルックスを実現。ベーシックアイテムにさりげなく遊び心を注入したデザインは『サイコバニー』の十八番です。胸に入ったお馴染みのロゴマークもアイキャッチとして作用。

▼種類4:ジャケットコーデにもってこいの「ウインドウペンシャツ」

▼種類4:ジャケットコーデにもってこいの「ウインドウペンシャツ」

WEAR

WEAR

お気に入り追加

その名の通り、単色のラインによる“窓枠”のようなチェック柄。英国に古くからあるトラディショナルな柄で、主にジャケットで多用されますが昨今はシャツでのリリースも多く見られます。品行方正なイメージが強いチェック柄につき、ジャケットコーデとの合わせやすさは文句なし。ショーツなどで軽やかさを加えると、春夏ムードが香り立ちます。

ブランド7

『ジャンネット』

『ジャンネット』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ジャンネット』は南イタリアの新鋭シャツブランド。このような高品位のシャツを展開するブランドはほとんどの場合、トラッドなウインドウペン柄のシャツもリリースしています。この1枚は、コントラストを抑えた柄がかなり上品。淡いブルーの色味に加え、リネン100%の生地感が清涼感を放っています。オープンカラーの襟元が開放感も上乗せ。

ブランド8

『グリーンレーベルリラクシング』

『グリーンレーベルリラクシング』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

明るいけど落ち着き感のある色味を採用しつつ、バンドカラーで適度に抜け感を加味したバランスが絶妙。実は裾のサイドにポケットが設けられていて、アウターとしても使えるデザインです。『グリーンレーベルリラクシング』に限らず、セレクトショップはチェックシャツが豊富なので、お気に入りを見つけたいときにぜひチェックしましょう!

▼種類5:アメカジテイスト全開な「オンブレチェックシャツ」

▼種類5:アメカジテイスト全開な「オンブレチェックシャツ」

WEAR

WEAR

お気に入り追加

フランス語で“陰影”や“濃淡”といった意味があるオンブレ。このチェックはにじんだような独特の柄感を特徴としています。1950~60年代の米国においてストリートの若者たちに愛された、アメカジの王道といえる柄なだけにやはりジーンズとのコンビで着こなすのがセオリー。今っぽい雰囲気を意識するならインナーに白Tシャツを挿し、清潔感を出すと良いでしょう。

ブランド9

『フリークスストア』

『フリークスストア』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

古き良きアメリカンカジュアルを軸にしている『フリークスストア』だけに、ヴィンテージ調のアメカジ感あふれるオンブレチェックのシャツが充実。このシャツは落ち着きのあるカラーリングなので、幅広いコーディネートにマッチします。

ブランド10

『グロスター』

『グロスター』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

オンブレチェックはアメカジの王道柄。『グロスター』でも、ヴィンテージ感たっぷりのオープンカラーシャツに採用しています。見た目はヘビーですが、実は軽量でサラッとした着心地。コーディネートのさりげない挿し柄として重宝すること請け合いです。

定番だからこそ着こなしたい。チェックシャツの選び方&コーデ

ウェア・コーデ

定番だからこそ着こなしたい。チェックシャツの選び方&コーデ

年中活躍してくれるチェックシャツは、ワードローブに欠かせない定番アイテム。大人っぽく着こなすにはどんな工夫が必要なのか、おすすめコーデをレコメンド!

モチヅキ アヤノ

2019.04.01

大人のネルシャツ攻略術。野暮ったく見せない選び方とおすすめ14選

ウェア・コーデ

大人のネルシャツ攻略術。野暮ったく見せない選び方とおすすめ14選

時代が変われど“ネルシャツ=定番”という方程式は不変。とはいえ、昔ながらのアイテムゆえに野暮ったさはつきもの。そう見せないための選び方を知っておきましょう。

山崎 サトシ

2019.10.02

オタクに見せない。ネルシャツで作るおしゃれコーデのハウツー

ウェア・コーデ

オタクに見せない。ネルシャツで作るおしゃれコーデのハウツー

着心地が良くて気軽に着回せるネルシャツは、おしゃれに着こなせると本当に便利。野暮ったさを払拭するための簡単コーデテクから、おすすめ品までを一気にご紹介します!

平 格彦

2020.10.16

注目編集者
山崎 サトシ

TASCLAPでの執筆本数NO.1ライター

山崎 サトシ
アフロ歴15年のファッションライターで、趣味はヴィンテージモノの収集とソーシャルゲーム。メンズファッション誌を中心として、WEBマガジンやブランドカタログでも執筆する。得意ジャンルはアメカジで、特にデニム・スタジャン・インディアンジュエリーが大好物!
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

こだわりある男の最後のピース。ビズスタイルはハミルトンで個性を魅せる

コロナ禍においては、多方面で禁欲的になりがちです。そこに一石を投じるのが、老舗腕時計ブランド『ハミルトン』。個性のある新作群が、これからのビズに花を添えます。

SPONSORED by スウォッチ グループ ジャパン

続きを読む

男の自信を呼び起こす1本に出会う。初めての本格時計、その条件とは?

初めて高級腕時計を手にする喜びと緊張感は、かけがえのない経験です。その瞬間をより濃密にする向き合い方を、名門老舗ブランドの腕時計を軸にレクチャーしていきます。

SPONSORED by スウォッチ グループ ジャパン

続きを読む

初夏の主役トップスが税込1,650円。大人のお眼鏡に適うTシャツを、クロスコットンで見つけた

まもなく、Tシャツが主役となる季節に。戦力として欲しいのは、本格志向だけどガシガシと気軽に普段使いできる1枚です。その最適解が『クロスコットン』にありました。

SPONSORED by 丸久

続きを読む

引き算の美学を知る。新作ドレスウォッチで強固になった、カルレイモンの“軸”

高級時計の代名詞、ムーンフェイズを若者でも手の届く価格で世に送り出す『カルレイモン』。よりドレス感を強めた話題の新作「クラシックシンプリシティ2」に注目です。

SPONSORED by カルレイモン

続きを読む

今春のクォーツに求めるのは、ラグスポかエレビジか。ティソの二大新定番からその答えを探る

新しい季節を、新しい相棒と。そんな方へのフレッシュな腕時計が、老舗『ティソ』にありました。抜群の信頼性と利便性を両立した、2本のクォーツウォッチに迫ります。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

その実用性に、また頼りたい。マンハッタンポーテージの“現在”を知っているか

90年代のシーンを席巻した、『マンハッタンポーテージ』。現在、同ブランドのバッグは現代のニーズに合わせて進化を遂げています。再び頼りたい逸品群をお披露目!

SPONSORED by マンハッタンポーテージ

続きを読む

Tシャツに羽織るべきは、都会派ミリタリーアウターだ。タトラスが示す春コーデの方程式

男らしい存在感が持ち味のミリタリーアウターは、薄着になっていく今の時期に必携。あくまでスマートに着こなすなら、骨太さの中に洗練を宿す都会派な1着を選びましょう。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

カテゴリ

おすすめ記事