チェックシャツを厳選。5つの柄から選ぶおすすめ10ブランド

チェックシャツを厳選。5つの柄から選ぶおすすめ10ブランド

チェックシャツといえば日常着における基本の“き”。ただ、その中にも多彩な種類があり、それぞれで持ち味も異なります。その特性と、おすすめブランドをまとめました。

山崎 サトシ

2020.03.27

トップス
シャツ
チェックシャツ
春の着こなし・コーデ

男の大定番、チェックシャツもこだわりを持って選びたい

チェックシャツを1枚も持っていない……、という人は稀でしょう。それほどまでに浸透率の高い鉄板ワードローブですが、実は同じチェックでもギンガム、タータンなど種類によってコーディネートの印象は大きく変化。それぞれの特性を覚えておくことで、着こなしの幅がより広くなるはずです。年齢を問わず着られる定番中の定番アイテムだからこそ、自分のスタイルにあったチェック柄を押さえて、濃く長く活用していきましょう。

大人が着るべきチェックシャツ。おすすめの種類とブランドを網羅

数多存在するチェック柄のバリエーションですが、その中から大人のコーデと相性の良い5タイプをピックアップ。それぞれ取り入れ方のコツを、おすすめモデルとともに紹介していきます。

▼種類1:清潔感で選ぶなら「ギンガムチェックシャツ」

縦横が一定間隔となった小ぶりなチェック柄とシンプルな色構成を特徴とするギンガムチェック。クリーンな印象を簡単に入手できるのが最大のメリットですが、オーバーサイズで着こなしてしまうとその持ち味を損なってしまうので要注意です。ジャストサイズを選び、細身のボトムスと合わせるとスマートな大人カジュアルに仕上げられます。

ブランド1『ビームスプラス』

アイビールックの全盛期である1960年代に生産されていた、米国製のボタンダウンシャツをモチーフに製作。ベーシックなデザインですが、両脇裾部分にカン止めがポイントとしてあしらわれています。超長綿を使用した薄手の生地なので、春夏シーズンにはうってつけでしょう。ジャパンメイドで、品質はお墨付きです。

ブランド2『ビームスF』

通気性、吸水速乾性に優れたクールマックス素材を使用した半袖シャツ。ブルー×白のカラーリングが見た目にも爽やかで、気温が上がってくるこれからの季節にぴったりな1枚です。また、日本人の体型に合わせたすっきりとしたシルエットも特徴で、休日のみならずクールビズにも活用できる汎用性の高い仕上がりとなっています。

▼種類2:大柄で存在感のある「バッファローチェックシャツ」

バッファローチェックは狩りの際、猟師が山中で人と獲物を誤認しないようにと考案された柄(諸説あり)。赤や青などをベースカラーとして、黒の大ぶりな格子柄が入っています。遠目からでもわかるほどにインパクトが強い柄のため、大人っぽく着こなすのであれば無地のアウターや羽織りをプラスして少し印象を和らげてあげると良いでしょう。

ブランド1『ソフネット』

コットン100%のフランネル素材を使用した1枚は、温かみのあるソフトな着心地が魅力的。深いブルー×黒のシックな色合いですが、バックネックと脇下にあしらわれたビビッドカラーのベンチレーションが、デザインのさりげないアクセントになっています。両胸のフラップポケットの柄をあえて斜めに使っているのもポイント。

ブランド2『ジースターロゥ』

一見ベーシックなバッファローチェックシャツですが、チェック柄を斜めに使った前立てや、袖口に入ったスリットなど、ブランドこだわりのディテールワークが光ります。左胸のポケットは、パッチタイプではなく内側に折り込んであり、ポケット口もフロント側に縦に配されているため、よりすっきりとした印象に。

▼種類3:英国トレンドを背景に人気を集める「タータンチェックシャツ」

スコットランドのハイランド地方がルーツのタータンチェック。細い線と太い線を組み合わせた多色チェックで、英国トレンドを追い風として今季多くのブランドで提案されています。やはりブリティッシュ調のアウターと相性が良いので、薄手のキルティングジャケットやチェスターコートと合わせるのが好手。重ね着せず1枚で着るなら、スラックスなど品良いボトムスを検討しましょう。

ブランド1『アーバンリサーチテーラー』

『アーバンリサーチ』のメンズドレスライン『アーバンリサーチテーラー』からの1枚。ムラのあるカジュアルな生地感でありながら、すっきりとしたシルエットや絶妙なサイズのチェック柄で上品な仕上がりとなっています。春にぴったりなさわやかな配色も見どころ。

ブランド2『サイコバニー』

小さめなタータンチェック柄をベースとしながら、襟裏、袖裏、前立て裏などにドット柄を配してユニークなルックスを実現。ベーシックアイテムにさりげなく遊び心を注入したデザインは『サイコバニー』の十八番です。胸に入ったお馴染みのロゴマークもアイキャッチとして作用。

▼種類4:ジャケットコーデにもってこいの「ウインドウペンシャツ」

その名の通り、単色のラインによる“窓枠”のようなチェック柄。英国に古くからあるトラディショナルな柄で、主にジャケットで多用されますが昨今はシャツでのリリースも多く見られます。品行方正なイメージが強いチェック柄につき、ジャケットコーデとの合わせやすさは文句なし。ショーツなどで軽やかさを加えると、春夏ムードが香り立ちます。

ブランド1『グリーンレーベルリラクシング』

コットンながら、特殊な生地仕上げの加工にり適度な伸びを持たせたオリジナル素材を採用。体の動きに馴染むため、スマートに着こなしても窮屈にはならず快適に着られます。

ブランド2『センス オブ プレイス by アーバンリサーチ』

身幅を広めに設定し、ゆったりとしたシルエットに仕上げた1枚。遠目にはシンプルなウインドウペン柄ですが、良く見ると柄が二重になった奥行きのあるデザインです。ワイドなボトムスと合わせてリラックス感たっぷりに着こなすのはもちろん、上品なカラーリングなのできれいめスタイルにもおすすめです。

▼種類5:アメカジテイスト全開な「オンブレチェックシャツ」

フランス語で“陰影”や“濃淡”といった意味があるオンブレ。このチェックはにじんだような独特の柄感を特徴としています。1950~60年代の米国においてストリートの若者たちに愛された、アメカジの王道といえる柄なだけにやはりジーンズとのコンビで着こなすのがセオリー。今っぽい雰囲気を意識するならインナーに白Tシャツを挿し、清潔感を出すと良いでしょう。

ブランド1『アダム エ ロペ』

軽やかなコットン素材を程良いビッグシルエットに仕立てたこちらは、1枚で着るだけじゃなく春夏の羽織りものとしても重宝します。両胸のフラップポケットがアクセントになっていますが、本体と柄が合わせてあるためすっきりとした印象です。ボタンには高級感のあるナットボタンを贅沢に使用。

ブランド2『ザ・ダファー・オブ・セントジョージ』

スラブ糸特有のムラ感で、はじめから着込んだような味わい深さを楽しめます。白の割合が多く明るい印象に仕上がっているため、春夏の軽やかなスタイリングとも好相性。開襟仕様でレトロさを出しつつ、ボックスシルエットで今っぽさを押さえている点もポイントです。

定番だからこそ着こなしたい。チェックシャツの選び方&コーデ

定番だからこそ着こなしたい。チェックシャツの選び方&コーデ

年中活躍してくれるチェックシャツは、ワードローブに欠かせない定番アイテム。大人っぽく着こなすにはどんな工夫が必要なのか、おすすめコーデをレコメンド!

モチヅキ アヤノ

大人のネルシャツ攻略術。野暮ったく見せない選び方とおすすめ15選

大人のネルシャツ攻略術。野暮ったく見せない選び方とおすすめ15選

時代が変われど“ネルシャツ=定番”という方程式は不変。とはいえ、昔ながらのアイテムゆえに野暮ったさはつきもの。そう見せないための選び方を知っておきましょう。

山崎 サトシ

アフロ歴15年のファッションライターで、趣味はヴィンテージモノの収集とソーシャルゲーム。メンズファッション誌を中心として、WEBマガジンやブランドカタログでも執筆する。得意ジャンルはアメカジで、特にデニム・スタジャン・インディアンジュエリーが大好物!
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    春夏はTシャツが主役となる時期。頻繁に袖を通し、何度も洗うことを思えばやはり屈強なヘビーウェイトの1枚が欲しいところ。となればまず押さえておきたいブランドがある。

    菊地 亮

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツはワードローブに欠かせない定番アイテム。通年使える白Tシャツの選び方からおすすめブランドの1枚、そして季節の着こなしまで余すことなくお届けします。

    TASCLAP編集部

    ショートパンツのおすすめをピックアップ。大人が狙うべき15ブランド

    ショートパンツのおすすめをピックアップ。大人が狙うべき15ブランド

    夏のワードローブに欠かせないショートパンツ。子供っぽくならず、おしゃれに着こなすための選び方や編集部おすすめの人気ブランドを厳選しました。

    TASCLAP編集部

    なんだかんだでポロシャツは御三家ブランドがおすすめ

    なんだかんだでポロシャツは御三家ブランドがおすすめ

    ポロシャツ界の御三家といえば、昔も今も『ラコステ』、『ポロ ラルフローレン』、『フレッドペリー』が鉄板。今年の春夏に頼りたい、人気ブランドを再検証します。

    TASCLAP編集部

    大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

    大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

    春夏のワードローブに必須のTシャツ。つい定番を選ぶゆえに、コーデがマンネリになってしまう人も多いはず。おしゃれな人のコーデから着こなしのヒントを探りましょう。

    CANADA

    アイテムリスト

    BACK