気張ってないのになぜおしゃれ?シティボーイの作り方

今やすっかりファッションスタイルの1つとして確立された「シティボーイ」。若者だけのトレンド? いえいえ、30代以上の男性にもしっくりくるスタイルなのです。

2016.08.17
SHARE
記事をお気に入り
CANADA

執筆者

CANADA
メンズファッション誌編集長を経て、現在フリーランスエディター/ライター。好きなものは海、雑誌、パン。 記事一覧を見る
...続きを読む

本コンテンツはTASCLAPが制作した独自コンテンツです。また本コンテンツでは掲載するECサイト等から購入実績などに基づいて手数料をいただくことがあります。

シティボーイとは?

シティボーイとは?

WEAR

WEAR

お気に入り追加

シティボーイとは、その名のとおり「都会的な男子」という意味です。ファッションだけでなくライフスタイルにいたるまで、とても広義な言葉なのですが、都会で育ち、夢をもって生きていて、ファッションだけでなく旅や食にも興味があり、自分なりのこだわりをもっている人、といったところでしょうか。あなたはいくつ当てはまりましたか?

シティボーイがおしゃれな理由

それでは、なぜシティボーイのファッションが注目を浴び続けているのか? シティボーイの魅力を大きく3つに分けて解説していきます。シティボーイのファッションは若者だけのものではありませんよ!

魅力1

誰にでも似合いやすい!

トラッドなアイテムがベースとなるシティボーイは、基本的にはベーシックなアイテムを使うことが多いので誰にでも似合いやすいのが特徴。トラッドコーデをベースとして、そこに自分なりの味つけを足していく感じでコーデするのがいい。

誰にでも似合いやすい!

WEAR

WEAR

お気に入り追加

カーディガン、ボタンダウンシャツ、チノショーツとすべてトラッドなアイテムでまとめています。トラッドコーデがベースでも足元はスニーカーにして抜け感を作るなど、どこかに現代的な要素を取り入れると古臭いコーデになりません。

魅力2

男女ともにウケがいい!

トラッドベースに自分に合った旬の要素を足していくシティボーイは、同性受けはもちろん、女性からの支持も期待できます。爽やかさがあって不快感を与えないコーデなので、そろそろTPOも考えないといけない30代の男性には最適なコーデなのです。

男女ともにウケがいい!

WEAR

WEAR

お気に入り追加

シティボーイというと男性だけのものと思われがちですが、女性がシティボーイコーデをしてもかわいいんです! 妻や彼女と同じアイテムをリンクコーデさせたりしても面白いですよね。

魅力3

プチプラアイテムでも作れる!

凝ったデザインのデザイナーズアイテムをメインに作る着こなしではないので、基本的には『ユニクロ』などのプチプラブランドでもシティボーイコーデは作れます。むしろ、これみよがしなブランドアピールは、シティボーイにふさわしくないので避けるべき。

プチプラアイテムでも作れる!

WEAR

WEAR

お気に入り追加

どこにでもあるベーシックなアイテムを着てるだけなんだけど、どこかおしゃれ! に見せるのがシティボーイの最終ゴール。無理に高価なブランドアイテムを買う必要はないのです。

シティボーイを作る7つの方法

シティボーイの魅力を知っていただいた次は、実際にシティボーイコーデを作るためにはどうしたらいいかを見ていきましょう。街のコーデ例を参考にして、自分に合ったアイテムを取り入れてみて。

作り方1

ニット+シャツの組み合わせはマスト

着こなしのどこかに小技が隠れているのが、シティボーイの着こなし。ニットを着るにしても、それ一枚で無難にまとめるのではなく、中にシャツを重ねてニットを自分流に着こなすのがコツです。ニットのネック部分や袖から中のシャツをちらっと出すだけで、ニット単体で着るよりもずっとおしゃれに見えるはず。

ニット+シャツの組み合わせはマスト

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ローゲージニットにコーデュロイパンツを合わせて、色合いだけでなく素材感でも温かみを感じられるようにした着こなし。ニットの中は無地のシャツでもデニムシャツを合わせたので、程良くカジュアル感も加わっています。

ニット+シャツの組み合わせはマスト 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ワイドパンツをメインにした着こなしは、ボトムのボリュームに負けてしまわないようにざっくりと編まれたローゲージニットをチョイス。ニットの裾から白シャツをのぞかせることで、ダークカラーの着こなしも清潔感のスタイルに早変わり。

作り方2

チェスター×スウェットでかっちりとゆるさをMIX

きれいめコーデの代表アイテムであるチェスターコートですが、シティボーイはそれをそのままきれいめなコーデに落とし込みません。チェスターコートの中にスウェットを重ねてかっちりさとゆるさをMIXさせるのがシティボーイ流なのです。きれいめアイテムならカジュアルダウン、カジュアルアイテムならドレスアップさせると覚えておきましょう。

チェスター×スウェットでかっちりとゆるさをMIX

WEAR

WEAR

お気に入り追加

タイトなチェスターコートにスキニーデニムを合わせて縦長のシルエットを意識。ここでインナーにニットを合わせるとありきたりなコーデになってしまいますが、フード付きのスウェットを合わせたことで程良い抜け感が生まれてコーデがぐっとこなれます。

チェスター×スウェットでかっちりとゆるさをMIX 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

タイトなシルエットと小ぶりなラペルで上品な雰囲気に仕上げたチェスターコートは、『ジーユー』のもの。きれいめなチェスターコートをフード付きのスウェット&ダメージデニムでカジュアルダウン。足元もスニーカーを選んで軽快なイメージに仕上げています。

作り方3

スウェットパンツをきれいめにはく

カジュアルアイテムであるスウェットパンツですが、シティボーイはスウェットパンツきれいめスタイルに持っていくのが常識。スウェットパンツにTシャツやパーカーを合わせるのではなく、シャツを合わせてきれいめMIXさせると都会的に仕上がります。

スウェットパンツをきれいめにはく

WEAR

WEAR

お気に入り追加

デニム風スウェットパンツに無地の白Tを合わせるまではよくあるカジュアルコーデですが、シティボーイはここにシャツを羽織ってきれいめコーデに傾けます。コーデのポイントになるチェックシャツは、旬のノーカラーをチョイス。

スウェットパンツをきれいめにはく 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ネイビーのスウェットパンツにグリーンのチェックパンツを合わせて、カラーMIXに挑戦。メインとなるアイテムで色数を多く使っているので、インナーのTシャツとスニーカーは白をチョイスして、メインアイテムを引き立たせています。

作り方4

足元はスニーカー

シティボーイの足元はスニーカーで軽快にキメるのが鉄則! コーデにある程度きれいめな雰囲気が備わっているので、そこにレザーシューズを合わせてしまうとちょっとトゥーマッチ。スニーカーでハズすくらいが全体のバランスが取れてちょうどいいのです。レザーシューズを履くのが苦手、という人には朗報かも?!

足元はスニーカー

WEAR

WEAR

お気に入り追加

カモフラージュ柄のジャケットをメインにしたコーデは、ジャケットのサイジングがゆるめなので、パンツはスキニーを選んでバランスを調節。ハットとスニーカーは、ジャケットのインパクトとぶつからないように白を選択しています。

足元はスニーカー 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

テーラードジャケットのセットアップもカットソー&スニーカーでラフに着崩すのがシティボーイ流。スニーカーは白×黒の『アディダス』スーパースターをチョイスして、全体をモノトーンに。ラフに着崩してもきれいめな雰囲気はキープして。

作り方5

ニット帽とメガネがコーデを格上げ

今や通年でかぶるのが当たり前になったニット帽と、それ1つでコーデがおしゃれ化するメガネもシティボーイが流行の発信源! シティボーイは、この最強のトレンドアイテムを2つ同時につけちゃいます。ブランドアピールはしないけど、おしゃれアイテムは貪欲に取り入れるのがシティボーイ流といえます。

ニット帽とメガネがコーデを格上げ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

そろそろ秋を意識したコーデもしたいけど、まだまだ残暑が厳しい今の季節。こんなグレートーンの着こなしならTシャツコーデでも落ち着いた秋のイメージに近づけます。シンプルコーデにニット帽×ラウンドメガネでアクセントをプラス。

ニット帽とメガネがコーデを格上げ 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ベージュのステンカラーコートをメインにした柔らかい着こなしをニット帽、ラウンドメガネ、スニーカーと小物を黒にして引き締めています。シンプルなスタイルだからこそ、コートの中に着たボーダー柄がより一層引き立っています。

作り方6

エコバッグの脱力感がちょうどいい

シティボーイのバッグ事情は? 着こなしがシティボーイでもバッグがチグハグではせっかくの着こなしも台なしになってしまいますよね。シティボーイには、大げさなバッグは似合いません! 外国の雑貨屋で売られているようなエコバッグくらいの脱力感がちょうどいいのです。リーズナブルなものも多いので、バリエーションを豊富に揃えてみてはいかがでしょう?

エコバッグの脱力感がちょうどいい

WEAR

WEAR

お気に入り追加

チェスターコートにタイトなパンツを合わせたきれいめコーデも、エコバッグを持つことでぐっと力が抜けてちょうどいい抜け感が作られています。黒やグレーなど、秋冬シーズンになるとどうしてもダークな色合いのコーデが多くなりますが、そういうときこそ白のエコバッグがより効果的です。

エコバッグの脱力感がちょうどいい 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

シャツ、パンツともにネイビーを合わせれば、黒ほど重たくならずに程良い落ち着きを出せます。全体にシックな着こなしですが、実はパンツはスポーティなリブパンツをはいているのがポイント。エコバッグのホワイトがコーデをより軽快にしてくれています。

作り方7

秋のスポサンは×ソックスで履く!

この夏大流行したスポーツサンダル、通称スポサン。シティボーイはスポサンを夏だけのアイテムにはしません。夏は素足で履いていたスポサンですが、秋はソックスを履いてスポサンコーデを楽しんじゃうのです。履くだけでコーデにこなれ感が生まれるスポサン、秋もまだまだ活躍させたいなら、ぜひ参考にしてみてください!

秋のスポサンは×ソックスで履く!

WEAR

WEAR

お気に入り追加

Tシャツのインナーにシャツとタイを重ねてアイビールック風に。カモフラージュ柄のパンツにインパクトがあるので、足元はスポサン×ソックスの抜けた感じがちょうどいい。BBキャップとラウンドメガネを合わせたのもgood!

秋のスポサンは×ソックスで履く! 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

シャンブレーシャツにデニムパンツを合わせた、ブルーグラデーションコーデ。インナーのTシャツとスポーツサンダルをグレーで統一して色数を絞っているので、ラフなアイテムで作ったスタイルもスマートな印象に。ソックスの白も効果的です。

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP