大人だからこそ見直したい。オックスフォードシャツの選び方とコーデテク

大人だからこそ見直したい。オックスフォードシャツの選び方とコーデテク

永久不変の定番ワードローブであるオックスフォードシャツ。秋の着こなしにおいて重宝する1枚の選び方や着こなしの基本を、今一度見直してみませんか?

山崎 サトシ

2017.10.06

シャツ
秋の着こなし・コーディネート

定番だからって油断は禁物。オックスフォードシャツ選びで押さえたい3つのポイント

オックスフォードシャツとは、肉厚かつふんわりとした素材感のオックスフォードクロスを採用したシャツのこと。

定番アイテムではありますが、まずは押さえておくべき選び方を、3つのファクターに分けてご紹介。大人ならではの着こなしを叶える上ではハズせない項目ですから、きっちり押さえましょう。

さまざまなデザインのオックスフォードシャツが散見されますが、やはり使い勝手に秀でるベーシックな無地が狙い目。上品な着こなしからカジュアルスタイルに至るまで、オールラウンドに合わせることができるからです。

大人らしいスマートなカジュアルスタイルに取り入れるならば、程良く細身のシルエットを選びましょう。身幅だけではなく、着丈が短いほうがタックアウトで着こなしてもスタイリッシュにキマります。

見逃しがちですが、襟も要チェック。おすすめは襟先にボタンが配されたBD(ボタンダウン)です。この意匠はポロ競技がルーツで、馬に騎乗した際に襟がめくれ上がってこないようにと開発されたモノ。機能的なうえ、首元に抜け感を生んでくれる効果もあるんです。

どう着こなせばいい? 秋のオックスフォードシャツをおしゃれに見せるヒント

季節不問な王道アイテムであるオックスフォードシャツを、どうすれば秋らしく着こなせるのか。そのためのコツをご紹介。

季節感の演出は、合わせるアイテムの色みでアシストしてもらうのが良策。ブラウンやキャメル、カーキ、バーガンディといったウォーム感あるカラーをまとったアイテムと合わせれば、簡単に秋冬らしさを演出することができます。ただし、多用しすぎると重くなるのでご注意を。

2017年の秋冬はクラシックがトレンドとして台頭。トラウザーやステンカラーコート、ツイードジャケットなどとコンビを組むのが正解です。着丈が長いコートやダークグレーのスラックス、革靴というサポートアイテムと合わせれば、定番のオックスフォードシャツを旬の着こなしに昇華することも簡単。

ミリタリーも秋冬のトレンドとして見逃せないスタイルですよね。きれいめ派の大人には先ほどのクラシックテイストがおすすめですが、カジュアル好きの大人ならミリタリーアイテムと合わせるのもおしゃれ。クリーンなオックスフォードシャツはミリタリー特有の骨太さを緩和する役割を担ってくれるので、バランスのとれた装いに仕上がります。

秋のオックスフォードシャツ。着こなしに迷ったら好サンプルを参考に

オックスフォードシャツは万能のワードローブだけに、取り入れ方は実にさまざま。よりスタイルアップを狙うならば、大人らしく、おしゃれなサンプルに学ぶのが正解です。

『カンビオ』のオックスフォードシャツに合わせたのは、トラウザーに丸メガネ、ローファーといったクラシカルなアイテム。タイトなサイズ感でまとめることで、モダンさも織り交ぜています。

モックネックのニットベストという、ユニークなアイテムをオックスフォードシャツとレイヤリング。きれいめのトップスコーデに対し、下半身はジーンズ&ボーダーソックスとカジュアルに。上下で異なるテイストをMIXしながらも、ベーシックな色づかいで違和感のないスタイリングに仕上げています。

ファティーグジャケットやベージュチノといった、ミリタリーテイストのアイテムが着こなしの主役。ただし、インナーにニットやオックスフォードシャツ、そしてタイを織り交ぜてトラッド感もMIXしているので、クリーンな印象もさりげなく盛り込んでいる点が見事。

白のオックスフォードシャツを濃紺のステンカラーコートで軽やかに着こなしています。スタイルを良く見せる細身のサイズ感もGOOD。グレーのスラックス、ローファーと合わせて大人な雰囲気にまとめつつ、素足を覗かせて抜け感も意識しています。

ベージュのコートや白のオックスフォードシャツでクラシカルなテイストを前面に打ち出しつつ、リブパンツでスポーツ感もMIX。足元のローファーできれいめの印象を支えているのも巧みなテクニックです。

コットン×カシミアの上質感あるニットからオックスフォードシャツをチラ見せ。ネイビーとブラックを基調としたヘビーな着こなしだからこそ、シャツのチラ見せが高い効果を発揮します。ボストンバッグで秋色を投入し、季節感を加えている点も参考にしたいところ。

サードタイプのGジャン&カーキチノパンツのアメカジスタイル。適度にリラクシングなオックスフォードシャツは、こういう男っぽいマッチアップにも難なくフィット。同時に、スタイリングに清潔感をもたらす役割も果たします。

オックスフォードシャツとジーンズ、レザーシューズの3点で簡潔にコーディネート。ごちゃごちゃと飾り立てる着こなしが苦手な方は、これくらい潔くまとめても良いでしょう。モノトーンで全体をリンクさせ、統一感にもさりげなくアプローチ!

ステンカラーコート、ニットベスト、オックスフォードシャツで構成されるクラシカルなトップスレイヤード。そのままだと少しカチっとした印象になりますが、ウォッシュドジーンズと『バンズ』のスニーカーを投入することで、巧妙にドレスダウンを図っています。

オックスフォードシャツとゆるい雰囲気のワイドパンツを駆使し、力みのないスタイルに。まだ暑さが残る秋口にはこんな軽快感あふれるコーデで街へと繰り出すのもアリですね。

選ぶならコレ! おすすめのオックスフォードシャツ10

大人のワードローブとしてぴったりな、おすすめのオックスフォードシャツ10点をご紹介。旬ブランドから定番ブランドまで、大人のおしゃれをサポートするアイテムをピックアップしました。

ベーシックなデザインのスリムオックスフォードシャツを、汗染みを抑える“Anti Soaked”という素材で仕立てたアイテム。暖房で体温調節が難しい冬の時期にも、強い味方となってくれます。

程良く厚みとハリがある生地を採用したオックスフォードシャツ。洗いざらしでも着られる1枚は、持っておくと重宝します。『コーエン』らしいブランドロゴが、ボディと同色で刺しゅうされているのもポイントです。

暗くなりがちな秋の着こなしに映える、サックスブルーのカラーが印象的。ダブルトラックステッチや背面のロッカーループなど、ヴィンテージシャツから着想を得たディテールワークもポイントです。

ブランドオリジナルのオックスフォード生地は極細番手のコットン糸で織り上げられており、上品な風合い。プレミアムの名前にふさわしい品格ある逸品です。非常に軽量なのも魅力的。

前立て部分に配されたラインテープや、素材を変更した背面のハンガーループがささやかなデザインスパイスとなっています。胸元のポケットにはなじみ深いワニのアイコンマークが鎮座!

メイド・イン・イタリーのオックスフォードシャツにつき、クオリティーの高さは折り紙付き。余計なディテールでごまかさないシンプルなデザインワークは、ブランドの自信の表れといえます。

シャープで美しいシルエットもさることながら、ファブリックにも注目。吸水速乾性に特化した素材を使用しているので、常にコンフォータブルな着心地をキープできるんです。

洗いざらしの風合いで気負わず着られるのがうれしい、コットン100%の1枚。レギュラーフィットのサイズ感で羽織り、トップス、インナーの3役をこなせるオールラウンダーです。

秋らしさが上品に漂うベージュカラーが採用された、ジャパンメイドのモデル。生地はしっかりとした厚みがあって非常に丈夫で、ヘビロテにも強さを発揮します。左裾にはSの刺しゅう入り。

胸元にセットされたジップポケットに自己収納できるパッカブルオックスフォードシャツは、旅のお供にも最適! ところどころにあしらわれたブルーのボタンは、トルコのお守りから着想されています。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK