結婚式でもオフィスでも。カフリンクスでシャツの袖口をおしゃれに彩る

結婚式でもオフィスでも。カフリンクスでシャツの袖口をおしゃれに彩る

カフリンクス、カフスボタンという言葉は知っているものの、使い方まできちんと把握している人は多くはないはず。合わせるシャツやシーン別のおすすめをご紹介します。

近間 恭子

近間 恭子

SHARE
記事をお気に入り
2019.04.18

アクセ感覚でおしゃれが楽しめるカフリンクス(カフスボタン)

アクセ感覚でおしゃれが楽しめるカフリンクス(カフスボタン)

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

日本ではカフスボタンとも呼ばれていますが、正式名称はカフリンクスで、ドレスシャツの袖口(カフ)を留める(リンク)ための装身具のこと。ちなみにカフリンクスの本体にあたる部分をフェイス、その反対側をバッキングと呼びます。

パーティシーンで装着するイメージがありますが、スーツスタイルで許される数少ないアクセサリーの1つ。それゆえにデザインによってはビジネスシーンで取り入れることが可能です。袖口からチラッと覗くだけなので主張は控えめですが、取り入れると印象が華やぎ、洒脱な雰囲気を演出できます。

シャツのカフス型とカフリンクスの種類

基本知識として知っておきたい、シャツのカフス型とカフリンクスの種類を今一度おさらい。

▼カフリンクスが装着できるシャツのカフス型

▼カフリンクスが装着できるシャツのカフス型

かわいいアクセサリー雑貨アンジー

かわいいアクセサリー雑貨アンジー

カフリンクスはどんなシャツでも装着できるわけではありません。装着できるカフス型は、コンバーチブルカフス・ダブルカフス・テニスカフスの3タイプです。

■コンバーチブルカフス:ボタンホールが両方にあってボタンでもカフリンクスでも留められるようになっています。

■ダブルカフス:フレンチカフスとも呼ばれ、袖口を折り返し二重にして、カフリンクスで留めるタイプ。

■テニスカフス:カフリンクス専用シャツで、ボタンがなく両方にボタンホールが開いているタイプを指します。

▼カフリンクスの種類

種類1

最近では最もポピュラーなスウィヴル式

最近では最もポピュラーなスウィヴル式

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

バッキング部分がバネ式になっているのが特徴。T字状のバッキング部を倒してボタンホールに通した後、再び起こして袖を留めます。最近では最も一般的で、使いやすいのが魅力。

種類2

装着の手軽さはピカイチの固定式

装着の手軽さはピカイチの固定式

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

バッキング部分が固定されており、ボタンホールにそのまま挿して留めるタイプで手軽さがポイント。フェイスがリバーシブルになったダブルフェイスが多いのも特徴です。

種類3

古典的なカフリンクスとされるチェーン式

古典的なカフリンクスとされるチェーン式

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

フェイスとバッキング部分をチェーンでつないだこちらは、1640~1920年頃に主に使用されていた古典的なタイプ。礼服のマナーには一部ふさわしくないとされているので注意が必要です。装着の難易度はやや高め。

種類4

ピアスのような構造のスナップ式

ピアスのような構造のスナップ式

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

パッと見は固定式ですが、2つに外せるようになっており、ボタンホールに挿し込んでスナップボタンで固定するタイプです。装着しやすいのでおすすめ。

種類5

カジュアルな着こなしにおすすめのひも式

カジュアルな着こなしにおすすめのひも式

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

シルクやゴムを使用したひも式はカジュアルな着こなしにうってつけです。カラフルな配色も多く、ポイント使いにぴったり。

ビジネスシーンで使うなら、シンプルなカフリンクスを

ビジネスシーンで装着するカフリンクスなら、主張が控えめのシンプルなデザインがベスト。ゴールドはときに悪目立ちするので、色はクリーンなシルバーがおすすめです。それなら上品さをキープしつつ、さりげないアクセントになってくれますよ。

アイテム1

『シップス』

『シップス』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スクエア型のフェイスに4本ラインが入ったスウィヴル式カフリンクス。ストーンなどを施していないシンプルなデザインなので、かっちりとしたスーツスタイルにも違和感なくハマります。

アイテム2

『エリザベスパーカー』

『エリザベスパーカー』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

カフリンクスやネクタイなどのメーカーとして1995年にイギリスで創業した『エリザベスパーカー』。マーブル調のシックなストーンが、袖口でさりげなく存在感を主張してくれます。スウィヴル式で使いやすい点も高ポイント。

アイテム3

『ユナイテッドアローズ』

『ユナイテッドアローズ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

シンプルながらも洗練されたデザインでさりげなく洒落感を演出できるスウィヴル式の1点。かっちりとした六角形のフェイスは、スーツやジャケパンスタイルの袖口で存在感を発揮します。

アイテム4

『テッドベーカー』

『テッドベーカー』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

シルバーとブラックを組み合わせ、リバーシブルで使えるスナップ式のカフリンクス。ロゴをあしらっただけのシンプルなデザインなので、さまざまなビジネススタイルに活躍するはず。

アイテム5

『コーディス マヤ』

『コーディス マヤ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

1987年に誕生したイギリスのカフリンクスブランド。シンプルで洗練されたラウンド型のカフリンクスは、さまざまなシャツと相性が良くビジネスシーンで活躍します。メタリックのさりげない輝きが袖口の上品なアクセントに。手軽に装着できる固定式です。

結婚式には、華やかで遊び心あるカフリンクスを

結婚式などフォーマルシーンに合わせるカフリンクスは、ビジネスシーンとは異なり、その場にふさわしい華やかさも意識するべき。品のある華やかさをプラスできる白蝶貝やストーンを使っているモノがおすすめですよ。

アイテム1

『タケオキクチ』

『タケオキクチ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

絶妙なカーブの真鍮と白蝶貝の組み合わせたスウィヴル式の1点。エレガントな華やかさを放つカフリンクスは、まさに大人の男性にうってつけ。フォーマルシーンも欠かせないアイテムになるはずです。

アイテム2

『ルイ ファグラン』

『ルイ ファグラン』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

100年以上の歴史を誇るフランス発の『ルイ ファグラン』。サークルモチーフを施したゴールドカラーのスウィヴル式カフリンクスは、フォーマルスタイルをよりおしゃれに演出します。専用のケース付きでギフトにもおすすめです。

アイテム3

『ザ・スーツカンパニー』

『ザ・スーツカンパニー』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

小さなスワロフスキー(R)クリスタルを埋め込んだエレガントなスウィヴル式カフリンクス。デザイン性の高いフェイスの模様も、フォーマルスタイルに上品な華やかさをプラスしてくれます。

アイテム4

『クリケット』

『クリケット』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

アメリカで100年以上の歴史がある紳士の装身具ブランド『スワンク』の1点は、万年筆のペン先をモチーフにしたユニークなデザインが魅力。品のあるシャンパンゴールドも美しく、フォーマルシーンにぴったりです。

アイテム5

『キャサリン ハムネット ロンドン』

『キャサリン ハムネット ロンドン』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

サイコロを彷彿させるダイス型のフェイスを採用したカフリンクス。さりげなく存在感を主張するストーンの煌めきが、フォーマルスタイルにさらなる華やかさを演出します。

スーツの着こなしをおしゃれに見せる5つのポイント

ウェア・コーデ

スーツの着こなしをおしゃれに見せる5つのポイント

ルールを押さえたうえで、個性を少し加えるのがスーツをおしゃれに着こなすコツ。意外と知られていない基本から改めて解説します。旬や個性を加味するヒントも紹介!

平 格彦

2020.03.18

結婚式のスーツ術。今さら聞けない基本マナーとおしゃれに着こなすコツ

ウェア・コーデ

結婚式のスーツ術。今さら聞けない基本マナーとおしゃれに着こなすコツ

これまで何度も結婚式には出席しているけれど、はたして自分の着こなしが合っているのか気になるところ。そこでスーツの選び方からおしゃれに着こなすコツまでをご紹介!

近間 恭子

2020.03.05

注目編集者
近間 恭子

バッグ・革小物をメインに執筆記事は200本以上

近間 恭子
ライターのアシスタントを経て、2003年に独立。「MEN’S CLUB」や「Mono Master」などの男性誌をはじめ、女性誌やWEB、カタログで活動している。ビジネスからカジュアルまでのメンズファッション全般を得意としているが、最近は趣味がこうじて旅企画も担当。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

人気スタイリスト3名が本気で考えた。今、大人が着るならこんなセットアップが良い

シーンを選ばない汎用性や、インナーと靴を決めるだけでまとまる手軽さが魅力のセットアップ。今選ぶべき1着はどういったものなのか? 実力派スタイリストが伝授します。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

初夏の主役トップスが税込1,650円。大人のお眼鏡に適うTシャツを、クロスコットンで見つけた

まもなく、Tシャツが主役となる季節に。戦力として欲しいのは、本格志向だけどガシガシと気軽に普段使いできる1枚です。その最適解が『クロスコットン』にありました。

SPONSORED by 丸久

続きを読む

引き算の美学を知る。新作ドレスウォッチで強固になった、カルレイモンの“軸”

高級時計の代名詞、ムーンフェイズを若者でも手の届く価格で世に送り出す『カルレイモン』。よりドレス感を強めた話題の新作「クラシックシンプリシティ2」に注目です。

SPONSORED by カルレイモン

続きを読む

今春のクォーツに求めるのは、ラグスポかエレビジか。ティソの二大新定番からその答えを探る

新しい季節を、新しい相棒と。そんな方へのフレッシュな腕時計が、老舗『ティソ』にありました。抜群の信頼性と利便性を両立した、2本のクォーツウォッチに迫ります。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

その実用性に、また頼りたい。マンハッタンポーテージの“現在”を知っているか

90年代のシーンを席巻した、『マンハッタンポーテージ』。現在、同ブランドのバッグは現代のニーズに合わせて進化を遂げています。再び頼りたい逸品群をお披露目!

SPONSORED by マンハッタンポーテージ

続きを読む

きちんと収まる、がどれだけ大事か。“ブレない”男になれる、BN3THのアンダーウェア

シンプルなようで奥が深いアンダーウェアの世界。立体設計のフロント内部ポケットを持つ『BN3TH(ベニス)』は、“ポジション”に悩むすべての男性必見のブランドです。

SPONSORED by BN3TH(ベニス)

続きを読む

Tシャツに羽織るべきは、都会派ミリタリーアウターだ。タトラスが示す春コーデの方程式

男らしい存在感が持ち味のミリタリーアウターは、薄着になっていく今の時期に必携。あくまでスマートに着こなすなら、骨太さの中に洗練を宿す都会派な1着を選びましょう。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

カテゴリ

おすすめ記事