もう悩まない。気温20度の服装の選び方と最適なコーデ

メンズのスタイルで多くの方が悩むのが春秋シーズンの服装。気温20度前後の季節での最適なコーデと、持っておくと便利なアイテムを紹介していきます。

もう悩まない。気温20度の服装の選び方と最適なコーデ

気温20度ってどんな気候?

気温20度というと、その20度が最高気温なのか最低気温なのかにもよりますが、おおまかにいうと春(3〜4月)と秋(10〜11月)くらいの気候にあたります。この春秋の気候の特徴としては、昼と夜の寒暖の差が大きいということ。そのため、うまく重ね着をして気温に対応することがポイントになってきます。この時期は、薄手の羽織りがあると重宝しますよ。

気温と一緒に参考にしたいのが"服装指数"

気温と一緒に参考にしたいのが"服装指数"

”服装指数”ってご存じでした? 日本気象協会が毎日服装の目安を発表してくれるのです。地域ごとにわかるので、ぜひとも参考にすべし!

ちなみに以下の5段階で表示されています。数値の目安はこのくらいです。
■0〜30…コート必須。しっかり防寒してでかけましょう
■40〜50…セーターがあればコートがなくても大丈夫
■60〜70…朝晩は上着があると◎。昼間は薄手のトップス1枚でOK
■80〜90…半袖で快適に過ごせます
■100…ノースリーブでOK

天気予報で気温20度の場合、どんな格好が正解?

気温20度というのは、服装指数で見ると60〜70に位置します。つまり、薄手のトップスと羽織りさえあればOKということです。

しかし、ひと口に気温20度といっても、それが最高気温なのか最低気温なのかでかなり意味合いが変わってきます。最高気温20度では、朝晩の最低気温が15度(もしくはそれ以下)になる可能性があり、最低気温20度では、日中の最高気温が25度(もしくはそれ以上)になる可能性がありますよね。

ポイントは、最高気温20度なのか最低気温20度なのか。ここでは、ふたつの軸にそったコーディネートを紹介します。

▼最高20度の場合は、カットソー+羽織りがベスト

最高気温20度の場合のコーデでは、アウターで寒暖に対応できるということがポイントとなります。インナーには、素材の厚さや袖の長さなど、豊富な種類から選ぶことができるカットソーが便利です。最高気温20度での服装は、カットソー+アウターを羽織るというスタイルがベストでしょう。

Tシャツやカットソーに羽織りアウターとしては、合わせやすくて見栄えもいいジャケット、カーディガンなどが筆頭候補。

参考記事:カーディガン|選び方とおすすめブランド、コーデまで

もちろん、シャツ地を使用した薄手のコートもこなれたイメージとなりおすすめです。また、根強い人気のブルゾンもあります。

コーデ1

ジーンズ+ジャケットをサラリと着こなす基本コーデ

大人のカジュアルコーデには欠かせないテーラードジャケットは、気温の変化にも対応しやすい優秀なアウターでもあります。ジーンズにシンプルな無地のロンT、そして足元はスニーカーというキレイめカジュアルの定番コーデなら、どんなシチュエーションにも対応できます。

コーデ2

綿パン+ジャケットのシャープなコーデ

時期的にはジャストでも、色の合わせ方を間違えると野暮ったくなりがちな綿パンとジャケットのコーデ。そんなテーラードジャケットに綿パンを合わせるなら、白が非常に有効です。足元はローファーを合わせて、品のあるシャープなコーデに仕上げています。

コーデ3

使いやすいミリタリー系のジージャンを活用

春秋のアウターでは、コットン素材のミリタリージャケットが旬度も高くて非常に使えます。さらりと羽織るだけでこなれ感が出る、大人のコーデには必須のアイテム。足元をスニーカーにしてカジュアルにまとめたり、革靴でミリタリー感を強く打ち出してもGOODです。

コーデ4

重くなりすぎないチャコールのジージャンがポイント!

シックなジージャンをジョガーパンツとスニーカーを合わせてスポーツミックスコーデに。インナーに合わせるアイテムで寒暖の調整が簡単にできて、なおかつ今風の見え方となるおすすめのコーデです。

コーデ5

薄手のカーディガンは重宝します

グレーのワントーンに薄手のカーディガンをオン。柔らかくて軽いニットカーディガンは肩がこらずに着用できるので重宝します。ジャストサイズを選んで、重たくならないようにバランスよく。スラックスとローファーを合わせることできれいめカジュアルに仕上げています。

コーデ6

色でみせるカーディガンの大人コーデ

色合わせでイメージが変えやすいカーディガンのコーデ。上のフォトのように白〜ベージュのトーンで全身をまとめると、非常に上品でリラックス感のある大人のコーデとなります。ボトムスの白は今年人気のカラーとなっていますので、ぜひマスターしたいテクニックです。

コーデ7

シンプルなブルゾンでアクティブに

ジャケットのスポーツミックスコーデよりもカジュアル感の出せるブルゾンのコーデも魅力的。人気の続くMA-1タイプも、ディテールをそぎ落としたシンプルなモデルなら、アクティブなイメージを残しつつ、今年らしいクリーンでナチュラルなコーデにすることができます。

コーデ8

スッキリ着こなすミリタリーブルゾン

気候的にジャストでも、合わせ方によってはむさ苦しく見えがちなミリタリーブルゾン。ボトムスに白を合わせ、インナーやシューズもモノトーンでまとめると、品のあるスッキリとした着こなしに。とくに軽さのほしい春〜初夏のコーデではぜひ実践したいカラーコーデです。

コーデ9

ショップコートを着こなそう

注目されても今ひとつ使いどころの難しかったショップコートですが、スポーツミックスのブームでグッと身近なアイテムになってきました。寒ければインナーをパーカーに、暑ければインナーを半袖にと、使いやすくて今風のコーデになるショップコートはぜひ取り入れたいアイテムです。

コーデ10

ショップコートのシックな着こなし

ショップコートのコーデをモノトーンでまとめたスポーティーでシックな着こなし。気温の変化に対しては、インナーの使い方にくわえて、合わせるアイテムの白、黒、グレーの分量を変化させてイメージを変えていけるというコーディネートの楽しさも、ショップコートの魅力です。

▼最低20度の場合は、トップスはカットソーやシャツでOK

最低気温20度というと、5月や9月ごろの爽やかで過ごしやすい気候といえます。日中の最高気温が25度以上となることを考慮して、カットソーやシャツをトップスにするのがベストです。袖丈は、風があるときや日が沈んだ後の肌寒さをしのげる長袖か七分袖を選んでおくといいでしょう。

シャツやカットソーは1枚で着てもいいですし、タンクトップやTシャツとレイヤードすることで、着こなしの表情に変化をつけることもできます。着こなしのポイントとしては、シャツを着る場合は袖を少しロールアップすることで、リラックス感のあるこなれたイメージを演出できます。

コーデ1

基本は同系色のミニマルなコーデ

シャツを羽織らずにトップスとするミニマルなコーデでは、全体を同系色でまとめるというのが失敗の少ない基本のコーデとなります。サイズはピタピタの小さいものや大きすぎるものを避け、ジャストサイズよりもちょっとゆとりのあるくらいを選べば上品で大人っぽい雰囲気になります。

コーデ2

「大人のアメカジ」を目指そう

アメカジはサイズ選びに注意! メンズのカジュアルでは王道のアメカジですが、ダボダボの大きなサイズを選ぶと一気に子どもっぽくなってしまいます。サイズはジャストなものを選んでキレイに着るというのを心がけるだけで、品のある大人のアメカジになります。

コーデ3

チャレンジしたい白×白コーデ

夏の手前の最低気温20度の気候で、ぜひチャレンジしてみたいのがホワイトコーデ。爽やかやかつ、おしゃれ感満点です。シャツは同色の刺しゅうがあしらわれたデザインが、コーデにメリハリを生み出しています。

コーデ4

涼しげに白シャツを羽織る

シャツをアウターに使うというのもこの時期に多く見られる着こなしです。野暮ったく見えがちなアウターシャツは、サイズと色がポイント。ここでもやはりジャストサイズよりちょっとゆるめを選び、コーデ全体の色数を減らすと、品のいいスッキリとしたコーデになります。

コーデ5

ベージュのシャツで上品な大人のカジュアルに

使いどころの難しいベージュですが、ホワイトやグレーと合わせることでクリーンな大人のスタイルに。シャツ地を利用した軽い羽織りにスウェットパンツとスリッポンを合わせて程よい抜け感を演出。軽快な着こなしに仕上げています。

コーデ6

羽織るチェックシャツはモノトーンで

チェックシャツというと、赤や青をベースとしたアメカジ風のマドラスチェックを思い浮かべますが、モノトーンの大柄チェックシャツをモノトーンで合わせると涼しげでシックなコーデになります。ショーツやクロップドなどの短い丈のパンツとの相性も抜群です。

コーデ7

ボーダーTの大人風シンプルコーデ

”かわいい””子どもっぽい”イメージのボーダーTシャツ。とくに1枚でのトップスとなるとなおさら難易度の高いアイテムですが、リブ仕様の袖とモノトーンのカラーリングなら上品な大人のコーデに。初夏や初秋にぴったりなシンプルなスタイリングとなります。

コーデ8

シックに着こなすスウェットシャツ

スポーツブームの中、注目されるスウェットシャツ。子どもっぽさのない大人のコーデを目指すなら、やはり同系色のシンプルコーデがベスト。パンツが太いと野暮ったくなってしまうので注意が必要です。全体がシックなトーンの場合はシューズに白を、明るいトーンの場合は黒やネイビーで締めるというのも上品です。

コーデ9

旬のヴィンテージカットソーを取り入れてみる

カットソー1枚のコーディネートだと、シンプルすぎて心もとないという方も多いはず。そんなときは、今年のトレンドでもあるヴィンテージカットソーに頼りましょう。1枚でも十分な存在感が出せて、マンネリ化防止にも一役買ってくれます。

コーデ10

モノトーンコーデのトップスにおすすめの1枚

カジュアルダウンしやすい七分袖のカットソーは、濃いめのカラーリングを選ぶのが正解。デザインも極力シンプルなものをチョイスし、さらにきれいめのスラックスやレザーシューズで合わせると子供っぽくならずに上品に仕上がります。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る