メンズブーツブランド厳選20。国内外から名門メーカーばかりを選別

メンズブーツブランド厳選20。国内外から名門メーカーばかりを選別

冬。それはブーツが輝きを放つ季節。存在感のある面構えに信頼に足るタフさ。コンフォートシューズばかりがもてはやされる今だからこそ、ブーツを履くことに意味がある。

押条 良太

押条 良太

SHARE
記事をお気に入り
2021.11.05

そろそろ手にしたい、魂の1足。実力派ブーツブランドを今、チェック

そろそろ手にしたい、魂の1足。実力派ブーツブランドを今、チェック

ARKnets

ARKnets

お気に入り追加

昨今のシューズシーンを見渡せば、軽く、クッション性に優れた靴ばかり。だが、ふと思う。果たしてそれだけが靴なのか? と。そう、コンフォートシューズが街に溢れる今だからこそ、武骨で重厚なブーツがまぶしく映るのだ。さらに、トレンドとしてウェア類のシルエットがボリューム感を増す中にあっては、服に負けない存在感を持つブーツがスタイリングの格好のアクセントとなってくれるだろう。そこで本記事では、アメリカやヨーロッパの名門ブランドから新進気鋭のジャパンブランドまで、硬骨な靴作りを貫くブーツブランドを網羅。男心に響く魂の1足を見つけたい。

海外ブーツブランドを中心に。押さえるべき名門ばかりを集めた15選

本物のブーツが欲しいなら、まずはブーツの本場であるアメリカやヨーロッパのブランドに目を向けてみるのが良いだろう。本パートでは、「ブーツといえば……」な15ブランドとその代表的なモデルをピックアップ。その顔触れは目移りするほど豪華だ!

ブランド1

『レッド・ウィング』

日本でもっとも高い知名度を獲得しているアメリカンブーツといえば、『レッド・ウィング』だろう。1905年にチャールズ・ベックマン氏が仲間とともにミネソタ州で設立。当時から現在まで、林業や農業などに従事するリアルワーカーのためのブーツを作り続ける米国最大のタンナーから供給されるレザーや自社工場による製造などクオリティも超一級だ。

『レッド・ウィング』

アルカヤ靴店(928ウイング)

アルカヤ靴店(928ウイング)

お気に入り追加

1950年に新しいハンティングブーツとして開発された「アイリッシュセッター」。元々はレザーの色がアイルランド産の犬種に似ていることからつけられた名称だが、現在ではモックトゥブーツ全般がこの名で呼ばれている。代表モデルの「#8875」は、赤味がかった茶色が印象的なオロラセット ポーテージ レザー、底がトラクション トレッドパターンのクレープソールという正統スタイルが魅力的。

レッド・ウィングがやっぱり好きだ。アメカジの定番が、今こそ気になります

スニーカー・シューズ

レッド・ウィングがやっぱり好きだ。アメカジの定番が、今こそ気になります

アメリカンワークブーツのスタンダード『レッド・ウィング』。ブランドの歴史や魅力について読み解きつつ、押さえておいて損のない5種類の定番モデルをご紹介します。

那珂川廣太

2021.11.19

男の相棒。レッド・ウィングのアイリッシュセッターと、今一度向き合う

スニーカー・シューズ

男の相棒。レッド・ウィングのアイリッシュセッターと、今一度向き合う

ワークブーツの永遠の定番『レッド・ウィング』の「アイリッシュセッター」。あまりにも身近であるが故に見落としがちな名作ブーツの魅力を、今一度おさらいしましょう。

那珂川廣太

2020.04.20

ブランド2

『パラブーツ』

1908年にレミー・アレクシス・リシャール氏がアルプス山脈の麓にある小さな村で創業。当初はオーダーメイド靴の工房としてスタートしたが、後にブラジル・パラ港から輸入した天然ゴムを使った靴の生産を始めたことをきっかけに『パラブーツ』と命名された。堅牢なノルヴェイジャン製法やフランスの宝石と呼ばれるリスレザー、自社製ラバーソールがブランドの誇り。

『パラブーツ』

CRISPIN(クリスピン)

CRISPIN(クリスピン)

お気に入り追加

「ボーリュー」は『パラブーツ』が誇る大定番Uチップ「シャンボード」のブーツバージョン。アッパーにはオイル含有率が高く、雨ジミができにくいリスレザーが使用され、アウトソールにはハニカム構造のパターンが高いグリップ力を生む自社製のテックスソールが装着されている。頑丈なノルヴェイジャン製法や幅広いスタイリングにマッチする汎用性の高さも「シャンボード」譲り。

信頼できる名門ブランド。パラブーツの名作&人気モデル15選

スニーカー・シューズ

信頼できる名門ブランド。パラブーツの名作&人気モデル15選

誰もが知る名門シューズブランドであると同時に、勢いに乗った人気ブランドでもある『パラブーツ』。流行とは関係なくずっと愛用していける名作&人気モデルをご紹介。

山崎 サトシ

2019.09.27

SPONSORED by

GU

品質もコスパも譲れないなら『GU』の1足も視野に入れたい

品質もコスパも譲れないなら『GU』の1足も視野に入れたい

GU公式通販サイト

GU公式通販サイト

ブーツ専業ではないものの、本格ブランド顔負けの高品質&低価格なブーツを手掛ける『GU』にも注目を。なかでも押さえておきたいのが、新定番の「リアルレザーシューズ」シリーズから放たれるこのレースアップブーツ。上質な風合いと奥深い経年変化を堪能できる本革素材でありながら、なんとそのプライスは税込4,990円! 2層構造となった衝撃吸収インソールを採用するなど、素材のみならず履き心地に関しても妥協はなし。価格・デザイン・機能の三拍子揃った逸品は、大人にとって間違いのない一手となること請け合いだ。

ブランド3

『ドクターマーチン』

永遠のロックアイコンとして知られる『ドクターマーチン』は、1945年にドイツ人軍医のクラウス・マーチン博士が設立したブーツブランド。マーチン氏がスキーで負傷したことをきっかけに、自身のためにソフトなレザーとクッション性に優れたソールのブーツを設計したのがブランドの始まり。“エアウエア”と呼ばれる独自のエアクッションソールが生む快適な履き心地にも注目だ。

『ドクターマーチン』

DELITO

DELITO

お気に入り追加

ブランドの代名詞である「8ホールブーツ」は、当初はリアルワーカーたちから好評を博していたが、1960年代に「ザ・フー」のギタリスト、ピート・タウンゼント氏がステージで着用したのをきっかけに大ヒット、一躍ロックアイコンとなった。アッパーをぐるりと囲むイエローステッチやロゴ入りのヒールループなど、スタイリングのアクセントになるアイコニックなディテールも魅力的。

経年変化こそ魅力。ドクターマーチンの8ホール

スニーカー・シューズ

経年変化こそ魅力。ドクターマーチンの8ホール

“8ホール”の呼称で愛される「1460」の存在を無視して『ドクターマーチン』は語れない。同モデルの歴史や魅力をはじめ、ラインアップ、着こなしまで掘り下げて解説する。

深澤 正太郎

2019.09.24

ブランド4

『クラークス』

1825年に英国の小さな町でクラーク兄弟が創業。ブランドのルーツである羊の皮で作ったスリッパ以降、一貫してソフトな履き心地のブーツを追求してきた、コンフォートシューズのパイオニア。ソフトなスエードやクッション性に優れたクレープソールが使用された「デザートブーツ」や「ワラビーブーツ」といったブーツは時代を超えて愛され続ける永世定番。

『クラークス』

ABC-MART楽天市場店

ABC-MART楽天市場店

お気に入り追加

ブランド中No.1人気を誇る「デザートブーツ」。4代目のネイサン・クラーク氏が、砂漠地帯に駐屯する英国軍の日常用ブーツをヒントに開発したブーツがルーツで、アメリカで大ヒットを記録した。この「デザートブーツ2」はオリジナルをベースに、クレープソールからラバーソールへの変更をはじめ、履き口内側のパッド、抗菌・防臭・通気性を持つインソール・オーソライトの搭載などのアップデートを加えたモデル。

英国の名門、クラークス。トレンドを問わず履きたい名品とおすすめをレコメンド

スニーカー・シューズ

英国の名門、クラークス。トレンドを問わず履きたい名品とおすすめをレコメンド

温もりを感じさせる上品なフォルムとソフトな履き心地、そしてさまざまなスタイリングに対応する高い汎用性。『クラークス』を履きたくなる季節が今年もやってきました。

押条 良太

2019.09.13

トレンドに左右されない秀作。クラークスのデザートブーツを履こう

スニーカー・シューズ

トレンドに左右されない秀作。クラークスのデザートブーツを履こう

『クラークス』のデザートブーツといえば、流行り廃りとは無縁のマスターピース。暖かいスエード素材で仕立てられたブーツは、秋冬コーデの強い味方になってくれます。

山崎 サトシ

2021.11.09

ブランド5

『ブランドストーン』

1870年に英国で靴作りを学んだジョン・ブランドストーン氏がオーストラリア・タスマニア島で始めた工場が『ブランドストーン』のルーツ。独自のインジェクション製法で作られるシューズは耐久性や耐水性に優れ、過酷な環境で働くワーカーたちに愛用された。ブランドの代名詞であるサイドゴアブーツは、着脱がしやすく、雨にも強い万能ブーツとして絶大な人気を誇る。

『ブランドストーン』

ARKnets

ARKnets

お気に入り追加

『ブランドストーン』の醍醐味を味わいたいなら、“オリジナルズ”シリーズのサイドゴアブーツ「BS510」がおすすめだ。両サイドにあしらわれたゴアは着脱がしやすいだけでなく、さまざまな足の動きに対応。さらにインジェクション製法によってソール周りの縫い目をnaくすことで水の浸入を防止する。アッパーは耐水性のあるスムースレザーで、ヒール部分には衝撃を吸収するクッション素材・XRDを搭載。

大人の雨靴。ブランドストーンのブーツが気になる

スニーカー・シューズ

大人の雨靴。ブランドストーンのブーツが気になる

サイドゴアブーツが人気を見せている今シーズン。雨靴としても優秀でサイドゴアブーツの元祖ともいえる『ブランドストーン』をご存じだろうか。同ブランドの魅力をご紹介。

大中 志摩

2020.12.18

ブランド6

『エルエルビーン』

大のアウトドア好きだったレオン・レオンウッド・ビーン氏が米国メイン州で創業。1911年にゴム製のボトムに革のアッパーを縫い付けた「メイン・ハンティング・シュー」を発明し、翌年会社を設立したことからブランドの歴史が始まった。その後、氷運搬用の「ボート・アンド・トート」などさまざまなヒット作を発売。今やアメリカ文化のシンボル的存在となっている。

『エルエルビーン』

L.L.Bean公式オンラインストア

L.L.Bean公式オンラインストア

お気に入り追加

ブランドのルーツである「メイン・ハンティング・シュー」を原型とする「エルエルビーン・ブーツ」。アッパーは雨や雪を弾くフルグレインレザー製で、アウトソールはチェーンパターンが刻まれたラバー製。土踏まず部分のスチール補強やクッション性に優れたポリウレタンフォームのインソールなど作り込まれたディテールも見どころだ。現在もメイン州の自社工場での生産が続けられている。

雨にも雪にも負けないビーンブーツが欲しくなる!

スニーカー・シューズ

雨にも雪にも負けないビーンブーツが欲しくなる!

老舗アウトドアブランド『エルエルビーン』のロングセラーシューズ「ビーンブーツ」。雨や雪に対応する高い機能性のほか、多くの人に支持される理由を紐解きます。

ai sato

2021.06.06

ブランド7

『ティンバーランド』

1918年にロシア人のネイサン・シュワーツ氏が米国ボストンで始めたブーツショップがルーツ。1973年に息子のシドニー氏が世界初となる完全防水ブーツの開発に成功。『ティンバーランド』と名付けられたこの「イエローブーツ」がブランドの始まりとされる。その後、アメリカに進出するとLAのヒップホッパーたちの間で大ブレイク。一躍ファッションアイコンとなった。

『ティンバーランド』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

「イエローブーツ」とも呼ばれる「6インチプレミアムブーツ」はブランドの原点。アッパーは防水加工が施されたヌバックレザーで、ソールはグリップ力に優れたラバーラグソール。防錆加工が施されたアイレットや疲れにくいアンチファティーグ機能搭載のインソールなど一つひとつのディテールも高い完成度を見せつけru。カラーは「イエローブーツ」らしい定番のウィートカラーがおすすめ。

人気再燃。ティンバーランドのブーツならではの魅力とは?

スニーカー・シューズ

人気再燃。ティンバーランドのブーツならではの魅力とは?

日本ではストリート系の人が履く印象が強く、大人の装いには敬遠されていた『ティンバーランド』のブーツ。しかし、最近は感度の高い大人がコーデに取り入れています。

TASCLAP編集部

2020.12.18

ブランド8

『ダナー』

アウトドアブーツの名門として知られる『ダナー』は、1932年にチャールズ・ダナー氏、ウィリアム・ウェインハーグ氏らによってウィスコンシン州で創業(後にオレゴン州に移転)。当初は木こり用の靴メーカーとして名を馳せたが、1960年代にアウトドアブーツの生産を開始し、1980年に世界で初めてゴアテックスを使用した「ダナーライト」を発売した。

『ダナー』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

1980年に誕生したトレッキングブーツの金字塔。アウトドアブーツの王道を感じさせるレトロなデザインに、ゴアテックスが優れた防水透湿性をプラスする。アッパーはウォータープルーフフルグレインレザーとコーデュラナイロンのコンビ仕様。巷のワークブーツとはひと味違うすらりとしたフォルムも大人からの支持率が高い理由だ。MADE IN USAを示す黒いタグもデザインのアクセントに。

男らしい!ダナーのブーツを街でも山でもコーデの主役に

スニーカー・シューズ

男らしい!ダナーのブーツを街でも山でもコーデの主役に

自然豊かなポートランドが拠点のブーツメーカー『ダナー』。機能美光る同社のブーツは、山使いのみならず街履きとしても頼れる存在です。人気作をコーデ例とともに紹介!

山崎 サトシ

2019.10.01

世界初のゴアテックスブーツ。ダナーライトの質実剛健さに惚れ直す

スニーカー・シューズ

世界初のゴアテックスブーツ。ダナーライトの質実剛健さに惚れ直す

アウトドアを出自とするブーツの中でも絶対的な定番に位置付けられる「ダナーライト」。名靴として愛される理由は、質実剛健さと登山靴の常識を覆した履き心地にあります。

遠藤 匠

2021.01.14

ブランド9

『トリッカーズ』

1829年に英国靴の聖地・ノーザンプトンで設立された『トリッカーズ』。その名を世界的に有名にしたのが「カントリーブーツ」だ。英国靴らしい気品とワークブーツばりの頑丈さを併せ持つブーツは、稀代の洒落者と名高い英国のチャールズ皇太子にも愛用されたことで知られる。ロイヤルワラント(王室御用達の紋章)を授かる英国靴屈指の名門だ。

『トリッカーズ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ブランドの看板モデルであるカントリーブーツ「マルトン」。つま先のメダリオンやアッパーの随所に施されたパーフォレーションが“トランパー(ガシガシ歩くの意)”とも呼ばれる頑丈なブーツに上品な華やかさを添える。製法は優れた堅牢性を誇る英国伝統のグッドイヤーウェルト製法。ジーンズからウールのスラックスまで、幅広いパンツに合わせられる高い汎用性も服好きに愛される所以だ。

履き続けるべき価値がある。トリッカーズの革靴&ブーツ名作リスト

スニーカー・シューズ

履き続けるべき価値がある。トリッカーズの革靴&ブーツ名作リスト

今なお、多くのファッション好きを魅了し続ける『トリッカーズ』。その魅力をイチから掘り下げ、マスターピースと呼ぶにふさわしいラインアップを紹介します。

橋本 裕一

2019.10.15

ブランド10

『オールデン』

数多の傑作ブーツを擁するアメトラ靴の最高峰ブランド『オールデン』。歴史は古く、1884年にアメリカ・マサチューセッツ州で創業。紳士靴やカスタムメイドのシューズを手がけていたが、1970年代からは医療用矯正靴の開発を開始した。その開発で培われた技術は、「チャッカブーツ」や「インディブーツ」といったブーツの履き心地にも反映されている。

『オールデン』

agio

agio

お気に入り追加

靴のツウたちが『オールデン』のファーストチョイスとして推奨する定番ブーツ。アッパーはブランドの代名詞的な素材であり、革のダイヤモンドとも呼ばれるコードバン。濡れたような光沢と味わい深いシワが特徴の素材で、シンプルなチャッカブーツはこの革の魅力を存分に味わえる1足といえる。日本人の足型にマッチしやすい幅広のバリーラストの採用に加え、カジュアルにもドレスにも対応できる高い汎用性も人気の理由。

一生に1度は履きたい靴。コードバンの“オールデン”がなぜ人気なのか

スニーカー・シューズ

一生に1度は履きたい靴。コードバンの“オールデン”がなぜ人気なのか

アメリカントラッドにおいて不可欠な存在であり、米国の靴文化を象徴する靴ブランド『オールデン』。カーフやスエードも気になるが、まずはコードバンを手に入れたい。

NAKAYAMA

2021.01.13

ブランド11

『ウルヴァリン』

1883年に米国オハイオ州で設立されたハース・クラウス社を起源とするブランド。代表作は「1000マイルブーツ」。“ソールとアッパーは鋼のように頑丈で、履き心地はシルクのようにしなやか”とうたわれ、長きにわたってワーカーたちの足元を支え続けてきた。1921年にはウルヴァリン・シュー&タンニング社に社名を変更し、現在に至るまで質実剛健なブーツを作り続けている。

『ウルヴァリン』

クラウド・シューカンパニー

クラウド・シューカンパニー

お気に入り追加

1914年に誕生して以降、100年ブランドの看板を背負い続ける「1000マイルブーツ」。その名には「1000マイル歩いても壊れない」という堅牢さへの自信が込められている。アッパーはホーウィン社のクロムエクセルレザーで、ソールはビブラムソール。製法は丈夫で履き込むほどに足に馴染むグッドイヤーウェルト。きれいめなスタイリングにも合うすらりとしたプロポーションも、このブーツの美点の1つだ。

ブランド12

『メレル』

1981年にランディ・メレル氏がアメリカ・ユタ州で設立。手作りのハイキングブーツが全米で話題を呼び、権威あるアウトドア誌「バックパッカーマガジン」で絶賛された。1981年に「メレル・ブーツ・カンパニー」が設立され、80年代の「ウィルダネス」、90年代の「ジャングルモック」などのヒット作を輩出。現在は世界約160か国で展開されるメガブランドに成長を遂げている。

『メレル』

靴のシナガワ

靴のシナガワ

お気に入り追加

『メレル』の原点といえる「ウィルダネス」は、アッパーに撥水性のある頑丈な3mm厚のフルグレインレザーを使用。また、やや硬めのフレックスエイトのインソールやビブラム社のアウトソールを搭載することで、登山道や岩場でも優れた安定性とグリップ力を発揮する1足に。本格マウンテンブーツながら、足首からつま先にかけての流麗な曲線はどこか上品なイメージを感じさせる。これも、MADE IN ITALYのなせるワザか。

シーン別。メレルの定番靴&おすすめブーツ10選

スニーカー・シューズ

シーン別。メレルの定番靴&おすすめブーツ10選

高機能な『メレル』の靴は、山向けから街でも履けるもの、防水、雪靴などの特化型までラインアップに富んでいる。なかでも人気のブーツやシューズを、シーン別に整理した。

菊地 亮

2021.04.27

ブランド13

『ウエスコ』

1918年にジョン・ヘンリー・シューメイカー氏によってアメリカのオレゴン州に設立された『ウエスコ』。頑丈なアッパーをはじめ、悪路でもグリップ力を発揮するソール、完成度の高い木型が生み出す快適なフィット感など、アメリカンワークブーツの王道を感じさせてくれる名門だ。見た目こそ重厚だが、ステッチダウン製法によって歩き心地はしなやか。

『ウエスコ』

ALLSPORTS

ALLSPORTS

お気に入り追加

『ウエスコ』の顔というべき1足といえば、1938年に誕生した「ジョブマスター」。頑丈さ、グリップ力、履き心地とワークブーツの基本スペックが追求された同モデルは、その名の通りさまざまな仕事に対応できるマスターピースだ。デザインの特徴にもなっているつま先まであるレースアップは、足を包み込むようなしっかりとしたホールド感を生み出す。ワークブーツらしい丸くボリューム感のあるフォルムも今の気分。

一生モノにふさわしい。ウエスコのブーツを徹底研究

スニーカー・シューズ

一生モノにふさわしい。ウエスコのブーツを徹底研究

スニーカーと違い10年20年と長く付き合っていけるブーツ。せっかくなら、間違いのない一足を手に入れたいもの。ここでは一生ものにふさわしい『ウエスコ』についてご紹介。

大中 志摩

2017.01.05

ブランド14

『ホワイツ』

1世紀以上にわたってMADE IN USAを守り続けるアメリカンワークブーツのキング。生産効率を度外視し、熟練職人が手作業で1足ずつ作り上げるブーツは工芸品のようなオーラを放つ。長時間履いても疲れにくいアーチイースサポートやグリップ力に優れたビブラムソール、足馴染みの良いオイルドレザーなどが生み出す履き心地もまたキングの名にふさわしい。

『ホワイツ』

ARKnets

ARKnets

お気に入り追加

1930年に誕生した定番モデル「セミドレス」は、上品なルックスから医者や弁護士、接客業といったデスクワーカーたちに人気を博してきた異色のワークブーツだ。たしかにどこかドレス靴を彷彿とさせるそのデザインは、ジーンズはもちろん、ウールのスラックスなどのきれいめパンツに合わせてもしっくりくる。アッパーには光沢感のあるクロムエクセルレザーが使用されている。

改めて、王に触れる。なぜホワイツのブーツが求められるのかを堀り下げる

スニーカー・シューズ

改めて、王に触れる。なぜホワイツのブーツが求められるのかを堀り下げる

名実ともにキング・オブ・ブーツという称号にふさわしい歴史と実績を誇る『ホワイツ』。紛れもない一生モノとして履き続けられる、その職人気質なブーツ作りには脱帽です。

遠藤 匠

2021.02.06

ブランド15

『ソログッド』

『ソログッド』の母体は1892年にウィスコンシン州で創業されたシューメーカー、ウェインブレナー社。1世紀以上にわたって警察官や郵便局員、消防隊員などのためのブーツを作り続けている。そんな老舗メーカーのラインアップの中でも、セーフティブーツを中心にした『ソログッド』のタフさは群を抜く。今なお米国製を貫く数少ないブランドの1つである。

『ソログッド』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

古き良きアメリカンブーツの伝統が息づく「アメリカン ヘリテージ モックトゥ ブーツ」。アッパーにはアメリカの名門タンナーのオイルドレザーを使用。足馴染みの良いレザーは使い込むほどに味わいを増していく。さらにオールアラウンドウェルトステッチ製法によって、スニーカーばりのしなやかな履き心地を実現しているのもポイントだ。MADE IN USAを示すサイドの黒タグも、さりげないアクセントに。

世界に通用する実力派が集結。日本のブーツブランド厳選5選

ブーツの本場はアメリカやヨーロッパだが、近年は、日本ブランドも目覚ましい進化を遂げている。日本人の足型に合った木型といい、職人技が駆使されたディテールといい、ジャパンクオリティはブーツの世界でもまばゆい輝きを放つのだ。

ブランド1

『ローリングダブトリオ』

「クラフトバンク」の代表を務めるカリスマシューズデザイナー、徳永勝也氏が2007年に立ち上げたブーツブランド。「履く人を思いやる創意工夫」と「MADE IN JAPAN」をコンセプトに、熟練の職人の技術が駆使されたブーツを作り続けている。アメリカンクラシックをテーマに、木型から素材、製法、ディテールまで細部にこだわる気鋭のブーツブランドだ。

『ローリングダブトリオ』

上野アメ横 靴店 フットモンキー

上野アメ横 靴店 フットモンキー

お気に入り追加

ブランド草創期からラインアップされていたロングセラーモデル「ラインマン」のサードバージョン。ベースはアメリカの電線工に向けて作られたラインマンブーツで、アッパーにはしなやかで足馴染みの良いホーウィン社のクロムエクセルレザーを使用している。経年変化の味わいも絶品で、革を育てる楽しみを味わえる。ソールはビブラムソールで、製法は卓越した堅牢性を誇るノルヴェイジャンウェルテッド。

ブランド2

『ブラザーブリッジ』

2014年に東京・浅草で創業した日本ブーツ界の注目株。アメリカのワークブーツをスタイルのベースに、日本人の足に合った木型の使用をはじめ、足の骨を安定させるアーチブリッジインソールの採用や吸水速乾性に優れたデュポン社の不織布キャンブレル製ライニングといった数々の工夫によって、ワークブーツの域を超える快適な履き心地を実現している。

『ブラザーブリッジ』

上野アメ横 靴店 フットモンキー

上野アメ横 靴店 フットモンキー

お気に入り追加

「カルメット」のモチーフは1940年代にアメリカ海軍で使用されたサービスシューズ。こだわりの木型は、つま先から土踏まず部分は程良くシェイプしつつ、かかと部分は小さめのアーチ形状にすることで、かかとの収まりの良さと足全体のフィット感の向上に成功している。アッパーに使われた厚さ2.2mmのクロムエクセルレザーやグッドイヤーウェルト製法の採用による、ワークブーツの本分であるタフさも文句なし。

ブランド3

『フット ザ コーチャー』

ファッションシーンの足元をリードするブランドといえば、デザイナーの竹ヶ原敏之介氏が手がける『フット ザ コーチャー』。イタリア、フランス、英国の最高級レザーを使い、グッドイヤーウェルトをはじめ、マッケイ、セメントなど、デザインにもっとも適した製法を駆使する。国内外のファッションブランドから別注やコラボのオファーが絶えない注目ブランド。

『フット ザ コーチャー』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

クラシックなサイドゴアブーツをモダンにアレンジした「ブリティッシュ サイドゴア」。装飾性がそぎ落されたミニマルなデザインは、グラマラスなプロポーションを際立たせるだけでなく、カジュアル、きれいめ、モードまで合わせるスタイリングも選ばない。ソールには軽量かつ優れた屈曲性を持つビブラムソールを採用。厚くボリューム感のあるソールは、背が高く見えるスタイルアップ効果も期待できるだろう。

ブランド4

『ロンウルフ』

東洋エンタープライズのワークブーツ専門ブランド「ロンウルフ」。木型は日本人の足に合ったオリジナルのものを使用し、レザーはなめしの段階から手がけるというこだわりのブランドだ。同ブランドには、カーペンター、ハンター、ロガー、メカニックなど職業に合わせた7つのスタイルがラインアップ。熟練職人が一足一足作り上げる珠玉のブーツは、大量生産品にはないオーラを放つ。

『ロンウルフ』

American Clothing Cream

American Clothing Cream

お気に入り追加

アメリカの修理工が履くブーツをモチーフにした「メカニック」。5mm厚の本革底に2枚のベンズレザーを重ねたヒールや、ブラス製のフック&アイレットがヴィンテージのムードを醸し出す。アッパーはアニリンで仕上げられた丈夫なアメリカ産カウハイドで、製法は頑丈かつ、土やホコリの侵入を防ぐグッドイヤーストームウェルト。キャッツポウ社製のラバー製ヒール&アウトソールでグリップ力も抜群だ。

ブランド5

『三陽山長』

ルーツは2010年に誕生した靴メーカー「山長印靴本舗」。「三陽商会」がその商標を2001年に取得したことから『三陽山長』が誕生した。「技」「粋」「匠」を理念に掲げ、「日本人のための日本人による靴作り」を追求。最高級のレザーを使い、ビスポークの技法を取り入れた靴作りを展開する。ドレス靴が有名だが、サイドゴアやチャッカ、ジョッパーなどブーツも名作揃い。

『三陽山長』

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

『三陽山長』のブーツといえば、サイドゴアブーツの「誠十郎」が代表格。アッパーには細やかなキメと豊かな光沢が持ち味のカーフレザーが使用され、アウトソールには耐摩耗性、グリップ力に優れた日本製ラバーソールが装着されている。また、履き心地を大きく左右する木型は日本人の足型を研究して作られた「R2010」。小ぶりなヒールカップと絞り込まれた土踏まず、低めに抑えられた甲がしっかりとしたホールド感を生む。

三陽山長が作る日本人のための革靴。定番&注目作のおすすめ8選

スニーカー・シューズ

三陽山長が作る日本人のための革靴。定番&注目作のおすすめ8選

日本の伝統職人によるモノ作りに定評がある『三陽山長』。素材からラスト、縫製に至るまで、類いまれなこだわりによって生み出される品質本位の革靴の魅力に迫ります。

近間 恭子

2019.10.18

8つの種類別にブーツの名品をレコメンド。“買い”の人気16ブランドはこれだ

スニーカー・シューズ

8つの種類別にブーツの名品をレコメンド。“買い”の人気16ブランドはこれだ

デザインや用途が多種多様なブーツを、エンジニアブーツやチャッカブーツ、サイドゴアブーツなど種類別に整理。それぞれ人気ブランドをピックアップした。

大中 志摩

2021.11.26

押条 良太

暮らしを豊かにする、“定番”の魅力を探究

押条 良太
「MEN′S CLUB」編集部を経て独立。「OCEANS」「Begin」、「UOMO」、「LEON」、「GQ」などのメンズ誌やブランドのカタログ、広告を手がける。得意分野はドレスからアメカジ、靴、ウェルネス、美容と幅広い。シングルフィンログをこよなく愛するサーファーでもある。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

山スペックが、どれも1万円以下。外遊びがグッと楽しくなるハイコスパな冬アウターを見つけた!

山でも街でも使える本格アウターを狙うとなると、やはりコストが懸念材料。しかし、お馴染み『アウトドアプロダクツ』ならばお手頃&高品質な“買い”の逸品が揃います!

SPONSORED by ジーンズメイト

続きを読む

うん、“色”っぽい。カラー使いに惚れる、ポール・スミスの彩りウォッチ

重厚な印象になりがちな冬の装いを洒脱に仕上げたいなら、腕時計で彩りを添えるのが効果的。腕元に洗練をもたらす逸品が『ポール・スミス ウォッチ』には揃っています!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

目の肥えた時計好きはなぜロンジンを選ぶのか。“格”を示すフラッグシップに見る、その理由

約190年に及ぶ歴史を持つ『ロンジン』は、時計界において特別な存在。その旗艦モデルは一生モノの枠を超え、後世に受け継ぐ価値を備えたタイムピースだ。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

業界人も通う恵比寿の名店にフィーチャー。人気スタイリストと考える、今選ぶべきアクセサリー

大人のアクセサリーに求められること。それは旬度とスタイリングへの汎用性、そして確かなブランド力です。例えば、『シンパシーオブソウル』はまさに適任でしょう。

SPONSORED by S.O.S fp

続きを読む

自由自在にカスタマイズ。“MY G-SHOCK”で自分好みのオンリーワンを手に入れる

多くの画期的モデルで周囲を驚かせてきた『Gショック』。今度はなんと自分だけの「MY G-SHOCK」が作れるという。早速、業界の最前線で活躍するデザイナーが試してみた。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

その進化、変わらぬ心地良さに安心する。 モデル・ショーゴも惚れ込む西川ダウン

『ナノ・ユニバース』のロングセラーシリーズ『西川ダウン(R)』を、これまで数多く着用してきたモデルのショーゴさん。彼が語るその良さと、今季作の見どころとは?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

レザーに通じたプロ同士が対談。ガンゾに聞く革のお手入れトラブルシューティング

使うほどに味が出るのがレザーの魅力。しかし、そのためには適切な手入れが必要です。革のプロに、正しい革のメンテナンスについて基本から応用まで教えてもらいました。

SPONSORED by ガンゾ

続きを読む

ファッションに合わせて時計も“着替える”。スカーゲンのホリデーセットを自分へのご褒美に

今年一年、頑張った自分へのご褒美に。はたまた大切な人へのギフトに。ホリデーシーズンが近づいた今、ぜひ注目してほしい『スカーゲン』のホリデーセットをご紹介します。

SPONSORED by スカーゲン

続きを読む

重要ポイントは3つ。タトラスと探る、今季的なダウン選びの「傾向と対策」

人気の高まりによって選択肢が豊富になったダウンジャケット。その一方、何をどう選べば良いのかわかりにくいのも事実です。今季“買い”の基準を『タトラス』と探ります!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

圧倒的な軽さと薄さを体感せよ。通勤の悩みを解決するレゾンのバックパックにこの冬出会う

「重くてかさばる仕事カバン」はもはや時代にそぐわないもの。超軽量と超薄型を実現した『レゾン』のバックパックが、きっとあなたのビジネスライフに革命を起こします。

SPONSORED by レゾン

続きを読む

来年も頑張る自分のために、大切なあの人のために。ティソの腕時計を冬のギフトに選びたい3つの理由

贈ってうれしい、もらったらもっとうれしい。そんな心温まるギフトシーズンに推薦したい腕時計ブランド『ティソ』。メンズからレディースまで良作を幅広くご紹介します。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP