デニムジャケットの着こなし。5つのタイプ別コーデ術

デニム素材が注目された春夏シーズンでしたが、秋以降も人気は継続。パンツが象徴的ですがここではデニムジャケットに着目します。さまざまなタイプの着こなし実例を紹介!

平 格彦

平 格彦

SHARE
記事をお気に入り
2016.09.01

定番から個性派まで! デニムジャケットの種類と着こなしをお届け

デニムジャケットといっても、加工感やカラーによって印象が変わります。そこで、そんな種類別にコーディネートサンプルをピックアップ! 今着こなすべき5つのタイプを紹介しつつ、今っぽくコーディネートするための参考例をできるかぎり解説していきます。

タイプ1:濃紺デニムジャケット

タイプ1:濃紺デニムジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

デニム素材は濃紺が王道。リジッドデニムや生デニムと呼ばれる加工が施されていないタイプや、ワンウォッシュ加工程度のデニムをさします。そんな素材を用いたデニムジャケットは、オーセンティックなムードで、ワードローブに不可欠な存在です。

また、ダークトーンなのでほかと比べて上品なニュアンスなのが魅力。その一方でラギッドな男っぽさも備えているため、幅広いコーディネートに用いることができます。汎用性が抜群なので、持っていて損はないライトアウターの筆頭です。

▼濃紺デニムジャケットの着こなしのコツ

色落ちがない上品なムードを生かしながら、ヘビーに見えないようにインナーやパンツを選ぶのが大きなポイントです。したがって、明るいトーンのインナーなどを合わせるのがおすすめ。トレンドカラーでもホワイトのインナーを合わせるのがイチ押しです。

▼濃紺デニムジャケットの着こなしのコツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

たとえば、インナーにオーバーサイズの白いTシャツをセレクトすると、一気に今季らしく仕上がります。インナーがビッグなシルエットでも、デニムジャケットがコンパクトなので、ラフすぎない印象に仕上がります。もちろん、濃紺×ホワイトという配色が爽快な印象も放ってくれます。

コーデ1

オーバーサイズの白Tで今季らしさをアピール

オーバーサイズの白Tで今季らしさをアピール

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

デニムジャケットは基本的にショート丈でコンパクトなフォルム。インナーにビッグサイズのTシャツを合わせると、新鮮なレイヤードスタイルが築けます。パンツを上品なスラックスにすれば、大人なイメージのコーディネートは完成。スリッポンもホワイトなら一層軽快です。

コーデ2

好相性のホワイトをパンツ+スニーカーで取り入れた好例

好相性のホワイトをパンツ+スニーカーで取り入れた好例

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

濃紺デニムの品の良さを引き出すホワイトは、パンツで取り入れてもOK。足元までホワイトにすれば、クリーンなニュアンスの秋スタイルが構築できるはずです。軽やかなイメージをさらに引き出すには、デニムジャケットを袖まくりするという手も。こなれ感と清潔感を両立できたら完璧!!

コーデ3

スラックスで大人にまとめつつ細部に抜け感を

スラックスで大人にまとめつつ細部に抜け感を

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

オーセンティックなサード型ジージャンのインナーに白いシャツを合わせて上品な印象に。パンツもスラックスを選び、大人なニュアンスに着こなしています。ただし、スラックスといってもチェック柄のクロップド丈。そこで少しカジュアルなムードを組み込み、こなれたムードを醸しています。

コーデ4

デニムの素材感を主張するなら、やっぱりセットアップ

デニムの素材感を主張するなら、やっぱりセットアップ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

いわゆるセカンド型のデニムジャケットがモチーフの一着と、同じ素材を用いたパンツとのセットアップスタイル。上下にまとまり感があり、インディゴブルーの深い色みを強調してくれます。白いインナーでは無難すぎるという場合は、チェックシャツなどを差せばOK。パンツの裾のロールアップで無造作感も出しています。

タイプ2:薄色デニムジャケット

タイプ2:薄色デニムジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ウォッシュ加工などで明るいトーンまで色落ちさせたデニムは、軽快で爽やかなニュアンス。均一に色落ちしたタイプならそこまでラフな印象もなく、大人なカジュアルスタイルに用いやすいはずです。

明るいインディゴブルーであれば、モノトーンスタイルなどの差し色としても活用できます。見た目だけでなく、加工を施しているため生地感も比較的ソフト。より軽快なアウターとして着用することができるので、1着あると重宝します。

▼薄色デニムジャケットの着こなしのコツ

薄色のジージャンは、ブラック中心のコーディネートで差し色として活用することもできますが、今なら明るいトーンを生かした着こなしがおすすめ。全体をライトなカラーにすることで、新鮮な秋のコーディネートを築くことができます。

▼薄色デニムジャケットの着こなしのコツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

たとえば、旬なアースカラーやサファリカラーといった色みと選びつつ、そのなかでも淡いトーンのアイテムを合わせるのがおすすめ。明るい印象の秋スタイルを意識するとより今っぽい印象に仕上がるはずです。もちろん、白いアイテムを合わせて軽快な秋の着こなしを構築してもOKです。

コーデ1

白いインナーとライトオリーブのパンツで今季らしい印象に

白いインナーとライトオリーブのパンツで今季らしい印象に

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ウォッシュ加工を施したフェード感のあるデニムジャケットは、コンパクトなシルエットがモダン。明るいオリーブのパンツを合わせることで、爽やかで軽やかな秋のスタイリングを築いています。インナーをホワイトにすることで、土くささを排除したのもポイント。

コーデ2

ワイルドなコーディネートをアースカラーがモダナイズ

ワイルドなコーディネートをアースカラーがモダナイズ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

トレンドのアースカラーのなかでも、もっとも定番といるのがベージュ。そんな色をチノパンで取り入れています。とはいえ、デニムジャケット×チノパンというセットは王道。そこで、上下ともにスリムなシルエットで統一して、スタイリッシュな現代的コーディネートに導いています。

コーデ3

全身を淡いトーンで揃えてトレンド感のある装いに

全身を淡いトーンで揃えてトレンド感のある装いに

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

オーバーサイズのランチジャケットをセレクト。ボア付きで保温性の高いアイテムですが、ライトなインディゴブルーが爽やかな印象です。その魅力を生かすため、セットアップで着用。インナーにライトベージュのカットソーとオーバーサイズのTシャツを重ねることで、今季らしい明るさとレイヤード感にまとめています。

コーデ4

ブルー×ホワイトのツートンカラーが爽快な着こなし

ブルー×ホワイトのツートンカラーが爽快な着こなし

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

インナーを同系色にすることは、薄色デニムの軽やかな印象を拡大。さらにパンツもホワイトを選び……薄色ジージャンの爽やかな印象を拡大するには、全身でバイカラーを描く着こなしもおすすめ。たとえば、デニムジャケットと近い色みのインナーを選びつつ、ホワイトのパンツを選ぶような着こなしです。爽やかになりすぎないよう、スニーカーをブラックにして適度に引き締め、大人なムードもプラス。

タイプ3:ブラックデニムジャケット

タイプ3:ブラックデニムジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ブラックデニムはクールな雰囲気。生地はデニムですが、カラーはブラックなので、もはやデニムとは異なる生地と思ったほうがいいかもしれません。グレーに近い色みになるまでウォッシュ加工を施したタイプも少なくありませんが、ブラックならではのクールな魅力が強いのは色落ちが少ないタイプです。印象としては濃紺デニムのジャケットに近いのですが、よりクールなイメージが強くなっています。

シックなムードやスタイリッシュなニュアンスも備えているため、大人なカジュアルスタイルにももってこい。ブラックのアウターが増えてくる秋冬シーズンでも、独自の素材感でさり気なく変化をつけることもできます。

▼ブラックデニムジャケットの着こなしのコツ

ブラックデニムならではのクールな魅力を生かすには、全身をモノトーンで揃えるのがもっとも定番的。全身が難しいという場合は、トップスだけでもモノトーンでまとめるとクールで大人なバランスのコーディネートが簡単に築けます。あまり考えすぎず、シンプルに着こなすことでブラックデニムの質感が引き立ちます。

▼ブラックデニムジャケットの着こなしのコツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

今シーズンなら、ビッグシルエット気味の白いTシャツを合わせるのがもっともおすすめ。そもそもデニムジャケットはコンパクトなアウターなので、裾からインナーがはみ出すくらいが適正です。グレーやブラックなど、モノトーン系のインナーならクールにまとめやすいので、柄物も視野に入れつつトライしてみてください。

コーデ1

セットアップを活用すればモノトーンスタイルも簡単

セットアップを活用すればモノトーンスタイルも簡単

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

日本製の上質な生地を使用したデニムジャケット。セットアップで使用して黒いスニーカーを合わせれば、クールすぎないブラックスタイルのベースが完成。今季らしいビッグサイズの白いTシャツを差せば、さらにラフなニュアンスが加わり、こなれたモノトーンスタイルに仕上がります。

コーデ2

シルエットをスリムに絞ることでスタイリッシュに

シルエットをスリムに絞ることでスタイリッシュに

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

こちらもセットアップスタイルですが、ジージャンもパンツもタイトなシルエットなので、ストリートテイストが抜けてスタイリッシュなニュアンスに。スニーカーの白いソールと、腰回りにのぞかせたインナーの白い裾が、軽やかなアクセントとして効いています。

コーデ3

ライトグレーのスラックスで大人なムードを醸したお手本

ライトグレーのスラックスで大人なムードを醸したお手本

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

トレンドのノーカラー仕様を取り入れたデニムジャケットを着用。明るいグレーのスラックスを合わせることで、上品な軽やかなモノトーンスタイルを築いています。さらにインナーにボーダー柄を差すことで、カジュアルなムードを加速。爽やかなムードが新鮮です。

コーデ4

決めすぎないブラックスタイルで

決めすぎないブラックスタイルで

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

オーバーサイズのデニム製ランチジャケットをセレクト。アウターにボリュームがあるので、パンツはスリムなタイプを選んでメリハリを出しています。そのパンツもインナーもブラックですが、シルエットの妙で適度にカジュアルなイメージ。ベージュのスリッポンも絶妙な抜け感を醸しています。

タイプ4:スタイリッシュなホワイトデニムジャケット

タイプ4:スタイリッシュなホワイトデニムジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

トレンドカラーの“ホワイト”と、人気を集めた“デニム素材”の両方を取り入れることができる白いデニムジャケットは、かなりおすすめの秋アウター。スタイリッシュなイメージもあるので、洗練されたコーディネートを簡単に築くことができます。

ホワイトのアウターがクリーンで新鮮なのはわかっていても、インナーが透けてしまったり汚れが目立ってしまったりするということで避けている人も多いかもしれません。しかしデニムジャケットなら、透け感はありませんし汚れが味になります。クリーンでスタイリッシュな印象が手軽に活用できるというわけです。

▼ホワイトデニムジャケットの着こなしのコツ

シンプルに着こなすだけで新鮮。スタイリッシュなイメージも自動的に演出でき、いつものワードローブにマッチする汎用性の高さも備えていますので、白いデニムジャケットは気軽に着回しましょう。ただし、全身ホワイトは御法度。差し色でポイントを作れば、キザに見えずバランスが整います。

▼ホワイトデニムジャケットの着こなしのコツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

デニムジャケットとはいえホワイトなので、どんなカラーともマッチする万能性があります。そこで、差し色は自分の好みでセレクトしてもOK。ブルー系なら爽やかにまとまりますし、モノトーン系ならクールで上品に仕上がるはずです。

コーデ1

セットアップでまとめながら、柄シャツで個性も演出

セットアップでまとめながら、柄シャツで個性も演出

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ホワイトデニムのセットアップをベースにしながら、グレーを差すことでスタイリッシュに仕上げた典型的なコーディネート。平たんなイメージにならないよう、総柄のシャツを組み込んでいるのもポイントです。どんな柄でもマッチしますが、小花柄ならさり気なくエレガント。

コーデ2

インディゴブルーとのカラーリングで清潔感を主張

インディゴブルーとのカラーリングで清潔感を主張

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ホワイトのデニムジャケットは、インディゴブルーとも相性が抜群。つまり、ブルージーンズを合わせれば、手っ取り早く爽やかなスタイリングが築けます。インナーもインディゴブルーに近い色みを選んで組み合わせれば、清潔感が一層漂います。

コーデ3

ホワイト×ブラックのバイカラースタイルが新鮮

ホワイト×ブラックのバイカラースタイルが新鮮

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

白いアウターであることを利用して、クリーンなモノトーンスタイルを構築するのもおすすめです。白いインナーでビッグサイズやモックネックといったトレンドの要素を取り入れつつ、ブラックのパンツを合わせると好バランス。リブパンツなら裾がもたつかずすっきりまとまります。

コーデ4

ラフに着崩したいならクラッシュジーンズが良き相棒に

ラフに着崩したいならクラッシュジーンズが良き相棒に

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

クリーンな印象が強すぎて自分には似合わなそう……。そんな心配があるなら、ラフなクラッシュジーンズを合わせればOKです。インナーもラフなプリントTシャツなどを合わせれば、一層着崩せます。ただし、それでも爽快感を振りまいてくれるのが白いデニムジャケットの底力です。

タイプ5:個性を狙うならダメージデニムジャケット

タイプ5:個性を狙うならダメージデニムジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

デニムという素材の特徴のひとつは、加工がしやすいこと。ダメージ感などを加えて個性をプラスしているタイプも少なくありません。コントラストが強い色落ち具体のデニムジャケットは、存在感が抜群。ラフなニュアンスや男っぽいムードが強いのが魅力です。

加工感だけでも十分に個性的なので、デザインは王道のサード型、セカンド型、ファースト型などを選ぶのがおすすめ。着回しやすさが補えます。

▼ダメージデニムジャケットの着こなしのコツ

独特なダメージ感を強調するためには、ほかのアイテムをシンプルにまとめるのが原則。インナーは今なら白いTシャツが本命になります。また、アウターがラフなイメージなので、パンツはブラックを選んで引き締めるのもセオリーです。

▼ダメージデニムジャケットの着こなしのコツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

たとえば、今シーズンなら白いTシャツのなかでもオーバーサイズ気味のシルエットが最適。清潔感のあるインナーでアウターのラフ感を強調しつつ、全体としてラフになりすぎないようにバランスを整えることもできます。そこにブラックのチノパンなどを合わせれば、こなれた大人のジージャンスタイルが完成します。

コーデ1

方程式を守りながらも、クロップドパンツで軽快に

方程式を守りながらも、クロップドパンツで軽快に

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ハードなユーズド加工が個性を放っているデニムジャケット。クリーンな白いTシャツをインナーに合わせ、ブラックのパンツで引き締めるという原則を守った着こなしで、大人なバランスで着こなしています。パンツをクロップド丈にして、足元の抜け感で軽やかにまとめているのもポイント。

コーデ2

スキニーなブラックパンツでスタイリッシュな印象に

スキニーなブラックパンツでスタイリッシュな印象に

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

こちらもセオリーどおりの着こなしですが、黒いパンツのシルエットがかなり細め。スキニーなタイプを選ぶことで、引き締め効果を向上させています。さらに足元にはレザーシューズを選び、下半身をブラックで統一。デニムジャケットを強調しつつ、全体として大人っぽく仕上げています。

コーデ3

ブリーチ加工の個性的デニムジャケットが主役の装い

ブリーチ加工の個性的デニムジャケットが主役の装い

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ブリーチ加工を用いたダメージ感は、かなり個性的です。しかもこの一着は、王道のサードタイプをベースにしつつ、トレンドのノーカラー仕様でアレンジ。ということで、ほかのアイテムをすべてブラックで揃えることで、適度に落ち着かせて大人でも着こなせるバランスに調節しています。

コーデ4

ダメージデニムのセットアップスタイルは上級者向け

ダメージデニムのセットアップスタイルは上級者向け

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

定番のセカンド型がベースのジャケットですが、アイスブルーになるまで薄色に仕上げつつ、汚れ加工などでヴィンテージ感を高めた表情が独創的。同素材のパンツを選んだセットアップスタイルはかなりのインパクトですが、シンプルなヘンリーネックTとレザーシューズで落ち着きを加味しています。

Gジャンコーデの作り方。春秋冬おしゃれに着こなすポイント

ウェア・コーデ

Gジャンコーデの作り方。春秋冬おしゃれに着こなすポイント

タイムレスなカッコ良さはもちろん、夏以外の全シーズンに対応する懐の広さもGジャンの魅力。日常で大いに活用するためにも、こなれて見せるコーデ術を覚えましょう。

山崎 サトシ

2020.09.23

まさに万能選手。トラッカージャケットの名品12選

ウェア・コーデ

まさに万能選手。トラッカージャケットの名品12選

その汎用性の高さから、人気再燃中のトラッカージャケット。知っているようで意外と知らないその基本に加え、どんなコーデにもハマる万能選手っぷりと名品をご紹介。

遠藤 匠

2020.09.26

注目編集者
平 格彦

60以上のメディアで執筆。「着こなし工学」提唱者

平 格彦
出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

CATEGORY

RECOMMEND