疑問解消。ダンガリーシャツとデニムシャツの違いとは? 今狙いたいブランドを網羅

疑問解消。ダンガリーシャツとデニムシャツの違いとは? 今狙いたいブランドを網羅

ダンガリーシャツならではの特徴を、デニムシャツやシャンブレーシャツとの違いを織り交ぜて解説。合わせて押さえておきたいおすすめのダンガリーシャツもご紹介します!

那珂川廣太

那珂川廣太

SHARE
記事をお気に入り
2021.10.15

ダンガリーシャツとデニムシャツ。何が違うのか理解しておくべし

ダンガリーシャツとデニムシャツ。何が違うのか理解しておくべし

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

デニムシャツは経糸にインディゴ染料で先染めした糸を用い、緯糸に白の糸を用いた厚手の綾織り生地であるのに対し、ダンガリーは経糸に白糸を、緯糸に先染めの糸を使用した綾織り生地を指します。デニムと比べて淡い色合いのものが多く、シャツなどに適した薄手のものが多いのもダンガリーの特徴です。また、最近ではシャンブレーよりも太めの番手の糸を使用したインディゴ染めの平織り生地や薄手のデニム生地のこともダンガリーと呼ぶようになりつつあったりします。それぞれがどのように違うのか、その特徴を掘り下げてご紹介しましょう。

種類1

ダンガリーシャツ

ダンガリーシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

綾織りの場合は白糸が表にくる割合が大きいため、薄めの色に織り上がるのがダンガリーシャツの特徴。シャンブレーと同等の厚みでありながらシワになりにくいため、ドレスシャツからワークシャツまで幅広く使用されています。また、リネンや麻などを混紡することでざっくりとした風合いに仕上げられたアイテムも多かったりします。

種類2

デニムシャツ

デニムシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ジーンズ同様にデニム生地を使って仕立てられたもので、もっとも象徴的なアイテムがウエスタンシャツでしょう。耐久性に優れ、生地に厚みを出しやすいのが特徴ですが、シャツに仕立てる際は10オンス以下の生地厚のものが主に使用されます。染めた糸が表面に出るため、着用に応じて経年変化しやすいのも特徴です。

季節別に解説。デニムシャツを着こなすヒントとコーデサンプル

ウェア・コーデ

季節別に解説。デニムシャツを着こなすヒントとコーデサンプル

着回しやすいデニムシャツは、それ1枚でもサマになるのが魅力。よりおしゃれに、こなれ感のあるコーデを導くためのポイントと着こなしの実例を紹介します。

TASCLAP編集部

2021.02.26

種類3

シャンブレーシャツ

シャンブレーシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

経糸にインディゴで先染めした糸を用い、緯糸に白の糸を使用した平織りがシャンブレー。比較的番手の太い糸を使用した生地はワークシャツなどにも使用されており、細番手を用いた滑らかな風合いのものはドレスシャツにも使用されるというように、幅広いテイストのアイテムに活用されています。

知ってた!? シャンブレーシャツとデニムシャツの違い

ウェア・コーデ

知ってた!? シャンブレーシャツとデニムシャツの違い

シャンブレーとデニムの違いってご存じですか? どちらもシャツによく使われる生地ですが、厚みだけでなく特徴も異なるので、きちんと把握して使い分けたほうが賢明です。

平 格彦

2021.09.09

なぜ、ダンガリーシャツなのか? 大人の装いに対するメリットをご紹介

なぜ、ダンガリーシャツなのか? 大人の装いに対するメリットをご紹介

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

デニムシャツが激しい経年変化を見せるのに対し、ダンガリーシャツは白糸が表に出ているぶん、色落ちが比較的気になりにくいのが最大の相違点。そのため、ダンガリーシャツはクリーンな大人のコーディネートにフィットしやすい傾向にあります。またいろいろな素材と混紡されることが多いのもダンガリーの特徴で、生地の風合いを生かすことでスタイリングに“味”を取り入れるのにももってこいなんです。

オンシーズンのダンガリーシャツ。なかでも押さえたい20アイテム

風合い豊かなダンガリーシャツは春や秋のトップアウターとしてはもちろん、冬のインナーとしても最適。ここでは定番である綿100%素材のワークシャツから混紡によって風合い出しを行ったモノまで、注目のアイテムをご紹介します。

アイテム1

『ビッグマック』ダンガリーレギュラーシャツ

『ビッグマック』ダンガリーレギュラーシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ヴィンテージシーンではお馴染みの『ビッグマック』のダンガリーシャツですが、現行アイテムは日本企画のため程良くトレンドを踏まえた作りになっているところがポイント。ボックス裾でワイドめなシルエットやブラックのダンガリー素材は、ヴィンテージでは見つかりません……。今だからこそ手に入る仕様といえるでしょう。

アイテム2

『ビッグマイク』ダンガリーシャツ

『ビッグマイク』ダンガリーシャツ

Blueism

Blueism

お気に入り追加

『ビッグマック』や『ビッグヤンク』と並んで“3BIG”とも称される『ビッグマイク』の1枚。1890年にイリノイ州で創業した老舗ブランドですが、近年は日本企画として復活を遂げ、オーセンティックでスタンダードなワークシャツをリリースしています。こちらの1枚も、ヨークの3本ステッチや裾ガゼット、猫目ボタンの採用と基本を押さえた作りに。

アイテム3

『ベンデイビス』ダンガリーシャツ

『ベンデイビス』ダンガリーシャツ

カジュアルショップJOE

カジュアルショップJOE

お気に入り追加

『ベンデイビス』の作ったダンガリーシャツは、アメリカ映画でガソリンスタンドの店員が着ていそうないかにもな雰囲気がユニーク! 横方向にしっかりと杢感の出た生地や、やや身幅が広めでボックス裾を採用している点なども白眉で、ザクッと大きめに羽織ってスケーターやストリートな着こなしに合わせたい1枚です。

アイテム4

『J.プレス』ダンガリーショートポイントBDシャツ

『J.プレス』ダンガリーショートポイントBDシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ダンガリーシャツといえば、プレッピーな着こなしにも欠かせないアイテム。アイビー&プレッピーの王道ブランド『J.プレス』ではコンパクトなボタンダウンの襟元を採用しつつ、ショートな着丈のボックスシルエット&前立て裏のヘリンボーンテープによる補強で、フロントオープンで着てもサマになるシャツジャケットとして提案しています。

アイテム5

『ザ スタイリストジャパン』 ダンガリーシャツ

『ザ スタイリストジャパン』 ダンガリーシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

大御所スタイリストの大久保篤志氏が作るダンガリーシャツはペンポケット付きの胸ポケットに白ボタン&白ステッチの正統派ワークスタイル。しっかりと伝統を踏まえながら、カッティングはトレンドに合わせて調整されているため、ヴィンテージにありがちな野暮ったさがないのも魅力です。

アイテム6

『ザ ・ノース・フェイス パープルレーベル』 インディゴダンガリーシャツ

『ザ ・ノース・フェイス パープルレーベル』 インディゴダンガリーシャツ

BAMBOO Ville

BAMBOO Ville

お気に入り追加

経糸にコットンとクールマックス エコメイドの混紡糸、緯糸にインディゴ染めしたオーガニックコットンを使用し、機能性を付加したダンガリーシャツ。チェーンステッチ縫製によるパッカリングやトレンドのワイドシルエット、背裏に施されたクールマックスメッシュ素材など、機能とスタイルを両立させる巧みさは流石『ザ・ノース・フェイス』といったところでしょう。

アイテム7

『スノーピーク』ダンガリーフィールドシャツ

『スノーピーク』ダンガリーフィールドシャツ

ALASKA MOUNTAIN STORE

ALASKA MOUNTAIN STORE

お気に入り追加

キャンプギアだけでなく、アパレルも絶好調な『スノーピーク』。そのダンガリーシャツはアウトドアユースを想定し、ポケットフルなパターンにモディファイが施されたギア感が魅力。ボタンダウン仕様の襟で風の強いフィールドはもちろん、街中で着回しやすい点も魅力です。

キャンプギアだけじゃない。スノーピークのウェアや小物がおしゃれで機能的

ウェア・コーデ

キャンプギアだけじゃない。スノーピークのウェアや小物がおしゃれで機能的

人気が続くアウトドアブランド『スノーピーク』。実用性にすぐれたアイデア豊かなギアが代名詞ですが、おしゃれなアパレルも充実しています。

桐田 政隆

2019.02.05

アイテム8

『ブルーワーク』 ダンガリークルーザーシャツ

『ブルーワーク』 ダンガリークルーザーシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

「トゥモローランド」が営むスタンダードウェアライン『ブルーワーク』では、ヴィンテージでも見られる起毛素材のダンガリーにアンブレラヨークを採用し、ウエスタンの雰囲気とヘビーデューティなテイストをプラス。ヨークを胸ポケットのフラップとして併用するなど、凝ったパターンメイキングも特徴です。

アイテム9

『オールドクロウ』ダンガリーシャツ

『オールドクロウ』ダンガリーシャツ

KNOCK オンラインストア

KNOCK オンラインストア

お気に入り追加

ルード系ドメスティックブランド『グラッドハンド』がホットロッドやアメリカンレースをコンセプトに立ち上げた『オールドクロウ』のダンガリーシャツ。麻を10%混紡することでドライなタッチとシャリ感をプラスしています。アルミボタンなどヴィンテージ好きをニヤリとさせるディテールも、『グラッドハンド』同様に健在です!

アイテム10

『サニースポーツ』オーガニック 40s ワークシャツ

『サニースポーツ』オーガニック 40s ワークシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

アメリカンベーシックなアイテム作りを得意とする『サニースポーツ』のダンガリーシャツは、40年代のヴィンテージを参考に左右非対称のガチャポケやラウンドカッティングの裾を採用。タックインはもちろん、裾を出して着た時もコーディネートの良いアクセントになってくれます。オーガニックコットンを使用したタッチの良さも魅力。

アイテム11

『サイコバニー』ポケットバニー ダンガリーシャツ

『サイコバニー』ポケットバニー ダンガリーシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

元『ポロ ラルフローレン』のネクタイ部門ディレクターが作る『サイコバニー』は、ポケット内部に隠れるように施されたブランドロゴの“うさぎ”が遊び心をプラスします。ジャケットと組み合わるとプリントが隠れ、途端に美しいシルエットとコットンポリエステル素材のスムースな表面感がドレッシーさを強調してくれます。

アイテム12

『フィナモレ セルジオ』ダンガリーシャツ

『フィナモレ セルジオ』ダンガリーシャツ

AMALFI

AMALFI

お気に入り追加

ナポリらしいドレッシーかつくだけた雰囲気の仕立てが魅力な『フィナモレ セルジオ』のダンガリーシャツ。同ブランドのアイコン的仕様であるカッタウェイカラーや、ナポリものらしいたっぷりとしたいせ込みや前振りのアームホールのおかげで、タイトフィットながら動きやすさは抜群です。

アイテム13

『ゴールデンベア』ダンガリーシャツ

『ゴールデンベア』ダンガリーシャツ

丸井(マルイ)楽天市場店

丸井(マルイ)楽天市場店

お気に入り追加

大人向けのベーシックなデイリーウェアを提案するドメスティックブランド『ゴールデンベア』のダンガリーシャツはオーガニックコットン100%使用。フラップポケットとペンポケットのアシンメトリー仕様やフラップの多角形デザインなど、しっかりとヴィンテージディテールを踏まえつつ、さらりと着こなせる1枚に仕上げられています。

アイテム14

『デリシャス』ジェームス プジョル

『デリシャス』ジェームス プジョル

gakuオンラインショップ

gakuオンラインショップ

お気に入り追加

『スタジオオリベ』と並び立つ「JAMES & CO.」のカジュアルウェアブランド『デリシャス』のダンガリーシャツは、ボタンダウン&ワイドスプレッドの襟元が最大の特徴。その襟元はタイドアップとノータイを問わず対応可能な、立体的かつ柔軟な作り。さらにゆったりめのシルエット&短めの着丈でパンツはもとよりショーツとも好相性を描くため、季節やコーデを問わず1年中愛用できる定番アイテムに仕上がっています。

アイテム15

『ワイパー』U.S.Nダンガリーシャツ

『ワイパー』U.S.Nダンガリーシャツ

WAIPER楽天市場店

WAIPER楽天市場店

お気に入り追加

ダンガリーシャツは1940年代以降ずっとU.S.Navyでも使用され続けているアイテムの1つですが、こちらは福岡のミリタリーセレクトショップ『ワイパー』が詳細に復刻したもの。ボタンに施されたイカリマークや右胸ポケットのステンシル、左袖の階級章など、ひと癖ありながらヴィンテージ好きの心をくすぐるディテールが魅力です。

アイテム16

『ビッグデイ』ダンガリーシャツ

『ビッグデイ』ダンガリーシャツ

MAVAZI(インポートクロージング)

MAVAZI(インポートクロージング)

お気に入り追加

30~70年代のアメリカンワークウェアを参考にしつつ、機能美はそのままに現代に適応したリファインを得意とする同ブランド。国産生地はもちろん国内の老舗工場で生産を行うなど、リプロダクションとインディゴ系生地の扱いに長けた日本という立地を生かしたモノ作りを行っています。

アイテム17

『デラックスウェア』スルーダンガリーシャツ

『デラックスウェア』スルーダンガリーシャツ

PORKY’S

PORKY’S

お気に入り追加

極限まで生地の打ち込みを甘くしつつ型崩れや縮みを防止する特殊な手法を施した、スルーダンガリー素材を採用したオールシーズン対応の1枚。ダンガリーシャツでは珍しい爽やかなペールトーンとクールな着心地も相まって、盛夏でも腕まくりすれば十分馴染むロングスリーブシャツに仕上がっています。

アイテム18

『サムライジーンズ』サイロ杢セルビッチダンガリーシャツ

『サムライジーンズ』サイロ杢セルビッチダンガリーシャツ

アメカジ バイカー 2ND・セカンド

アメカジ バイカー 2ND・セカンド

お気に入り追加

アクの強いツイストでカルト的な人気を誇るレプリカブランド『サムライジーンズ』のダンガリーシャツは紡績の段階で杢調の生地に仕上げてサイロ杢セルビッチダンガリー生地を採用。一見すると、40年代の黒シャンブレーのような雰囲気です。すとんと落ちるボックスシルエットのため、裾出しで男らしく着るのが正解でしょう。

一挙公開! サムライジーンズの魅力と定番&限定モデル

ウェア・コーデ

一挙公開! サムライジーンズの魅力と定番&限定モデル

国内のデニムブランドのなかでもトップレベルの人気を誇る『サムライジーンズ』。では、ヘビーオンスデニムを得意とする同ブランドの魅力と定番モデルを紹介していこう。

大中 志摩

2017.09.15

アイテム19

『イロコイ』プレインダンガリーシャツ

『イロコイ』プレインダンガリーシャツ

SyWorld

SyWorld

お気に入り追加

1970年代後半から80年代のムーブメントをテーマに掲げた今季の『イロコイ』でも、注目アイテムがこちらのシャツ。パッと見ではドレスシャツに見えるような落ち感のある素材はセルロースとポリエステルを混紡綿したダンガリー生地によるものです。袖付けもゆったりと取られており、シンプルながらもトップアウターとして着こなしたい魅力を備えています。

アイテム20

『フェローズ』 コットンリネン7分袖ボタンダウンシャツ

『フェローズ』 コットンリネン7分袖ボタンダウンシャツ

こだわりのアメカジ通販ラグタイム

こだわりのアメカジ通販ラグタイム

お気に入り追加

リネンを多めに混紡することでシャリ感と軽量さを強調したコットンリネンのダンガリー素材の7分袖シャツは、洗えば洗うほどクタッと馴染んでいくのが魅力。新色のベージュはオーガニックな雰囲気を湛えているため、リネンのドレープ感と相まって、アメカジだけでなくナチュラルな着こなしとも相性が良さそうです。

メンズシャツの定番10種類をおさらいしよう!

ウェア・コーデ

メンズシャツの定番10種類をおさらいしよう!

オン・オフ問わずそれとなくしっかり感を見せたい大人にとってシャツの存在は頼もしい。どんな種類があるのか、今一度おさらいしておこう。

菊地 亮

2020.02.26

注目編集者
那珂川廣太

アメカジ&アメトラを中心にラギッドな視点で解説

那珂川廣太
バイク専門誌と男性向けライフスタイル誌で編集を約8年務めたのちに独立。ファッションはアメリカンカジュアルからトラッドまで幅広く執筆を行い、特にブーツやレザー、ジーンズ、古着など男臭いアイテムの知識が豊富。また乗り物やインテリア、フードまでライフスタイル全般にわたって「ラギッド」を切り口に執筆する。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

自由自在にカスタマイズ。“MY G-SHOCK”で自分好みのオンリーワンを手に入れる

多くの画期的モデルで周囲を驚かせてきた『Gショック』。今度はなんと自分だけの「MY G-SHOCK」が作れるという。早速、業界の最前線で活躍するデザイナーが試してみた。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

業界人も通う恵比寿の名店にフィーチャー。人気スタイリストと考える、今選ぶべきアクセサリー

大人のアクセサリーに求められること。それは旬度とスタイリングへの汎用性、そして確かなブランド力です。例えば、『シンパシーオブソウル』はまさに適任でしょう。

SPONSORED by S.O.S fp

続きを読む

その進化、変わらぬ心地良さに安心する。 モデル・ショーゴも惚れ込む西川ダウン

『ナノ・ユニバース』のロングセラーシリーズ『西川ダウン(R)』を、これまで数多く着用してきたモデルのショーゴさん。彼が語るその良さと、今季作の見どころとは?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

うん、“色”っぽい。カラー使いに惚れる、ポール・スミスの彩りウォッチ

重厚な印象になりがちな冬の装いを洒脱に仕上げたいなら、腕時計で彩りを添えるのが効果的。腕元に洗練をもたらす逸品が『ポール・スミス ウォッチ』には揃っています!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

細部に宿るリュクス感。存在感満点のスケルトン時計を、人気スタイリストはどう見たか

着実に需要が高まっているスケルトン時計。選択肢は数あれど、どうせ手に取るなら確かな背景を持つブランドの1本を狙いましょう。今冬の注目作、その細部を掘り下げます。

SPONSORED by ブローバ

続きを読む

重要ポイントは3つ。タトラスと探る、今季的なダウン選びの「傾向と対策」

人気の高まりによって選択肢が豊富になったダウンジャケット。その一方、何をどう選べば良いのかわかりにくいのも事実です。今季“買い”の基準を『タトラス』と探ります!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

山スペックが、どれも1万円以下。外遊びがグッと楽しくなるハイコスパな冬アウターを見つけた!

山でも街でも使える本格アウターを狙うとなると、やはりコストが懸念材料。しかし、お馴染み『アウトドアプロダクツ』ならばお手頃&高品質な“買い”の逸品が揃います!

SPONSORED by ジーンズメイト

続きを読む

レザーに通じたプロ同士が対談。ガンゾに聞く革のお手入れトラブルシューティング

使うほどに味が出るのがレザーの魅力。しかし、そのためには適切な手入れが必要です。革のプロに、正しい革のメンテナンスについて基本から応用まで教えてもらいました。

SPONSORED by ガンゾ

続きを読む

来年も頑張る自分のために、大切なあの人のために。ティソの腕時計を冬のギフトに選びたい3つの理由

贈ってうれしい、もらったらもっとうれしい。そんな心温まるギフトシーズンに推薦したい腕時計ブランド『ティソ』。メンズからレディースまで良作を幅広くご紹介します。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

圧倒的な軽さと薄さを体感せよ。通勤の悩みを解決するレゾンのバックパックにこの冬出会う

「重くてかさばる仕事カバン」はもはや時代にそぐわないもの。超軽量と超薄型を実現した『レゾン』のバックパックが、きっとあなたのビジネスライフに革命を起こします。

SPONSORED by レゾン

続きを読む

目の肥えた時計好きはなぜロンジンを選ぶのか。“格”を示すフラッグシップに見る、その理由

約190年に及ぶ歴史を持つ『ロンジン』は、時計界において特別な存在。その旗艦モデルは一生モノの枠を超え、後世に受け継ぐ価値を備えたタイムピースだ。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP