日本発。ループウィラーのスウェットならではの魅力とおすすめ

日本発。ループウィラーのスウェットならではの魅力とおすすめ

『ループウィラー』は“吊り編み機”で編まれたスウェットを提案する日本発のブランド。シンプルながらも大人らしい表情のアイテム群が好評です。

小松 りこ

2018.01.05

ループウィラー(LOOPWHEELER)
トップス
スウェット・トレーナー
スウェットパンツ

こだわりが詰まったスウェット。『ループウィラー』のココがスゴい

ブランド名である『ループウィラー』の語源は“吊り編み機”(=Loopwheel Machine)。現在は2社の工場のみで扱われている貴重な吊り編み機によって作られた生地を使用していることが、同ブランドの名称に由来しています。また、『ループウィラー』は縫製にもこだわりアリ。ポケットやファスナーなどパーツごとに縫製の方法が異なり、この作業が済むとフラットシーマという4本針を使用した縫製が行われます。

生地、縫製ともにこだわり抜かれたスウェットだからこそ、極上のシルエットと着用感を味わうことができるんです。

注目吊り編み機の取り扱い工場は2社のみ……。その理由は?

アメリカで作られていたヴィンテージスウェットは生地が強く、長持ちすることで知られています。こうしたスウェットは吊り編み機での作成が主流でしたが、吊り編み機での生地作成は効率が悪い点がネック。大量生産を中心とする現代のマーケットにはマッチしないという風潮から、吊り編み機が残っているのは日本の工場2社のみとなりました。

コラボと別注商品続々。『ループウィラー』のアイテムをご紹介

注目されるブランドですから、コラボや別注アイテムが増えるのも当たり前。“らしさの競演”に注目して、チェックしてみてください!

アイテム1『ループウィラー』×『ビームス プラス』別注 スリムジップパーカー

生地のハリやコシと柔らかさの絶妙なバランスが楽しめるスウェットパーカーは、秋は主役として、冬はコートにインして使いたいアイテム。流行り廃りのないシルエットが大人の着こなしにマッチします。

アイテム2『ループウィラー』×『ビームス プラス』別注ボートネック

『ループウィラー』の名品ボートネックスウェットシャツが『ビームス プラス』によって復活。吊り編み機を使用した生地による着心地の良さはもちろんのこと、体にフィットするサイズ感も絶妙です。上質な作りなので、1枚で着ても物足りなさを感じさせません。

アイテム3『ループウィラー』×『ビームス プラス』別注 アスレチック クルーネック スウェット

『ビームス プラス』とのコラボによるクルーネックのスウェットシャツは、吊り上げ編みによる着心地抜群の1枚。冬にはオックスフォードシャツなどと合わせたり、春や秋であればシンプルにこれだけで着るのもいいでしょう。取り入れやすい使い勝手の良さが魅力です。

アイテム4『ループウィラー』×『キャプテンサンシャイン』別注エクストラライトパーカー

こちらは『ジャーナルスタンダード』が20周年を記念して企画したコラボアイテム。エクストラライト生地を採用したオーバーサイズのプルオーバーパーカーは、ヴィンテージ感のあるアシンメトリーなシルエットが魅力です。

アイテム5『ループウィラー』×『ビームス ジャパン』別注 吊裏 プルオーバー パーカー

ビッグシルエットのパーカーは、動きにくさや野暮ったさを感じることもあるでしょう。ですが、この1枚はリラックスかつ可動性もキープした絶妙なシルエット。細身のパンツと合わせて、上下でメリハリのあるコーデを楽しんで。

アイテム6『ループウィラー』×『ビームス ジャパン』別注 吊裏 ジム ショーツ

同ブランドのスウェットパーカーと、セットアップで着用できるショート丈のスウェットパンツ。ヒップポケットは、中のものが落ちにくいフラップ付き。デザイン面、機能面ともに文句なしの1本は、部屋着スウェットとは雲泥の差。大人のリラックスコーデに取り入れたいですね。

アイテム7『ループウィラー』×『フリーマンズ スポーティング クラブ』クルーネックスウェット

普遍的なデザインと高い品質で支持を集める『フリーマンズ スポーティング クラブ』とのコラボアイテム。ふっくらと柔らかな手触りの良さがポイントです。オーセンティックな表情も汎用性が高く、いつもの着こなしに難なくハマりそう。

アイテム8『ループウィラー』×『マルティニーク』別注パーカー

フードの襟元に施された『マルティニーク』のロゴ刺しゅうが、絶妙なアイキャッチに。タイトなシルエットはスマートな大人カジュアルに最適です。

アイテム9『ループウィラー』×『ローケース』別注ツリアミボーダーC/Nプルオーバー

旧式の吊り編み機によって編み立てたクルーネックのスウェットシャツ。ヴィンテージ感あふれる編み目は、他に類を見ないアイテムとなっています。織ネームには、洗濯を重ねるごと“LOWERCASE”の文字がほつれていき、インラインの様に自然に見えていく仕掛けが。着れば着るほど味が出ます。

『ループウィラー』の着こなしをピックアップ

爽やかな白シャツとひざ上ショーツに『ループウィラー』のジップアップパーカーを合わせたスタイリング。シャツ×ショーツの着こなしに、キャップとスポサン、そしてパーカーを組み合わせたことでスポーティな雰囲気を醸し出しました。

グレーのスウェットパンツは『ループウィラー』と『グラミチ』のコラボモノ。細身のシルエットがスポーツMIXコーデを加速させます。ボトムス以外トップス、アウター、帽子に至るまでブラック系で統一してモノトーンにまとめました。

ラフではき心地抜群のスウェットショーツにはチェックシャツを合わせて季節感をプラス。柔らかい雰囲気のシャツなので、ボトムスにはスウェット素材がベストマッチ。それでいてシューズと帽子のブラックでコーデを引き締めています。

グレーの『ループウィラー』のスウェットシャツに合わせるように、足元には『ニューバランス』M997の同系色を選択。インナーの白Tシャツが抜け感をもたらし、細身の黒いボトムスはロールアップして軽快感を出しました。

『ループウィラー』のスウェットシャツに、同系色の『ユニクロ』のスウェットパンツを合わせてセットアップかのような着こなしに。それでいてラフすぎずに見えないのは、なかから覗く白シャツと足元の白スニーカーがもらたす清潔感のおかげ。

ナローな印象のスウェットパンツは、ミリタリーなアウターに絶妙にマッチ。ハット、シューズ、インナーを同系色でまとめているだけでなく、ボトムスとマフラーも同じグレーだったりと、見事な色使いです。

全身ブラック系で揃えたコーデでワイルドな印象を作りつつも、『ループウィラー』のスウェットシャツで抜け感をプラス。ワントーンで揃えるのもおしゃれですが、グレーかつスウェットの生地感であえてハズしてまとめたのはお見事です。

スウェット迷子なら押さえたい、人気15ブランドと選び方のポイント

スウェット迷子なら押さえたい、人気15ブランドと選び方のポイント

スウェットは定番中の定番アイテムですが、それだけに選択肢が多く、選ぶ際に頭を悩ませがち。そこで、真っ先に押さえておきたい15ブランドを厳選してご紹介します。

髙須賀 哲

気の向くままに国内を転々とし交流を広げ、現在フリーライターとしてファッションやビューティーを中心に発信中。女性目線で”いい感じ”を提案していきます。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ビームス&ユナイテッドアローズから厳選。おすすめの冬アウター

    ビームス&ユナイテッドアローズから厳選。おすすめの冬アウター

    まだまだ続く冬だけに、手持ちのアウターにさらなる一品を加えマンネリ回避を図りたい。となれば、頼りになるのがセレクトショップ。特に日本が誇る二大ショップは心強い。

    菊地 亮

    アウターブランド25選。定番の三大タイプ別に人気銘柄を完全網羅

    アウターブランド25選。定番の三大タイプ別に人気銘柄を完全網羅

    ダウンやコート、ブルゾンなど、毎シーズン欲しくなるアウター。トレンドも気になりますが、まず押さえるべきは定番です。ここで王道ブランドの人気アウターを一挙ご紹介!

    山崎 サトシ

    ジャーナルスタンダードとシップスで探す、冬の即戦力アウター

    ジャーナルスタンダードとシップスで探す、冬の即戦力アウター

    冬から春への過渡期にはアウターを買い増ししたくなるもの。とはいえ、何を買うか決めづらいのも事実でしょう。そんなタイミングにこそセレクトショップを頼ってみては?

    髙須賀 哲

    ブルゾンの鉄板ブランド20選。タイプ別のおすすめを一挙紹介

    ブルゾンの鉄板ブランド20選。タイプ別のおすすめを一挙紹介

    秋・冬・春の即戦力となる、旬のブルゾン20アイテムをご紹介。異なる魅力を持つ6タイプそれぞれの人気ブランドからおすすめの1着をピックアップしました。

    山崎 サトシ

    ダウンの次はN-3B! 機能性とデザインに優れた名作ウェアに迫る

    ダウンの次はN-3B! 機能性とデザインに優れた名作ウェアに迫る

    男らしさと心強い機能性を両得できるN-3Bは、冬アウターとして重宝します。ダウンに食傷気味の方におすすめしたい魅力や人気ブランド、メンズコーデをまとめてご紹介!

    山崎 サトシ

    BACK