初対面こそセンスの見せ所。好感度アップに役立つ名刺入れ

初対面こそセンスの見せ所。好感度アップに役立つ名刺入れ

名刺交換はビジネスマンにとって大切な習わし。その際、意外と見られている名刺入れで損をしない、大人にふさわしい名刺入れの選び方とおすすめブランドをご紹介します。

2017.07.31
SHARE
記事をお気に入り
平 格彦

執筆者

70ほどのメディアで執筆。オンラインサロンも運営

平 格彦
ファッション誌の編集部を経て独立。雑誌、書籍、WEBマガジン、オウンドメディア(ファッションブランドやECサイトなど)で執筆・編集を担当してきた。幅広いテイストのファッションを分析してきた「俯瞰的な視点」が強み。最近はDMMでライター向けのオンラインサロンも運営。 記事一覧を見る
...続きを読む

本コンテンツはTASCLAPが制作した独自コンテンツです。また本コンテンツでは掲載するECサイト等から購入実績などに基づいて手数料をいただくことがあります。

大人にふさわしい、名刺入れの選び方とは

名刺交換はビジネスマンにとって大切な習わし。その際、意外と見られている名刺入れで損をしない、大人にふさわしい名刺入れの選び方とおすすめブランドをご紹介します。

ポイント1

品格を感じさせる上質な素材を選ぶ

名刺入れのデザインは基本的にシンプル。だからこそ、質感が重要なポイントとなります。レザーはもちろん、素材は革でもメタルでもウッドでも構いませんが、上質感のあるものを選ぶことが絶対条件となります。

たとえば『ファーロ』の逸品は、素材にリアルなリザードレザーを起用。見るからにエレガントなムードが漂っています。素材は高品位だと値段もそれなりに高価となりますが、バランスを見極めつつ上質なものを選ぶのがおすすめ。自慢したくなるカードケースを持つだけで、名刺交換が楽しくなるはずです。

合わせて読みたい:日本の職人芸が宿るファーロの財布&革小物

ポイント2

マチが薄めのスマートなタイプを選ぶ

名刺を毎日のように補充するのは億くうという考えから、多くの枚数が収納できる名刺入れを選んでいませんか? それはそれで便利なのですが、少し無粋に見られることも。ジャケットのポケットにいれたときのシルエットも気になります。

何より、容量が大きい名刺入れを使っていると、普段からこまめに名刺を整理していないというように思われてしまいます。つまり、マチは薄いタイプを選ぶのがベター。1日の終わりにいただいた名刺を整理し、自分の名刺を補充する習慣を身につけましょう。

ポイント3

遊び心のあるカラーも視野にいれて選ぶ

基本的に、ビジネススタイルは決まりことが多く、それを逸脱するには相当の経験とセンスを必要とします。たとえば、ベルト、バッグ、靴などの小物類は質感や色みを揃えるのが原則。財布や名刺入れも統一したほうが洗練された印象になりますが、普段は外に出さず、しかも毎日使うアイテムなので、無理に統一しなくても問題はありません。

遊び心のあるカラーも視野にいれて選ぶ

MEN’S JACK

MEN’S JACK

お気に入り追加

そこで、あえて色で遊ぶという手もあります。好きなカラーや思い入れのある色を選べば、そこから会話が生まれて親近感が増すことも。画像のタイプのように、内装に差し色が採用されたデザインを選び、さり気なく個性を演出するという方法もあります。

大人の男性に人気の名刺入れ8選

セレクトする際のポイントを把握した後は、おすすめのブランドをご紹介します。素材、マチ、カラーという観点でいくと、おのずと信頼できるブランドから選ぶことになるはず。名刺入れはシンプルな形状だからこそ、細部まで吟味して絞り込んでみてください。

ブランド1

『ホワイトハウスコックス』

伝統的で貴重な英国のブライドルレザーが特徴的な『ホワイトハウスコックス』。1875年創業という老舗で、素材を厳選しつつ、英国内で手作業を中心に生産しています。“ブルーム”と呼ばれる白い粉がついていることもありますが、これはブライドルレザーをなめした際に染み込ませたワックスが表面に現れているもの。使う度につやや味が深まり、自分だけの逸品に仕上がっていきます。

『ホワイトハウスコックス』

このネームカードケースは代表作のひとつで、見開きの2ポケット構造で使い勝手も抜群。6色ものカラー展開で、定番カラーにくわえてダークグリーンやレッドも揃っています。

ブランド2

『エッティンガー』

1934年にロンドンで誕生した『エッティンガー』。ハンドメイドにこだわったクオリティの良さが評判を呼び、ハロッズ、フォートナム&メイソン、バーニーズ ニューヨークといった人気ショップからオーダーを受けるようになり、世界的なブランドへと発展しました。

『エッティンガー』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

この名刺入れは、『エッティンガー』の品質はそのままに、『ビームス F』がカラーを別注して実現したスタイリッシュなモデル。外側と内側で色が異なるカラーリングが特徴的ですが、ほかにもステッチの色へのこだわりが垣間見える、おしゃれな出来栄えです。

ブランド3

『ポーター』

吉田吉蔵氏が1935年に神田須田町で開業した吉田鞄製作所。それが吉田カバンへと成長し、1962年に自社ブランド『ポーター』をスタートさせました。ホテルなどで荷物を預かるポーターこそバッグの良さを知る職業と捉えてブランド名に起用。一針入魂という社是を体現し、長く愛用できる鞄作りを続けています。1981年にはNYデザイナーズコレクティブで高評価を獲得。日本を代表するバッグブランドの筆頭です。

『ポーター』

カバンの店 東西南北屋

カバンの店 東西南北屋

お気に入り追加

内側の色を変えたバイカラーのカラーコンビが鮮やかなシリーズ、ダブルの名刺入れ。シンプルなデザインですが、遊び心もつまったひと品。素材には、柔らかい手触りでいて、丈夫なゴートスキンを使用。手頃な価格も魅力です。

ブランド4

『フェリージ』

イタリアの小都市であるフェラーラで1973年に創業した『フェリージ』。品質の高さと個性的なアイテムで、独自のポジションを築いてきました。蛇腹式のポケットを多数備え、丸みを帯びるほどの収納力を誇るロングウォレットは代名詞的な存在。“コロコロ”の愛称で親しまれるほど、人気を集めています。

『フェリージ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

マチが広いカードスペースが特徴の名刺入れ。1室に50枚程度の名刺が入れられるため、名刺交換が頻出する方にはおすすめしたいひと品です。

また、使い込むうちにやわらかく馴染む革質も魅力。冒頭で薄いマチの名刺入れをおすすめしましたが、『フェリージ』だけは別。この形状こそ魅力です。

ブランド5

『イルビゾンテ』

イタリアのフィレンツェで1970年にスタートしたレザーブランド。高品位でナチュラルなレザーをメインに使用し、職人のハンドメイドで仕上げたグッズは、温かみのあるクラフト感が大きな魅力です。使えば使うほど風合いを増し、持つ人の個性を映し出していくアイテムが支持を集めています。

『イルビゾンテ』

イルビゾンテ正規取扱店 Ray-g

イルビゾンテ正規取扱店 Ray-g

お気に入り追加

ソフトで風合い豊かな牛革を使用した人気のカードケース。ダブルフラップのデザインがさり気ないアイキャッチであり、収納の面でも便利です。

ブランド6

『グレンロイヤル』

スコットランドの中西部で設立されたブランド。スコットランドの職人が伝統的な技術を用いて仕上げるレザーグッズは、品質に定評があります。グレードの高いブライドルレザーを中心に使用しながら、時代が求める機能性もプラス。長く愛用したくなる高品質な作品は、経年変化が楽しめるのも大きな魅力です。

『グレンロイヤル』

ハシエンダ

ハシエンダ

お気に入り追加

こちらのビジネスカードホルダーは、やや丸みを帯びた形状が特徴的。小ぶりなサイズ感ですが、メインの収納部のほかにもポケットを備え、見た目以上の収納性を備えています。素材はフルブライドルレザーで、通常のブライドルレザー以上のエイジングが楽しめます。

ブランド7

『印傳屋』

甲州 (山梨) に400年以上も伝わっている革工芸が“印伝”。その老舗が『印傳屋』で、創業は1582年までさかのぼります。江戸時代にはじまった甲州印伝は、1987年に経済産業大臣指定伝統的工芸品に認定。そんな伝統技を、実用美として今に伝えてくれる希少なブランドです。

『印傳屋』

このカードケースは、人気アクセサリーブランド『ジャムホームメイド』とのコラボ品。印伝によるさり気なく施されたレオパード柄が特徴です。ブラックダイヤ付きのアイレットもリュクス。

ブランド8

『クランプ』

浅草を本拠地とする池之端銀革店の中心的ブランド。質、実、技を具現化しつつ、トラディショナルでありながらオルタナティブな提案を行っています。生産は日本国内。機械に頼り過ぎず手作業にこだわり過ぎないというバランス感覚にたけた職人が手掛けています。最高の素材、型紙、縫製、磨き加工を追求しながら、シンプルなアイテムに凝縮。

『クランプ』

PLATINISM楽天市場店

PLATINISM楽天市場店

お気に入り追加

ギミックの効いたアイテムを得意とする『クランプ』を象徴するようなカードケース。革の質感とサイドの金具により、洗練されたクラシックな印象です。メインの素材は、オリジナルの技法で加工された耐久性の高いノブレッサカーフ。発色の良さもポイントです。

東京・上野発。池之端銀革店は良質なレザーグッズが集う名ショップだ

東京・上野発。池之端銀革店は良質なレザーグッズが集う名ショップだ

合わせて読みたい:
贈り物にも最適。大人におすすめしたい革小物ブランドの名刺入れ

この記事の掲載アイテム一覧(全6商品)

画像をタップクリックするとアイテム詳細が表示されます

  • 『エッティンガー』×『ビームス』スペシャル名刺入れ
    『エッティンガー』×『ビームス』 スペシャル名刺入れ
  • 『ポーター』ダブル カードケース
    『ポーター』 ダブル カードケース
  • 『フェリージ』カードケース909/SA
    『フェリージ』 カードケース909/SA
  • 『イルビゾンテ』ダブルフラップカードケース
    『イルビゾンテ』 ダブルフラップカードケース
  • 『グレンロイヤル』ブライドルレザー 名刺入れ
    『グレンロイヤル』 ブライドルレザー 名刺入れ
  • 『クランプ』サイド金具カードケース
    『クランプ』 サイド金具カードケース

掲載アイテムをもっと見る(-6商品)

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP