天気予報じゃ教えてくれない。気温15度の服装をご紹介

季節の変わり目には誰でも服装やコーディネートに悩むもの。気温15度前後に適した服装で、いち早く次のシーズン感を取り入れるための便利アイテムやコーデを紹介します。

天気予報じゃ教えてくれない。気温15度の服装をご紹介

気温15度ってどんな気候? 該当するシーズンは??

秋が深まり気温が15度を下回ると、アウターやニットなどの冬物衣類の出番だといわれています。気温15度は、東京を基準にすると1年のうち「10月」「11月」と「3月」ごろの季節に当たります。春も秋も気温の上がり下がりが急激で1日の寒暖差が大きい時季ですから、外出する際の服装やコーディネートに悩む男性が多いのも納得です。

天気予報で気温15度の場合、どんな格好が正解?

最高気温15度か最低気温15度か注意すべき!

ひと口に気温15度といっても、それが最高気温か最低気温かによって最適な服装はだいぶ異なります。
・最高気温が15度の場合=朝晩は最低10度前後まで下がる可能性あり
・最低気温が15度の場合=日中は最高20度前後まで上がる可能性あり
という幅があるからです。気温15度に適した服装とは、その気温が最高か最低かを考慮するといいでしょう。

▼最高15度の場合は、ライトアウターはマスト

最高気温15度くらいの時季には、朝晩の最低気温はもっと下がり10度前後になる可能性があります。外出の際にはトレンチコートなどの薄手のコートや、ダウンベスト、ブルゾンなどのように、軽めであっても多少寒くなった際に保温効果のある「ライトアウター」が必要となるでしょう。重ね着や巻き物などの小物使いも着こなしテクのひとつです。

秋や春先に重宝するライトアウターといえば、レザージャケットやMA-1、ブルゾンがおすすめです。また、トレンチコートやステンカラーコートも大人のメンズコーデには欠かせませんよね。それからこの時期重宝する小物といえばストール。手軽に着脱でき、フル活用できるでしょう。

コーデ1

MA-1ブルゾンはシーズン変わり目の万能選手

軍用ウェアにルーツを持つMA-1ブルゾン。この時期ならライトな素材感でさらっと羽織れるものがおすすめです。ミリタリー色が強いMA-1ですが、シンプルに黒のアイテムを合わせれば、大人のカジュアルスタイルに仕上がります。

コーデ2

MA-1×ストールで防寒もおしゃれもばっちり

こちらはネイビーのMA-1にストールをプラスしてスタイリング。MA-1は首回りがすっきりしているのでストールと相性がいいんです。全体的にネイビーやブルーでまとめて統一感のある着こなしに仕上げています。

コーデ3

重くならないアウター選びは、明るいカラーとショート丈がポイント

アウターを着るとどうしてもコーディネートが重たくなりがちですが、ショート丈で明るい色のものをチョイスすればライトな印象に。ブルーのライダースブルゾンを、白シャツやネイビーパンツと合わせることで、すっきり軽快に仕上げています。

コーデ4

レザーブルゾンの艶感を生かして大人のリラックスカジュアルを

朝晩冷えるシーズンに持っておきたい、防寒に優れた薄手のレザー製アウター。かさばらずすっきりしたデザインで、さまざまな着こなしに活躍するダークブラウンのブルゾンは、スウェット地のボトムを合わせたリラックススタイルにも大人の色気をプラスしてくれます。

コーデ5

この時期最適なダウンベストのレイヤードコーデ

ダウンベストは、着こなしの幅が広く、レイヤードが楽しめるので、ぜひチャレンジしてもらいたい秋口におすすめのアウター。グレーのカットソーや白スニーカーで抜け感を出して、バランスよくコーディネートしています。

コーデ6

オレンジのダウンベストとデニムシャツとのコーデでメリハリ効いた大人カジュアル

アウトドアブランドからも多くリリースされているダウンベスト。カラバリも豊富なのでコーディネートのアクセントにもってこいです。オレンジのダウンベストを選んでデニムシャツとコーディネートすれば、メリハリのあるカジュアルスタイルに。

コーデ7

ステンカラーコートはカジュアルにもドレスアップにも活躍

ネイビーのステンカラーコートを、デニムパンツとコーディネート。タイドアップやドレスシューズといったドレスアップの要素とデニムパンツのカジュアルさのバランスよくMIXしています。ステンカラーコートはスーツスタイルにもマッチするのでオン・オフ使えます。

コーデ8

秋晴れに似合う爽やかなデニムコーデ

デニムのカバーオールを主役にブルー×ホワイトで爽やかな着こなしを構築。首元にストールを巻くことで、コーデが一気に華やかに仕上がっています。首元を防寒するだけで、ぐっと温かさが増すので薄手のストールは大活躍しますよ。

コーデ9

秋や春先に欠かせない王道アウター、ベージュのトレンチ

クラシックなイメージの強いベージュ系のトレンチコートも、薄手で細身のデザインをチョイスすればカジュアルなシーンでも活躍すること間違いなし。ボーダー柄インナー、スニーカー、ロールアップしたデニムパンツ、スニーカーとコーデして上品なカジュアルを。

コーデ10

デニムジャケットにストールでウォーム感をプラス

春先や秋に重宝するデニムジャケットですが、それだけでは寒いかもというときにはストールがもってこいです。防寒はもちろん、シンプルになりがちな秋冬のコーディネートのアクセントになり、着こなしをブラッシュアップ。

▼最低15度の場合は、ニット1枚でちょうどいい気候

最低気温が15度前後になるシーズンは、まだまだ日中の気温は20度前後まで上がることも少なくありません。アウターの出番ではないけれども寒暖差が大きい季節の変わり目には、長袖のトップスが必要不可欠。さまざまな素材や編み方、デザインなどが出揃うセーターなどのニット類が活躍するのはおよそこれくらいの季節です。

素材にもよりますが、ニットには編まれた素材内に空気をため込んで暖かさを保つ「保温性」や、汗などの湿度をため込み余分な水分は外へ逃す「吸放湿性」といった優れた機能があります。寒暖差の大きい春秋は、まさにニットが1枚でも活躍する出番といえます。

コーデ1

シルク混の上質ニットを生かした大人のベージュコーデ

シルク混紡で仕上げられた風合い豊かなあぜ編みのクルーネックニットを、同じベージュ系チノパンとコーディネート。スリムなボトムや白いレザースニーカーで全体をすっきりとまとめているので、大人メンズの着るニットそのものの上質さが一層際立ちます。

コーデ2

重ね着シャツの白い襟をアクセントにした上下ネイビー同系色コーデ

上質なカシミア100%のネイビー色ニットに、濃色ノーウォッシュ系のデニムパンツをコーディネート。素材の良さで暖かさをキープしつつ、インナーに着たシャツの白とスニーカーの淡色がアクセントになっているので、同系色のコーデでも重くなりません。

コーデ3

ジャージボトムをハイゲージニットで優等生風着こなしに格上げ

サイドの三本線がスポーツウェアらしいアクセントになった『アディダス』のジャージボトムに、グレーのVネックニットをコーディネート。ハイゲージのニットがもつ上品さが、ジャージボトムのカジュアルさとの絶妙なバランスを実現しています。

コーデ4

モノトーンコーデでケーブル編みニットの風合いを前面に

ペルーで手編みされたざっくりとした厚みあるケーブルニットをコーディネートの主役に、デニムパンツやドレスシューズとコーディネート。全体を白から黒のモノトーンでまとめているので、ハンドメイドのニットがもつ温かな風合いがより印象的です。

コーデ5

クリーンな白ニットをカーキパンツとチェックシャツでカジュアルに

白ニットに、カーキパンツとチェックシャツをコーディネート。カジュアルなパンツとシャツを組み合わせることで、上品になりすぎず親しみやすいイメージに。こちらのニットは定番の白ですが、ネイティブなフェザー柄が個性的な一枚です。

コーデ6

絶妙な肌見せでコーディネートに抜け感をプラス

この時期重宝するシンプルな黒ニット。こちらのニットは、ボートネックタイプですっきりしたシルエットが魅力です。アンクル丈のカーキのパンツ&グレーのスニーカーと合わせて、程よく抜け感のある着こなしに仕上げています。

コーデ7

キレイ色ニットをシンプルにコーデして大人のリラックススタイルを演出

イギリスのハイゲージニットの有名ブランドである『ジョンスメドレー』のスキッパーニットソーを、シンプルにスリムパンツとキャンバス地スニーカーとコーデ。有名メーカーならではの素材や発色の良さが、長袖Tシャツにはない大人の余裕を演出します。

コーデ8

ニットならではの編み方・織り柄を生かした大人メンズのリラックス・コーデ

さまざまな編み方や織り柄のバリエーションを楽しむことができるのもニットの魅力。ネイティブアメリカンの装飾にルーツを持つパターンを編んだ暖かそうなニットを、ハイカットスニーカーやニットキャップとコーデ。スウェットのボトムでリラックス感も。

コーデ9

キャラクターアイテムもニットを生かしたコーデで大人メンズ仕様に

スヌーピーを前面に配したグレーのクルーネックニットを、ドレスパンツ、ドレスシューズとコーディネート。キャラクターTシャツやカットソーにはない、ニットならではの上品さが、カジュアルスタイルを一気に大人向けにグレードアップしてくれます。

コーデ10

ジップアップカーデガンをノーカラージャケット風にコーデ

ポップコーン柄にざっくり編まれたジップアップのカーディガンは、ノーカラージャケットのようにも見えるシンプルなデザイン。前を閉じてプルオーバーのようにも、前を開けて羽織りもののようにも着用できる臨機応変な服装です。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る