自宅でゆら〜り。室内で楽しめる自立式ハンモック10選

自宅でゆら〜り。室内で楽しめる自立式ハンモック10選

子どもの頃の憧れ“ハンモック”に今熱い注目が集まっています。おしゃれな人はもう自宅に完備? つるすだけじゃない自立式ハンモックでの楽しみ方などをご紹介します。

m.aoki

2016.09.03

レジャーグッズ

室内用ハンモックがキテるってどういうこと?

アウトドアで木につるして使うイメージのあるハンモックですが、今やインテリアに敏感な人たちを中心に、室内用ハンモックがキテるのをご存じでしょうか? つるさない自立式なら、好きな場所に移動でき寝苦しい夏の夜はもちろん、ちょっとした休眠にもゆらゆらと心地良いリラクゼーションアイテムとして、注目を浴びています。

選びたいのは、簡単に折り畳める自立式のハンモック

広げると大きなもので2mを超えるサイズになるハンモックは、欲しいけど置き場所に困る! という人も多いはず。つるすタイプは外すだけで良いのですが、そもそも家の中でつるせる場所ってあまりないのではないでしょうか。自立式ハンモックなら折り畳めて専用バッグに収納できてしまうのです。

リラックスできる。折り畳める自立式のハンモック10選

持ち運べるからお部屋だけでなく、アウトドアにも大活躍! ここ最近では耐荷重量200〜300kgという商品もあり、安全面もよく考えられているようです。スペックをしっかりチェックし選べば安心でしょう。

大人2人が余裕で包まれる大きさ。耐荷重200kgというハンモックは全米で圧倒的人気を誇る商品だそう。組み立てや分解は工具を使わずできるのも、うれしいポイントですね。ハンモックで大切なのは、正しい姿で寝られるかどうかなのですが、布幅も広く心地良いとの口コミが多いです。

通販サイトで一番人気の折り畳み式ハンモック! お手ごろ価格でカラーラインアップも豊富、ハンモックとスタンドのカラーを選べるので、お部屋のインテリアに合わせやすいのも人気のひとつでしょう。より安定したバーを使用するなど安全面は徹底されており、日本国内でも耐荷重実験を行なっているようです。

こちらのハンモックは、簡単に組み立てでき即使える仕組みになっています。耐荷重量は80kgなので、1人で使用するのに適しています。伸縮性のない生地のため、小柄な人のほうが使い心地が良いかもしれません。持ち運びは楽でキャンプや海などアウトドアに最適。設置面は平らな場所で安全に使用してくださいね。

3.13mという長さが気にならなければ、日よけが付いているのでアウトドアにはもちろん、お庭やベランダに出しても楽しめます。ハンモックはゆるやかなアーチを描いていて、体の形状に合わせやすく寝心地は抜群。昼寝に読書に、心地良い風に吹かれながら極上のひとときを過ごせそう。

1mほどの幅さえあれば設置できるハンギングチェアもおすすめ。すっぽりと包まれてまるで子どもの頃の秘密基地のようですね。ゆりかごのような心地良さにハマること間違いなし! インテリアとしても人気が高く、おしゃれなインテリアショップでもよく見かけます。

屋根付きなのに折り畳めて収納可能なハンモック。お庭や屋外の日差しをよけながらゆっくりできそう。ハンモックの下には、手荷物や読みかけの本など置いておくのに便利なメッシュネットが付いています。キャノピー付きで日よけもできて、アウトドアの楽しみも広がりそうですね。

大人メンズの部屋にインテリアとしても格好良いカモフラ柄が登場。ソファ代わりに使用したり、ディスプレイスペースにしてもおしゃれ。耐荷重100kgで、もちろん折り畳み式。閉じた状態で縦1.12m横16cmなので、収納場所も困らないですね。ロゴ入りケース付きで持ち運びも簡単です。

耐荷重量80kgの1人用ハンモック。体の心地良さに合った角度や高さに調整することができ、丈夫で通気性の良い素材を使用。シワになりにくく繰り返しのお洗濯も可能、衛生的にお使いいただけます。好みの高さにできるエア枕が付属というのも、うれしいポイントですね。

どんなインテリアにもなじみやすいカラーとシンプルなデザイン。小さなお子さまもいっしょに楽しめる耐荷重量100kg。もちろん持ち運びでき、ロゴ入りケースも付いています。バーの幅を調節し高さを変えたり、布のゆるみを調整できるので、快適な寝心地が楽しめますよ。

癒やしや機能性を大切にしたハンモックづくりに定評のあるシフラス。なんとハンモックやチェアのみならず、物干しにもなる3way仕様。ライフスタイルに合わせて使いこなせそう。これなら収納せず出しっぱなしにしていても問題なさそうですよね。安心の国内耐荷重検査済製品です。

ご存じでした? ハンモックの意外な効果

ハンモックは、もともと南米先住民族が植物の繊維で編んだ物を使用していたのが始まりで、後の大航海時代に、ベッドの置き場がなく船内のあちこちにロープを張って寝ていたのが、今のハンモックの型となったようです。ハンモックが持つ独特の浮遊感や揺れが、リラックス効果を高め、ベッドで何度も寝返りをうち熟睡できない人でも、よく眠れると好評です。

良質な睡眠がもたらす効果はいろいろありますが、心身ともに健康で前向きであるための活力を蓄えることも、大きな効果のひとつです。ストレスを解消しやすい環境をつくることは大切ですよね。日常生活で味わえない体の解放感を楽しみながら、休息したり読書したり思いのままにハンモックを活用してみましょう。

寝具としての利用を考えているなら、正しい寝姿であることが大切です! ハンモックは真っ直ぐに寝るのではなく、若干斜めかな?という位置で寝ます。そして素材もロープではなく肌に直接触れて心地良い素材を選びましょう。布幅も大きくゆとりがあり、どんな角度でも寝られるサイズが望ましいでしょう。

ハンモックは読書環境に最適なのをご存じでしょうか? 体をすっぽりと包まれて自分だけの空間をつくり出すことから、読書に集中しやすくなるといわれています。体の向きや姿勢を変えるたびに訪れる心地良い揺らぎが、リラックス効果にひと役買っているそう。

1台は持っておきたい折り畳み式ハンモック。お部屋でもアウトドアでもお気に入りの場所で大活躍! 子どもやペットもハンモックのゆらゆら感が大好き。家族みんなで楽しんでいただけますよ。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK