自宅でもくつろげる。自立式ハンモックの選び方とおすすめ10選

自宅でもくつろげる。自立式ハンモックの選び方とおすすめ10選

自宅でも屋外でも手軽に楽しめると「自立式ハンモック」が人気を集めています。スペースや持ち運びやすさなどを考慮したアイテムが充実しているので、要チェックです。

ai sato

2020.06.11

アウトドア用テーブル・チェア
インテリア

場所を選ばずくつろげる。自立式ハンモックが人気

ハンモックといえば、木や天井につるして使うタイプをイメージされる方も多いかと思いますが、近年人気を集めているのが「自立式ハンモック」。その名の通りスタンドを使って自立するタイプなので、引っ掛ける場所がなくても好きなところに設置できるというのが最大の魅力です。キャンプなどの屋外のシーンはもちろん、自宅のベランダや室内でも、場所を選ばずやさしく包み込まれるような寝心地が味わえます。

自立式ハンモックの選び方。チェックすべきは4つのポイント

自立式ハンモックを選ぶ際、チェックしたい4つのポイントをピックアップ。サイズ感や素材、収納サイズなど、自身の使用するシーンをイメージしながら選びましょう。

ポイント1使用場所に合わせたサイズと重さをチェック

広い屋外だけで使うならどんなサイズでもOKですが、自宅で使うことを考えるとまず気になるのが設置スペース。つるすタイプと違って床にスタンドを立てて設置するので、ハンモックの大きさと部屋の広さを考慮する必要があります。また、使用する人の体重や身長に十分なサイズや対荷重があるかどうかも、必ずチェックしましょう。

ポイント2寝心地やデザインを左右する素材にもこだわりたい!

ハンモックの素材には、大きく分けてネットタイプとクロスタイプがあります。ネットタイプは丈夫な細いひもを編んで作られており、体にフィットしやすく通気性が良いのがメリット。クロスタイプは布状のものを指しますが、肌触りの良いオーガニックコットンやアウトドア向けの機能性素材など、バリエーションが豊富。理想の寝心地やデザインによって、素材を選んでみてください。

ポイント3限られたスペースにはアレンジの効くタイプが便利

部屋のスペースが狭くてもハンモックを楽しみたいというのであれば、ハンモック以外にもアレンジできる汎用性の高いタイプがおすすめ。なかでもおすすめしたいのは、ハンモックとしてはもちろん、チェアにもハンガーラックにもなる3WAYタイプ。これならインテリアの一部として1年中部屋に置いておくことができます。

ポイント4持ち運ぶなら携帯性の高いタイプを

屋外でも家でも使用する予定なら、コンパクトに収納ができて軽量で持ち運びしやすいものがベター。また自立式ハンモックには、部品を組み立てるタイプと開くだけで設置できる折りたたみタイプがあります。アウトドアシーンで使うのがメインなら、折りたたみタイプが楽ちんですよ。

バリエーション豊富。自立式ハンモックのおすすめ10選

選び方のポイントがわかったところで、実際に気になるハンモックをご紹介! 素材やサイズ、さらには1人用から多目的なタイプまで、バリエーション豊富な中からデザインと機能性の高いものを厳選しました。部屋でもアウトドアでも、のんびりリラックスタイムを過ごせること間違いなし!

アイテム1『トイモック』ハンモック MOZ-13-03

1人用の場所を取らないタイプを探しているなら、コンパクトに折りたたんで付属のバッグに収納できるこちらがおすすめ。豊富な色柄のバリエーションが自慢ですが、なかでもこんなボタニカルプリントなら、家で使うときにもビーチやアウトドアの空気感を感じることができそうですね。シンプルながら3段階に角度の切り替えができ、対価重量も100kgと機能性も申し分なし!

■DATA
W260×H75×D80cm

アイテム2『ゆらふわモック』折りたたみハンモック

インテリアの色使いにこだわりがあるなら、ハンモックのネットとスタンドのカラーをそれぞれ選べるこちらがおすすめ。約7kgの軽量設計ながら、ネットの幅を広く取ることでゆったりとした寝心地を実現しています。余計な突起物を排除したデザインや、何度も対荷重のテストを重ねるなど、安全面へのこだわりも魅力です。

■DATA
W193-240×H114×W50-78cm

アイテム3『ビブレ』ダブルハンモック

世界各地で高評価を得ているこちらは、人間の体のサイズや体重を考慮したうえで、ハンモックに必要な高さや幅を計算して作られた寝心地の良さが自慢。ハンモック部分は上質なコットン素材を使い、スタンドには高級外車にも使われるパウダーコーティングを施すことで、耐久性を高めて長く愛用できるように仕上げられています。大人2人がすっぽり包まれるゆったりサイズにも注目を。

■DATA
W265×H105×D160cm 

アイテム4『MRG』室内・室外兼用自立式ポータブルハンモック

どんなインテリアにも馴染みやすい、すっきりとシンプルなデザインで人気の高いアイテムです。見た目にも涼しげでリゾート感のあるハンモックは、ハニカム素材の伸縮ネットを使用。やさしいホールド感と通気性の良さで長時間使用しても快適です。さらに二重構造になっているので、破れにくいというのも優秀。

■DATA
W199-229×H92-101×D73.5cm

アイテム5『レビール・オブ・リバー』3WAYハンモック

ハンモックだけでなく、チェアやハンガーラックとして3通りに使えるので、普段はリビングの椅子として、リラックスしたいときはハンモックにと狭い部屋で使うにも最適。ハンモックとチェア用のクロスに、クッションもセットになっているので、細かく自分好みの座り心地を調節できるのもうれしいですね。

■DATA
W194.5×H112×D67cm

アイテム6『すさび』ダブルハンモック

ハンモック発祥の地といわれているコロンビア製のクロスを使用。ゆったりと包み込むような乗り心地のハンモックは、職人により一つひとつ丁寧に織られたもので、ニットのようなやわらかな風合いが特徴です。カラフルな柄はインテリアのアクセントとしても効果的です。

■DATA
W268×H100×D100cm

アイテム7『Wecamture』自立式ハンモック3WAY

折りたたまれたスタンドをパッと開き、アームロックを掛けてハンモックを付けるだけであっという間に使える初心者にもおすすめの3WAYタイプ。高強度の鋼材を使い、対荷重は350kgという頑丈な作りも自慢です。底には保護キャップ付きなので、室内で使う場合にも床を傷つけにくく安心。

■DATA
W234×H108×D65cm

アイテム8『シフラス』3WAY自立式ポータブルハンモック

ライフスタイルに合わせてさまざまな使い方ができる3WAYハンモックの中でも、シンプルで落ち着いた雰囲気が魅力の1台です。オフホワイトのハンモックに木目調のスタンドという組み合わせは、ナチュラルなスタイルの部屋と相性抜群! ハンガーラックとして使う場合にも、インテリアから浮かずに馴染んでくれます。

■DATA
W245×H85×D75cm

アイテム9『キャプテンスタッグ』クラシックス ハンモック3点セット

肌心地の良いコットンのハンモックと自立式スタンド、さらにはサンシェードからなるセット。室内ではシンプルな自立式ハンモックとして、また海やキャンプといった日差しが気になる場所ではサンシェードを付けて、と幅広いシーンで楽しめます。ハンモックはコンパクトなサイズで対荷重は80kgなので、1人用として使うのがおすすめです。

■DATA
W272×H110×D97cm

アイテム10『コンフォルタ』自立式ハンモックチェア

狭いスペースにも置きやすい、イージーチェアタイプの1人掛けハンモック。スペインの職人がハンドメイドで編み上げたロープに、丈夫なキャンバス素材を組み合わせたハンモックは、座ったときに首まですっぽりおさまり、体全体を快適に包み込んでくれます。また、座った状態からそのまま前方にハンモックを伸ばすと、寝転がれる大きさに。脚を伸ばして悠々とくつろぐこともできます。

■DATA
W122×H140×D80cm

部屋の中でも大活躍。おしゃれなアウトドアチェア15選

部屋の中でも大活躍。おしゃれなアウトドアチェア15選

屋外向けに作られた丈夫かつ軽量なアウトドアチェアですが、最近ではインテリアとして使う人が増加中。外でも家でも活躍必至のアイテムをピックアップしました。

TASCLAP編集部

コールマンのアウトドアチェアはお手頃で種類豊富。スタイル別おすすめ18選

コールマンのアウトドアチェアはお手頃で種類豊富。スタイル別おすすめ18選

アウトドアシーンにおいて豊富な種類とお手軽な価格で人気を博す『コールマン』。数あるギアの中でもアウトドアチェアに注目。別注含む人気モデルをスタイル別に紹介する。

大中 志摩

ラフマのチェアはおしゃれで快適。シリーズ別のおすすめ9選

ラフマのチェアはおしゃれで快適。シリーズ別のおすすめ9選

フランスの老舗アウトドアブランド『ラフマ』のチェアをご存じですか? デザイン性が高くて快適なうえに、屋内外で使えるとあってインテリア好きを中心に人気上昇中です。

ai sato

自宅でアウトドア気分。おうちキャンプを楽しむ方法と便利なギア9選

自宅でアウトドア気分。おうちキャンプを楽しむ方法と便利なギア9選

巷で話題のおうちキャンプ。まだ思い切り外遊びができない分、自宅でアウトドア気分を味わってみてはいかがでしょう。実はこれ、気分転換にもギア管理にも効果的なんです!

池田 やすゆき

サーフカルチャー誌、ライフスタイル誌、アウトドアムック本などの編集を経て、2003年に独立。主にファッション誌やライフスタイル誌にて、ファッションページからインタビューまで幅広く携わっており、最近ではオンラインでの記事編集も手がける。得意分野はサーフ系ファッションやライフスタイル、アウトドアなど。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ブロスのアンダーウェア7選。ワコールのメンズ下着ならではの魅力とは?

    ブロスのアンダーウェア7選。ワコールのメンズ下着ならではの魅力とは?

    『ブロス』は、女性向け下着で人気の『ワコール』が展開するメンズライン。その魅力を読み解きつつ、人気シリーズとおすすめのアンダーウェアを紹介します。

    近間 恭子

    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    デイリーに愛用できるメンズリュックを徹底紹介。カジュアルなコーデはもちろん、きれいめな着こなしにもハマるリュックの選び方とおすすめのブランドをレクチャーします。

    TASCLAP編集部

    傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

    傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

    ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

    TASCLAP編集部

    ビジネスにリュックを。大人の通勤リュックブランド25選

    ビジネスにリュックを。大人の通勤リュックブランド25選

    ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

    近間 恭子

    雨の日が楽しくなる。ザ・ノース・フェイスのレインウェアおすすめ18選

    雨の日が楽しくなる。ザ・ノース・フェイスのレインウェアおすすめ18選

    雨なら濡れて当然? 蒸れて当然? いやいや、『ザ・ノース・フェイス』のレインウェアなら濡れも蒸れもバッチリ防げます。アイテム選びのポイントからおすすめ品まで解説!

    平 格彦

    アイテムリスト

    BACK