男の秋服、どうする? 2021年の秋コーデで取り入れたいアイテムと実践テクニック

男の秋服、どうする? 2021年の秋コーデで取り入れたいアイテムと実践テクニック

秋はおしゃれの季節。せっかくなら思い切り楽しみたいものです。メンズコーデを旬に導く着こなし法則やトレンドの秋服を押さえて、ファッションライフを満喫しましょう。

平 格彦

平 格彦

SHARE
記事をお気に入り
2021.10.01

秋らしさを取り入れて、メンズコーデをアップデートしよう

秋らしさを取り入れて、メンズコーデをアップデートしよう

WEAR

WEAR

お気に入り追加

コーディネートをおしゃれに見せる大事なコツは、季節感やトレンド感を程良く取り入れること。2つの要素は似ているようでいて実は異なっているため、どちらも意識することが必要です。季節感とは、トレンドとは関係のない“その季節らしさ”のこと。秋なら秋を感じさせるカラーや生地を選ぶことが大切になります。TPOとは少し異なる要素ですが、その季節に着るべき服やポイントを押さえることで、おしゃれな印象がアップします。

秋らしさを取り入れて、メンズコーデをアップデートしよう 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

秋らしさを取り入れて、メンズコーデをアップデートしよう 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

そして、トレンド感は言い換えれば“今シーズンらしさ”。旬な着こなしやアイテムを取り入れることで装いにアップデートを加え、現在進行形のコーディネートを築けばおしゃれなムードがさらに加速。常にトレンドの最先端である必要はありませんが、時代遅れにならいない程度にトレンドを押さえておくことは不可欠といえるでしょう。

本記事では秋らしさや今季らしさを演出するのに有効な着こなしテクニックや要注目アイテムをご紹介しますので、積極的に取り入れつつ秋のおしゃれを存分に楽しんでください!

これが今っぽい。秋アウターのおすすめをトレンド別に厳選ピックアップ

ウェア・コーデ

これが今っぽい。秋アウターのおすすめをトレンド別に厳選ピックアップ

秋の新作アウターが気になる時期がやってきました。今季のトレンドを踏まえつつ、ハズさない“旬モノ”をご紹介。出遅れることなく、準備を整えていきましょう!

平 格彦

2021.10.15

9月の服装参考集。気温差が激しい時期のコーデとマストハブアイテム

ウェア・コーデ

9月の服装参考集。気温差が激しい時期のコーデとマストハブアイテム

厳しい残暑を体感する日がある一方で、薄着だとやや肌寒く感じることも少なくない9月。1年の中でも特に気温差が激しいこの時期を賢く攻略するためのコーデ&アイテムとは?

山崎 サトシ

2020.09.15

カギは色と素材。季節感を呼び込む秋のメンズコーデ二大定番テクニック

まずは、秋らしい季節感を演出するのに有効な2つの定番的テクニックをご紹介します。すでにご存じの方も多いかもしれませんが、改めて以下のポイントを確認し、しっかり意識してみてください。秋らしさがほんのり薫るだけで、おしゃれな印象が確実に増幅しますよ。

▼テクニック1:「暖色系」のカラーを取り入れる

暖色とは、視覚的に暖かい印象を与える色のこと。大まかにいえば、赤みのある色が該当します。メンズファッションの王道カラーで暖色といえばブラウンですが、他にも秋らしい定番カラーはいろいろとあります。ここでは、今おすすめの3色をご紹介しましょう。

暖色1

外せない定番の「ブラウン」

外せない定番の「ブラウン」

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ファッション分野の定番カラーの中で、もっとも代表的な暖色といえるのがブラウンでしょう。いつものアイテムをブラウンにするだけで、途端に秋らしさが漂い始めます。このコーディネートでは、セットアップでブラウンを選択。他のアイテムはモノトーンで揃えてシンプルに着こなしただけですが、しっかり秋を感じさせる仕上がりです。

暖色2

上品なムードの「ベージュ」

上品なムードの「ベージュ」

WEAR

WEAR

お気に入り追加

暖色の中でも明るめのトーンで、マイルドかつ上品な印象が強いのがベージュです。グレーが王道のスウェットパーカーをベージュにするだけで、温かみが感じられて秋らしいムードになります。あえて、普段はベージュが使われないようなアイテムを活用したほうが、ベージュの魅力が際立って秋らしさが引き立ちますよ。

暖色3

新鮮味がある「テラコッタ」

新鮮味がある「テラコッタ」

WEAR

WEAR

お気に入り追加

定番の暖色としてはボルドーやバーガンディといったワイン系カラーもありますが、新鮮味があるうちに活用したいのがテラコッタです。改めて説明すると、「焼いた土」という意味のイタリア語が由来。茶色がかったオレンジなどと表現される色味です。数年前にトレンドカラーとして注目を浴びたことをきっかけに今や定番化し、まだまだ新鮮味をキープ。パンツなどで思い切り主張して秋らしさを強調するのもおすすめです。

▼テクニック2:「温もりのある素材」を取り入れる

毛羽感のある素材は保温性が高く、見た目にも温かみを感じさせます。そんなウォーム感のある素材をコーディネートに取り入れることで、秋らしいムードを簡単に演出することが可能。代表的な3つの素材をピックアップして解説します。

生地1

カラーで遊べる「ニット」

カラーで遊べる「ニット」

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ざっくりした質感のニットは、温もりを感じさせる生地の代表格。容易に秋らしさを振りまくことができます。ニット生地はカラーのバリエーションが豊富ゆえ、色で遊びながらも秋らしさを打ち出すことが可能です。このお手本のように、ニット地のトップスが主役になるコーディネートでは、パンツとシューズの色を揃えてニットの色味を際立たせるのがおすすめ。

生地2

凹凸感が独特な「コーデュロイ」

凹凸感が独特な「コーデュロイ」

WEAR

WEAR

お気に入り追加

「畝」と呼ばれるストライプ状の盛り上がりが特徴的なのがコーデュロイです。独特な凹凸感が温かみのある表情を生み出し、コーディネート全体に秋らしさをもたらしてくれます。このコーディネートのような暖色系のパンツが定番ですが、アウターやシャツなどでも広く使われているため、好きなアイテムでコーデュロイを取り入れましょう。

ほっこりする見た目。コーデュロイシャツを着こなして季節感を出そう

ウェア・コーデ

ほっこりする見た目。コーデュロイシャツを着こなして季節感を出そう

どことなく温もりを感じさせる素材感が、秋冬のカジュアルにうってつけのコーデュロイシャツ。より今季らしく着こなすためのアイテムとコーデをご紹介。

ai sato

2021.09.22

コーデュロイジャケット10選。大人のカジュアルコーデに今どきのこなれ感を

ウェア・コーデ

コーデュロイジャケット10選。大人のカジュアルコーデに今どきのこなれ感を

今季おすすめアウターの筆頭であるコーデュロイジャケット。大人のカジュアルコーデに活用したい理由に加えて、おすすめのアイテムから着こなし術まで一気にご紹介します。

平 格彦

2020.09.15

生地3

上質感が漂う「スエード」

上質感が漂う「スエード」

WEAR

WEAR

お気に入り追加

加工によって起毛させたスエードは、革ならではの高級感と温もりが共存。最近は化繊製も増加していて、フェイクスエードやシンセティックスエードなどと呼ばれています。見た目は本革のスエードとそう変わらないので、同じような演出が可能。ベージュやブラウンなどの定番カラーを用いたスエードのアウターを着こなすと、秋らしさを強力に打ち出せますよ。

スエードジャケットが描く大人らしさ。その長所を知って、長く付き合う

ウェア・コーデ

スエードジャケットが描く大人らしさ。その長所を知って、長く付き合う

ギラつきが出る懸念のある表革と異なり、肩の力を抜いて着られるのがスエードジャケット。品の良さを備えているため、大人のレザーアウターの本命候補といえそうです。

遠藤 匠

2020.10.19

秋コーデにトレンド感を呼び込もう。押さえておきたい7つの流行キーワード

続いて、コーデに今シーズンらしいトレンド感を演出するための旬キーワードを7つご紹介します。着こなしで今っぽさを取り入れればおしゃれのレベルが確実にアップするので、すぐに活用できそうなものからぜひ実践してみてください!

▼キーワード1:人気継続。今季もマストなボリュームトップス

オーバーサイズやビッグシルエットと呼ばれるボリュームのあるトップスの人気が続いています。定番化しつつあるからこそ、一層ルーズなシルエットでアップデートしたくなりますが、大人っぽいコーディネートを目指すなら、だらしなく見せないことが重要。アイテム選びや着こなし方でその点を意識するようにしましょう。

コーデ1

ワイドなトップスを強調する着こなしが基本

ワイドなトップスを強調する着こなしが基本

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ボリュームある印象のパーカーなのに、だらしなく見えない秘密は、身幅がワイドで着丈はあまり長くないシルエットです。アイテム選びがカギとなるので、あとはシンプルに着こなせばOK。このお手本では、パンツとシューズの色を統一することでトップスの存在を際立たせ、ボリューム感を強調しています。

コーデ2

上下ワイドで攻めるなら統一感をもたせて大人らしく

上下ワイドで攻めるなら統一感をもたせて大人らしく

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ただ大きいアイテムを組み合わせても、リラックス感が強過ぎてしまいます。そうならないために気を配りたいのが統一感。写真のように、ブラウンをベースにしつつ、アイボリーのアウターをチョイスすることでまとまりのある印象に。さらにパンツはタックの入った落ち感たっぷりのアイテムを選べば上品さに拍車がかかります。仕上げにレザーシューズを合わせれば、大人らしいワイドシルエットコーデの完成です。

オーバーサイズを徹底攻略。着こなしのヒントと活用アイテム10選

ウェア・コーデ

オーバーサイズを徹底攻略。着こなしのヒントと活用アイテム10選

リラックス感のあるオーバーサイズの着こなしが定番化。だらしくなく見せず、お洒落に着こなすためのヒントとマストバイのアイテムを紹介します。

TASCLAP編集部

2021.03.29

▼キーワード2:秋だからこそ新鮮な”白” 使い

白は春夏から続くトレンドカラーゆえ、活用しない手はありません。ダークトーンのアイテムが多くなりがちな秋冬シーズンだからこそ、そうした濃色に映えるホワイトを投入すればコーディネートが新鮮なムードに。ただし、寒々しい印象にならないよう、他のアイテムはダークカラーでまとめましょう。

コーデ3

主役のジャケットを白にしてクリーンな印象に

主役のジャケットを白にしてクリーンな印象に

WEAR

WEAR

お気に入り追加

着こなしのメインとなるアウター類を白にするのがもっとも効果的。このお手本では、ジャケットをホワイトにして新鮮なイメージを演出しています。その一方、ブラウンのコーデュロイパンツで秋らしさもしっかり確保。ロゴ入りのスウェットパーカーとローテク系スニーカーで大人なストリートテイストを加味しているのもおしゃれです。

コーデ4

存在感のあるカーゴパンツを白にして鮮度アップ

存在感のあるカーゴパンツを白にして鮮度アップ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

面積の大きいパンツをホワイトにするのも効果絶大。新鮮なイメージを印象づけることができます。このお手本では、ワイドなカーゴパンツを選ぶことで上品にまとまり過ぎないバランスに調整。その他のアイテムをダークにすることで、落ち着いたムードにまとめています。全身をモノトーンで揃えてクールに仕上げているのもポイント。

全身白コーデは旬への最短ルート。今すぐ実践可能な8つの着こなし法則集

ウェア・コーデ

全身白コーデは旬への最短ルート。今すぐ実践可能な8つの着こなし法則集

ホワイトのワントーンで着こなしを楽しむ人が今、急増中です。簡単に実践できておしゃれに見せられる法則をご紹介するので、これを機にぜひ白コーデをモノしてください!

平 格彦

2021.07.18

案外カンタン。白パンツのコーデをモノにする、とっておきの着こなし法則5

ウェア・コーデ

案外カンタン。白パンツのコーデをモノにする、とっておきの着こなし法則5

うまく取り入れることができればおしゃれ度が飛躍的にアップする白パンツ。着こなすのが難しそう……と恐れることなかれ。簡単に実践できるコーデの法則をご紹介します。

平 格彦

2021.05.06

白パーカーを取り入れよう。参考にしたいコーデ例とおすすめ5選

ウェア・コーデ

白パーカーを取り入れよう。参考にしたいコーデ例とおすすめ5選

取り入れるだけでおしゃれにキマるパーカー。本記事では、クリーンな雰囲気を醸し出せる白のプルオーバー型にフィーチャーし、着こなし方からおすすめまでをご紹介します。

近間 恭子

2020.10.07

▼キーワード3:“脱・テーラードジャケット”なセットアップ

すっかり市民権を獲得したカジュアルセットアップ。テーラードジャケット×イージースラックスが定番ですが、あまりにも人気で飽和状態ともいえるため、最近はトップスのデザインに変化を加えたセットアップが増えています。アウター類はもちろん、シャツとのセットアップも増加。個性を投影したセットアップスタイルが新潮流となりそうです。

コーデ5

ノーカラージャケット×イージースラックスでクールに

ノーカラージャケット×イージースラックスでクールに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

テーラードジャケットをアレンジしたアウターのセットアップがかなり充実しています。ここで着用しているのは、カラーレスジャケットとワイドイージースラックスのセットアップ。ボタンまで省略したミニマルなアウターの表情を生かし、他のアイテムをブラックでまとめてクールに仕上げた着こなしが新鮮です。

コーデ6

バンドカラーシャツ×シェフパンツでストリート調に

バンドカラーシャツ×シェフパンツでストリート調に

WEAR

WEAR

お気に入り追加

シャツを使ったセットアップは、より一層リラクシングな印象。このお手本で着ているセットアップは、バンドカラーシャツとシェフパンツの組み合わせから今っぽい脱力感が漂っています。ジェットキャップ、カレッジTシャツ、ローテクスニーカーを合わせた大人なストリート調のコーディネートがおしゃれです。

今季はバリエ豊富。コーデュロイのセットアップで今っぽいおしゃれを手に入れる

ウェア・コーデ

今季はバリエ豊富。コーデュロイのセットアップで今っぽいおしゃれを手に入れる

セットアップは大人のワードローブに欠かせないアイテムですが、なかでも今季はコーデュロイに熱い視線が注がれています。その魅力をコーデ例やおすすめとともにご紹介。

近間 恭子

2021.10.08

▼キーワード4:アースカラーのワントーンコーデ

秋らしい色味に加え、ナチュラルなニュアンスも感じさせるアースカラーはこの秋の注目株。1点だけ取り入れても秋らしさは演出できますが、全身を同系色で揃えたワントーンスタイルならさらに新鮮です。

コーデ7

セットアップ+同色インナーでワントーンを構築

セットアップ+同色インナーでワントーンを構築

WEAR

WEAR

お気に入り追加

今シーズン充実しているセットアップを活用すれば、アースカラーのワントーンコーデは簡単に作れます。このお手本コーデでは、ワイドブルゾンとイージースラックスのセットアップをセレクト。インナーからスニーカーまで全身をベージュで統一し、上品で意外性のあるコーディネートを築いています。白いネックポーチがクリーンなアクセント。

コーデ8

アウターまでカーキ系で揃えて立体的な着こなしに

アウターまでカーキ系で揃えて立体的な着こなしに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

こちらはカーキ系カラーのワントーンスタイル。モスグリーンのシャツとワイドパンツを軸にしつつ、明るいカーキ系のブルゾンとインナーを合わせ、色味の変化で立体的に仕上げているのがおしゃれです。名作スニーカー「スタンスミス」でポイント使いされているグリーンもさりげなくリンクさせているという芸の細かさに脱帽!

▼キーワード5:都会的で大人なミリタリーMIX

ミリタリーテイストを感じさせるアイテムの人気が続いています。シックにアレンジされたタイプも多いのですが、あえてミリタリー感の強いアイテムを選び、着こなしで大人っぽく都会的に仕上げると鮮度がアップします。テイストのミクスチャー感を楽しみながら着こなしましょう!

コーデ9

ミリタリージャケットを大人っぽく着こなした好例

ミリタリージャケットを大人っぽく着こなした好例

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ミリタリージャケットの代表作、M-65がモチーフのジャケットを着用。さらにミリタリー仕様のキルティングライナーを重ねることで、男っぽいレイヤードを築いてします。ミリタリーテイスト全開の上半身に対し、下半身を黒でまとめて引き締めているのもポイント。全体として大人なカジュアルスタイルにまとめています。

コーデ10

ミリタリーパンツで着崩したタイドアップスタイル

ミリタリーパンツで着崩したタイドアップスタイル

WEAR

WEAR

お気に入り追加

タイドアップしたカジュアルなジャケットスタイルがベース。トラッドなコーディネートにミリタリーパンツで武骨な要素をプラスした着こなしです。パンツは1940年代に使われていたアメリカ軍のファティーグパンツがモリーフ。ワイドなシルエットが今っぽいリラックス感も醸し出しています。

▼キーワード6:首周りのネイヤードで差をつける

タートルネックやモックネックのような、首に高さのあるハイネックデザインのトップスが益々人気を高めています。今シーズンは、それらを活用して首周りにレイヤード感を演出する着こなしが注目を集めそう。インナーとして着用したハイネックを首元のアクセントとして効かせるのが基本の方程式。

コーデ11

白いタートルネックをクリーンなワンポイントに

白いタートルネックをクリーンなワンポイントに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

トラッドなカジュアルスタイルにクリーンなアクセントを加えたお手本。コートのステンカラー、スウェットのクルーネック、カットソーのタートルネックによるレイヤードが首元に視線を集め、白いアクセントを印象づけています。ソックスを白ではなくベージュにしてコーディネートに溶け込ませ、タートルネックをアイキャッチとして強調しているのが巧妙!

コーデ12

黒いタートルネックを引き締め役として活用

黒いタートルネックを引き締め役として活用

WEAR

WEAR

お気に入り追加

テラコッタカラーのキルティングコートとキルティングベストを重ねて一体化。ブラックのタートルネックカットソーをのぞかせることで、クールなアクセントとして効かせた好例です。ワイドなコーデュロイパンツで季節感とトレンド感を上乗せしつつ、足元も黒にして引き締めたバランスが絶妙!

タートルネックを使った重ね着が洒落感アップに効く。5つの必修ルールとは

ウェア・コーデ

タートルネックを使った重ね着が洒落感アップに効く。5つの必修ルールとは

顔周りは、与える印象を大きく左右する要所。タートルネックを使った重ね着で首元に立体感を構築すると、おしゃれ感がグッと高まります。覚えておきたい五大法則をご紹介!

平 格彦

2020.12.03

▼キーワード7:足元はブーツが今また新鮮

長らくスニーカーの人気が続いているからこそ、ブーツを履くだけでちょっとした差別化が可能になります。ダークなレザーの重厚なタイプがもっとも意外性がありますが、明るいトーンのスエードブーツなどでも新鮮。ラフな着こなしからきれいめのスタイルまで、ブーツでひとヒネり加えましょう!

コーデ13

カジュアルなニットスタイルに重厚感をプラス

カジュアルなニットスタイルに重厚感をプラス

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ラフなコーディネートを落ち着かせる際は重厚なブーツが有効です。このお手本は、ネイティブ柄のニットにイージースラックスを合わせたカジュアルスタイル。足元にブラックのサイドゴアブーツを合わせることで、重厚感を与えています。ヘビーな印象のチャンキーソールに加え、ブーツが適度にのぞくパンツのスリットもポイント。

コーデ14

きれいめなセットアップスタイルにこなれ感を加味

きれいめなセットアップスタイルにこなれ感を加味

WEAR

WEAR

お気に入り追加

上品なコーディネートにこなれ感を与えたい際は、スエードのブーツが最適です。このお手本はダークネイビーのセットアップが軸。その足元にベージュのサイドゴアブーツを合わせ、上品なイメージをキープしながらこなれたムードをプラスしています。パンツとのコントラストでブーツの質感を引き立てたテクニックもお見事!

1点取り入れれば即、旬ムード。今季の秋服トレンドアイテムもチェックしておこう

前述した旬トピックスを実践する以外に、この秋らしいトレンドアイテムを1点投入するだけでも着こなしアップデートが叶います。ここでは、トレンド候補の旬な秋服を選りすぐってご紹介。まずは自分のいつものコーデに取り入れやすいアイテムから取り入れてみましょう。

アイテム1

気兼ねなく使える「カバーオール」

気兼ねなく使える「カバーオール」

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ガンガン使える作りと余裕あるボックス型シルエットが特徴のカバーオールは、リラックス感が欲しい今の気分にぴったり。ワークテイストを生かしてラフに着こなしても、上品なコーディネートのハズしとして使っても重宝します。この1着は『ラングラー』製で、オーセンティックな表情が魅力。

アイテム2

ひとヒネり加えた「MA-1」

ひとヒネり加えた「MA-1」

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

今年の春夏シーズンにトレンドのアウターとして人気を集めたのがMA-1です。秋も確実に活躍してくれるフライトジャケットですが、今シーズンは少し個性のあるタイプを選ぶのがおすすめです。具体的には、色柄や素材でアレンジを加えたMA-1が狙い目。大人なムードをキープするなら、秋らしいスエードなどの素材に置き換えたタイプを選びましょう。

アイテム3

便利な「ドライバーズニット」

便利な「ドライバーズニット」

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ハイネックやタートルネックなど、ネックに高さのあるニットは引き続き人気ですが、そのアレンジ版としてドライバーズニットの注目度が高まっています。長距離を移動するドライバーが着用していたニットがデザインソース。フロントがダブルジップで開けるようになっていて、首周りや裾の開き具合を調節できるのが特徴です。『メゾン マルジェラ』の定番アイテムとして知られているアイテムですが、日本のニットウェアブランド『バトナー』などでもシグネチャーモデルとして人気。さらに今季はさまざまなブランドがリリースしています。

アイテム4

存在感ある「柄入りトップス」

存在感ある「柄入りトップス」

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

長年シンプルな無地のトップスが好まれてきた反動からか、今シーズンは柄モノのトップスが豊作です。定番柄を取り入れるだけでもコーディネートにスパイスが加味できるので、まずはトラディショナルで大人っぽい柄入りトップスから着こなしてみましょう。秋の主役になるニットは、フェアアイル柄やノルディック柄で人気のアウトドアテイストを演出するのがおすすめ!

アイテム5

男らしさの薫る「ミリタリーパンツ」

男らしさの薫る「ミリタリーパンツ」

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

シンプルなコーディネートのアレンジとして、男っぽいラギッド感を加味するのが今季らしいヒネり。その一環として、ミリタリーパンツにもスポットが当たっています。正統派のファティーグパンツやカーゴパンツはもちろん、そのディテールを取り入れたパンツも狙い目。ちなみにこのパンツは、1990年代のファティーグパンツをベースにしつつ、シルエットをテーパードさせてアップデートしています。

アイテム6

“脱・細身” の「スウェットパンツ」

“脱・細身” の「スウェットパンツ」

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

お気に入り追加

今っぽいリラックス感があるアイテムとして人気のスウェットパンツ。これまでは品良くまとまる細身のシルエットが支持されてきました。しかし今年は、見た目のリラックス感が強調できるやや太めのシルエットがトレンドに。スウェットパンツの定番カラーであるヘザーグレー、ブラック、ネイビー以外を選ぶと一層鮮度がアップしますよ。

アイテム7

上品でカジュアルな「モカシンシューズ」

上品でカジュアルな「モカシンシューズ」

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

リラックス感のある足元として長らくスニーカー人気が続いてきましたが、さすがに変化が欲しいという人が増えてきて、その結果としてブーツや革靴の注目度が高まっています。履きやすいアイテムとして狙い目なのは、レザーシューズの中でもカジュアルなモカシンシューズ。U字型に縫い合わされたアッパーが目印です。適度に重厚感があるタイプを選び、カジュアルなコーディネートの引き締め役として活用してみましょう。

15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

ウェア・コーデ

15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

季節の変わり目は服装やコーディネートに悩むもの。気温15度前後に適した服装を考えながら、快適に過ごすためのアイテム選びや着こなしテクニックを紹介します。

平 格彦

2021.02.12

気温25度の日は、どんなコーデで何を着る? 服装選びのハウツー

ウェア・コーデ

気温25度の日は、どんなコーデで何を着る? 服装選びのハウツー

コーディネートの大きな指針となるのがその日の気温。では、25度の日はどんな服を選べば良いのか。メインとなるアイテムを提案しつつ、実例とともに着こなしを解説します!

平 格彦

2021.05.10

気温20度の日の服装回答集。真似したくなるおすすめコーディネート24選

ウェア・コーデ

気温20度の日の服装回答集。真似したくなるおすすめコーディネート24選

メンズファッションにおいて、多くの方が悩む春秋シーズンの服装。持っておくと便利なアイテムと、気温20度前後の季節での最適なコーディネートを紹介していきます。

Hiroshi Watanabe

2021.09.02

注目編集者
平 格彦

60以上のメディアで執筆。「着こなし工学」提唱者

平 格彦
出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

異彩を放つ限定色も登場。なぜ土屋鞄製造所のコードバンシリーズはこんなにも魅力的なのか

半世紀以上にわたり上質な革製品を作り続けてきた『土屋鞄製造所』。そのモノ作りの真髄ともいえるコードバンシリーズを深掘りし、多くの人に愛される理由を探ります。

SPONSORED by 土屋鞄製造所

続きを読む

持つたび、溢れる高揚感。働くことを楽しめる土屋鞄製造所のバックパック&トート

働き方の変化に合わせてバッグを新調したい。とはいえ周囲を見渡しても似たり寄ったりなモノばかり。そこで輝きを放つのが『土屋鞄製造所』のバックパック&トートです。

SPONSORED by 土屋鞄製造所

続きを読む

大人には大人のスポーツMIX。都会的な雰囲気を纏うアウターに、名門ブランドで出会う

スポーツMIXコーデはトライしやすいからこそ、取り入れるアイテムが問われるもの。おすすめしたいのは、アーバンテイストを取り入れたアクティブなアウター類です。

SPONSORED by レノマオム

続きを読む

計算されたオーバーサイズ。チャムスのスウェット、今年はひと味違うってよ

“ちょうど良い日常着”として、この時期欠かせないスウェット。よりトレンド感ある装いを目指すなら、今季アップデートされた『チャムス』の新作群をおすすめします。

SPONSORED by チャムス

続きを読む

外遊びだけじゃもったいない! 毎日楽しめるスニーカーがキーンにはある

「ユニーク」などサンダルのイメージが強い『キーン』ですが、実は365日アツいのがスニーカー。アウトドアはもちろん街でも映え、シーンを問わず活躍してくれます。

SPONSORED by キーン

続きを読む

タフでスリムで街で映える。“勢いを増していく僕ら”には、こんなGショックがよく似合う

節目の35周年を経て以降も勢いは増すばかりの『Gショック』。今夏発売された「GA-2200」はその象徴だ。期待の新顔をファッション業界で今ノリに乗る2人はどう見るのか。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

あなたの働き方にはどの1着? 4つのワークスタイル、それぞれの本命セットアップ

働き方の多様化が進む今、最適な仕事服は人によって千差万別。各々のワークスタイルに応じた理想のセットアップが、『エイチアイピー バイ ソリード』なら見つかります。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

カテゴリ

おすすめ記事