コスパに優れたスイスの人気腕時計、ティソのおすすめモデル20選

多くの名門、高級ブランドがしのぎを削る機械式腕時計のメッカ、スイス。なかでも『ティソ』は、機能的で比較的手が届く価格帯の展開がある、注目度の高いブランドだ。

ブランド:
キーワード:

コスパに優れたスイスの人気腕時計、ティソのおすすめモデル20選

腕時計ブランド『ティソ』とは?

『ティソ』は1853年、スイスの町、ル・ロックルでシャルル・フェリシアン・ティソ氏と時計職人の息子、シャルル・エミール氏の手により生まれた。当初は集めた各パーツを組み立て販売する“エタブリスール”としてスタート。そして、1917年にブランク・ムーブメントの製造を導入し、マニュファクチュールとしての存在感を強めると世界中へその名が知れ渡っていった。

大人がハマるスイス機械式、『ティソ』の技術力

『ティソ』の魅力は、なんといってもスイス産機械式腕時計の品質を表現しているところにある。世界初の耐磁性腕時計の開発に始まり、世界初のソーラー式タクタイルウォッチなど、その技術力は誰もが敬意を抱いてやまない。MOTO GP(TM)やツールドフランスなどの多彩なスポーツ競技の公式タイムキーパーを務めてきたのは、その品質の裏付けでもある。

『ティソ』自らの技術革新がもたらした、抜群のコスパ

スイスの腕時計と聞いて連想するのはその高級感だが、こと『ティソ』に関してはしばしばその良心的な価格帯のラインアップが話題となりやすい。前述の技術革新の成果を、手の届きやすい価格設定に反映させ、確実に市場を開拓してきた。10万円以下が中心となる本ブランドのラインアップには技術力が伴っているからこそ、優れたコストパフォーマンスをより感じることができる。

大人の味方『ティソ』。おすすめウォッチ20選

我々の私生活を的確にフォローする機能性と大人としての威厳を保持するルックスを兼備。そのうえ、気軽に持てるのが『ティソ』の腕時計。そんないいことずくめなアイテム群から、“これぞ”といえる逸品を厳選。

アイテム1

ヘリテージ ナビゲーター 160th Anniversary Automatic

1953年に発表された名作、ナビゲーターの復刻モデル。今の空気に合わせてフェイス径を大きくとっているが、デザインや機能に関しては当時のまま。今は都市表記に使用されていない“BOMBAY”をあしらうなど、再現性へのこだわりは細部にまでいたる。

アイテム2

T-コンプリカシオン スケレッテ

両面スケルトンの斬新なアプローチが目を見張る同作は、43mm径いっぱいに広がる機械式の美しさが圧倒的。内部に使用しているのは伝統の懐中時計に使われていたムーブメントで、9時方向に入れたスモールセコンドやケースに合わせた黒の尾錠もすばらしい。

アイテム3

T-コンプリカシオン クロノメーター

スイスの権威ある公的機関、C.O.S.Cが定める厳格な試験をパスした高精度のムーブメントを採用。ケースサイズは43mm径で厚さ1.2cmと重厚そのものだが、鏡面仕上げのドルフィン針やアプライドインデックスなど、その上品なルックスで多くの人々を魅了している。

アイテム4

ル・ロックル パワーリザーブ

1853年に創業した生誕地をモデル名に入れたことからもわかるように、同社の原点を感じさせる作品。ゼンマイの残量を示すパワーリザーブ・インジケーターを搭載したモデルで、『ティソ』時計の上級モデルらしい質の高さと美しさを兼ね備えている。

アイテム5

ル・ロックル オートマティック

生誕の地にオマージュを捧げた上記モデルの別バージョン。中央にはきらびやかなギョーシェ装飾を施したクラシカルなビジュアルで、時針と秒針のデザインは、16世紀にル ロックルの教会で使われていた時計をイメージしている。

アイテム6

T-スポーツ シースター1000 クォーツ クロノグラフ

『ティソ』のスポーツライン、T-スポーツコレクションが誇るダイバーズウォッチ。30気圧防水で、ダイバー用のバックルと延長ピースのついたストラップやスーパールミノバ(R)の針など、ハイパフォーマンスと水中スポーツへの情熱が結実したアイテム。

アイテム7

T-スポーツ クイックスター ルガーノ

ダイヤルを大きく見せるために考えられたベゼルデザインや、むだな装飾を一切排除するなど、視認性を高める仕掛けを随所に取り入れたT-スポーツコレクションのアイテム。エンボスインデックスやNATOストラップがすがすがしい印象を与える。

アイテム8

T-スポーツ PRS200 クロノグラフ

モデル名に記された“PRS”は、高精度(Precious)、頑強性(Robustness)、スポーティーさ(Sportiness)の頭文字をとったもの。3つの優れた特徴を備えたモデルを表し、レザーバンドを採用したことで上質な雰囲気に仕上げている。

アイテム9

T-スポーツ PRS516 クォーツクロノグラフ

同作のルーツをたどっていくと、やがてはモータースポーツに端を発する1960年代に発表されたオリジンに行き着く。数々の技術革新を試み、成果と賞賛を手にした代表的モデルで、デザインはレーストラックからインスピレーションを得ている。

アイテム10

T-スポーツ T-レース

バイクレースから着想を得て製作されたのがこちら。ブレーキディスクをモチーフにしたベゼル、モーターバイクにもよく見られるカーボン機構など、その特徴は随所に見て取れる。また、数千分の1秒で勝敗が決まるシリアスな世界を表現したような高機能性も特徴。

アイテム11

T-タッチ エキスパートソーラー

歩きながらでも気圧、高度の計測を可能にしたテクニカルなモデル。2時方向に位置する高度計は、5秒ほどで誤差1m以内を測定する精度の高さを誇り、気圧計をラグ内に収め、ケースをチタン製にしたことで薄く軽い形状に。

アイテム12

T-タッチU

T-タッチコレクションに追加されたこのT-タッチUは、プロスポーツ用の機器を取り入れた高度な最先端技術を搭載しアップデートを遂げた作品。コンパス、晴雨計、高度計などのハイスペックな機能を有し、まさに旅のお供に最適なモデルといえる。

アイテム13

T-クラシック トラディション パーペチュアル カレンダー

うるう年を含め、月末調整を必要としないパーペチュアル・カレンダー機能を備えたクォーツ時計。また、ベルトの留め具にはホールディングバックルを採用。そのため、着脱時に腕時計を落としてしまう心配もない。

アイテム14

PR100 クロノグラフ

正確(Precious)、頑強(Robustness)の頭文字をとり、モデル名へ採用。そこからもわかるように、時を正確に刻み、しかも丈夫さも併せもつ頼れる相棒。それを可能にしているのが、外側へ採用した質の高いステンレススチール。

アイテム15

T-クラシック ラグジュアリー オートマティック パワーマチック80

ドレッシーなスーツスタイルにハマる腕時計を揃えた、T-クラシックの人気作。腕時計の製造技術を科学レベルにまで引き上げた『ティソ』ならではのモデルで、こちらは、80時間のパワーリザーブを記録した驚異的ムーブメントのパワーマチック80ムーブメントを搭載。

アイテム16

PRC200 ツールドフランス2016

世界的な自転車競技会である、ツール ド フランスの公式時計を務めていたことでも知られる『ティソ』。こちらは、同大会の代表的カラーであるイエローを採用したスペシャルモデルで、バンドは汗や水に強いナイロン製を採用している。

アイテム17

T-スポーツ PRC200 フェンシング ジェント

前述したPRS200シリーズから派生したのがこのPRC200。Classicの頭文字をモデル名に採用したことからも推測できるようにスポーツ時計らしからぬ落ち着いたたたずまいがポイント。ただ、20気圧防水を誇るなど機能面も充実している。

アイテム18

ヘリテージ クラシック プリンス

1916年、帝政ロシアの貴婦人のために製作されたといわれる腕時計の復刻。手首に沿ってカーブした形状により、“バナナウォッチ”と呼ばれ、モデル名は、『ティソ』と旧ロシア帝国皇帝との重要な関係性にちなんでいる。

アイテム19

ヘリテージ ヴィソデイト

ブランドを代表する自動巻き腕時計。マニアックなファンからも一目置かれるその理由は、ETA社製の2836ムーブメントを搭載しているため。しかもシースルバックからその駆動を視認することができる。また、黒とゴールドの高級感あふれる配色も魅力。

アイテム20

T-ゴールド ヴィンテージ オートマティック パワーマティック80

ヴィンテージウォッチを連想させるブラウンゴールド製のケースがラグジュアリーな雰囲気を伝えてくれるアイテム。さらに、伝統的意匠のクル・ド・パリ装飾により、クラシカルかつエレガントなたたずまいを後押しする。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る