高コスパなスイス時計を輩出。ティソから選ぶおすすめモデル15選

高コスパなスイス時計を輩出。ティソから選ぶおすすめモデル15選

多くの名門、高級ブランドがしのぎを削る腕時計のメッカ、スイス。なかでも『ティソ』は、機能的で比較的手が届く価格帯の展開がある、注目度の高いブランドだ。

菊地 亮

2019.07.25

ティソ(TISSOT)
腕時計

スイスが生んだ実用時計の極致、『ティソ』とは?

スイスが生んだ実用時計の極致、『ティソ』とは?

『ティソ』は1853年、スイスの町、ル・ロックルでシャルル・フェリシアン・ティソ氏と時計職人の息子、シャルル・エミール氏の手により生まれたブランド。当初は集めた各パーツを組み立て販売する“エタブリスール”としてスタート。そして、1917年にブランク・ムーブメントの製造を導入、マニュファクチュールとしての存在感を強めると世界中へその名が知れ渡っていった。

大人がハマるスイスメイド、『ティソ』の技術力に触れる

大人がハマるスイスメイド、『ティソ』の技術力に触れる

エントリーモデルとしてのクォーツ時計も人気だが、『ティソ』の魅力はなんといってもスイス産機械式腕時計のを高いコストパフォーマンスで手に入れられるところにある。耐磁性腕時計の開発に始まりソーラー式タクタイルウォッチなど、当時の“世界初”をいくつも生み出しており、その技術力には誰もが敬意を抱いてやまない。MOTO GP(TM)やツールドフランスなどの多彩なスポーツ競技の公式タイムキーパーを務めてきたのは、その品質の裏付けでもある。

『ティソ』自らの技術革新がもたらした、抜群のコスパ

『ティソ』自らの技術革新がもたらした、抜群のコスパ

スイスの腕時計といえば高級なイメージが付いて回るが、こと『ティソ』に関してはしばしばその良心的な価格帯が話題となりやすい。前述の技術革新の成果を、手の届きやすい価格設定に反映させて確実に市場を開拓してきた。現在では世界にその名をとどろかせるETA社の最新機を搭載したモデルを数多く輩出しており、その大半が10万円以下に収まっている。

腕時計を愛する大人の味方『ティソ』。おすすめウォッチ15選

シーンを選ばないベーシックなモデルから、モータースポーツに根差したスポーティな顔立ちのモノまで、『ティソ』がカバーする分野は幅広い。世界最大のムーブメントメーカー・ETA社をバックに持つからこそのクオリティと、長い歴史から生まれてきたデザイン、そのどちらをも兼備する15本をご覧あれ。

アイテム1ヘリテージ 創業160周年記念モデル

ヘリテージ 創業160周年記念モデル

1953年に発表された名作、「ナビゲーター」の復刻モデル。今の空気に合わせてフェイス径を大きくとっているが、デザインや機能に関しては当時のまま。今は都市表記に使用されていない“BOMBAY”をあえてあしらうなど、再現性へのこだわりは細部にまでいたる。ムーブメントにはクロノメーター認定ムーブメント、ETA2893-3を搭載。

アイテム2ヘリテージ ヴィソデイト

ヘリテージ ヴィソデイト

ブランドを代表するオーセンティックな自動巻き腕時計。程良いラグジュアリーさを漂わせるイエローゴールドのケースとレトロなブランドロゴ、ドーフィン針にドーム型風防とクラシックな意匠の数々が、腕元に品格を与えてくれる。なお、3時位置にあしらわれたデイデイト(曜日、日にちを表示)は当時画期的な機能として迎え入れられた。

アイテム3ヘリテージ バナナ

ヘリテージ バナナ

1916年、帝政ロシアの貴婦人のために製作されたといわれる腕時計の復刻。復刻に当たっては100年前のデザインを忠実に再現しているにも関わらず、その意匠には全く古臭さがない。

手首に沿ってカーブした形状により“バナナウォッチ”と呼ばれ、いつしかその呼び名が定着していった同作。アールヌーヴォーの流れを汲むインデックスにスペード針が時を刻む、実にクラシックで個性的なドレスウォッチだ。

アイテム4T-クラシック T-コンプリカシオン スケレッテ

T-クラシック T-コンプリカシオン スケレッテ

両面スケルトンの斬新なアプローチが目を見張る同作は、43mm径いっぱいに広がるムーブメントの美しさが圧倒的だ。内部に使用しているのは古き良き時代の懐中時計に使われていたムーブメント。9時方向にさり気なく入れたスモールセコンドなど時計としての機能性は担保しつつも、中央から伸びる5本のスポークや美しく仕上げられた脱進機など“魅せる”意匠をふんだんに取り入れている。

アイテム5T-クラシック ル・ロックル オートマティック

T-クラシック ル・ロックル オートマティック

1853年に創業した生誕地をモデル名に入れた、『ティソ』の原点を感じさせるコレクションより。約80時間の連続駆動を実現したパワーマティック80を搭載したモデルで、同ブランドらしく実用性の高さと美しさを兼ね備えている。裏蓋のガラスは上下に分断されたデザイン性の高い仕様となっており、見えない部分でも所有欲を満たしてくれる。

アイテム6T-クラシック ル・ロックル クロノグラフ

T-クラシック ル・ロックル クロノグラフ

『ティソ』を代表するコレクションである「ル・ロックル」。かつて創業の地に存在した、実在の境界時計をモチーフにしたものだ。最大の特徴は細かなギョーシェ彫りとローマンインデックスが織りなすクラシカルな表情だが、一方で高機能なムーブメントを積んでいるギャップもまた面白い。ETA社の80時間ロングパワーリザーブムーブを搭載したものが主流だが、こちらはバルジューの名機を積んだ縦型クロノグラフ。3針モデルがケース径40mmを切っているのに対し、42.3mm径と程良い存在感を放ってくれる。

アイテム7T-クラシック トラディション パーペチュアル カレンダー

T-クラシック トラディション パーペチュアル カレンダー

うるう年を含め、月末調整を必要としないパーペチュアル・カレンダー機能を備えたクォーツ時計。機械式のように途中で針が止まってしまう心配もないため、2099年まで安心して計時を任せられる。また、左右対称に配置された月・日・曜日の表示はデザイン的にも生かされており、針がせわしなく行き来するさまは複雑機構を所有する喜びを与えてくれるはずだ。

アイテム8T-スポーツ シースター1000 クォーツ クロノグラフ

T-スポーツ シースター1000 クォーツ クロノグラフ

『ティソ』のスポーツライン、「T-スポーツ」コレクションが誇るダイバーズウォッチ。30気圧防水で、ダイバー用のバックルと延長ピースのついたストラップやスーパールミノバ(R)の針など、ハイパフォーマンスと水中スポーツへの情熱が結実したアイテム。ムーブメントはなんと、画期的な電池切れ警告機能付きだ。

アイテム9T-スポーツ シースター1000 オートマティック

T-スポーツ シースター1000 オートマティック

「シースター 1000」はその名の通り、海に縁のあるダイバーズモデル。ETA社の誇るロングパワーリザーブムーブメント、パワーマティック80を搭載しつつ、10万円以下の価格で300m防水を叶えた圧倒的コストパフォーマンスを有する1本だ。文字盤はブルーグラデーションで深海を表現。軽快なラバーストラップも相まって、実にスポーティな顔立ちだ。

アイテム10T-スポーツ PRC 200 クロノグラフ

T-スポーツ PRC 200 クロノグラフ

『ティソ』のスポーツラインである「PRS 200」コレクション。同シリーズ名にもなっている“PRS”は、高精度(Precious)、頑強性(Robustness)、スポーティさ(Sportiness)の頭文字をとったものだ。そのスポーティさを、より“クラシック=Classic”な方向へと誘導したのが、こちらの「PRC 200」である。「PRS 200」同様の防水機能は維持しつつ、ムーブメントにはETA社の自動巻きを搭載。ベゼルを細くしでダイヤルを大きく見せるなど視認性にも気を配りつつ、配色や仕上げによりあくまでクラシックな顔立ちに整えている。

アイテム11T-スポーツ PRC 200

T-スポーツ PRC 200

上記「PRC 200」シリーズにはクォーツモデルも存在する。3方向に均等に配されたインダイヤルは縦目のモノと比べるとカジュアルな印象で、個性的なルックスを創出している。ブラック基調の中で光る、鮮やかなイエロー針もなんとも楽しげだ。よりカジュアル寄りの1本を求めているなら、こちらが適任だろう。

アイテム12T-スポーツ PRS516 クォーツ ブラックカーボン

T-スポーツ PRS516 クォーツ ブラックカーボン

カーボンベゼルにはタキメーターを配し、インデックスの素材感にもカーボンを使用、ストラップはラバーで古き良き時代のパンチングレザーストラップを再現するなど、各所にモータースポーツへの憧憬が込められた1本。ケースバックにはステアリングホイールをイメージしたエングレーブが施されるなど、見えない箇所にもぬかりはない。

アイテム13T-レース マルク・マルケス 2018 リミテッド・エディション

T-レース マルク・マルケス 2018 リミテッド・エディション

バイクレースから着想を得て製作されたのが、「T-レース」シリーズ。ブレーキディスクをモチーフにしたベゼル、モーターバイクにもよく見られるカーボン機構など、その特徴は随所に見て取れる。また、数千分の1秒で勝敗が決まるシリアスな世界を表現したような高機能性も特徴的だ。

こちらのモデルは、スペイン出身のオートバイレーサー、マルク・マルケス氏にちなんだモデル。随所にチームカラーのオレンジを散りばめつつ、ケースバックにはスペシャルモデルであることを示すロゴが鎮座する。

アイテム14PR100

PR100

正確(Precious)、頑強(Robustness)の頭文字をとり、モデル名へ採用した「PR 100」シリーズ。まさに、実用時計に求められる2つの要素を満たす『ティソ』のエントリーモデルとして、幅広い層に愛されている。今モデルでは、さらにケースにチタンを採用することで軽さも担保。ブラックともグレーとも異なる深みを持つアンスラサイトカラーで仕上げた文字盤も相まって、まさにビジネスシーンにも似合う1本へと仕上がっている。

アイテム15T-タッチ エキスパートソーラーⅡ

T-タッチ エキスパートソーラーⅡ

ガラス風防に触れることで、様々な機能に感覚的にアクセスできる『ティソ』が生み出した革新的モデル「T-タッチ」。今作では20種類の機能に加え、15分で1日分の電力を確保できるソーラー発電機として仕上がっている。100m防水に加えてケースの素材にも軽量でタフなチタンを採用しており、屋外や悪条件下での活躍をますます期待できる1本となった。

メンズファッション各誌で編集・執筆を行うかたわらWEBマガジンのディレクションも行うなどジャンルレスに活動。無類のスポーツ好きで、特にサッカーへは熱い情熱を注ぐ。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

    夏目 文寛

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    腕時計の本場がスイスというのは、否定できない事実。しかし、実用性においては日本が世界一といっても過言ではありません。その理由と、日本のブランドを語り尽くします。

    TASCLAP編集部

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    ダウンパンツは暖かくて軽くて、もうやみつき。街ではくならこんな10本

    ダウンパンツは暖かくて軽くて、もうやみつき。街ではくならこんな10本

    軽くて暖かくて快適……だけじゃない! ダウンパンツはシルエットもデザインも洗練されたモノが豊富です。街中ではくダウンパンツの選び方と着こなしのコツをご紹介。

    TASCLAP編集部

    待ってました。大ヒットを飛ばしたナンガコラボが、装いも新たにお目見え

    待ってました。大ヒットを飛ばしたナンガコラボが、装いも新たにお目見え

    寒さが一段と厳しくなるこれからの時期、最も頼りになるアウターといえば、やはりダウン。この冬も多くのブランドからさまざまなモデルがリリースされているが、TASCLAP…

    TASCLAP編集部

    BACK