スエードスニーカーは洒落者のキーアイテム。おすすめモデルとコーデ術

周囲から一目置かれる大人はモノ選びもひと味違う。そんな彼らの足元で最近目につくのがスエードスニーカー。なかでも好評なモデルを取り上げながら、コーデやケアも解説。

菊地 亮

菊地 亮

SHARE
記事をお気に入り
2020.03.18

洒落者がスエードスニーカーを愛用するのはなぜなのか?

洒落者がスエードスニーカーを愛用するのはなぜなのか?

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スポーティなスニーカーは、動きの自由を生み、心までも解放してくれる。とはいえ、若かりし頃のアクティブなノリにばかり固執してはいられない。年相応の落ち着きも求めるべきが大人というものなのだ。そんな難問に終止符を打つのがスエード素材。時に大人っぽく、時にカジュアルに。その頼もしい汎用性は、ドレスライクなスラックスにも好相性を発揮し、ジーンズやチノパンの持つカジュアルさを見事に引き締めてくれる。

これが大人のセレクト。スエードスニーカーの選び方

これが大人のセレクト。スエードスニーカーの選び方

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

素材がスエードでさえあればすべて解決、ということでは決してない。理想の1足に出会うには、しかるべきアイテム選びが必要となる。安定感を求めるならば、革靴を選ぶかのごとくブラックやグレー、ネイビーといった定番色をチョイスするのが定石。また、春夏らしい軽やかさや洒落感を表現するならベージュやカーキといったアースカラーを視野入れるのが旬な選択といえるだろう。いずれにしても、大人の足元には豪華な機能を纏ったハイテク系よりも、どこかクラシカルなムードを湛えたシンプルデザインの1足がよく似合う。

人気ブランドから厳選。今欲しいスエードスニーカー10選

素材の旨味を十分に引き出しながら、かつ“今”を踏まえた洒脱さもしっかりキープする。そんな、良い大人にとっておいしい1足を、アイテム選びの基準に沿いって選抜。人気ブランドの名作と呼ばれるモデルを中心に、即戦力となる1足をお届けする。

アイテム1

『クラークス』トライジェニックドライGTX

『クラークス』トライジェニックドライGTX

神戸の紳士靴専門店moda

神戸の紳士靴専門店moda

お気に入り追加

デザートブーツやワラビーの印象が強い『クラークス』にあって、スニーカータイプはなかなかに新鮮だ。それがアウトドア然としたルックスと相まって、より一層魅力的に映る。加えて、アッパーにはゴアテックスを採用し、機能面も抜かりなし。春先はもちろん、夏のショーツスタイルの引き締め役としても期待できる。

クラークスの傑作ワラビー。押さえたいカラーとおすすめの着こなし

スニーカー・シューズ

クラークスの傑作ワラビー。押さえたいカラーとおすすめの着こなし

英国生まれの伝統あるシューズブランド『クラークス』。同ブランドを代表するモデルの1つ、ワラビーの魅力をひも解きながらおすすめカラーや合わせ方を解説します。

コマツ ショウゴ

2019.10.01

トレンドに左右されない秀作。クラークスのデザートブーツを履こう

スニーカー・シューズ

トレンドに左右されない秀作。クラークスのデザートブーツを履こう

『クラークス』のデザートブーツといえば、流行り廃りとは無縁のマスターピース。暖かいスエード素材で仕立てられたブーツは、秋冬コーデの強い味方になってくれます。

山崎 サトシ

2019.09.24

アイテム2

『アグ』805 X MLT

『アグ』805 X MLT

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ほっこりしたブーツのイメージが定着している『アグ』。スニーカーもそんなほっこりブーツのやさしさをしっかり引き継いでいる。足をふんわり包むライナー、そして衝撃を存分に吸収する肉厚ソール、開閉がイージーなファスナーと、我々にとことんやさしく寄り添ってくれる。

アグ(UGG)の人気靴15選。ブーツもシューズも暖かくて履き心地抜群だ

スニーカー・シューズ

アグ(UGG)の人気靴15選。ブーツもシューズも暖かくて履き心地抜群だ

ふかふかな履き心地の『アグ(UGG)』の靴。サーフカルチャーで支持されたアイテム群は、日本でもレディースから火が付き、今やメンズにおいても高い人気を誇っています。

ai sato

2019.12.13

アイテム3

『ニューバランス』X70

『ニューバランス』X70

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

いつもの『ニューバランス』と比べると、比較的財布にやさしい印象を受けるが、秘める能力は決して引けを取らない。同社のクラシックランニングのDNAを継承し、快適な疾走感を演出する“フレッシュフォーム”を融合。極上の履き心地を担保する最新のテクノロジーを搭載する。

品番も機能もおすすめも。ニューバランスのスニーカーに詳しくなる!

スニーカー・シューズ

品番も機能もおすすめも。ニューバランスのスニーカーに詳しくなる!

さまざまな世代から支持される『ニューバランス』のスニーカー。代表作から品番の違い、テクノロジーまで基本のアレコレをおさらいしていきます。

桐田 政隆

2019.11.05

アイテム4

『ヴァンズ』エラ

『ヴァンズ』エラ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ヴァンズ』の名モデルといえば、誰もがよく知るエラ。サーファーやスケーターたちの足元を支えてきた永遠の定番も、アウトソールやシームまでオールブラックだとグッと大人っぽい雰囲気になる。さらにトゥキャプを施し補強した点もキモ。

ヴァンズのスニーカーはどれを選ぶ?どう履く?人気&定番モデルを徹底攻略

スニーカー・シューズ

ヴァンズのスニーカーはどれを選ぶ?どう履く?人気&定番モデルを徹底攻略

熱狂的なファンが多い『ヴァンズ』のスニーカー。そのなかから、クラシック感が魅力の定番モデルをピックアップして詳しく解説します。着こなし術も合わせて一挙に紹介!

平 格彦

2019.04.05

ヴァンズの看板。エラの魅力とオーセンティックとの違い

スニーカー・シューズ

ヴァンズの看板。エラの魅力とオーセンティックとの違い

スニーカーの定番ブランドといえば、『ヴァンズ』ですよね。なかでも本ブランドを代表するモデルがエラ。誕生から40年が経つ今でも色あせない、その魅力に迫っていきます。

山崎 サトシ

2018.07.13

アイテム5

『コンバース』オールスター 100ゴアテックス スエードローカットスニーカー

『コンバース』オールスター 100ゴアテックス スエードローカットスニーカー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

気軽に履けてしかもロープライス。そんな『コンバース』が誇る永久不滅のエースに抱く周囲のイメージを、良い意味で覆した1足。まさに“BEYOND THE STANDARD”とのテーマを表したこちらは、防水透湿性素材のゴアテックスを素材に起用した高機能モデル。

コンバースのスニーカーは王道中の王道。今買いの12足を網羅

スニーカー・シューズ

コンバースのスニーカーは王道中の王道。今買いの12足を網羅

日本ではもちろん、世界中で多くのファンを獲得している『コンバース』。定番の「オールスター」から「スケートボーディング」モデルまで、注目作を一気に披露します。

本間 新

2020.03.06

アイテム6

『オニツカタイガー』サムサラ ロー

『オニツカタイガー』サムサラ ロー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『オニツカタイガー』の強みは多々あるが、その1つにランニングシューズが挙げられる。プロまでフォローする日本の技術力が生きたモデルは、長らく日本のランシーンを支えてきた。こちらは、80年代のジョギングシューズをベースに製作された1足。

日本から世界へ。オニツカタイガーの人気スニーカー12選

スニーカー・シューズ

日本から世界へ。オニツカタイガーの人気スニーカー12選

ハイテクスニーカーが隆盛するなかでも、レトロスニーカー人気は衰えていません。特に大人に推奨したいのが、海外でも人気爆発中の復刻ブランド『オニツカタイガー』です。

山崎 サトシ

2020.08.21

アイテム7

『サッカニー』シャドウ5000

『サッカニー』シャドウ5000

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

クラシカルな趣は『サッカニー』の愛すべき特徴だが、それは80年代のランニングシューズを思い起こさせるこのシャドウ5000にもしっかり継承。1849年の北カリフォルニアのゴールドラッシュがデザインソースで、その名も「ゴールドラッシュ」。

再注目。サッカニーの人気3モデルの着こなし活用術

スニーカー・シューズ

再注目。サッカニーの人気3モデルの着こなし活用術

スニーカーブームの影響で注目されるレトロランニング。なかでもニューバランスやオニツカタイガーが人気だが、密かにサッカニーも脚光を浴びていることをご存じだろうか?

NAKAYAMA

2017.02.14

アイテム8

『パラディウム』パラフェニックスチャッカ

『パラディウム』パラフェニックスチャッカ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

1920年、フランスで誕生した名門。第二次世界大戦に軍へ提供したブーツで名を上げ、以降、フランス国内のスニーカーシーンをけん引している。その名モデルである「パラフェニックス」のアウトソールを使い、柔らかなスエード素材を掛け合わせたアイテムがこちら。

パラディウムの防水シューズで雨の日もおしゃれに

スニーカー・シューズ

パラディウムの防水シューズで雨の日もおしゃれに

雨の日が憂鬱になる要因は足元。いつもと同じだと濡れてしまうし、かといって長靴には抵抗がある。そんな時こそ防水性の高い『パラディウム』の防水シューズの出番です。

近間 恭子

2020.06.19

アイテム9

『ウォルシュ』LA84_kmi

『ウォルシュ』LA84_kmi

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

MADE IN ENGLANDの靴と聞くと、真っ先に革靴を思い浮かべるかもしれない。だがこちらは、英国内でも数少ないスニーカーブランドで、1961年創業の老舗。本作は、1984年にロサンゼルスで開かれた世界的スポーツ大会時に英国代表の足元を支えた名作がベース。

アイテム10

『コモンプロジェクト』Achilles Low

『コモンプロジェクト』Achilles Low

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

2004年にNYで誕生したブランドは、無駄をそぎ落としたシンプルな出で立ちが多くの大人を魅了。贅沢に使用した質の高い素材により、エレガントさもしっかり纏っている。ブランドならではの良さを端的に表現しているのが、大定番のこちら。

スエードスニーカーをおしゃれに履く。お手本コーデに学ぶセンスアップのヒント

コーデ1

革靴気分で合わせて、足元に上品さを

革靴気分で合わせて、足元に上品さを

WEAR

WEAR

お気に入り追加

シャツやスラックスと聞けばドレスの王道のように聞こえるが、こちらはファティーグシャツにクロップド丈のスラックス。革靴ほどお堅くなく、スニーカーほど抜きすぎないスエードスニーカーなら、そんなドレカジ的着こなしの良いバランサーになる。

コーデ2

絶妙な息抜きがこなれ感を生む

絶妙な息抜きがこなれ感を生む

WEAR

WEAR

お気に入り追加

タイトめなテーラードジャケットに大柄なハット。さらにはマルチパターンの柄を配した長丈シャツも含め、出で立ちはどこかモードな雰囲気を醸す。そのソリッド感は時に日常との接点を見失うが、足元のスニーカーによって身近なものへとしっかり昇華されている。

コーデ3

カジュアルコーデの程良い引き締め役として抜擢

カジュアルコーデの程良い引き締め役として抜擢

WEAR

WEAR

お気に入り追加

トップスもボトムスもオーバー気味なシルエットが主流の昨今。ここにきてオーバーオールもトレンドワードに浮上しているが、やはり大人としての節度もわきまえたいところ。革靴でももちろん良いが、ラフ感の強いスタイリングを違和感なく引き締めるにはスエードスニーカーが適任。

最後に押さえたい、スエードスニーカーのお手入れ方法

最後に押さえたい、スエードスニーカーのお手入れ方法

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

スニーカーは消耗品。それに異論の余地はない。ただ、お手入れ1つで、愛用できる時間は革靴同様に延びるものだ。たとえ形状は変わろうとも、あしらわれている素材は一緒であるため、ケア法はスエードの革靴を参考にすれば良い。まずはシューレース、そしてインソールを取り除いてブラッシング。スエードの毛流れに合わせてかけるのがコツだ。そのあとは、専用クリーナーで毛の間の汚れを浮き上がらせ、タオルで拭いた後に専用ブラシで毛並みをきれいに整える。風通しの良い場所で日陰干しをし、ふたたび毛足を整えればOKだ。時間がないという人は、少なくとも帰宅後、ブラッシングをして風通しの良い場所へ置いておくだけでも良い。

スニーカーが美しく蘇る! ジェイソンマーク使い方レポ

スニーカー・シューズ

スニーカーが美しく蘇る! ジェイソンマーク使い方レポ

お気に入りだからこそ長く愛用したい。こんな時代だからこそスニーカーもケアが大切。そこでおすすめしたいのがスニーカー愛好家が信頼を寄せる『ジェイソンマーク』です。

編集イトウ

2016.10.02

何が人気? 新作は?? 人気スニーカーブランドから厳選30モデルを紹介

スニーカー・シューズ

何が人気? 新作は?? 人気スニーカーブランドから厳選30モデルを紹介

スニーカー好きの大人におすすめしたいスニーカーをピックアップ。人気ブランドの定番はもちろん、新作、注目作も合わせて紹介します。10ブランド、全30モデルは必見です!

TASCLAP編集部

2020.09.10

夏もスニーカーコーデ。人気モデル別大人の着こなし見本帳

スニーカー・シューズ

夏もスニーカーコーデ。人気モデル別大人の着こなし見本帳

足元のチョイスとして確実なのが王道ブランドの名作スニーカー。誰もが知るそれらは、夏のコーディネートでも映えます。マネしたい着こなし術は必見です!

山崎 サトシ

2019.07.23

注目編集者
菊地 亮

無類のスポーツ好き。得意ジャンルは革靴

菊地 亮
地方の出版社にて編集を経験した後、独立。フリーのエディター・ライターとしてメンズファッションを中心に、スポーツ、グルメ、音楽など幅広い分野で活動。現在は、生まれ故郷である岩手県、そして東北の魅力を発信すべく東奔西走中。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

CATEGORY

RECOMMEND