気になるビール腹をカバーする着こなしテク、教えます

気になるビール腹をカバーする着こなしテク、教えます

おなか回りが気になってきたら運動や食事制限するのが正攻法ですが、すぐに結果が出るわけでもない。でも、ビール腹をカバーする着こなしテクなら、今すぐ効果が出ます!

CANADA

2016.09.06

秋の着こなし・コーデ

最近、ビール腹が気になり始めてきたあなた

最近、ビール腹が気になり始めてきたあなた

アラサー男性に多い、見た目は太って見えないのにおなかだけぽっこり……というビール腹。全身おしゃれなアイテムで揃えているのに、おなかが出ていて台無しになっている残念な人、いますよね……。さらに、ビール腹は女性ウケもまったく期待できません。そこで、ダイエット要らずでビール腹をカバーできる着こなしテクを紹介。無意識のうちに余計におなかを強調するようなアイテム、コーデを選んでしまっているそこのあなた。今すぐ、ビール腹をカバーする着こなしテクを実践してみてください!

こんな着こなしは、ビール腹が目立ちます

こんな着こなしは、ビール腹が目立ちます

おなかが余計に目立ってしまう、NGな着こなしはいくつかありますが、とにかく体のシルエットがわかるものは避けるべき。ピタッとしたサイジングだったり、トップスのパンツイン、また、ゆるさはあっても素材が薄いと体のラインに沿ってしまうのでNGです。さらに、淡い色合いのアイテムもおなかが膨張して見える原因になりますし、横に広がって見えるボーダー柄も避けたほうがいいアイテムです。

ビール腹をカバーする5つの着こなしテクニック

誰でも簡単にビール腹をカバーすることができる着こなしテクを5つピックアップ。今日から取り入れられるものばかりなので、今すぐにでも実践してみてください!

テク1濃色トップスを着て引き締め効果を狙う

白やベージュなど、淡い色合いのトップスは膨張して見え、おなかを余計に強調してしまいます。黒やネイビーなど、濃い色のトップスを選んで、引き締め効果を狙いましょう。

ビール腹をカバーする5つの着こなしテクニック

WEARWEAR

MA-1、ニット、デニムを黒で揃えた、オールブラックの着こなしは、体型が引き締まってシャープに見える効果大。重たくなりすぎないよう、アウターはショート丈にしてメリハリをつけたのがポイントです。

ビール腹をカバーする5つの着こなしテクニック 2枚目の画像

WEARWEAR

黒のカットソーにブラックデニムのジャケットを合わせ、絶妙なグラデーションを表現。素材感で差をつけてあげると、黒同士の組み合わせでも奥行きが出せて単調に見えません。

ビール腹をカバーする5つの着こなしテクニック 3枚目の画像

WEARWEAR

ビール腹がすっぽり隠れるゆったりした黒トップスが使えます。重くなりがちな黒トップスの袖をロールアップさせて、こなれた印象になれる抜け感をメイク。袖を少しまくるだけで黒トップスに軽快さが生まれます。

テク2ロングアウターで縦長のラインを強調する

ここ数年トレンドのロング丈アウターには、実はビール腹をカバーする効果アリ。羽織るだけで縦長のシルエットを強調できるので、ほっそり見せることが可能なんです!

ビール腹をカバーする5つの着こなしテクニック 4枚目の画像

WEARWEAR

黒のニットで引き締め効果を狙いつつ、カーキのロングアウターで縦長シルエットを作った最強のビール腹対策コーデ。シルエットにゆとりのあるパンツ選びも参考になりそう!

ビール腹をカバーする5つの着こなしテクニック 5枚目の画像

WEARWEAR

膨張して見えるんじゃないかと不安になりがちなチェック柄も、ロング丈アウターならその心配もご無用。アウターにインパクトがあるので、他アイテムはシンプルにまとめるのが正解です。

ビール腹をカバーする5つの着こなしテクニック 6枚目の画像

WEARWEAR

インパクトのあるカットソーをメインにしつつも、黒のロングアウターで引き締め&縦長シルエットを作り出すことに成功。さっと羽織るだけでコーデが完成する便利アイテムでもあるのです。

テク3旬のオーバーサイズトップスで目くらまし

タイトなトップスはおなかを強調することになってしまうので、サイジングにゆとりのあるものを選ぶことが重要。今はオーバーサイズのトップスが旬なので、ショップでも見つかりやすいはずです。

ビール腹をカバーする5つの着こなしテクニック 7枚目の画像

WEARWEAR

オーバーサイズの黒ニットは、引き締め効果もありつつ、さらに体のラインを拾わないのでビール腹も目立ちません。手首や足首をすっきりさせることによって、もたつきも解消されます。

ビール腹をカバーする5つの着こなしテクニック 8枚目の画像

WEARWEAR

黒のビッグシルエットTをメインに、デニムパンツを合わせたラフなカジュアルコーデ。タイトなパンツを合わせることで、コーディネートにメリハリが生まれ、スタイルが良く見えます。

ビール腹をカバーする5つの着こなしテクニック 9枚目の画像

WEARWEAR

モノトーンでまとめた、大人のオーバーサイジングスタイル。原色は使わずシックな色合いでまとめることで、ラフになりがちなビッグシルエットTをシックに傾けています。

テク4ストールを巻いておなかから視線をそらす

ビール腹を見られたくない……。ならば、ほかに目を向けてもらう着こなしが使えます。首元にストールを巻いてアクセントをつければ、まずそこに目が行くのを利用しましょう。

ビール腹をカバーする5つの着こなしテクニック 10枚目の画像

WEARWEAR

首元にストールを巻いてボリュームを出すことで視線を上にもっていくテクは簡単に挑戦できます。さらにロングアウターで縦ラインを強調して見せているのでとてもすっきりしています。

ビール腹をカバーする5つの着こなしテクニック 11枚目の画像

WEARWEAR

「ストールを持っていない」という人は、バンダナでも代用可能。ストールより小ぶりだから巻き方も簡単。さり気なく視線を上に持っていきたい、という人にはこちらもおすすめです。

ビール腹をカバーする5つの着こなしテクニック 12枚目の画像

WEARWEAR

下手に着ると膨張して見えるボーダーカットソーは、濃色の羽織りでカバー。そこにサラッとストールを巻けば、視線が上に行くのでビール腹も目立ちにくくなります。

テク5シュッとして見えるストライプ柄を活用する

着こなしのポイント作りにもってこいの柄トップス。ビール腹カバーにもなるのは、ずばりストライプ柄のものです。縦に入った縞模様がほっそりして見える錯覚を起こしてくれます。

ビール腹をカバーする5つの着こなしテクニック 13枚目の画像

WEARWEAR

ビッグシルエットのストライプシャツは、体のラインを拾わず縦ラインも強調できるビール腹カバーにもってこいのアイテム。デニムパンツを合わせてラフに着るのが正解です。

ビール腹をカバーする5つの着こなしテクニック 14枚目の画像

WEARWEAR

グリーンのストライプシャツにカーキのパンツを合わせて色のトーンを統一。縦縞模様でシャープに見せつつ、腕のロールアップでさらに軽快なイメージを演出しています。

ビール腹をカバーする5つの着こなしテクニック 15枚目の画像

WEARWEAR

ゆったりとしたサイジングの着こなしは体型カバーにぴったり。ストライプのシャツでシャープな印象に仕上げています。シャツのボタンを留めるとおなかが強調されるので留めないほうが◎。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ワイドパンツでコーデがこなれる。パンツの種類別着こなしサンプル

    ワイドパンツでコーデがこなれる。パンツの種類別着こなしサンプル

    ワイドなパンツは着こなしが難しいと思われがちですが実は簡単。ルールさえ守れば、こなれ感のある大人のカジュアルスタイルを築くことができます。そのポイントをご紹介。

    平 格彦

    Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

    Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

    秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

    山崎 サトシ

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

    菊地 亮

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

    山崎 サトシ

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

    菊地 亮

    BACK