パーカーブランド厳選14。大人が手に取りたい定番アイテム一覧

パーカーブランド厳選14。大人が手に取りたい定番アイテム一覧

肌寒くなると出番が増えるパーカー。長いスパンで活用するアイテムだからこそ、セレクトは妥協できません。そこで、こだわる大人におすすめのパーカーを一挙ご紹介!

山崎 サトシ

山崎 サトシ

SHARE
記事をお気に入り
2021.03.24

大人が選びたいパーカーって?

大人が選びたいパーカーって?

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

大人が選びたいパーカーって? 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

大人が選びたいパーカーって? 3枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

若い頃誰もが慣れ親しんだであろうパーカーですが、そのチョイスは年齢とともにアップデートしていく必要があります。少年であれば派手にプリントや柄が効いたモデルでもOKですが、アラサー世代の着こなしにそれらはマッチしません。大人が日常着として取り入れるべきは、余計なデザイン性を排した子供っぽさとは縁遠いシンプルモデル。なおかつ、こだわったディテールやしっかりとした素材感を備えていればベターです。

大人に推奨したい、パーカーブランド14選

誰もが知るワールドワイドな定番ブランドから高感度な人気ブランドまで、大人の着こなしにハマるパーカーブランドをレコメンド。どのブランドも信頼の置ける作りで、良き相棒となってくれます!

ブランド1

『チャンピオン』

『チャンピオン』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

言わずと知れた“キング・オブ・スウェット”。なかでも昔ながらのリバースウィーブ製法を駆使したパーカーはブランドの代名詞です。同製法は、スウェット生地をあえて横向きに使用し縦縮みを軽減するというもの。加えて、横縮みを防止するためのリブをサイドに設けているのも特徴です。12オンスのヘビーウエイトな生地とも相まって、タフさは折り紙付き。

キング・オブ・スウェット。チャンピオンならではの6つの魅力

ウェア・コーデ

キング・オブ・スウェット。チャンピオンならではの6つの魅力

スポーツMIXとして取り入れやすいアイテムが揃い、かつオンシーズンということもあって注目の『チャンピオン』。同ブランドの強みや魅力を明らかにしていこう。

菊地 亮

2020.10.10

チャンピオンのパーカーを主役に。トライしたい大人のアメカジコーデ

ウェア・コーデ

チャンピオンのパーカーを主役に。トライしたい大人のアメカジコーデ

我々にとって馴染み深いチャンピオンのパーカーですが、学生の頃と同じ雰囲気で着こなすのは禁物。大人ならではのアメカジコーデを覚えておきましょう!

山崎 サトシ

2020.10.14

ブランド2

『ギルダン』

『ギルダン』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

柔らかさと強度を両立した、コットン×ポリエステルによるスウェットボディ。裏起毛仕様による、心地良い肌触りもポイントです。加えて、ややドロップショルダー気味のオーバーシルエットで、今っぽいリラクシングな雰囲気を呼び込んでいるのも見逃せません。快適さもデザインも理にかなった1着は、通年ハズせないワードローブとなりそうです。

ブランド3

『レイジブルー』

『レイジブルー』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

今季注目の“ダンボール生地”を駆使した1着。この生地は表面の糸と裏面の糸を中糸で繋ぎ合わせて編むため、名の示す通りダンボールのような多層構造となっています。そのメリットは形崩れしにくい、保温性が高い、上品なハリがあるなど盛りだくさん。また、今作はゆるっとした旬なルーズフォルムゆえ、こなれ感の演出にも一役買ってくれそうです。

ブランド4

『ラッセルオーセンティック』×『シップス』

『ラッセルオーセンティック』×『シップス』

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

120年近い歴史を持つ米国のスポーツウェアブランドと『シップス』による共同開発。コットン100%のナチュラルなスウェットボディに、アメリカンカルチャーを意識したカレッジ風ロゴをプリントしています。身幅・肩幅を広めに取ったシルエットとも相まって、その雰囲気はどこか90年代風。デニムやチノと合わせて、気負わずラフに着こなしたいアイテムです。

ブランド5

『ナイキ スポーツウェア』

『ナイキ スポーツウェア』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

タフなうえ洗濯耐性も高いコットンポリ素材のフーディーですから、ガシガシとヘビロテしてOK! さらに、ふんわりと滑らかな裏起毛仕様によってコンフォートな肌触りも実現しています。シルエットは適度にゆとりのあるスタンダードフィットとなっており、中に多少着込んでも着膨れしません。

ブランド6

『カーハート』

『カーハート』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

肉厚スウェット×ルーズフィットによるタフなルックスは、ワークブランドならではといったところ。ストリートっぽく着こなすのはもちろん、きれいめパンツと合わせてメリハリ良く装うのも◎です。3本針ステッチで縫製された丈夫なカンガルーポケットの上部にはブランドロゴが配置され、さりげないアクセントに。

ブランド7

『ジャーナルスタンダード レリューム』

『ジャーナルスタンダード レリューム』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ゆったりとした形状によって今らしさを訴求しつつ、ダンボール生地を用いることでクリーンな印象も見事に両得! 1枚で着てもセンスの良さを主張できる、あか抜けたフーディーです。大人っぽいイメージを損なわないように、あえて首元のドローコードを排除しているのもカギ。

ブランド8

『N.ハリウッド アンダーウエア』

『N.ハリウッド アンダーウエア』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

素材には特殊なコットンを使用し、独特なもっちり感と柔らかさを創出。小ぶりのカンガルーポケットや縦長なシルエットなど、モダンさを意識したデザイン提案も光っています。そしてもう一点特筆したいのがバラエティ豊かなサイズ展開。XXS~XXLまで7サイズがスタンバイするため、どんなスタイルにも柔軟に対応できます。

ブランド9

『バトナー』

『バトナー』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

都会的なカジュアルスタイルを狙うなら、スウェットとは一味違った面持ちのニットパーカーに狙いを定めてみるのもテです。こちらの1枚は国内屈指の人気ニットブランド『バトナー』によるもの。細番手糸で編み上げたコットンニットを素材に抜擢しているため、パーカーでありながらもほんのりとスマートな出で立ちです。程良く薄手の仕立てですので、レイヤードスタイルにも適任!

ブランド10

『ロサンゼルスアパレル』

『ロサンゼルスアパレル』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

あの『アメリカンアパレル』の創始者が手掛ける“ロスアパ”は、MADE IN USAにこだわった高品質な製品を展開。こちらのパーカーはハイエンドラインである「リミテッドエディション」のアイテムです。大胆なビッグシルエットと製品洗い加工によって、ベーシックな無地パーカーなが存在感たっぷりに仕上げています。

ブランド11

『ブルー』

『ブルー』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ワイドシルエットのくつろいだパーカーながらもどこか端正な顔つきなのは、ウールを混紡した上質なスウェット生地だから。ワンマイルなシーンはもちろんのこと、街着としても違和感ありません。しかも、日本製モデルですのでクオリティに関しても抜群。同素材のパンツと、セットアップでの着用もおすすめです。

ブランド12

『エイチビューティー&ユースユナイテッドアローズ』

『エイチビューティー&ユースユナイテッドアローズ』

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

軽快な春の装いとベストマッチしてくれそうな、華やかな色合い。主役としては言わずもがな、挿し色としても絶大な効果を発揮してくれます。グレーを筆頭とした定番色をすでに押さえているならば、こういった明るいカラーも入手しておくと良さそうですね。動きやすさに配慮してサイドリブを配すなど、機能面も抜かりなし!

ブランド13

『シーグリーン』

『シーグリーン』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ゼブラ柄のパイルジャガード生地を用いたニュアンス豊かなデザイン。さっぱりとしがちな春夏の着こなしに、抑揚をもたらしてくれるアイテムです。タオルライクなふわふわ生地で心地良さも申し分ありませんので、部屋着として活用するのも大いにアリでしょう。サイドにはカギなどの貴重品収納に役立つセキュリティーポケットが付属。

ブランド14

『フリーマンズ スポーティング クラブ』×『ループウィラー』

『フリーマンズ スポーティング クラブ』×『ループウィラー』

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

昔ながらの吊り編み機を使った正当なスウェットシャツを手掛ける『ループウィラー』に特別オーダー。ヴィンテージをモチーフとした同ブランドの定番「LW09」をベースとしながら、フードサイズや生地の厚さをすっきりとしたコラボオリジナル仕様に昇華しています。ネイビーワントーンで統一した、シックな袖口ピスも印象的。

パーカーコーデのヒント集。挑戦しやすい5つの着こなしアレンジ方法とは?

ウェア・コーデ

パーカーコーデのヒント集。挑戦しやすい5つの着こなしアレンジ方法とは?

季節問わず着られて、どんなテイストにもハマるパーカーは着回しに最適! ここではきれいめからカジュアルまで、パーカーを使った5タイプのおすすめコーデを紹介します。

山崎 サトシ

2020.10.16

注目編集者
山崎 サトシ

TASCLAPでの執筆本数NO.1ライター

山崎 サトシ
アフロ歴15年のファッションライターで、趣味はヴィンテージモノの収集とソーシャルゲーム。メンズファッション誌を中心として、WEBマガジンやブランドカタログでも執筆する。得意ジャンルはアメカジで、特にデニム・スタジャン・インディアンジュエリーが大好物!
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

きちんと収まる、がどれだけ大事か。“ブレない”男になれる、BN3THのアンダーウェア

シンプルなようで奥が深いアンダーウェアの世界。立体設計のフロント内部ポケットを持つ『BN3TH(ベニス)』は、“ポジション”に悩むすべての男性必見のブランドです。

SPONSORED by BN3TH(ベニス)

続きを読む

今春のクォーツに求めるのは、ラグスポかエレビジか。ティソの二大新定番からその答えを探る

新しい季節を、新しい相棒と。そんな方へのフレッシュな腕時計が、老舗『ティソ』にありました。抜群の信頼性と利便性を両立した、2本のクォーツウォッチに迫ります。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

人気スタイリスト3名が本気で考えた。今、大人が着るならこんなセットアップが良い

シーンを選ばない汎用性や、インナーと靴を決めるだけでまとまる手軽さが魅力のセットアップ。今選ぶべき1着はどういったものなのか? 実力派スタイリストが伝授します。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

引き算の美学を知る。新作ドレスウォッチで強固になった、カルレイモンの“軸”

高級時計の代名詞、ムーンフェイズを若者でも手の届く価格で世に送り出す『カルレイモン』。よりドレス感を強めた話題の新作「クラシックシンプリシティ2」に注目です。

SPONSORED by カルレイモン

続きを読む

Tシャツに羽織るべきは、都会派ミリタリーアウターだ。タトラスが示す春コーデの方程式

男らしい存在感が持ち味のミリタリーアウターは、薄着になっていく今の時期に必携。あくまでスマートに着こなすなら、骨太さの中に洗練を宿す都会派な1着を選びましょう。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

その実用性に、また頼りたい。マンハッタンポーテージの“現在”を知っているか

90年代のシーンを席巻した、『マンハッタンポーテージ』。現在、同ブランドのバッグは現代のニーズに合わせて進化を遂げています。再び頼りたい逸品群をお披露目!

SPONSORED by マンハッタンポーテージ

続きを読む

初夏の主役トップスが税込1,650円。大人のお眼鏡に適うTシャツを、クロスコットンで見つけた

まもなく、Tシャツが主役となる季節に。戦力として欲しいのは、本格志向だけどガシガシと気軽に普段使いできる1枚です。その最適解が『クロスコットン』にありました。

SPONSORED by 丸久

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

カテゴリ

おすすめ記事